バスク・オム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
バスク・オム
外国語表記 Bask Om
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 郷里大輔
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
生年 宇宙世紀0050年
年齢 37歳
没年月日 宇宙世紀0088年2月20日
身長 203cm
所属

地球連邦軍

役職 地球軌道艦隊司令官(0083)
ティターンズ総司令官(Ζ)
軍階級 大佐
テンプレートを表示

バスク・オムは『ガンダムシリーズ』の登場人物。

概要[編集]

ティターンズの士官で、階級は大佐。分厚いレンズのゴーグルを装着している風貌が特徴的。

機動戦士Ζガンダム』では、ティターンズ総帥のジャミトフ・ハイマン大将の片腕といえる男で、前線において総指揮を任されている。ティターンズのNo.2だけあって、軍人としては優秀(劇場版において味方から「戦術の天才」と評されている)だが、非情な権力主義者で反地球連邦政府の集会を行っていたコロニーの住民を毒ガス(G3ガス)で全滅させた「30バンチ事件」の実行者でもある。他にも、カミーユの両親を人質にする、ジャブローを味方ごと核攻撃で爆破する、コロニーレーザーをサイド2のコロニーに向けて試射する、陽動作戦としてまたもや毒ガスを使うなど、その暴虐ぶりには枚挙に暇が無い。また平時でも同じ地球連邦軍でもティターンズ以外の人間を見下しており、戦術に意見したブライトを暴力で黙らせる事もあった(他に、レコア一般兵、ドゴス・ギアの艦長も殴り飛ばしたことがある)。最期はティターンズ乗っ取りを企んだシロッコの策略にはまり、レコアの乗るパラス・アテネドゴス・ギアのブリッジごと撃ち抜かれて死亡した。劇場版では撃ち抜く役はヤザンに変更。どちらもシロッコの息のかかった者である。小説版ではブリッジを撃ち抜かれなかったが、エゥーゴのコロニーレーザー発射に巻き込まれて戦死している。

一年戦争からグリプス戦役までの空白を描いた『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』にも連邦軍の強硬派の一員として登場[1]デラーズ・フリートコロニー落としソーラ・システムで迎え撃とうとしていた。ここでも味方(コウと第一地球軌道艦隊の先鋒艦隊)が射線上で戦っているにも関わらず、ソーラ・システムを使うという非情さを垣間見ることが出来る。なお、この時点ではコーウェンの派閥に所属していたが、コーウェン失脚と同時にジャミトフ派に鞍替えし、先述の凶行はお咎め無しとなり発足間もないティターンズの指揮官に任命されている。

先述のゴーグルは、一年戦争時にジオン軍の拷問に近い尋問を受けたために視覚障害を負った影響で着用するようになったもの。元々それ以前から徹底したアースノイド至上主義者と同時に反スペースノイドの思想を持っていたとされているが、自身が負った障害への怒りが、先述のようにジェノサイドなどまで行うようになった原因の1つであることは想像に難くない。

SRWではジャミトフに忠実なイメージはあるが、原作ではどちらかというとスペースノイド弾圧をし易くするために従っていた節が所々に見られた(SRW以外のゲームではより明確に描写されている)。ジャミトフ自身は暴虐な振る舞いに対しては世間からの反感を増幅しかねないとして難色を示しており、特に劇場版ではジャミトフがバスクを警戒している描写がある。

登場作品と役柄[編集]

スパロボにおいても原作同様に毒ガス攻撃や人質作戦等の卑劣な手段を平然と使用する横暴な権力主義者である事は変わらず、そのやり口は他作品のキャラからも嫌われており、リアル系における分かりやすい悪役として大抵悲惨な最期を迎える。

