2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
機動戦士ガンダム0083
STARDUST MEMORY
原作 矢立肇
富野由悠季
監督 加瀬充子
今西隆志
キャラクターデザイン 川元浩利
メカニックデザイン 河森正治
石津泰志
カトキハジメ
音楽 荻田光夫
制作 サンライズ(第2スタジオ。現:ボンズ)
発表期間 1991年 - 1992年
話数 全13話
巻数 全12巻(第1巻のみ2話収録)
シリーズ

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
テンプレートを表示

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』はサンライズが制作したOVA

概要[編集]

ガンダムシリーズ第一作『機動戦士ガンダム』とその続編機動戦士Ζガンダム』の間のミッシングリンクを一気に繋いだ意欲作。宇宙世紀0083年に起こり、歴史から抹消された「デラーズ紛争」を語った物語。ジオン残党のその後とティターンズが権力を握るまでの過程が描かれている。

この作品では、歴史的勝者であることが約束されている連邦軍の負の面が大きく描かれ(ただし、主人公や所属するアルビオン隊メンバーは概ね良識的な軍人である)、それに対抗するジオン将兵達はほとんどが理想と義を重んじる兵士として描かれている。

こういったキャラクター描写には「デラーズ・フリートらジオン残党の行為を正当化しているのではないか」との批判もあるが、それに対してシーマ艦隊が理想の裏にある現実を突きつける役割を担われており、ジオン残党を一方的に正義側に描いているわけではない[1]。主題歌にある通り「勝利者などいない戦い」として物語は収束していくこととなる。

戦略核搭載モビルスーツであるGP02Aガンダム試作2号機の開発など、現場の責任問題では収まらない様々な問題を含むため、大事件ながら作中世界では宇宙世紀0099年に情報が公開されるまで事件や機体の存在自体が「正史として記録されていない」事になっていた。ただし軍関係者などは流石に知っており、漫画『デイアフタートゥモロー』ではアムロ・レイも知っていたことになっている。また、書籍『アナハイム・ジャーナル』ではGPシリーズの記録は宇宙世紀0099年に一般公開された事となっている。

劇場用に編集された『ジオンの残光』、シーマを中心として描かれたドラマCD『宇宙の蜻蛉』、同じく劇中では描かれなかった戦闘を描いたドラマCD『ルンガ沖砲撃戦』などもある。

2013年から『ガンダムエース』で漫画『機動戦士ガンダム0083 REBELLION』が連載中。映像版本編以前の前日談から始まり映像版の内容に入る流れで、新設定や政治的思惑をも含めた「新約」性を以て丁寧に描かれている。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

地球連邦軍[編集]

アルビオン隊[編集]

コウ・ウラキ
主人公。士官学校卒のモビルスーツマニア。ガトーとの戦いを重ねてパイロットとしても人間的にも飛躍的に成長していく。
チャック・キース
コウの級友で同じくトリントン基地配属となる。お調子者で気弱なところもあるが、意外に努力家。
サウス・バニング
コウ達の上官。元不死身の第4小隊隊長でもあり、一年戦争を生き抜いたベテランパイロット。
ベルナルド・モンシア
GP02追撃の際にアルビオンに招集された元不死身の第4小隊メンバーの一人。腕前は確かだが性格に難あり。
アルファ・A・ベイト
元不死身の第4小隊メンバー。バニング戦死後はMS隊長となる。
チャップ・アデル
元不死身の第4小隊メンバー。大人しい性格のためモンシアやベイトに振り回される事が多い。
エイパー・シナプス
アルビオン艦長。
イワン・パサロフ
アルビオンの操舵手。
ジャクリーヌ・シモン
アルビオンのオペレーター。
モーラ・バシット
チーフメカニック。

その他連邦軍人[編集]

