エイパー・シナプス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
エイパー・シナプス
外国語表記 Eyphar Sinapus
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 大塚周夫
デザイン 川元利浩
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 45歳
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 アルビオン隊
役職 アルビオン艦長
軍階級 大佐
テンプレートを表示

エイパー・シナプスは『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の登場人物。

概要[編集]

アルビオンの艦長で、階級は大佐。

核弾頭受領の為に立ち寄ったトリントン基地で輸送中のガンダム試作2号機アナベル・ガトーに強奪され、以降はデラーズ・フリートの追撃任務に就く。

良識ある紳士であると同時に、軍人としても高い能力を持ち、最前線に立つ故に現状に対する危機意識も高い……とされてはいるのだが、作中においてはやる事なすことが大分裏目に出ている。特に、コロニー落としを阻止する為にあえて軍に背き、ガンダム試作3号機を持ち出したにも関わらず、コロニー落としの阻止に失敗してしまった(結果的には、友軍の行動を阻害した点が大きな仇となった)、と言う点は擁護出来ない。

デラーズ紛争終結後、後ろ盾であったジョン・コーウェン中将がジャミトフ・ハイマンらによって失脚し、シナプスも作戦中の命令違反の罪を問われ、極刑が下された。政争に敗れたと言う面もあるものの、実際に命令違反と任務失敗を繰り返しており、妥当な判決と言う面も否定出来ない。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
初登場作品。非戦闘キャラで、トリントン基地の代表者という立場で登場し、コウ(展開によってはキースも一緒)をロンド・ベルに出向させた。

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
アルビオンの艦長として参戦し、ブライトの正式参戦後も最後まで使える。
担当声優の大塚周夫氏も本作でスパロボ初参加となったが、以降新録することなく2015年1月15日に死去したため本作が最初で最後の参加となった。
戦闘時のカットインは右手を斜め下に振り下げるというもので、かなり格好良く作られている。
今回は、ジオン絡みで何かと出番が多い。クリティカル率を上げる小隊長能力が、攻撃力が控えめのアルビオンと相性が良く、イワンとの精神コマンドの分担も上手くまとまっている為、なかなか優秀。ただし、所持技能の援護攻撃連携攻撃に関しては乗機に強力な単体攻撃が無いため、あまり活用できないのが残念。
第3次スーパーロボット大戦α
原作のアルビオン隊メンバーとともに砂漠の虎と交戦する。後にαナンバーズ討伐メンバーに心ならずも組み込まれ、オーブに侵攻する事になる。ちなみに、オーブ解放作戦において、逃げ遅れたアークエンジェルに対して敢えて当たらない主砲を撃ち、彼らを逃がした。
その後、謹慎処分を受け、アズラエルからは「いずれは極刑もありうるだろうね」と言われていたが、第42話シナリオデモにてレディ・アンと共にグローバルと会話していたことから、彼の下で保護されていた模様である。また、銀河中心殴り込み艦隊の見送りにも登場しており、ラストでは再びコウらの上官となる。
なお、序盤は自軍で使用できるが、離脱後はスポット参戦のみで再加入はしてくれない。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

第2次α第3次α
必中根性信頼熱血直撃期待

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第2次α第3次α
指揮官L4援護攻撃L3連携攻撃

小隊長能力(隊長効果)[編集]

クリティカル率+20%
第2次α』、『第3次α』での能力。

パイロットBGM[編集]

「MEN OF DESTINY」
後期オープニング主題歌。

人間関係[編集]

ジョン・コーウェン
上官。
イワン・パサロフ
アルビオンの操舵手。αシリーズではサブパイロットとして活躍。
ジャクリーヌ・シモン
アルビオンのオペレーター。αシリーズでは戦闘シーンに登場するが、サブパイロットではない。
ピーター・スコット
アルビオンのオペレーター。SRW未登場。
アクラム・ハリダ
アルビオンの航法士。SRW未登場。
サウス・バニング
部下。強く信頼しており、彼の戦死後の死亡通知もシナプスが書いている。
アルファ・A・ベイト
部下。バニングの戦死後はベイトを大尉に臨時昇進させた。
ベルナルド・モンシアチャップ・アデルコウ・ウラキチャック・キース
部下。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

ブライト・ノア
初競演した『第3次』ではブライト率いるロンド・ベルに補給とコウらの編入を行なう立場として絡む。
第2次α』では連邦上層部からは彼の監視役という立場を命じられているが、互いに実力を認めており、信頼している。
アデナウアー・パラヤ
『第2次α』では彼のやり方を快く思わなかった。
マリュー・ラミアス
第3次α』では一時共闘し、艦長の先輩格として彼女に大きな影響を与えた。
ムルタ・アズラエル
『第3次α』では不本意ながら彼の下でαナンバーズを相手に戦う事になるが、彼の命令に抵抗し、αナンバーズを逃がしたので更迭されてしまう。なお、彼の後任としてナタル・バジルールが原作通り抜擢された。