ただ、前述の通りジャミトフがSRWではバスク同様の地球至上主義に描かれている側面が強いせいか、互いに警戒する事はなくジャミトフに忠実な人物となっている。

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
DCのメンバーで第2遊撃軍司令官。キシリアの直属(ティターンズ系はキシリア派所属)として原作通り毒ガス作戦等の非道な作戦を行う他、インスペクターとの同盟交渉に就くなど、序盤からDC側の悪役として出番が多い。序盤から中盤はドゴス・ギア、終盤はなんとドロスに搭乗している。
ちなみに、『第4次』ではティターンズが登場するのに彼は登場しない。死亡描写は無かったのだが彼は何処へ行ったのだろう?[2]
スーパーロボット大戦F
声がついた。原作同様のティターンズ幹部として登場するが、まだこの時点では味方側。戦闘はしないが、キャラクター事典での一言セリフは必聴。
スーパーロボット大戦F完結編
地上に降りてから何度かアレキサンドリアドゴス・ギアに乗って敵対する。特に「トレーズの救出」ではフォウの参入フラグに関わっているため、最優先で倒したい。
最終的には「野望の果てに」で宇宙に上がろうとするジャミトフの殿を引き受けて戦死するが、隠し要素でそのジャミトフの暗殺シーンを見た上で彼を落とすと何者かに救出されて生き残り、DCルート「ファイナルオペレーション」にてシロッコに特攻をしかける見せ場がある。前述のように原作のバスクはジャミトフの忠臣ではなく、ジャミトフの敵討ちをするようなキャラクターではないのだが…。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ティターンズ所属。極東支部に圧力をかけてくる。リアル系4話でのみ敵として登場するため声が入っている。ただし、乗艦のアレキサンドリアがかなり堅いので撃墜どころか撤退させるのも一苦労。EDにてティターンズが復権した際には『0083』のラストで行った演説が再現される。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
新規EDルートでドゴス・ギアに乗ってくる。ジャミトフがパイロットとして登場しないため、実質ティターンズの大ボス扱い。戦闘前会話が『α外伝』からの流用ではあるが用意されている。このルートでは死亡するため、エピローグには登場せず。
スーパーロボット大戦α外伝
極東支部ルート第5話でスードリに乗って登場。ティターンズとの決着が付く第9話でもスードリに搭乗する。熟練度次第ではジャミトフと戦わないため、一応ティターンズの代表格として戦闘前のイベント台詞は多い。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
ガルダ級アレキサンドリアに乗ってくる。艦長効果と底力でとにかく硬い。なお、本作ではドゴス・ギアにはイベントシーンでしか乗ってこない(さらにはシロッコに持ち逃げされてしまった)。最期はジブリール共々シロッコの露払いにされて死亡する。本作ではやや小物臭さが強調されている。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
シーン5のシナリオ23「刻の涙」にドゴス・ギアで登場。戦闘台詞と撃破時以外に台詞はなく、歴代で一番目立たないバスクかもしれない。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
本人は登場しないが、序盤でブライト三輪防人の説明をする際に「地球連邦軍においてバスク・オムと並んで要注意と言われている人物」と語るシーンがある。今作では既に『Ζガンダム』のストーリーが終わっている為、どういう経緯で彼が生きているのかは不明。『0083』の原作再現があるシナリオでも前述の通り彼の姿はない。
スーパーロボット大戦D
本人は登場しないが、ゴズ・バールの人質作戦時、ファが名前を出す。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
大気圏にドゴス・ギアで静止していたが恐竜帝国マグマ砲で跡形も無く吹っ飛ぶ。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
OZのメンバー。主人公のライバルキャラ全員と一通り絡んでいる。
スーパーロボット大戦GCXO
なんと、登場前にジャミトフ共々逮捕・拘束されており、名前が語られるぐらいで影も形も登場しない
ただ、拘束されているのは確かだが、粛清されただの処刑されただのといった話は出てこないので、収監されているか、あるいは更迭もしくは罷免された可能性が高い。そのため最後まで生存している可能性が高いだけ原作より扱いは良い…のか?

関連作品[編集]

ヒーロー戦記
ティターンズ所属で立ち位置は原作とほほ同じ。アムロの実力を高く買っており、彼をゼウスから引き抜こうとするが丁重に断られている。引き抜こうとした際、及び断わられた際の態度や発言を鑑みると、原作と比べると性格がまともな方に改変された印象を受ける。
中盤、ゼウスメンバーがエゥーゴ共和国を離れている隙を突いてクーデターを決行。共和国全土を手中に収めるものの、アポロン総統の意を受けたシロッコによって暗殺される。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

第3次(PS版)
ひらめき集中根性必中熱血
F完結編αα外伝
ド根性熱血加速必中鉄壁かく乱
Z
不屈鉄壁必中直撃熱血

特殊技能(特殊スキル)[編集]

F完結編α
底力
α外伝
底力指揮官L2
Z
底力L8、戦意高揚Eセーブ気力+(ダメージ)指揮官L3
64
底力L3

小隊長能力(隊長効果)[編集]

ダメージ-20%
Z』で採用。

人間関係[編集]

機動戦士Ζガンダム[編集]

ティターンズ[編集]

