コペルニクス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

機動戦士ガンダムSEED』及び『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する都市。

概要[編集]

月面都市。地動説を唱えた天文学者ニコラウス・コペルニクスから由来。月面都市コペルニクスは中立都市でありながらオーブ連合首長国の息が掛かったところでもあり、オーブ艦隊の係留施設もある。

『SEED』ではキラアスランは幼少の頃に月面都市コペルニクスの幼年学校において技術を学んだ事がキラの回想シーンにて語られている。続編作の『DESTINY』ではラクス暗殺者から庇って、ミーアが月面都市コペルニクスにて最期を迎えている。

登場作品[編集]

スーパーロボット大戦Z
本作ではコペルニクス会談が行われた場所であり、地球人勢力のほとんどがこの会議に参加した。

余談[編集]

  • 月面都市の内部は『∀ガンダム』に登場した月面都市ゲンガナム(宇宙世紀ガンダムシリーズ作品に登場する月面都市グラナダの後身)と同じ風景をしており、『∀ガンダム』および『機動戦士ガンダムSEED』の特殊設定を担当した森田繁氏(スタジオぬえ所属)のアイディアの影響である。