スベロア・ジンネマン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
スベロア・ジンネマン
外国語表記 Suberoa Zinnerman
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 手塚秀彰
デザイン 安彦良和(オリジナル)
高橋久美子
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人スペースノイド
性別
年齢 52歳
所属組織 ネオ・ジオン袖付き
所属部隊 ガランシェール隊
役職 隊長
ガランシェール船長
軍階級 大尉
テンプレートを表示

スベロア・ジンネマンは『機動戦士ガンダムUC』の登場人物。

概要[編集]

ネオ・ジオン残党「袖付き」に属する偽装貨物船ガランシェールの船長。

一年戦争以前からジオン軍で戦い続けてきた軍人で、作中では指揮だけではなく飛行中のガルダ級に潜入しオードリー・バーンの脱走を支援する等、歴戦の兵士の実力を示している。その懐の広さ故に部下からは「キャプテン」と呼ばれて慕われている。

一年戦争終戦時はアフリカ戦線に属し、連邦の捕虜となる。その頃、妻子の暮らすサイド3の都市グローブは、現地の連邦軍がジオンへの膨らんだ憎悪を晴らそうと虐殺の凶行に走ったため、壊滅する。その後のジンネマンは家族を殺された憎しみを胸に、収容所時代の部下達と共に連邦と戦い続ける。

ジンネマンはその中である少女と出会う。それはプルクローンの生き残りで、第1次ネオ・ジオン抗争後の混乱により悲惨な境遇に置かれたプルトゥエルブだった。ズタズタに傷ついた彼女を引き取って養父となり、亡くなった実娘マリィの名を与えるが、愛する者を再び失う恐怖から内心を口にすることなく、あくまで「マリーダ・クルス」という忠実な部下として扱ってきた。また、グリプス戦役以後はザビ家の最後の生き残りであるオードリーことミネバ・ラオ・ザビを守るようにシャア・アズナブルから託され、時には彼女の意向を無視してでもその身を守り続けた。

ラプラスの箱」を受け取るためにインダストリアル7に赴くが、カーディアス・ビストとの交渉は失敗。その後は箱を巡る争いに関わることになる。

『NT』でもミネバの命を受けて秘密裏に活動をしている。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
初登場作品。担当声優の手塚秀彰氏はスパロボシリーズに初参加。
地球連邦軍への復讐心からフロンタルアクシズ落としにも参加するが、そこで人の心の光を目の当たりにする事になる。
最後はサイガス率いる連邦軍に襲撃されるものの、バナージに促されて他の艦隊共々撤退したため、『第3次Z時獄篇』時点ではガランシェールは健在である。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
前作に引き続いての登場。第24話「一筋の光明」ではスポット参戦する等味方側として動くが、中盤では原作の再現かフロンタル一派をソレスタルビーイング号に招き入れてしまう展開がある。
第44話「宿命を越えて」でマリーダ生存条件を満たすと、リディの攻撃からマリーダを庇いガランシェールは撃沈。一時死亡したものと思われたが、宇宙を漂っていたところをバナージとマリーダに救出され無事生還する。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
第32話「対の獣と光」以後はガランシェールの艦長として自軍で運用可能になる。
ただし、ガランシェールが使い辛いので、活躍させるならば補給スキルヒット&アウェイ連続行動カウンターあたりは習得させたい。幸いなことに「不屈」を習得するため、機体ボーナスが最終段階に到達すれば「不屈バリア」が可能。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
当初は復讐のために戦っていたが、ダカールでの戦いでロニの暴走を見て、自分のしていることに虚しさを覚え、その後アルベルトに出会い、ラプラスへ参加する…と、原作とは大幅に異なる役割を持っている。
DLC「アクシズの三姉妹」では、プル姉妹との絡みがある。今作でも隠し要素で運用可能になるが、ガランシェールの性能的にも精神コマンド的にも一軍を張るのは厳しい。
幸い、最後に希望を覚えるので、ガランシェールにカスタムボーナスを取得させれば、『修理・補給をこなし、希望によるサポートも行える』という長所はある。サポート系のユニットに自軍の出撃枠を削られたくないときには良いかもしれない。P属性の攻撃で攻め込むのが好きな人には悪くない選択肢だろう。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

古株の軍人らしく技量が高め。反面防御母艦乗りの宿命なのか、モビルスーツ乗りよりも低い。

精神コマンド[編集]

第3次Z時獄篇
偵察ド根性必中鉄壁気迫
BX
不屈偵察鉄壁熱血
V
先見ド根性必中鉄壁気迫希望

特殊スキル[編集]

第3次Z時獄篇
指揮官L4、底力L4、援護攻撃L2、ガード、気力+(ダメージ)
BX
底力L7、援護攻撃L2、援護防御L2、全体攻撃L1、指揮L3
V
指揮官L4、底力L6、援護攻撃L2、援護防御L2、ガードL3

エースボーナス[編集]

自軍フェイズ開始時、指揮範囲内の味方機のHP1000回復
第3次Z時獄篇
サブパイロットを含め、自軍フェイズの開始時、SP回復+5。
V。表記はやや異なるが、同作の沖田と同じボーナス。