ジャミトフ・ハイマン
上司。バスク自身はジャミトフにとって代わろうとした野心があったか不明であるが、一方でジャミトフ自身の方はバスクの強硬すぎるやり方を快く思っていない面がある。少なくともスパロボにおいてはジャミトフに忠実である。
ジェリド・メサ
部下。毒ガスを「嫌な作戦」と言っているが、バスクに対しては特段何の描写もない。
カクリコン・カクーラー
部下。序盤では彼のブライトに対する暴行を黙認した。
エマ・シーン
部下。しかし、バスクの横暴さが一因となって離反する。
パプテマス・シロッコ
味方ではあるが、シロッコの登用が自身に対する牽制という目的もあった為もあって危険視する。しかし、結局は彼の謀略によって葬られる事になる。
ジャマイカン・ダニンガン
部下で懐刀。しかし、後に2人揃って同じような死に方をする羽目に。
ヤザン・ゲーブル
部下。しかし劇場版においては彼に殺害される事になる。
レコア・ロンド
当初は敵対関係にあったが後半は部下となり、彼女に毒ガス作戦を命じた際は反対されたことで修正した事もあった。TV版では彼女に止めを刺される事になる。
シュリー・ペイジ(SRW未登場)
漫画『機動戦士ΖガンダムDefine』に登場するオリジナルキャラクター。自分の腹心。

エゥーゴ[編集]

ブレックス・フォーラ
互いに嫌っている関係。
ブライト・ノア
グリーンノアでMSの危険な飛行をしていた事を彼に非難されるが、バスクは全く意に介さず、直後の部下達によるブライトへの暴行も黙認した。
カミーユ・ビダン
エゥーゴに付いた彼に対して母親を人質にする等の卑劣な手段を取る。

地球連邦軍[編集]

フランクリン・ビダン
カミーユの父親。エゥーゴについたカミーユに対する人質とした。
ヒルダ・ビダン
カミーユの母親。フランクリンと同じく人質とし、カプセルに閉じ込めて宇宙空間に放出して事情を知らないジェリドに殺害させるという非道な作戦を行なった。

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY[編集]

地球連邦軍[編集]

ジョン・コーウェン
0083年時代では彼の直属の部下で、コーウェンの派閥は強硬派。デラーズ紛争時は地球軌道艦隊司令。
紛争後コーウェンは敗訴し、バスクはジャミトフの部下となった。ちなみに、コーウェンとジャミトフは派閥が違う。
コウ・ウラキ
直接の面識は無いが、ガトーと交戦していた彼もろとも攻撃しようとした。
エイパー・シナプス
終盤では彼を恫喝した。松浦まさふみの漫画版に至っては拘束しようとまでした。

ジオン残党[編集]

アナベル・ガトー
星の屑作戦」の最終局面で彼と対峙するが……。
第3次』では同じDC所属であるが、当然関係は最悪であり、ガトーを謀殺しようとした事も。
シーマ・ガラハウ
本来は敵対する立場同士であるが、終盤では味方同士の関係となる。『α』では一時的に協調関係となるが、ガンダムMk-IIを奪われた事を嘲笑された事で女狐と毒づいた。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

宇宙世紀ガンダムシリーズ[編集]

キシリア・ザビ
原作の設定では全く相反する思想と立場であるが、旧シリーズDCにおいては彼女の指揮下にある。
シャリア・ブルキャラ・スーン
DCでの部下。
マシュマー・セロ
DCでの部下。マシュマー自身は完全に嫌っていた。

アナザーガンダムシリーズ[編集]

ウォン・ユンファ
F完結編』でティターンズを宇宙に逃す手引きをするが、ティターンズに対して見下した態度を取った事で激怒し、マフィアごときと侮蔑する。
デュオ・マックスウェル
コロニー側の存在なので、共演する作品ではシリーズを通して敵対する間柄。『α』では、序盤から早々と彼に襲撃を受ける事になる。また、直接ではないが彼の口から、エゥーゴ側のカミーユと裏切った元部下のエマ30バンチ事件の真相を暴露される結果となる。

ガンダムSEEDシリーズ[編集]

ロード・ジブリール
Z』では元々は反目し合っていたが、シロッコやデューイのクーデター後は共同歩調をとる。最後はフロスト兄弟に陥れられ、ジブリール共々シロッコによってゴミ同然の捨て駒にされてしまう。
ユウナ・ロマ・セイラン
『Z』では彼の返答を「猿芝居」と酷評した。

リアル系[編集]

ゴステロ
64』では帝国軍を地球から追い払った後も彼を酷使する。以前散々に扱われていたせいか、それが彼に対する態度に表れている。

スーパー系[編集]

