地球連合軍

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

地球連合軍とは、所属政体の中心を地球に有する軍。複数の作品に登場する。

概要[編集]

略して「地球軍」とも言う。『機動戦士ガンダムSEED』シリーズ、『機甲戦記ドラグナー』、『機動戦艦ナデシコ』シリーズ、『アルドノア・ゼロ』等に同様の名称の軍が存在する。また、『宇宙の騎士テッカマンブレード』では「連合防衛軍」という類似した名称の軍が登場する。

スーパーロボット大戦J』及び『スーパーロボット大戦W』は『機動戦士ガンダムSEED』の世界観をベースとしているため、その作中の地球連合の常備軍であるこの名称が使われている(同じ地球連合軍の名称が登場する『機動戦艦ナデシコ』も双方に参戦しており、同じく双方に参戦している『宇宙の騎士テッカマンブレード』の連合防衛軍も組み込まれている)。

今のところ、中身も名前もほぼ類似した地球連邦軍と同時に出ているのは『スーパーロボット大戦Z』のみ。

地球連合軍の名称が使われている作品[編集]

機動戦士ガンダムSEED / 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
基本的にスパロボで「地球連合軍」という名前で登場する組織は『SEED』シリーズの設定。なお、原作作中では地球連合全体を「連合」と呼称するのに対して、その軍部である地球連合軍は「地球軍」と呼ぶ場合が殆どである。
宇宙世紀の「地球連邦軍」と比べると、上層部が利権絡みで腐敗しているのは同様のようだが、その反面で上層部が官僚的なイメージの強い連邦軍と比べると、いかにも軍事組織・軍国主義といった人物・思想が上下関わらず強く見られており、本作のナチュラルコーディネイターの対立が宇宙世紀のアースノイドスペースノイドと比較して苛烈に描写されている。特に相手を同じ人間と見做さないブルーコスモスの影響もあり、コーディネイター勢力の殲滅を躊躇わないなど過激な行動が多い[1]
また、連邦軍は一枚岩なイメージが強いが、連合軍は地球連合加盟国の軍隊を寄せ集めたイメージが強く、複数の国の軍隊が協力してザフトと戦うエピソードは作中では明言はされていない[2]。それどころか最も大きな勢力を持つ大西洋連邦は他の陣営を使い捨ての駒のように扱い、アラスカではユーラシア連邦の軍隊を囮に使ってサイクロプスザフトもろとも消滅さえさせている[3]
序盤では一応、キラたちが所属する陣営だったが、中盤でのアークエンジェルオーブに対する所業から最終的に敵対勢力になった。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
『SEED』最終話から間をおき、再びプラントと戦端を開く。ただし前大戦でのしこりからか、大西洋連邦派とそれに反発するユーラシア西側勢力に分裂し、後者をザフトが支援する形をとる。
…とは言え地球連合軍の大半はブレイク・ザ・ワールド後の各地の復興にかかりきりであり、戦っているのはごく一部である(外伝設定)。後半、ギルバート・デュランダルによるロゴスの暴露からは、地球連合軍の指揮下から離脱してザフトに協力する連合軍部隊や艦艇が確認できる。
大西洋連邦一国が悪役としてのイメージを更に強くしたせいか、前作ほど悪役のイメージは負ってはおらず、全地球規模の組織故に戦乱に翻弄されて統制が取れないまま迷走していく描写が多い。
最終的にはザフトと敵対を続けた地球連合軍ロゴス派は最高司令部のヘブンズベースを失い、ダイダロス基地の軌道間全方位戦略砲レクイエムをザフトに制圧され、事実上敗戦に近い状況に追い込まれる。しかし、オーブのデスティニー・プラン拒否に呼応してアルザッヘル基地の艦隊が出撃したが、ザフトに鹵獲されたレクイエムを撃ち込まれ、艦隊もろとも宇宙最大拠点アルザッヘルを殲滅されてしまい、月面戦力がほぼ壊滅する。しかし、残存した地球連合軍艦隊はクライン派に合流し、ザフトへの抵抗を続け、メサイア陥落とデスティニー・プラン阻止の一翼を担った。
最高司令部の陥落と宇宙戦力の大部分の損耗、再軍備を支えるロゴスのグローバルカンパニーの崩壊など戦後は組織維持に難題を抱えていると思われるが、漫画版『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女』では戦後も存続し、ある程度の戦力回復も達成した模様。