人間関係[編集]

フィー、マリィ
ジンネマンの妻子。地球連邦軍によるグローブでの蛮行によって嬲り殺しにされてしまっている。
マリーダ・クルス
ジンネマンにとっては義理の娘というべき存在。名前は亡くなった実娘から取っている。
オードリー・バーンミネバ・ラオ・ザビ
長らく彼女の身を守り続けてきた。
ギルボア・サント
ガランシェールの操舵手でギラ・ズールパイロット。ジンネマンによって収容所から救出されて以来の関係。
フラスト・スコール
ガランシェールの乗組員。捕虜時代からの長い付き合い。OVA版では「フラストはジンネマンと同じ街の出身であり、彼と同様に家族を失っている」設定になっている。
アレクトムラ
同じく部下のガランシェール乗組員。アレクには荒事担当並びに予備操舵手、トムラにはメカニックを任ずる。
バナージ・リンクス
ユニコーンガンダムのパイロット。紆余曲折を経て一時行動を共にする。
バナージとの対話と乱闘、そして共闘を経て、彼に「別の可能性」を感じたのか、復讐で凍り付いたジンネマンの心が少しずつ溶け始めていく。
フル・フロンタル
袖付き」首魁。
アンジェロ・ザウパー
フロンタルの側近。
シャア・アズナブル
彼からミネバを託される。何故一介の残党軍兵士でオールドタイプのジンネマンがそのような大役を命じられたかの理由については、ジンネマンが生前のシャアとのやり取りを詳しく語るシーンが全く無いため不明。
アルベルト・ビスト
共にマリーダに救われた者。原作では絡みが無いが『V』ではそれについての会話がある。

他作品との人間関係[編集]

ハマーン・カーン
第3次Z時獄篇』では上官。オードリー(ミネバ)関連で縁がある。
エルピー・プルプルツー
V』ではマリーダの姉妹としてまとめて面倒を見る。当初彼女らから「ヒゲクマ」呼ばわりされていた。
カミーユ・ビダンファ・ユイリィ
『V』ではガランシェールが彼らの母艦のため交流を持つ。
船長
巨神ゴーグ』の登場人物。特に絡みは無いが、並べてみても顔が瓜二つな人物。
当頁の余談に詳しいが、ジンネマンは船長をモデルに生み出された。そのため、様々な点が似通っている役回りを演じる。

名台詞[編集]