兜甲児
『64』ではバスクの知らないところで、彼に「タコメガネ」というあだ名をつけられていた。
帝王ゴール
SC』では彼の放ったマグマ砲により、引導を渡される。
岡防衛長官
『α』では彼にロンド・ベル隊の即時解散を強要するも、逆にティターンズの人外戦力に対する実戦不足を指摘され舌戦に完敗する。

バンプレストオリジナル[編集]

ヴィガジ
第3次』では彼と接触してDCとインスペクターの同盟交渉を行う。
エルリッヒ・シュターゼン
64』での部下。中盤、帝国の排除より地球圏支配のための地盤堅めを優先するバスクに度々進言するが、バスクはその進言を全て退けていた。最終的には理由をつけて出撃拒否をする彼を、無理矢理出撃させるべく恋人アリンディーネを人質に取ってマーチウィンドとの戦いに向かわせる。結局その行動が原因で彼はOZを離反することになる。
リッシュ・グリスウェル
『64』での部下。中盤、帝国の排除より地球圏支配のための地盤堅めを優先するバスクとはソリが合わなかった。主人公説得の後、マーチウィンドに参入する。
カーツ・フォルネウスアイシャ・リッジモンド
『64』のスーパー系主人公ライバル。度々マーチウィンド戦に投入する。
イルムガルト・カザハラ
α外伝』では一時的に自身の部下を務めていたが、それは彼の仕組んだ芝居であり、人質に取っていたアヤ達を救出される羽目になる。

名台詞[編集]

機動戦士Ζガンダム[編集]

TV版[編集]

「赤い彗星だと!? バカな!!」
第2話においてのファーストシーンの台詞。
赤い彗星」の名を知っているあたりから、やはり彼も一年戦争を生き抜いてきた事が伺える。
「一般将校は黙ってろ!」
「ここはティターンズの拠点である! 正規の連邦軍と、やり方が違う!」
第2話より。居住区でガンダムMk-IIのテストをしたことに抗議したブライトを殴り飛ばしてからこう怒鳴り付けた。
横暴で権力主義的であるバスク、そしてティターンズをよく表した台詞であり、エマがティターンズを離反するきっかけになった。
「愛人にとっては都合が良かったのではないのか?」
第4話で人質にとったカミーユの母が戦闘中に死亡した後、その事を抗議してきたカミーユの父・フランクリンに対して。事実であるだけに、抗議しようとしたフランクリンはぐうの音も出なかった。[3]
なお、この発言からフランクリンの愛人の事は軍内部でも知られていたと思われる。そうではない場合は、ヒルダ・ビダンが死亡する事を見越して抗議を黙殺できる様に周囲の人間関係を徹底的に洗い出しでもしていたのかもしれない。
「汚名挽回? その言葉は実績を見せた者が言うことだ」
同上。ジェリドの「自分が汚名挽回をしたく」への返事。バスクも間違いに気づかないままである。劇場版ではジェリドの台詞が「汚名返上」に修正されたため、この台詞はなくなっている。
もっとも、「汚名挽回」という言葉は、横暴の限りを尽くし人々の反感を買っていったティターンズという組織に相応しい、と言える。
「シロッコ…貴公の許せんことは、自分以上に能力の高いものがいない、と思っていることだ。馬鹿にするな!!」
第39話より。敵視するシロッコへの台詞。F完結編では郷里氏のDVEで収録されている。
「我々は人殺しの集団ではない。一刻も早い平和を願っている事を忘れんでな」
第41話にて、毒ガス作戦実行を命令されたレコアが「ティターンズへの忠誠を試すのなら、他にも方法があるはずです」と反論した際、彼女に対し修正と共にこう言い放つ。
自身のかつての所業を棚上げした、厚顔無恥の極みとも言える台詞。彼の目に映るのはアースノイドだけであるという事がよく分かる。
「正面!? シロッコのモビルスーツ隊が!!」
「ぐわあああああああああああ!!!」
第48話における断末魔。

劇場版[編集]