ジョン・コーウェン
連邦軍中将。ガンダム開発計画の責任者。最終的には一連の責任を負わされ、ジャミトフにより排斥される。
ジャミトフ・ハイマン
連邦軍将校。バスクの上官。星の屑作戦終了後、連邦内に生まれた危機感を煽る形で権力を掴み、手勢のティターンズ共々躍進する。
バスク・オム
連邦軍人。ソーラ・システムの指揮を執り、星の屑作戦に対する最終防衛線を張る。

アナハイム・エレクトロニクス[編集]

ニナ・パープルトン
ヒロイン。アナハイム・エレクトロニクスに所属しており、自らが開発したGPシリーズを「私のガンダム」と呼ぶほど偏愛している。
ルセット・オデビー
アナハイム・エレクトロニクス所属で二ナの友人。
オサリバン
アナハイム・エレクトロニクスの常務で二ナの直属の上司。

デラーズ・フリート[編集]

アナベル・ガトー
ソロモンの悪夢」の異名を持つジオンのエース。星の屑作戦の表舞台で大暴れする。とにかく頭の固い硬派な武人。
シーマ・ガラハウ
ジオン軍特殊部隊員。星の屑作戦の裏で暗躍する。ジオン軍に居た頃から汚れ仕事ばかりやっていた。
戦艦リリー・マルレーンの艦長でもあり、彼女が率いる艦隊は海兵よりむしろ海賊(正確に言えば、宇宙海賊)に近い。
ケリィ・レズナー
元ジオン軍パイロット。ソロモン攻防戦で片腕を失い、戦後はの都市フォン・ブラウンでジャンク屋に落ち着いていた。
カリウス・オットー
ガトー直属の部下。戦後はアクシズに向かっている。
エギーユ・デラーズ
ジオン軍将校で、デラーズ・フリートの首魁。ジオンの大義のために、茨の園と呼ばれる宙域に潜んで機会を伺っていた。
ノイエン・ビッター
キンバライド鉱山基地の責任者であるジオン軍残党の中将。GP02Aとガトーを宇宙に送り届けるために半ば特攻に近い形でガトーのHLVを守り抜いた。

アクシズ[編集]

ハマーン・カーン
ジオン残党の集結する小惑星アクシズの摂政。デラーズ・フリートとの共闘は断ったが、戦後の敗残兵の受け入れを約束し、ノイエ・ジールの供与を行う。

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

地球連邦軍[編集]

ガンダム試作1号機
分離形態はコアファイターII。実はジェネレーターなどが後のグリプス戦役の機体よりも上というトンデモモビルスーツ
ガンダム試作1号機フルバーニアン
分離形態はコアファイターIIFb。宇宙用。
ガンダム試作3号機
分離形態はガンダム・ステイメン。MAとも言うべき巨体と多彩な武装が特徴。
ガンダム・ステイメン
試作3号機のコア・ユニット。
ジム・カスタム
アレックスの戦闘データを元に開発されたジムシリーズの1機。主なパイロットはバニング、モンシア、ベイト。
ジム・キャノンII
ジム・キャノンの火力を底上げし、チョバムアーマーを標準装備した機体。主なパイロットはキース、アデル。

デラーズ・フリート[編集]

ガンダム試作2号機
核弾頭搭載の重MS。連邦軍のMSであったが、ガトーによって核弾頭ごと強奪。その後、彼の最初の愛機となった。
ノイエ・ジール
ガトーの2代目の愛機。後のα・アジールなどの試作型なイメージが強い。
ザクIIF2型
後期生産型ザク
ザクIIF2型 (ビッター専用)
ノイエン・ビッター機。背部にロケットブースターを装備。
リック・ドムII
ポケットの中の戦争』に引き続き登場。ザクIIF2型と共にデラーズ・フリートの主戦力として活躍した。
ゲルググM
Mはマリーネ(海兵隊)のM。貴重なゲルググを多く保有している事がデラーズがシーマ艦隊を引き入れる要因にもなった。
ゲルググM (シーマ専用)
シーマ・ガラハウ機。改修が施されている。
ドラッツェ
ザクIIの上半身にガトル戦闘爆撃機のスラスターを足部分に組み合わせて製造された機体。性能は低いが加速性能だけはリック・ドムに匹敵する。
ザメル
長距離支援用の機体。
ガーベラ・テトラ
元はGP04ガーベラだったものに手を入れ、シーマに譲渡された機体。
ヴァル・ヴァロ
一年戦争時代に開発されていたMA