「……あぁ、悲しいな……。悲しくなくするために生きているはずなのに……なんでだろうな……」
「人を想って流す涙は別だ。何があっても泣かないなんて奴をおれは信用しない。」
OVA版第4巻より。砂漠でのバナージとの対話の中で。内心では連邦に対しての憎悪が消えない(消せない)ものの、人の優しさを捨てないジンネマンを象徴する言葉でもある。
「お前を気にかけたのは箱の鍵だからだ。なびかせておいた方が都合がいいと思っただけだ。こんなのは戦争じゃないと言ったな? 目を開けてよく見てみろ! こんな事が起きるのが戦争だ!
主義も名誉も尊厳も無い……殺す奴がいて殺される奴がいるだけの事、怨念返しの何が悪い? 俺達の戦争はまだ終わっちゃいないんだ!!」
ジオン残党トリントン基地第3次Z時獄篇ではダカール)を襲撃した際にシャンブロ暴走民間人の虐殺を始めたにも関わらず、平然としているジンネマン達に憤るバナージへ感情をぶつける。
ジンネマンが過去に体験したことや現実世界の戦争で起きていることを考えると、甚だ重い内容の台詞である。ただし、シャンブロを止めるために出撃するバナージをジンネマン達は止めなかったので、彼らもやはり心の中では良しとしていなかったのだろう。
「そこを開けて降りてこいマリーダ! 一緒に宇宙(そら)へ帰るんだ!!」
「俺と来い! 俺を一人にするなぁ――――っ!!!」
OVA版第5巻より。ガルダ級の中で、ビスト財団により再調整されたマリーダを取り戻そうと必死に叫ぶ。
第3次Z天獄篇』および『BX』では、上記の台詞の2行目がDVEになっている。
錯乱の止まらないマリーダ操るバンシィの前で生身で呼び掛けるジンネマンに、「死亡フラグが立ったか!?」とハラハラした視聴者もいたと思われる。
「連邦の船に乗り込んだら、隙を見て乗っ取ってやるつもりでいた……。だが、そんなことはもうどうでもいい……お前さえ……お前さえ生きていてくれれば、それで…………」
OVA版第6巻より。ラプラスの箱に関わったことで、奇しくも「袖付き」と共同戦線を張ることになってしまったネェル・アーガマで、治療中のマリーダに付き添うジンネマン。
一方、原作小説では少し話の展開が異なり、ジンネマンはネェル・アーガマの乗っ取りを実行している。
「脚がありませんな…」
「袖付き」の旗艦レウルーラのMSデッキにて建造中の巨大MAを見た時の感想。
台詞の元ネタは『機動戦士ガンダム』第42話にてジオングの外見を見た時に漏らしたシャアの感想「脚は付いていない」からであろう。察しの良い視聴者は、建造中の巨大MAが次巻(OVA版第7巻)に登場する伏線だと予想していたかもしれない。
「確かに、晴らして晴らせる恨みじゃない。でも虚しいっていうのとはちょっと違う。疲れたんでしょう……何もかも諦めて、暗いところでうずくまってる、自分ってやつに……」
「シャアも……ザビ家への復讐より父親が夢見たニュータイプの世界を開くことを望んだシャア・アズナブルも、今の私と同じ心境だったんじゃありませんか」
フロンタルに内心の変化を見抜かれた際の言葉。この変化を呼び起こしたのは、直前でフロンタルが指摘しているように、バナージの存在なのだろう。
(一体何物だ、こいつは……)
「シャアが生きているとしたら、もう人ではなくなっているのではないか」と述べたフロンタルを見て。ジンネマンをしてこう思わせるほど、フル・フロンタルという男には人間味が感じられない。この理由は終盤で明らかになる。
「理屈では消せんのです」
「恨みも……後悔も……。何も……してやれなかった……! 怖かったろうに、痛かったろうに……何も……! フィー……マリィ……」
愛する妻子を無惨に殺された恨み、そしてそんな目に遭っていたにも関わらず何もできなかった自責の念は、マリーダやバナージといった新たな「光」を得ても、そう簡単に拭い去れるものでは無かった。
「…赦す。最後の命令だ…心に従え」
バナージやミネバと共に守ろうとするマリーダの「わがままを、許してくれますか」に対して。『第3次Z天獄篇』ではDVE。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「Z-BLUEに使ってやってくれ。その方があいつも喜ぶ」
第3次Z天獄篇』第45話「虹の彼方に」より。リディの暴走で死亡したマリーダの愛機であるクシャトリヤZ-BLUEのメンバーに託す際の台詞(なお、マリーダが生存している場合は発生しない)。
「おう! 俺はマリーダの花嫁姿を見るまでは絶対に生き延びてみせるぞ!」
『第3次Z天獄篇』にて、マリーダ生存フラグが立っている場合の台詞。
ジンネマン「顔を…! もっとよく顔を見せてくれ、マリーダ!」
マリーダ「おとう、さん…」
「あなたは、私の光…もう一度私を産んでくれた光でした…。ありがとう…」
ジンネマン「そんな話、後でいくらでも聞いてやる! 生きていてくれるだけで、それでいい! 傍にいてくれるだけで…!」
BX』第32話「対の獣と光」でマリーダが生存した時の会話。
「奪われたから、奪い返す…。今となっちゃその発端はどうでもいいが、忘れていいわけでもない」
『BX』第41話「君の中の英雄」より。原作通りにプラズマダイバーミサイルでセカンドムーンごとヴェイガンを殲滅しようとしたフリットに対して。
「民間人がガンダムのパイロットか…。嫌な話だな…」
V』ロンド・ベル合流ルート第23話「開かれた扉」より。バナージと相対した時の台詞。もっとも、民間人がガンダムのパイロットになるのはガンダムシリーズではよく画かれることだったりする。
「こいつを俺の復讐に付き合わせるのか...と考えた時、全てが虚しくなった...」
「決定的だったのは、ダカールでの戦いだ。マハディの娘が憎しみに取り込まれた姿を見た時、俺は...あれにマリーダがかぶり、戦いが怖くなった...」
「そして俺は...俺と同じようにマリーダに救われた人間に出会い、このラプラスへの参加を決めたんだ...」
『V』第36話より。原作と異なり、ダカールの戦いで戦いに恐怖を覚えた事が復讐を辞める動機となっている。
「ガランシェールは、いつからガキ共の遊び場になったんだ!?」
『V』DLCシナリオ「アクシズの三姉妹」より。ガランシェールに乗り込んできたプルとプルツーに頭を抱える。もっともこの後フラストに楽しそうだと指摘される。シナリオクリア後には二人からも慕われるようになるが「髭をそってほしい」と要望を出されてしまい、トレードマークをどうするか葛藤の末「戦いが終わったら考える」と苦しそうに答えるのだった。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

「俺が言ってるのは『スパロボ』の話だ。お前がいくら頑張っても、プレイヤーがゲームを再開してくれなきゃ話にならん」
中断メッセージより。

搭乗機体[編集]

ガランシェール
ジンネマンが船長を務める偽装貨物船。武装はあまり施されていないが、ギラ・ズールクシャトリヤといった新型のMSを搭載している。

余談[編集]

  • スベロア・ジンネマンの外見は、キャラクターデザインの安彦良和氏が担当した『巨神ゴーグ』に登場する「船長」と酷似している。
    • これは『機動戦士ガンダムUC』の原作者である福井晴敏氏が、キャラクターデザインを担当する安彦良和氏に対して「ジンネマンの容貌は『巨神ゴーグ』の船長を意識したものにして欲しい」という注文をした為である。
    • なお、原作小説でもジンネマンの通称として「船長(キャプテン)」が使用される場面がある。

資料リンク[編集]