バスク「このドゴス・ギアをシロッコから回収した時に貴様の復帰も許した。コロニーレーザーの工事を進めているグリプス2の守りのためだ。つまりな…コロニーレーザーがあれば、あそこだ、ここだではなくこの私に主導権がある」
ヤザン「はぁ!? あぁ…それは考えました…」
バスク「なら、子供みたいな戦争ごっこはやめろ」
ゼダンの門の宙域に展開していたドゴス・ギア艦橋でのバスクとヤザンの会話。
バスクはヤザンに復帰を許した理由等を話して、手駒としての信頼を得ることや「真面目にやれ」と釘を刺すことが目的だったと思われる。ヤザンは「了解です、大佐」と指示を快諾しているが、実は既にシロッコに興味を持っていた。
また、バスクがシロッコに対して子供じみた対抗心を持っていることが見え隠れしており、ヤザンもそこは意外だったのか微妙な反応を示してしまった。
「シロッコの演説だと!?女狐の始末もできなかったガキにつべこべ言わせるなッ! ジャミトフ総裁は奴に殺されたんだぁーッ!」
ジャミトフを暗殺し、ティターンズ艦隊に「ジャミトフの遺言」であるとしてモビルスーツから演説を行うシロッコの声をドゴス・ギアの艦橋で聞きながら。シロッコがディターンズを乗っ取ろうとしている事を理解しているため反発しているが、実際にシロッコがジャミトフを暗殺した事実を確信しているのかは疑問。
ヤザンから「これでアンタの天下だ」と言われて押し黙ってしまうため、ジャミトフの穏健姿勢を快く思っていない事が窺える。しかし、この時点でヤザンは既にシロッコ派であり、劇場版ではこれが自身の破滅へと繋がっていく。
「ヤザンは、本気なのかーっ!」
断末魔。自艦から発進したヤザンハンブラビの砲撃を受けて死亡という最期であった。

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY[編集]

「おおっ、コロニーが肉眼で見えるぞ! もういい、照射!」
第13話より。第一地球軌道艦隊臨時旗艦「マダガスカル」艦橋で、デラーズ・フリートにより地球落下軌道を取るスペースコロニーを真正面に陣取ったソーラ・システムIIで破壊するためのミラーを展開中、ガトーの駆るノイエ・ジールが迫る中、焦って展開が未完了にも拘らずソーラ・システムIIの照射命令を出してしまう。
十分な配置が完了しない状況での照射ではコロニーが破壊できなくなるかもしれない可能性が残るため[4]、かなり危険な独断専行だったと思われる[5]。結果としては照射直前にガトーの攻撃でコントロール艦が撃沈されてしまい、不十分な照射となってしまったため、コロニーを破壊する事はできなかった。
「やかましい! ヤツらを一撃せねばおさまらん!」
第13話より。部下の制止を押し切ってソーラ・システムで味方の連邦軍もろとも攻撃しようとした際の台詞。この時点でバスクの非道ぶりが表れている[6]
「省みよ! 今回の事件は地球圏の静謐を夢想した一部の楽観論者が招いたのだ! 『デラーズ・フリート』の決起などはその具体的一例に過ぎぬ!」
「また三日前、北米大陸の穀倉地帯に大打撃を与えたスペース・コロニーの落下事故を見るまでもなく、我々の地球は絶えず、様々な危機に晒されているのだ!」
「地球! …この宇宙のシンボルを揺るがせにしない為にも、我々は誕生した! 地球! …真の力を再びこの手に取り戻すため、ティターンズは起つのだ!」
第13話でデラーズ・フリートとの戦いが終結した後に行った演説。かくして、後世に悪名高きティターンズが発足する…。
α』のラストでもやや形を変えて同様の演説を行なっている。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

旧シリーズ[編集]

「か、閣下……どうか、どうか我等が理想を……この世界を正しき道へ! 一足先にいっております……」
「何者!? き、貴様は!?」
F完結編』「野望の果てに」での断末魔。バスクらしくもない殊勝なセリフであるが「彼の言う正しい道=コロニーと全面戦争」と考えるとあまり感心しない。
ただし、条件を満たすと下のセリフを言って生存する。助けに来た人物を見て相当驚いていたので顔見知りだったのかもしれないが、結局誰かは明かされなかった。
「ジャミトフ閣下‥‥今こそ、閣下の無念‥‥はらしてみせます! うおぉぉぉぉぉっ!!」
『F完結編』においてシロッコに特攻した時の台詞。

αシリーズ[編集]

「強化人間を戦いから引き離して、何の意味があるというのだ!」
α外伝』第9話でプルツーを洗脳してティターンズの戦力とした事に激怒するジュドーへの台詞。
原作同様の非道な態度にジュドーも人を人とも思わない奴とバスクを徹底的に非難し、またウッソと対決した際もカテジナをプルツーと同様の扱いをした事で怒りを買っている。
「か、艦橋に直撃!? うおおおっ!!」
『α外伝』(DC版α)での断末魔。