ティターンズ[編集]

ジム・クゥエル
ジム・カスタムの上位機。

戦艦[編集]

アルビオン
マゼラン改級戦艦
サラミス改級巡洋艦
グワデン

用語[編集]

アルビオン隊
ジオン軍残党に強奪されたガンダム試作2号機の奪還を目的として結成された部隊。主人公であるコウ・ウラキが所属する。
不死身の第4小隊
一年戦争のころバニングモンシアベイトアデルが所属していた小隊。当時、一人も死者を出さなかったことが名前の由来。
ソロモンの悪夢
アナベル・ガトー異名
デラーズ・フリート
エギーユ・デラーズを領袖とするジオン軍残党の組織。主人公のライバルであるアナベル・ガトーが所属する。
ガンダム開発計画
地球連邦軍中将ジョン・コーウェンが推進した新型ガンダム開発計画。皮肉にも、この計画がデラーズ紛争の原因の一つともなった。
星の屑作戦
ジオン軍残党の一つであるデラーズ・フリートによって決行された大規模作戦。
デラーズ紛争
本作で起きた地球連邦軍とジオン残党との間に起きた紛争を指す名称。
ナイメーヘン士官学校
キンバライド基地

楽曲[編集]

オープニングテーマ
「THE WINNER」(前期)
歌:松原みき
本作のOPで歌われているのは、原曲における2番の歌詞である。『第4次』『F』『F完結編』『64』『α』『α外伝』で採用。
「MEN OF DESTINY」(後期)
歌:MIO(現:MIQ)
『COMPACT』『COMPACT2』『α』『α外伝』『A』『第2次α』『第3次α』で採用。
エンディングテーマ
「MAGIC」(前期)
「Evergreen」(後期)
挿入歌
「BACK TO PARADISE」
歌:松原みき
「THE WINNER」の英語歌詞バージョン。『IMPACT』で採用。
劇中BGM
「FEINT OPERATION」
『第2次α』で採用。

登場作と扱われ方[編集]

旧シリーズから参戦していたSRW常連の中では中堅格といったところ。初期は他のガンダム作品のオマケ的な存在で、コウガトーの対立と強奪しか再現されていなかったが、αシリーズからは不死身の第4小隊が勢揃いしたり、コウの能力も高めに設定されるなど、扱い自体は良くなってきている。コロニー落としイベントは発生するものの、悲劇はなるべく回避するスパロボのお約束で一度として成功した例がない。

作品のコンセプトでもある「1stと『Ζ』を繋ぐ」というストーリー設定は同2作や『機動戦士ガンダムΖΖ』と共演する都合で再現されず、『Ζ』や『ΖΖ』の年代にガンダム強奪事件を織り込むのが主流。また、地球連邦軍内部の複雑な勢力争いもあまり描写されない(これまで登場した高級将校はジャミトフとコーウェンのみ)。

