ロゴス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロゴス(Logos)とは、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する軍産複合体。

概要[編集]

ブルーコスモスの支持母体であるとされており、金融・化学・製造業など数多くの産業界の大物達からなる10人の幹部で構成されており、政界・財界・軍事に強い発言権を持つ。また、大西洋連邦大統領ジョゼフ・コープランドは、ロゴスの後押しで当選したためにロゴスの傀儡となっている。作中では代表としてロード・ジブリールがブルーコスモス盟主を兼任し、ムルタ・アズラエルもまた双方を兼任していた[1]

なお、ロゴスはギルバート・デュランダルの演説によって「紛争を裏から支配し、自分たちの利益を生み出す『死の商人』である」「真の敵であると宣言される」と断罪されて、多くのメンバーが魔女狩りに等しい形で民衆の襲撃を受け、窮地に陥ることになる。そして、代表であるロード・ジブリールの戦死およびメンバーが拘束されることによって、組織は総崩れした。ちなみに小説版によると、地球圏に存在するほぼ全ての国家企業と関係を持っていた事が壊滅した後に判明し、デュランダルの扇動で地球の主要国家は連合加盟・非加盟を問わずに指導者たちの暗殺・リコール・追放に晒された結果、地球国家は政府がガタガタになっており安定した政権が存在しないまま力を失っている。ロゴス壊滅の煽りを食らって地球圏は未曾有の経済恐慌に陥る事になる。

ロゴスの活動[編集]

ブルーコスモスがコズミック・イラに入ってから誕生したのに対してロゴスの歴史は古く、過去、その存在を常に秘匿し続けているとされている。ロゴスは軍需産業や兵器がこの世に出現する遥か以前から存在し、また軍需産業以外の企業関係者も含まれるので、「軍産複合体」よりも「秘密結社」のほうが表現としては矛盾が少ない。

その長い歴史からも、地球圏内においてロゴスと繋がりの無い組織は存在し得ないと言っても過言ではなく、一般市民はともかく各企業や国家のトップはロゴス幹部の存在を世界各国の経済界重鎮として知っていた模様であるが、ロゴスという組織としての側面は知らなかった模様。

オーブ連合首長国代表であるカガリ・ユラ・アスハも同様で、デュランダルのロゴス打倒の演説を見ていた際には「彼等(ロゴス)のグローバルカンパニーと関わりのない国などあるものか!」と評している。実際に、ロゴス幹部の中にはジブリール以外にセイランと深い繋がりを持つ者もいたが、当のセイランも彼らがロゴスという事は知らなかった。

世界規模の政財の重鎮がメンバーであるために、SEEDシリーズでは名のある数々の組織や企業に出資を行っている。プラントの建設やアクタイオン・インダストリーへの投資、ブルーコスモス(ロゴスのメンバーが在籍するアズラエル財団が創設)への資金提供等。また、地球連合軍の中に存在する影の部隊ファントムペインはロゴスの出資で活動する私兵となる。

設定上はC.E.70年からの大戦以前に勃発を工作し利潤を得ているとされるが、その詳細は不明瞭である。ただし、外伝作品には「(MS導入以前のパワードスーツが配備された、全大戦レベルでない)政治的圧力やテロ活動を行った」ともされている。また、資料によってはC.E.の年表で扱われる不可解な事件やテロリズムにもロゴスが関わっていたとするものもある。

ただし、作中で確認できる活動内容は元メンバーのムルタ・アズラエルが軍需産業複合体として連合内で暗躍していた一連の動向と、『SEED DESTINY』におけるエピソードくらいのものである。地球圏が壊滅寸前になる全面戦争を経た後者の時代ではロゴスも独立国家に乗り気ではなくなっていたようで、開戦に走るロード・ジブリールに対し他のメンバーが冷淡な態度を見せるなど、足並みのそろわない場面も目立った。