機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
ブレイク・ザ・ワールドにおける救助活動やテロリストに応戦する姿が描かれる。本編ではを撃ったり、都市を焼き払ったりと悪役じみた描写が多い地球連合軍だが、本作では軍隊の責務を果たしている姿が描かれる。もっともファントムペインの活動は相変わらずだが。
機動戦艦ナデシコ
TV版では陸軍・海軍・空軍・そして宇宙軍の4種類が存在している。蜥蜴戦争では宇宙軍が幅を利かせ、残る三軍は冷遇傾向にあった。
劇場版では連合宇宙軍を除く三軍を統合し、木連の将兵を迎え入れ、統合軍を創設した。
宇宙の騎士テッカマンブレード
上述のように原作中の名称は「連合防衛軍」。ダメな首脳陣と、人格に問題のあるコルベットのせいで、スペースナイツの面々からは余りいい印象は持たれていない。
中盤、コルベットが発射させたフェルミオンミサイルを止めるためとはいえ、ブレードがハイコートボルテッカでミサイルを撃ち落した際の巻き添えで壊滅した。
宇宙の騎士テッカマンブレードII
第二オービタルリングの建造で素体テッカマンを強制徴用した挙句に見せしめに素体テッカマンの子供を殺害した事で「プラハの黒い九月」事件の暴動に発展させる。さらにはプラハに反応弾を撃ち込むという凶行によって素体テッカマンを皆殺しにしたりするなど、前作より印象が悪くなっている。
この時点ではナターシャの父親が軍のトップとなっている。
機甲戦記ドラグナー
作品の性格から言っても、ほぼ宇宙世紀地球連邦軍に近いイメージ。
ただ、敵のギガノス帝国が地球の腐敗を憂いて反乱を起こした割には地球連邦軍や他作品の正規軍と比べると良識のある人物が多い印象。中盤まではギガノスに押されていたが、ドラグーンの登場で戦局を逆転させる。
伝説巨神イデオン
こちらも宇宙世紀の地球連邦軍に似たイメージだが、実際にはイデオンバッフ・クラン軍の壮絶な戦いに巻き込まれ敗北を続ける立場でしかない。「やられ役だが国力を背景にした物量で押す」といった組織でもない。小説版の記載だが、大規模な戦争もない時代において軍幹部たちは、自分たちの私腹を肥やすことと、艦船などの維持整備の予算獲得にしか職務を全うしないという、完全な官僚的組織となり下がっている。
アジアンやブラジラーなどの植民星での戦闘では、機動兵器の能力に勝るバッフ・クラン軍に歯が立たず、での戦闘では艦隊戦で善戦したものの、イデオンとの連携が上手く行かず敗北、全滅している。バッフ・クラン軍が地球本土へ侵攻した際には、あえて迎撃態勢を取らず、戦力を温存し母星であることを勘付かれないようにした上で、イデオンとバッフ・クラン軍の戦いを傍観した。
その後は、強大な力を持つイデオンを強引に連合軍の指揮下に組み込もうとしたり、また艦隊司令のマーシャル・フランクリンはバッフ・クラン軍のハンニバルと同盟を結び、イデオンとソロシップに襲いかかるも逆に殲滅されるなど、ただただ翻弄されるだけの軍事組織となっている。
なお、この頃すでにイデの力によって地球とバッフ・クラン双方の植民星及び母星に多数の隕石が落下しており、連合軍は隕石の被害を食い止めるための任務が急務であったと思われる。
宇宙大帝ゴッドシグマ
恐らくは劇中に登場する国連の管轄だと思われる。
劇中においては連合軍の戦闘機が何度もエルダー軍と戦ったが、ほとんど歯が立たずに壊滅状態となり、後半では風見博士とトリニティエネルギーをエルダーに差し出そうとする始末で、トリニティ基地が宇宙に飛びだった後も特に援護する雰囲気は無かった。
逆に2300年の未来世界では地球連合軍という名称であるかは不明だが、地球側がトリニティエネルギーを使用した兵器でエルダー軍を圧倒し、エルダー本星にまで進出するという逆の展開になっていた。
アルドノア・ゼロ
火星の「ヴァース帝国」の建国を受けて1986年に国連主導で樹立された。本部はロシア領のノヴォスタリスクに置かれている。スレイプニールアレイオンといったカタフラクトの配備を進めているが、アルドノアドライブや宇宙要塞の揚陸城を有する帝国軍の前には劣勢で、圧倒されることが多い。軍属となった界塚伊奈帆の活躍や、飛行戦艦のデューカリオンの起動によってようやく敵機の撃破が進む。

登場作品[編集]

