モビルドール

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

モビルドール(Mobile DOLL)は、『新機動戦記ガンダムW』に登場するモビルスーツの無人操縦システムを指す用語。

MOBILE Direct Operational Leaded Labor(直接指揮及び作戦用機動作業機)」の略称。さらに略して「MD」とも呼ばれる。

概要[編集 | ソースを編集]

モビルスーツにパイロットとなる兵士を搭乗させるのではなく、最初から兵士の戦闘処理能力等を持つ演算回路で代用するシステムで[1]ツバロフロームフェラ財団の技術陣とOZによって開発された。

モビルドールは「導入する事によって兵士の徴収・育成を省けて効率的である」と思われたが、トレーズが「戦争がゲーム感覚になる」と否定している。最終的には、ホワイトファングによって運用された。

モビルドールはその特性を最大限に活かし人体が耐え得る以上の高G機動とが可能であり、更に人間を遥かに超える反応速度と正確無比な戦闘能力を持つが、その一方で「プログラム制御故に設定されたパターン以上の行動が出来ない等、融通の利かない」という、機械ならではの弱点も存在した。故に、並外れた技量を持つガンダムパイロットであるヒイロ達とミリアルドには、文字通り「人形(ドール)」扱いをされている[2]

また、採用された機体の武装傾向や作中の描写からも分かる通り、モビルドールは遠距離の射撃戦を得意とする傾向があり、逆に細かい判断要素が多くそれらを瞬時に処理することが要求される近接白兵・格闘戦はやや不得手である。そのため劇中でも一般兵に接近戦に持ち込まれて撃破される場面が度々見られた。後にヴァイエイトメリクリウスに、ガンダムのパイロットのデータを組み込んだMDとして運用されてもいるが、こちらも同様で、同等の実力であるデュオガンダムデスサイズヘルによって、あっけなく撃墜されている(この時も「アクティブクロークを開く動作で相手を弾き飛ばす」「背後に迫ったMDヴァイエイトに対して後ろを振り向かないままツインビームサイズで迎撃」「展開されたプラネイトディフェンサー(PD)による防御に対しPD自体を直接薙ぎ払って突破」など想定外の用法・近接戦闘の乱戦に弱い点が描かれている)。

モビルドールへの過度なまでの期待は、デルマイユ派のOZやホワイトファングに対して戦略的な失敗を促してしまうに至る。後のA.C.196年におけるモビルドール採用機体は、拠点防衛システムの代用品的な扱いになっており、主力機動兵器の座は、サーペントを始めとする有人型のモビルスーツへと戻っている[3]

登場作品[編集 | ソースを編集]

作品によって固有のパイロット「モビルドール」として登場している場合と、単に「人工知能・AIシリーズ」が搭載されたMSを演出的に呼称する場合とで分かれる。後者の場合はモビルドールとして扱われているのか曖昧な場面もある。

どちらにせよ自動操縦システムの一種であるためクロスオーバー的に原作以外の勢力が運用することも多く、稀にNPCとして登場することも。

旧シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦F完結編
初参戦作品だがあくまで演出的なものであり、パイロットとしては名称・能力値共に「人工知能改」である。ただし、ヴァイエイトメリクリウスには原作通りトロワ及びヒイロの能力値に設定された特殊な人工知能が搭載される。

αシリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦α
後半から登場。パイロットとしては『F完結編』と同様に「人工知能改」である。また、本作では黒のガンダムMk-IIもモビルドールとして量産される。
スーパーロボット大戦α外伝
序盤から登場。相変わらず名称のみの演出的な登場だが、パイロットはリアル系の能力値が設定された「AIシリーズ」に変更されたため、過去のものよりも命中回避が格段に優れる。現代ではティターンズマリーメイア軍、未来ではイノセントが使用する。
第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
中盤に登場。パイロットとしては「高性能AI」で、ザフト連邦軍が使用する。

Zシリーズ[編集 | ソースを編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
序盤の終わり頃から登場。本作では命中がかなり高く、その他の能力も高水準と侮れない数値になっている上に特殊技能も豊富に習得しており、出撃数も非常に多く厄介な存在。また、ゲルズゲーデストロイガンダムなど、通常のMS以外にも搭載される。
本作では過去にスメラギも開発に参加していたという設定になっている。