登場作品[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
コズミック・イラ世界における黒幕として序盤から登場。時空崩壊後もティターンズと結託し新連邦の実権を握っていたが、デュランダルの演説とパプテマス・シロッコデューイ・ノヴァクらのクーデターにより失墜することになる。また、関連企業が焼打ちに遭うシーンがあるなど、小説版で示された経済恐慌に至る経緯の補完と思しき描写も。
第3次スーパーロボット大戦Z
壊滅済であるが、クロノの影響下にあった組織として名前が挙がることがある。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
人類軍に資金援助を行っていた。中盤にあっさり壊滅してしまう。
スーパーロボット大戦L
概ね原作準拠。裏でゼーレGreATに利用されていた。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
序盤からジブリールを筆頭に黒幕のように暗躍し、地球圏の戦乱を操っているように見えたが、実際は自己の目的の為だけに暗躍するユキムラによって体よく利用され続けたに過ぎなかった。結局、原作通りにデュランダルの演説によってその権威は失墜し、ジブリールもAフォースによって討たれ、程なくして壊滅する。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
『SEED DESTINY』が原作終了後の設定であるため壊滅済み。エンブリヲ、ならびに始祖連合国の手先であったことが作中で言及されている。ジブリールは生き延びてエンブリヲの手駒となっていた。
『V』におけるコーディネイターは「古の民が遺したエンブリヲへの対抗策の一つ」という設定であり、それ故過剰に彼らを敵視していたのである。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
本作ではアロウズの台頭に一役買っている。原作通り壊滅するが、残党たちがリボンズの手引きにより再生治療を受けている最中のレイを連れ出していた。

人物[編集]

ロード・ジブリール
ブルーコスモスの盟主であり、ロゴスのメンバーの1人で代表も兼任している。
ムルタ・アズラエル
『SEED』時代のブルーコスモス盟主。彼もロゴスのメンバーの1人だった。
アダム・ヴァミリア、アルヴィン・リッター、グラハム・ネレイス、セレスティン・グロード、ダンカン・L・モッケルバーグ、ブルーノ・アズラエル、ラリー・マクウィリアムズ、ルクス・コーラー
C.E.73時のメンバー。ジブリールと共に全世界に晒され、民衆の暴動・襲撃でヘブンズベース基地に逃げるがジブリールに見捨てられる。
ジョゼフ・コープランド
大西洋連邦大統領。ロゴスの後押しで大統領に当選したために彼らの傀儡となっている。

関連用語[編集]

地球連合
SEED世界にて国際連合が発展的に解消して作られた国際組織。
ブルーコスモス
ロゴスが支持する反コーディネイター団体。作中ではアズラエルやジブリールがロゴス代表としてブルーコスモスの盟主も兼任していたが、これは恒常的な事ではないとの事。
ファントムペイン
表向きは地球連合軍の一部隊だが、その実態はブルーコスモス、ひいてはロゴスの私兵として、その意思を代行する非正規実行部隊。

他作品の関連人物・組織[編集]

ティターンズ
SC2』と『Z』での同盟組織。しかしシロッコには『SC2』では裏から上手く利用され、『Z』ではデュランダルの演説に加え彼とデューイの起こしたクーデターによって権威を失墜させられることになる。
ドレイク・ルフトビショット・ハッタ
『SC2』での同盟相手。
セイジュウロウ・ソガシュウイチロウ・ユキムラ
『SC2』での支援相手だったが、実際はユキムラによっていい様に利用されているに過ぎなかった。
メラニー・ヒュー・カーバイン
アナハイム・エレクトロニクスの会長。『SC2』ではロゴスの一員として逮捕される。
賢人会議
『Z』での同盟組織。
人類軍
K』での同盟組織ではあるが、連合のトップであるヘスターは内心ではジブリールやロゴスの事を快く思っておらず、仕方なく協力を仰いでいる節があった。
ゼーレ
L』での同盟組織。裏で彼らに利用されている。『第3次α』では『SEED DESTINY』は参戦していないが、アズラエル率いるブルーコスモスを裏から操っていたため、ロゴスも裏で操られていたといえる。
GreAT
『L』での同盟企業。裏から助力を受けていたが、結局はトップであるグロリアによっていい様に利用されているだけに過ぎなかった。
アロウズ
CC』では彼らの台頭を手助けしていた。
アマルガム
立ち位置などが非常に似通った組織。結成当時はそうでなかったが、現在は「利潤確保を目的とする裏の業界団体」として戦争を操るなどしている、という点も似通っている。『Zシリーズ』ではロゴス壊滅後に作品が参戦したため、大きな絡みは無かった。


資料リンク[編集]

脚注[編集]

  1. このため、ロゴスとブルーコスモスは曖昧に扱われることも多いが、ロゴス代表とブルーコスモス盟主を兼任したのはアズラエルとジブリールの二人くらいであり、恒常的なことではない。