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
初参戦作品。ガンダム強奪やガトーの発射イベントが再現されている。確実に仲間になるのはコウのみで、ルート次第でキース説得次第でガトーが仲間になり、モンシアはスポット参戦。
スーパーロボット大戦EX
ライバル同士のコウとガトーが一緒に仲間になる。今回のGP02はアトミックバズーカの代わりにプラズマリーダーを装備している。
第4次スーパーロボット大戦
ルート次第ではガトーが仲間になり、GP02Aも入手可能。
第4次スーパーロボット大戦S
コウとガトーに声が入った。
スーパーロボット大戦F
スーパーロボット大戦F完結編
ルート次第ではガトーが仲間になり、GP02サイサリスorノイエ・ジールも入手可能。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦αDC
ガンダム強奪、コウが勝手に飛び出してシーマに叩きのめされる、ソロモンに核発射、コロニー落としと原作のイベントが大方再現される。
スーパーロボット大戦α外伝
ガトーが登場しないため存在は薄いが試作2号機強奪がミドガルドにより挙行されている。原作と大きく形が違うとはいえ、唯一モンシアがティターンズに加担している作品。
第2次スーパーロボット大戦α
ストーリーは終了しているが、ガトーはシャアに誘われてネオ・ジオンに荷担する。ちなみにガトーが試作2号機に一切乗らない珍しい作品。また『α』に登場しなかったビッター少将が登場し、シーマとの会話も設けられている。なお試作2号機は隠し機体として入手可能。またベイト、アデルが味方パイロットとして初登場し、アルビオン母艦として使える。
第3次スーパーロボット大戦α
デラーズ陣営の人間は『第2次α』にて死亡しているため登場せず、アルビオン隊のメンバーのみ。しかし、ノイエ・ジールや試作2号機、核搭載フラグなど隠しフラグを多数持っている。ストーリーとしては『機動戦士ガンダムSEED』のアンドリュー・バルトフェルドとの絡みが多い。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
バニング初登場。
スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
コウ達は出ないが、ガトーは敵として登場する。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
序盤からコウ及びバニングが自軍のリアル系主戦力として登場。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
第2部よりフラグを引き継ぎ、ガトーを説得し自軍に加入させることが可能。しなかった場合、隠し最終ステージにも敵として登場。
スーパーロボット大戦IMPACT
強奪イベントが無いままガトーが試作2号機に搭乗し、コウは1部1話と同じ時系列で1号機Fbに搭乗している。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦APORTABLE
味方パイロットはコウとバニングのみ。ケリィのイベントが原作に近い形で再現されている。今のところ試作2号機が入手不可なのは本作のみ。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64リンクバトラー
基本的にいるだけ参戦。条件次第でガトーは一時的に仲間になるが、結局シャアと一緒に抜ける。アルビオンと試作2号機も出たが、カラオケモードでは試作3号機とノイエ・ジールだけが延々と戦い続ける。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
一年戦争のステージからコウとガトーが登場。ただ、カリウスがノイエ・ジールに乗り込んで対峙するという展開がある。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 登場メカ 備考 再現スパロボ
第1話 ガンダム強奪
STARDUST RISING
第3次αα for DC
第2話 終わりなき追撃
WAR IS NOT OVER, YET
OP追加
第3話 出撃アルビオン
IRREGULARS IN ALBION
第4話 熱砂の攻防戦
THE LOST TROOPERS
第5話 ガンダム、星の海へ
SIEG, ZION!
第6話 フォン・ブラウンの戦士
MIND OF THE MOON
第7話 蒼く輝く炎で
BURNING HEART
第8話 策謀の宙域
CONSPIRACY OF SILENCE
OP・ED変更
第9話 ソロモンの悪夢
NIGHTMARE OF SOLOMON
第10話 激突戦域
THE HOT AREA
第11話 ラビアンローズ
IN LA-VIE-EN ROSE
第12話 強襲、阻止限界点
ASSAULT WAVES
第13話 駆け抜ける嵐
MEN OF DESTINY

脚注[編集]

  1. この点は最終話エピローグにおいて、デラーズ・フリートが行った地球へのコロニー落とし星の屑作戦)が原因で、ジオン残党およびスペースノイドへの弾圧を行うティターンズの成立を招いた事実からも明白である。

商品情報[編集]

Blu-ray[編集]

DVD[編集]

  • DVD-BOX

  • 単巻

書籍[編集]

  • 漫画・小説

  • 設定資料集など

楽曲関連[編集]

資料リンク[編集]