携帯機シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦A
「モビルドール」名義としては初登場。中盤のマリーメイア軍のトーラスに搭載されており、パイロット能力はマリーメイア兵と同一となっている。
スーパーロボット大戦D
序盤に登場。同時期に出る一般兵よりは能力が少し高い。
スーパーロボット大戦L
序盤にサトーの部隊が使用するのみ。パイロット能力は一般兵レベルだが、搭載されているトーラスの火力は高めなので注意したい。
本作の世界観では過去にブルーコスモスがモビルドールを運用していたという設定になっている。

VXT三部作[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦X
後半にカロッゾが使用するが、パイロットとしては「AI」での登場になっているため、ヒイロは「モビルドールと似たようなものだ」と対AI用の戦闘台詞を言ってしまう。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦64
中盤から登場。パイロットとしては「AI」で、作中では「MD」と「モビルドール」とで表記に揺れがある。

主な機種[編集 | ソースを編集]

リーオー
実験機として外部から有線制御されていた。
トーラス
有人・無人のどちらでも運用可能。
ビルゴビルゴII
当初から無人機として設計されており、コクピットが存在しない。
SRWでは何故か有人機になっていることも多い。
メリクリウスヴァイエイト
ホワイトファングにより前者はヒイロ、後者はトロワのデータが組み込まれた。

SRWでのモビルドール[編集 | ソースを編集]

ガンダムMk-II
α
ザメル
α外伝
サーペント
『α外伝』『X
ディン
第3次α
シグー
『第3次α』
ジン
『第3次α』
バクゥ
『第3次α』
ジェガン
『第3次α』
ギラ・ドーガ
『第3次α』
ドーベン・ウルフ
『第3次α』
バイアラン
第2次Z再世篇
ゲルズゲー
『第2次Z再世篇』
ユークリッド
『第2次Z再世篇』
デストロイガンダム
『第2次Z再世篇』

類似するもの[編集 | ソースを編集]

アマクサ
アムロ・レイ搭乗機の学習型コンピュータの戦闘データを基にするバイオ脳をパイロットとして搭載した無人機。

関連人物[編集 | ソースを編集]

ツバロフ
モビルドールの開発者。
トレーズ・クシュリナーダ
既述した通り、自身の戦争に対する価値観からモビルドールを否定する。
ドロシー・カタロニア
「最適な作戦行動を導くがパイロットや味方の犠牲を考慮しない」ゼロシステムと、「如何なる命令にも忠実で犠牲も厭わず、機械故に替えが利きやすい」モビルドールの相性の良さに着目した人物。これによってゼロシステムを用いたオペレートでモビルドール部隊を指揮し、ガンダムチームを追い詰めるほどのポテンシャルを発揮させた。ただし、本人はその信念からモビルドールそのものは嫌っている。

他作品の関連人物[編集 | ソースを編集]

マージ・グルドア
第3次α』ではシャロンコーディネイターの手で改良されたMDシステムを組み込んだ。
スメラギ・李・ノリエガ
第2次Z再世篇』では、かつて彼女が大学の卒業論文として構築した理論を基にAEUで研究されていたものを連邦軍が完成させている。
AEU士官時代に実験中だったモビルドールの暴走によって恋人エミリオを失った過去を持つ故に、スメラギはモビルドールを否定する。
ミスター・ブシドーイプシロン
『第2次Z再世篇』ではモビルドールを共に「戦士の誇りを汚すもの」として否定しており、イプシロンに至っては「誇りも何も無いマシン」「醜悪な機械」と憎悪の念を隠していない。
カロッゾ・ロナ
X』ではラフレシア・プロジェクト遂行のために利用する。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 実際、モビルドールを導入したトーラス(元々は、有人型の機体)のコックピット内で「機体に命令を下す操縦桿が、逆に機体の挙動に合わせて動く」場面が存在している。
  2. 事実、機械的な機動パターン故に動きを容易く読まれたり、ヒイロの計略によってモビルドール機の認識プログラムを欺き味方を攻撃の対象にしてしまったり、ガンダムを開発した5人科学によってプログラムに細工が施された事で、性能面で劣る有人機とすらまともに戦えなくされてしまったこともあった。
  3. マリーメイアがモビルドールを嫌っていたトレーズの後継者を名乗った以上、大っぴらには使えないという事情もあった。

資料リンク[編集 | ソースを編集]