ホバー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

移動タイプの一種で、移動を補助する。水上をコスト制限なしで移動でき、他にも一部の地形の移動コストが軽減される。 ホバー能力単独で飛行はできない。飛行可能な機体の場合は、飛行中は空の地形適応が優先される。

ホバー走行中はどの地形でも、1マス移動する度にENを1消費する。また陸上移動の付加属性的な扱いになっているため、ホバー状態を解除することはできない。

主な採用作品[編集]

登場は一部の作品のみ。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
水上にいる場合は地形にいる扱いになる。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
ホバーを所持するユニットは戦闘デモで常にフィールドを高速で前進している。この傾向はGC/XOでも見られる。
スーパーロボット大戦α外伝
能力を追加する強化パーツホバークラフト」が登場。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
スーパーロボット大戦D
スーパーロボット大戦J
スーパーロボット大戦W

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
スーパーロボット大戦GC
スーパーロボット大戦XO

主なホバー機能所持機体[編集]

ホバーの概念が登場する作品でのみ所持。対応ユニット自体も極めて少ない。

味方ユニット[編集]

R-2 / R-2パワード
αでのみホバー機能。空を飛べないR-2も、ホバーとライ加速で水上でもチームの他の2機(or 3機)に追随できる。
エール・シュヴァリアー
機体名の意味がフランス語で「空の騎士」なのに、Dの初期主人公機で唯一空が飛べずホバー止まりなため、よくプレイヤーから突っ込みを受ける。後継機のジェアン・シュヴァリアーではホバーから飛行にランクアップするが、今度は地上に降りられなくなってしまう。
エクサランス・コスモドライバー / エクサランス・フライヤー
どちらも空が飛べる上に地上戦が苦手なフレームなので、ホバーが活躍する場面はまずない。むしろ、どの地形を移動してもENが減るペナルティの意味合いが強い。
ガーランド / プロトガーランド(共にマニューバクラフト形態のみ)
バイク時はホバー走行。人型のマニューバスレイヴ形態になるとホバーが無くなって飛行可能に。
ランドシップ
ただしWM形態への変形時は除く。
ホバー・トラック
大気圏内専用。
フリーデン
大気圏内専用。
スモー
空を飛べるユニットだが、実は所持している。
バクゥ / ラゴゥ
バルキリー系(ガウォーク形態時のみ)
タワー
大気圏内専用。空陸両用の戦艦だが、機体の地形適応が「空B / 陸S」なので陸上でホバリングさせた方がいい。
ワルキューレ (電童)

敵ユニット[編集]

カラミティガンダム
Wのみ。ソードカラミティは所持していない。
ザメル
α、α外伝で所持。
ドライセン
ワイズワラビー / ファイヤーワラビー
ドム
リック・ドム / リック・ドムII
それぞれGC/XO、αで所持。本来リック・ドムは宇宙戦用モビルスーツなのでホバー機能は所持していない。

関連する用語[編集]

ホバークラフト
強化パーツ。ユニットの移動タイプに「ホバー」を追加する。ミノフスキークラフトスクリューモジュール(アクアモジュール)が足りないときに広いマップが出てきた場合は、お世話になるかもしれない。活用可能な場所は少ないが、一部作品では空専用ユニットも地上に下ろして運用できる。
VTOL
αでの一部媒体での表記。実質ホバーと同様で、能力欄には表示されない。
水上走行
MXのワルキューレ専用能力。ホバー同様、水上を移動可能。

リンク[編集]