ザメル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザメル
外国語表記 Xamel
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 長距離攻撃用モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 YMS-16M
全高 27.0 m
本体重量 75.0 t
全備重量 121.5 t
動力 熱核融合炉
出力 1,080 kW
スラスター推力

10,300 kg×6

総推力
61,800 kg
装甲材質 超硬スチール合金
開発 ジオン公国軍
所属 デラーズ・フリート
乗員人数 1~2名
パイロット ボブ
テンプレートを表示

ザメルは『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の登場メカ

概要[編集]

ジオン公国軍一年戦争末期に開発した試作型モビルスーツ

長距離支援を主な運用目的としており、背部に装備された680mmカノン砲の威力は絶大。コクピットは複座式で、パイロットとガンナーが乗り込む。操縦系を切り替えれば、1人でも運用可能。ドムと同じく熱核ジェットエンジンを採用しており、機動性も高い。

劇中ではボブ中尉(SRW未登場)が乗り込んでトリントン基地襲撃に投入され、基地の司令部を破壊している。その後、サウス・バニングのジム改によって撃破された。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
アコースクランプコズンの他、一般ジオン兵が乗る。序盤に登場する敵ユニットにしてはHPが多目。おまけに射程も長い。ホバー機能があるので砂漠に登場しても一気に距離を詰めてくる。
スーパーロボット大戦α外伝
現代では1話増援からティターンズティターンズ兵が乗る他モビルドールとしても使用され、未来世界ではウィル・ゲイムの乗機で、イノセントモビルドール化したものを使っている。現代の雑魚MSとしては最高火力かつ最大射程8のカノン砲と、6000ものHPを持つため際立って厄介。ただそれ以外の能力は非常に低いため、距離を選べば対処はしやすい。距離1で使用してくるミサイルの命中補正が高い点にも注意。
一部バザーで販売されているため味方でも使用可能だが、HP以外の機体性能が低いため改造でも伸びず、武器改造の攻撃力上昇率も悪いため使いにくい。一応「修理を受けるために積極的に被弾する」という特殊な使い方をする場合には、HPが高い割にコアファイター並みの装甲しかなく限界も低いため、あらゆる面で適任。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
リメイクに際し登場。射程が8もあり、陸Sで確実に当て、5ターン以内にガンダム試作2号機を倒さなければいけないステージでガトーを囲んで大量に出てくる。もはやイジメの域である。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

680mmカノン砲
背部に1門装備されている長距離砲撃用の武装。不使用時は2つに折り畳まれている。トリントン基地司令部を一撃で破壊するほどの威力がある。
8連装ミサイルランチャー
胴体上左肩側に1基装備。
20mmバルカン砲
近接防御用の武装。
ビームサーベル
劇中では使用していないが、設定上は使用可能とされる。

移動タイプ[編集]

ホバー

サイズ[編集]

M

資料リンク[編集]