2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
機動戦士クロスボーン・ガンダム
スカルハート
原作 矢立肇
富野由悠季
著者 長谷川裕一
メカニックデザイン カトキハジメ(デザイン協力)
掲載誌 月刊ガンダムエース
少年エース
発表期間 2002年 - 2004年
話数 全6話
巻数 全1巻
シリーズ

ガンダムシリーズ

前作 機動戦士クロスボーン・ガンダム
次作 機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
初登場SRW スーパーロボット大戦V
テンプレートを表示

機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート』は長谷川裕一の漫画

概要[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム』の読み切り短編集。本編前日談である『バカがボオルでやってくる!』、外伝『星の王女様』、後日談である『海賊の宝』『最終兵士(前後編)』『猿の衛星』の六編で構成されている。

本作から、長谷川裕一氏のみが作品を手掛けるようになり、そのためか作品のカラーもより独自色が強まっている。

登場人物[編集]

スパロボごとの登場人物一覧については以下を参照して下さい。

宇宙海賊クロスボーン・バンガード[編集]

トビア・アロナクス
主人公
ベルナデット・ブリエット
トビアと共に海賊として活動している。
ウモン・サモン
一年戦争から戦っているベテランパイロット。『バカがボオルでやってくる!』にて、一年戦争時の武勇伝の全容が明らかに。
トゥインク・ステラ・ラベラドゥ
小惑星ネバーランドに1人で暮らしていた少女。本作にて『クロスボーン・ガンダム』の物語の語り部である事が明らかとなる。

木星帝国[編集]

カマーロ・ケトル
『海賊の宝』に登場するオカマ口調の木星軍残党指揮官。

連邦軍[編集]

ハリソン・マディン
本作にてロリコン趣味が明らかに。
ヨナ・キニスン
一年戦争時のウモンの上官でヨナの祖母。

その他[編集]

キンケドゥ・ナウ / シーブック・アノーベラ・ロナ / セシリー・フェアチャイルド
『海賊の宝』に登場。かつてクロスボーン・バンガードの一員だった二人。現在は地球でパン屋を営んでいる。
グレイ・ストーク
『最終兵士』に登場。木星のヘリウム船団のリーダーである初老のニュータイプ。初出は『機動戦士Vガンダム外伝』。
風貌や言動からある人物を思わせるが、言及はされていない。
シーナ・カッツィユキー
『猿の衛星』に登場。元ジオン公国軍の将校であり、「E計画」を知る人物。名前は長谷川氏のアシスタントから。
同作者による『MSV戦記 ジョニー・ライデン』では若き日の彼が登場している。

登場メカ[編集]

スパロボごとの登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

宇宙海賊クロスボーン・バンガード[編集]

モビルスーツ[編集]

クロスボーン・ガンダムX1改・改
通称「スカルハート」。胸部の紋章がドクロのレリーフになっている。
フリント

戦艦[編集]

リトルグレイ
木星戦役にて物資補給を担当していた補給艦。現在ではマザー・バンガードに代わってクロスボーン・バンガードの旗艦となっている。

地球連邦軍[編集]

ガンダムF91 (ハリソン専用)
ハリソン・マディン用にダークブルーのカラーリングを施された量産型ガンダムF91。
木星戦役時のものと比べ、白を含めた新規カラーリングになっている。
Bガンダム
ウモンが勝手に改造したガンダムの顔の追加装甲を取り付けたボール

木星帝国[編集]

バタラ
ペズ・バタラ
アラナ
木星帝国の量産機。全長10mの小型MS。
アラナ・バタラ
アラナを製作するためにバタラにパーツを取り付けた実験機。
劇中ではクロスボーン・ガンダムX3のムラマサ・ブラスターを再現しようと試みた独自の武装「モゾー・ブラスター」を装備している。
アマクサ
クロスボーン・ガンダムX2のデータを使い再現しようとしたMS。別名「ジュピター・ガンダム」。搭載されているのはある人物の戦闘データを基にしたバイオ脳。

その他[編集]

ガンプ
グレイ・ストークが所持するMS。ジャンクパーツによる修復が重ねられているが、そのシルエットはかつて第一次ネオ・ジオン抗争を駆け抜けたガンダムを思わせる。
バルブス
型式番号MS-06MS(モンキースペシャル)。類人猿が操縦する事を前提にしたMS-06のカスタム機。

用語[編集]

クロスボーン・バンガード
表向きは輸送会社「ブラックロー運送」として活動している。
クロスボーン・ガンダム
木星帝国
劇中では残党軍が活動している。

楽曲[編集]

「スカルハート見参」
Gジェネレーションシリーズにおける「宇宙海賊クロスボーン・バンガード」 / 「クロスボーン・ガンダム」のアレンジBGM。『V』にて採用され、曲調は『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』シリーズのものを使用。
曲名の通り『スカルハート』のBGMだが、『鋼鉄の7人』のトビアの戦闘BGMとして、Gジェネや他のゲーム作品でも使用されていることから、そちらのテーマ曲としての認知度が高いようだ。『X』でも『鋼鉄の7人』しか参戦していないが、この曲も採用されている。
イントロが洋楽バンド『Pretty Maids』の「Back To Back」に酷似しているが、『THE ビッグオー』オープニングのような「~みたいのでお願い」系の作曲依頼だったのだろうか……。

登場作と扱われ方[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦V
初参戦作品。
『クロスボーン・ガンダム』が原作終了後なので、『クロスボーン・ガンダム』シリーズの時代背景は本作のものになっている。シナリオ再現は『最終兵士』のみ。
時系列が空白の10年を挟んでいるせいか、第2次ネオ・ジオン抗争」の110年後の設定になっている(本来なら42年程後の設定)。言うまでもなく『ゴースト』はおろか『DUST』までも飛び越えた年代設定である。
スーパーロボット大戦T
機体のみ参戦。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]