ジャクリーヌ・シモン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ジャクリーヌ・シモン
外国語表記 Jacqueline Simon
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 荒木香恵(現・荒木香衣)
デザイン 川元利浩
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦α
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 アルビオン隊
役職 アルビオンブリッジオペレーター
軍階級 軍曹
テンプレートを表示

ジャクリーヌ・シモンは『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の登場人物。

概要[編集]

アルビオンのブリッジオペレーター。

アルコールが入ると、底抜けに陽気になり、同僚のピーター・スコットをからかったりする。デラーズ・フリートとの紛争終結後は、他のアルビオンクルーと同じくティターンズに配属になった。最終話では、ティターンズの軍服を着て嬉しそうにしていた。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
アルビオンのオペレーター。戦闘時の台詞はあるが、サブパイロット扱いになっていない。
第3次スーパーロボット大戦α
シナプスのカットインにシモンも追加されている。

人間関係[編集]

エイパー・シナプス
アルビオンの艦長。
イワン・パサロフ
同僚。アルビオンの操舵手。
ピーター・スコット
同僚。アルビオンのオペレーター。酔っぱらった時に絡んでいた相手。
アクラム・ハリダ
同僚。アルビオンの航法士。

名台詞[編集]

「あ~あ、やんなっちゃうのよねぇ、パイロットって。自分が主役だと思ってるんだから」
第4話より。アルビオン艦内で騒ぎを起こすモンシアとベイトに呆れ帰った際の台詞。しかし、不機嫌なシナプスからは「口を慎みたまえ、軍曹」と苛立ち気味の咎められるが、シナプスの不機嫌さに気付いていなかったらしく、かなり軽い謝罪で返してしまった。
ちなみに実際の戦闘機のパイロット達も自分達だけが死んでしまうという危険が高いためか、彼らの様に羽目を外しやすい人が多いとも言われる。

資料リンク[編集]