基本的にどの作品においても味方部隊との折り合いが悪く、場合によっては敵よりも邪魔な味方といった扱いになることが多い。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
時空崩壊前のみの登場。『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の地球連合軍に『超重神グラヴィオン』の地球統一政府軍も加わっている。ブレイク・ザ・ワールド以降は新地球連邦軍に統合される。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
機動戦士ガンダムSEED』の地球連合軍に『機動戦艦ナデシコ』の設定を加えた設定。その為、SEEDの連合兵とナデシコの連合兵が双方登場している。
スーパーロボット大戦W
新国連の安全保障理事会の所属で、自軍部隊などの国連事務局直属の組織と敵対しているという設定。Jと構成はほぼ同じだが、新たに『宇宙の騎士テッカマンブレード』の設定も強く加わり、デトネイター・オーガンのEDFの設定も組み込まれている。扱いもJに近く、後半は悪役描写が強くなるが、『SEED ASTRAY』や『SEED MSV』の面々との絡みもありJに比べて「組織内に良識派も確かに存在している」といったような描写が多め。
スーパーロボット大戦K
機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の連合軍に加えて『蒼穹のファフナー』の新国連・人類軍も加わっている。中盤までは悪役扱いだが、以降は人類同士の戦争が無く人外の脅威と戦い続けており、自軍部隊と敵対することもなくなるなど、後半は悪い印象ではない。
スーパーロボット大戦L
物語開始時は新国連主導の治世が続いているため、解散でもしていたのか「連合軍」は存在していなかった。が、ロゴスブルーコスモスの暗躍により復活する。復活時は一鷹らに「地球連合が復活しただって!?」などと、まるで悪の組織の復活と言わんばかりの言われ方をされていた。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
機動戦士ガンダム00』における三大国家も地球連合軍に加わっている。
なお、地球連合軍の発足から半年後にあたる第5章「理性なき戦争」エピローグ(通常エピソード第28話から第30話までの間の時期)にて、地球連合軍への参加国328カ国の賛同を得て各国の軍隊を解体および一元化。新たに、地球連邦平和維持軍として発足することが宣言される。
スーパーロボット大戦DD
ワールド3に『機動戦士ガンダムSEED』の地球連合軍が、ワールド5に『アルドノア・ゼロ』の地球連合軍が登場する。

人物[編集]

機動戦士ガンダムSEEDシリーズ[編集]

デュエイン・ハルバートン(SRW未登場)
SEEDにおける地球連合軍第八艦隊司令官で階級は准将(ただ、階級章は少将のものとなっている。)。「智将」と評され、連合軍内部ではプラントとの開戦前の大佐時代からザフトの脅威を感じてMS開発計画を推進した。
ウィリアム・サザーランド(SRW未登場)
地球連合軍最高司令部の統合作戦室に所属する軍人。階級は大佐で、地球連合軍内におけるブルーコスモス派の中心でアズラエル同様にコーディネイター殲滅には手段を選ばないタカ派。
ジェラード・ガルシア
ユーラシア連邦所属の地球連合軍人での階級は少将。L3付近にあるユーラシア連邦軍の宇宙要塞アルテミスの司令官。

機動戦艦ナデシコシリーズ[編集]

ミスマル・コウイチロウ
ミスマル・ユリカの父親。連合宇宙軍提督。
ムネタケ・サダアキ
連合宇宙軍提督。
フクベ・ジン
連合宇宙軍提督。かつて火星での木星蜥蜴との戦いで活躍した。

宇宙の騎士テッカマンブレードシリーズ[編集]

コルベット
階級は准将。
グリエフ・パブロチワ
SRW未登場。続編における連合軍のトップで参謀本部長。ナターシャ・パブロチワの父親。

機甲戦記ドラグナー[編集]

ジム・オースチン(SRW未登場)
SRW未登場。ケーン・ワカバの父親である連合軍参謀。ケーンの母アオイとは離婚している。

伝説巨神イデオン[編集]

詳細はウィキペディアを参照。

カミューラ・ランバン
地球連合軍アンドロメダ方面前線基地「ブラジラー」の女性司令官。
コボル(SRW未登場)
アジアン星の副司令官。
パーキンスン(SRW未登場)
ダラムによる大量の準高速ミサイル攻撃を受け壊滅した移民星・キャラルの軍人。キャラル軍の残存部隊をまとめ上げていた。
フレンダリー・リミッター(SRW未登場)
地球連合軍月面基地総監。戦艦ムサッシに座乗。

アルドノア・ゼロ[編集]

界塚ユキ鞠戸孝一郎
共にアレイオンに乗るパイロット。高校生の界塚伊奈帆らと共闘する。
ダルザナ・マグバレッジ不見咲カオル
強襲揚陸艦「わだつみ」のクルー。後に戦艦デューカリオンのクルーとなる。
エーリス・ハッキネン
総司令部の高官。階級は中将。

関連用語[編集]

ブルーコスモス
機動戦士ガンダムSEED』に登場する組織。地球連合内部に大きな影響を及ぼしている反コーディネイター団体。
SEED時代における盟主ムルタ・アズラエルは、地球連合および地球連合軍の行動にまで口出しできるほどの力を持っている。

脚注[編集]

  1. もっともこれはザフトコーディネイターの過激派も同様であるため、一概に地球連合側のみの問題とは言えない。
  2. 地球連合軍のエルビス作戦時にはアガメムノン級宇宙戦艦の艦名で各国の著名人の名称が出てくるため、連合宇宙軍の月面プトレマイオス基地所属の艦隊は各国の混成軍である可能性がある。
  3. 囮部隊にはアークエンジェルの様に大西洋連邦所属部隊も残されていたが、あくまで軍上層部の意向で切り捨てられた部隊であり、ユーラシア連邦軍側の被害は戦闘修了後に大西洋連邦に対する発言力を喪失させる程の疲弊をもたらしているため、極めて甚大だったと思われる。『ASTRAY』ではそれゆえ大西洋連邦を明確に敵視しているユーラシアの軍人も登場する。