リアル系[編集]

ブルーノ・J・グローバル
『第3次α』にてアズラエルから謹慎処分を受けた後は彼の下で保護されていた。

スーパー系[編集]

大文字洋三
『第2次α』では共に序盤からαナンバーズの中心になる。
三輪防人
他の指揮官同様に煩わしく思っている存在。
岡防衛長官
『第2次α』で彼の行方を聞いた際には驚いていた。

名台詞[編集]

「戦争の代償…というにはあまりにも大きな傷だ」
第1話より。ジオン軍によるブリティッシュ作戦によってかつてのシドニーを巻き込んで生じた巨大なクレーターをニナに説明し、感慨深げに語った台詞。
「バニング君! 本艦は出航間もない寄合乗船だ。厄介な火種は迷惑だぞ!」
左舷MSカタパルトで揉め事を起こしている元「不死身の第四小隊」の管理に関してのバニングに対する叱責。編成されたばかりで信頼関係の構築もあまりできていないところに、トラブルメーカーを放り込まれたに等しいため、彼らの上官であるバニングに対して厳しい口調である。
小説版では「あのゴロツキ共の管理は任せたはずだッ!」とかなり辛辣な言葉となっている。
「出ん訳にはいかんだろうッ!」
第4話より。左舷MSデッキでのモンシア達の素行の悪さから起こった騒動と一連のやり取りで不機嫌になっていたシナプスに通信士のモーリスが辟易した様子でジャブローからの本日三度目の通信を告げた際の台詞。唐突に大声を出したため、モーリスは驚いて萎縮してしまっており、謝罪した後に通信を繋ぐように指示を出している。その後のジャブローの将軍のやり取りと周囲のクルーが不満を洩らしたため、シナプスは「いい加減にしたまえッ!」と完全に堪忍袋の緒をぶち切ってしまう。
温厚なシナプスにしては珍しいが、アフリカに来てから一週間も経つのに手がかりすらないため、焦りがあったのだろう。
ちなみに小説版では「これは軍艦で、ここはその艦橋だ。艦橋が居留守を使う訳にはいかんだろうッ!」となっている。
「…神よ、ルセット・オデビー祝福を…」
第11話より。コウを庇い、凶弾に倒れたルセットを悼んでの台詞。
「むぅぅ…これでは軍閥政治ではないか!」
第13話より。終盤、シーマが連邦側に寝返った直後、バスク・オムとの通信にて。ちなみに、バスク・オムからは「貴様、歯向かうか」と言われるが、一応は命令に従っている。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

旧シリーズ[編集]

「以前のギレンの演説が呼び水となったのか最近DCの戦力が増強されたようだ。未確認だが連邦軍の一部がDCに寝返ったとも聞く。苦しい戦いになるだろうが、がんばってくれたまえ」
第3次』第11話「ガンダム強奪」or第12話「熱砂の大地」より。DCの戦力が増強された理由を推察。同時にロンド・ベル隊補給を行い、彼らの勝利のためにコウ達を出向させる。

αシリーズ[編集]

第2次α

(我々は取り引き材料か。この期に及んで、己の立場の方が重要だというのか…?)
ゼンガー編第16話「復活の赤い彗星」orクスハ編第19話「帰るべき場所」orアラド編第13話「リクレイマー」より。
三輪長官に対して余計な負い目を作りたくないという自己保身から、αナンバーズに極東支部行きを命じるアデナウアーへの憤り。
「工作員? あなたが?」
「な、なるほど…それで…」
第47話「大東京消滅-後編-」or「激突! ミケーネ帝国-後編-」より。岡長官が行方を眩ませていた理由を聞き、工作員をしていたことと彼の娘のめぐみから甲賀流十七代目の忍者ということを聞いたときの反応。流石に忍者とまでは思わなかったのか、少し狼狽しているようだ。

第3次α

「それもいいではないか、大尉。世界にとって軍人は暇である事の方が望ましいだろう」
エンディングにて、ブルーコスモス派が一掃された事により起こる連邦軍内の組織改革の影響で、軍備が縮小される事を予想するバニングの発言を受けて返した台詞。

搭乗機体[編集]

アルビオン
ホワイトベースの系譜を引くペガサス級強襲揚陸艦7番艦。シナプスの指揮の元、デラーズ・フリートによる「星の屑作戦」阻止の任に当たる。

資料リンク[編集]