Zシリーズ[編集]

「そんな猿芝居が通じるか! どうせ戦う事になるというのに余計な恥をかかせおって!!」
ユウナ「そ、そんな…! 僕はオーブを守るためにやったのに!」
「もう黙っていろ! ここからは軍人の仕事だ!」
Z』第46話「混迷の中の正義」より。ジブリールの引渡しを要求する件で、お粗末な回答を行ったユウナに叫んだ台詞。
ヘタレな上に空気が読めなさ過ぎるユウナの前では、冷酷非道なティターンズの司令官であるはずのバスクですらまともな感性の持ち主に見えてしまうのは、なんともはや……。
「まだだ! まだ本艦は落ちん! 落ちてはならんのだ!! くそぉぉぉぉぉっ!!」
『Z』第52話ミネルバ一時残留ルート「黒歴史の真実」より。『Z』における断末魔。ドズルのそれに似せているのが…。
なお、この時のバスクの搭乗艦はアレキサンドリアで、ドゴス・ギアはシロッコに持ち逃げされてしまった。

単独作品[編集]

「そのアリンディーネ嬢のためにも、よけいな行動はせぬことだ」
「地上も混乱しておる。その娘はOZが保護している。が、貴官の行動いかんでは、その娘に事故がおこるやもしれん」
64』のアークルートで反抗的なエルリッヒの恋人を人質に取っていることを示唆した台詞。『64』におけるバスクを象徴するともいえる台詞である。

搭乗機体[編集]

アレキサンドリア
ドゴス・ギア

SRWでの搭乗機体[編集]

ドロス
第3次
ガルダ級超大型輸送機
Z
スードリ
α外伝

余談[編集]

  • コミカライズ作品『機動戦士ΖガンダムDefine』では艦隊戦において伏兵や増援を駆使しエゥーゴ艦隊を幾度も追い詰めるなど、優秀な戦術家としての面が強調されている。一方で失態を犯した部下に対して家族への補償と引き換えに死を前提とした「特務」を命じる、中立の立場を取った連邦正規軍の艦に対し躊躇なく砲撃を加える、ジャブローで捨て石にされた数百名の人員を独断で救出したジェリドに対し、彼自身とマウアーの助命の条件として他の全員の口封じを行うことを命じるなど冷酷さも際立っている。
  • 故・郷里大輔氏が『機動戦士ガンダム』で演じたドズル・ザビとはあらゆる面で正反対な人物である[7]

脚注[編集]

  1. 『Ζ』小説版では一年戦争に参加していないという設定であったが、『0083』以降の設定に上書きされ、なかったことになっている。
  2. 第4次のティターンズはDC残党狩りを目的としたDCの再就職先であるのだが、今作のバスクは本来撃退するはずの異星人と結託して地球連邦を倒すという行為を行なっている為、異星人と結託していたバスクが地球連邦側に再就職するのは無理があると判断され、意図的にフェードアウトさせたのかもしれない。ただしFではのうのうと連邦側にいたりするのだが。
  3. 近くにいた部下達もバスクに同調するかのごとくフランクリンに対して軽蔑の眼差しを向けていた。
  4. 小説版ではソーラ・システムIIでコロニーを蒸発させるには「しっかりと角度を合わせながら60秒以上の照射が必要」とされている。しかし、実際に行えた照射時間は30秒程度。しかもコントロール艦が被弾した影響で照射中の角度調整まで不十分な状態だった結果、破壊に至れなかった。
  5. もっともガトーを止められていなかった以上、仮に展開完了を待っていたところで状況は改善するどころか悪化していてもおかしくないので、一概にバスクの判断が悪かったとも言えないところである。
  6. OVAでは必死に止めようとする副官を無視してソーラ・システムの光を眺めるバスクの笑みが映されるという場面だったが、小説版ではなんとバスクは副官の胸倉を掴んで残忍な笑みで威圧するという内容に変更されており、より非情さと狂気性が増している。
  7. 尤も、ドズルとてギレン・ザビの計画、命令だったとは言え、コロニー落としや毒ガス等を用いて地球圏の総人口の半分を死に至らしめた側の責任者の一人であり、特にブリテッィシュ作戦での艦隊戦においては陣頭指揮しており、シーマ・ガラハウのように「知らなかった」という立場ではすまされない。そういう意味ではバスクよりドズルの方が非戦闘員を多く虐殺したと言える。

資料リンク[編集]