ソードカラミティ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソードカラミティ
外国語表記 Sword Calamity
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦W
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 GAT-X133
全長 18.26 m
動力 バッテリー
装甲 TP装甲
開発 地球連合軍
所属 地球連合軍
オーブ軍(アメノミハシラ)
主なパイロット エドワード・ハレルソン
テンプレートを表示

ソードカラミティは『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』の登場メカ

概要[編集]

地球連合軍が開発した試作型モビルスーツ

機体概要[編集]

万能機開発計画「リビルド1416プログラム」によって生み出された機体で、原型機のカラミティと違い、ソードストライカー由来の接近戦用装備に変更されている。

トーデスブロックやケーツァー・ツヴァイといった手持ち武装は勿論、大型ビーム砲のシュラークも撤廃され、代わりにシュペルトゲペールやマイダスメッサーといった近接戦闘用の武装が多数装備されているのが特徴。また、胸部のスキュラは70%に出力を抑えながらも残されており、バックパックと連結させたシュペルトゲペールのグリップ部分からビーム砲を放てる事からも、一定の射撃戦も可能になっている。

重装甲なのはそのままだが、元々カラミティ本体はフォビドゥンレイダーよりも軽量で、多数の射撃兵装が無くなり、脚部のホバー機能も残されている為、運動性も見た目以上に高い。OSもナチュラルが扱えるものに変更され、乗り手も選ばなくなっている。

初号機から3号機までがロールアウトしており、初号機はカラミティの装備を換装する形で造られている。その為、変更した装備以外の部分はカラミティと同じカラーリングとなっている(2、3号機は赤いカラーリング)。

一見すると、砲撃戦用の機体であるカラミティを、わざわざ対極に位置する接近戦用に装備を変更するという、長所を丸々台無しにしたような印象を受けるが

  • 元々カラミティに使用された「X-100型フレーム」は汎用性を重視した設計で、いたってスタンダードな構造
  • アニメ『機動戦士ガンダムSEED』のオルガ・サブナック搭乗機は、ほとんどの射撃武装が「外付け」

そのため的外れな改造とまでは言えず、実際にそれで優秀な戦果を挙げている。少なくとも、本機の開発計画自体は成功したと言える。

なお、射撃戦向けのバスターも「X-100型フレーム」だが、完全な射撃戦に対応した設計と固定武装になっていたのが異なる。

劇中での活躍[編集]

初号機は元々データ収集用で、収集が完了した後は別装備へ再改装される予定だったが、戦局の推移により、そのままの状態でデトロイトの国防連合企業体の工場に保管されていた。

その後、戦後の南アメリカ独立戦争にてレナ・イメリアが搭乗し、エドワード・ハレルソンの乗る2号機と戦闘になり、相討ちとなって撃破されている。

2号機と3号機はそれぞれ、エドワード・ハレルソンとフォー・ソキウスが搭乗。ビクトリア基地奪還作戦に投入され高い戦果を挙げた。その後、3号機はパイロット共々ロンド・ギナ・サハクに譲り渡された。

2号機は第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦などでも連合軍の戦力として投入されたが、戦後にエドと共に軍を脱走する。南アメリカ軍の戦力として戦ったが、初号機との戦闘で相打ちに近い形で勝利するも本機も大破した。

なお、初号機と2号機はその後、カイト・マディガンによって密かに回収・修復され、彼のコレクションに加えられた。 なお、火事場泥棒的な行為に反対したジェス・リブルの意見を汲んだようで、のちに2号機はエドの元へ返還されたもよう。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
第2部で敵機として登場、エドやソキウスが乗ってくる。しかし、42話でロウでエドを説得しておき、50話で再びロウでエドを説得すると、その場で使用可能。ただし、そのステージだけのスポット参戦なので注意。また、54話でもスポット参戦する。このエド機は意外にもレッドフレームの改造値を引き継ぐ。
2周目以降はショップで購入可能で、ナチュラルコーディネイターを問わず誰でも乗れる。武装は少ないが粒揃いで使いでがあり、中でもバリア貫通効果のあるシュベルトゲベールが使いやすく、遠距離戦もスキュラのおかげで十分対応できる上、マップ兵器(これもスキュラ)まで持っており、切り込みにも支援にも対応できる隠れた名機である。
とりたてて大きな欠点らしい欠点が無く(強いて上げれば特定の分岐時にASTRAY組に入るためSEED組のルートで使えない程度)、誰が乗ってもそこそこ活躍できる機体なので、自分のお気に入りのパイロットを乗せるとよいだろう。
趣味の機体が多い購入機体群の中にあって、おそらく最も「買い」の機体であることは間違い無いと思われる(その分、購入費用も最も高額だが、2周目以降かつ、『W』は無限稼ぎが容易に出来るのであまり気にならない)。なお、残念ながら初号機は登場しない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

580mm複列位相エネルギー砲「スキュラ」
胸部に内蔵された装備。中距離以上の射撃への対応の為と本体に内蔵されているという事から、カラミティから残された。エネルギー消費を抑える為、最大出力はカラミティのそれと比べ、70%に抑えられている。
ロケットアンカー「パンツァーアイゼン」
両腕部に装備された武装。対ビームシールドも兼ねる。
15.78m対艦刀「シュベルトゲベール」
シュラークの代わりに背部に二振り装備された格闘戦用武装。ソードストライクの物の改良型で、片手でも扱える。ビーム砲も内蔵されており、背部にマウントしたままで砲撃する事も可能。また、二振りを重ね合わせて、より大きな一振りの剣として扱う事も可能。
エドは二刀流戦法を好んで使い、敵機の装甲の継ぎ目を狙うという離れ業を見せることもあった。
ビームブーメラン「マイダスメッサー」
両肩に装備された武装。
コンバットナイフ「アーマーシュナイダー」
両脚部に格納されている格闘戦用武装。ストライクの物とは形状が異なる。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。
TP装甲
PS装甲の改良型。バイタルパート周辺部の通常装甲の内側にPS装甲を備え、着弾時にのみ相転移するようになっている。これによってエネルギー消費を大幅に抑える事に成功している。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「ジャンク屋:赤い一撃」

関連機体[編集]

カラミティ
原型機。原型は銃火器を中心とした砲撃戦機体だった。
ソードストライク

商品情報[編集]

Hobby JAPAN(ホビージャパン)2004年10月号に改造キットが付属された。

資料リンク[編集]