地球連合

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

地球連合(Oppose Militancy & Neutralize Invasion)とは、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズにおける国際組織。

概要[編集]

英表記は「O.M.N.I」。

『機動戦士ガンダムSEED』のストーリーが始まる2年前のC.E.70年2月5日に起きたコペルニクスの悲劇(月面のコペルニクス市にて国連側とプラント側の会談の際に起きた爆弾テロで、国際連合事務総長を含んだ国際連合首脳が死亡した事件)をきっかけに2日後の「アラスカ宣言」が行われ、国際連合が発展的に解消する形で組織された。その際に人類初の全地球規模の常備軍として地球連合軍も結成されている。

大西洋連邦・ユーラシア連邦・東アジア共和国の三大国を中心に、南アフリカ統一機構を始め多くの加盟国が参加。当初は親プラントの姿勢を取った南アメリカ合衆国も大西洋連邦のパナマ侵攻で併合される形で所属する。『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の時点ではスカンジナビア王国とオーブ連合首長国のみが中立の立場で、作中にてオーブ連合首長国も加盟することになる。

大西洋連邦、ユーラシア連邦、東アジア共和国の三勢力の力が強く、特に最もブルーコスモスの影響が強い大西洋連邦が実権を握っている。

ラーゼフォン』にもTERRAの上部組織として同名の組織が登場。『機動戦艦ナデシコ』にも同名の軍が登場する。

関連用語[編集]

地球連合軍
『機動戦士ガンダムSEED』において地球連合加盟国で構成された軍隊。略して「地球軍」とも言う。なお、他作品にもこれと同名の組織が存在する。
ブルーコスモス
地球連合内部に大きな影響を及ぼしている反コーディネイター団体。
SEED時代におけるブルーコスモス盟主ムルタ・アズラエルは、地球連合および地球連合軍の行動にまで口出しできるほどの力を持っている。
ロゴス
ブルーコスモスの支持母体である軍産複合体。ちなみにSEED DESTINY時代のブルーコスモスの盟主は、ロゴス代表を務めているロード・ジブリールである。