2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

モビルアーマー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

ガンダムシリーズにおける、搭乗型戦闘用ロボットの分類の一つ。基本的には以下の2種類に分類される。

  • あえて人型から離れた形状をすることにより、汎用性を犠牲にした上で高い戦闘力を持たせた機動兵器。その多くは通常のモビルスーツと比較した場合に非常に大型である(ビグ・ザムエルメスなど)。また人型形態と非人型形態に変形可能な機動兵器の内、非人型形態を基本とするものを可変モビルアーマーと呼び、通常のモビルスーツと同程度の大きさの機体(アッシマーなど)や大型の機体(サイコガンダムなど)がある。
  • コズミック・イラの世界では、宇宙戦闘機の延長である「汎用重戦闘機」である。

宇宙世紀におけるモビルアーマー[編集]

宇宙世紀の世界においては、人型の汎用性を犠牲にして、機動力や火力などに優れた機体として開発されている。その構造は様々であり、手足のいずれかがあることもあれば戦闘機のような形状をすることもある。その大きさゆえにモビルスーツと比較して大型のジェネレーターを搭載出来る為、強大な出力をもち、攻撃力や機動力に優れた機体が数多く開発された。反面、大き過ぎるために接近された場合の迎撃手段に乏しい、高出力で燃費が悪いために補給の手間が掛かる、開発・生産のコストが高く量産に向かない、地上・水中・宇宙のうちいずれかかの環境でしか運用出来ない事が多いなどの欠点を抱えている。

自重が増すため、陸上よりも宇宙や水中で使用されるものが多い。また、そのコストから、量産を前提としないワンオフ機ないしは試作機であることがほとんどである。量産されたモビルアーマーには十数機が生産されたビグロがある。また、ジオン公国が切り札として持ち出したビグ・ザムには、陸上用量産化プランがあったようだ。それ以外には、ザンスカール帝国ドッゴーラがある程度の数で生産されたような模様もある。

モビルアーマーという分類はジオン軍が提唱したものであり、連邦には少なくとも『機動戦士Ζガンダム』の時代までモビルアーマーに分類される兵器は存在していない。したがって、下半身がキャタピラで支持肢である腕が砲になっているガンタンク、モビルスーツに巨大な武装コンテナを付けたデンドロビウムモビルスーツに分類される。ギミックがマニピュレーターとキャノン砲のみに等しいボールシリーズは「モビルポッド」「戦闘ポッド」などと独自の分類[1]を為されている。

また、『機動戦士Ζガンダム』以降に登場する可変機の一部では、モビルアーマー形態を基本とする機体を「可変モビルアーマー」、非人型形態を「モビルアーマー形態」と呼ぶ。

アフターコロニーにおけるモビルアーマー[編集]

新機動戦記ガンダムW』の世界においては、兵器カテゴリーとしてのモビルアーマーという概念は存在せず、また、人型を外した形態の機動兵器自体がほぼ皆無である(キャンサーのような脚部のない機体でもモビルスーツとして扱われる)。ウイングガンダムのバード形態のように、従来であればモビルアーマー形態と呼ばれうるものであっても個別の名称が用いられている。

唯一の例外はガンダムエピオンであり、本機の飛行形態のみがモビルアーマーと呼称される。つまり、「AC世界のモビルアーマー」とは、「ガンダムエピオンの飛行形態を指す固有名詞」であり、従って、この言葉の生みの親はトレーズ・クシュリナーダということになる。ただし、(『Frozen Teardrop』における後付設定であるとはいえ)エレガントさを感じさせる名称ではないことからか、ドクターJからは「ネーミングセンスが無粋」と評されている。

アフターウォーにおけるモビルアーマー[編集]

機動新世紀ガンダムX』の世界においては、詳細な設定はなく、登場数も少ないがモビルアーマーが登場している。旧宇宙革命軍製のグランディーネパトゥーリアは大型で非人型、高い火力など基本的な特徴は宇宙世紀作品と同一、その一方で新地球連邦軍には航空機相当の量産型MAとしてガディールが存在する。また非正規の個人ハンドメイドMAとしてエスペランサが存在する。

コズミック・イラにおけるモビルアーマー[編集]

コズミック・イラの世界では定義が異なり、宇宙戦闘機の延長である「汎用重戦闘機」のことを指す。すなわち宇宙世紀では戦闘機に分類されるものがモビルアーマーとして分類されており、劇中ではメビウスメビウス・ゼロなどが登場している(但しそれとは別に「戦闘機」という分類も存在する)。そのため、大型の人型機動兵器であるデストロイガンダム、四足型のバクゥ等はモビルスーツに分類されている。

一方で『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』では非人型かつ戦闘機とは別物のモビルアーマーとしてザムザザーゲルズゲーなどが登場しており、定義が曖昧になっている。

モビルアーマーの概念は地球連合のみに存在し、ザフトではこれに当たる機体は開発されていない。また、宇宙世紀と同様に可変機が登場するが、可変モビルアーマーと呼ばれる機体はないようである。

コズミック・イラにおけるモビルアーマーのもう一つの特徴として、全てが量産を前提として開発されていることが挙げられる。実際に全ての機体が複数生産・配備されている。

西暦におけるモビルアーマー[編集]

機動戦士ガンダム00』の世界である西暦では、モビルスーツ以前の世代の兵器や、宇宙世紀と同様に非人型大型兵器のことを指す。この時代の特徴として、前者は戦車や戦闘機といった通常兵器類もモビルアーマー分類されており、後者は通常サイズのモビルスーツをコアとし、それに合体するタイプのモビルアーマーが多い。スパロボではアグリッサアルヴァトーレなどが登場している。

この世界ではモビルスーツが兵器の中心となっており、モビルアーマーの種類は少なく、あまり量産もされていない。 特に旧世代型モビルアーマーは人類革新連盟製が殆どで戦車や戦闘機、宇宙用作業ポット、水中用沿岸警備用と幅広い兵器が全て一括でモビルアーマーと呼ばれている。

スーパーロボット大戦における特徴[編集]

多くはLサイズHP装甲共に高く、スーパーロボットに近い性能。モビルスーツ乗り換え系統を共有しており、こちらに乗せた方が使いやすいパイロットもいる。ただし捕獲システムのある『GCXO)』などを除くと入手できる機会は少ない。

またモビルアーマーの原作設定に多く見られる「宇宙用」「水中用」というような局所戦闘での優位についても、ゲームバランス上の按配が重視されて、スーパーロボットや主人公機を始めとした元々対応力の高いユニットで十分な戦力が賄えたり、乗り換えるより強化パーツ等で補強する方がローコストでツブシが利く場合が多い。むしろ設定を忠実に反映されると、「特定ステージ以外では使いにくい」という敬遠要素に繋がってしまいやすいのが実情と言える。

基本的には敵として登場し、その高いHP装甲に火力に加えほとんどのモビルアーマーが持つバリア系統の特殊能力とMAP兵器によって、中ボス的ポジションとして自軍を苦しめる。サイズ差が重要な『GC』では、捕獲すれば対戦艦など大型ユニット戦で実力を発揮する。

追加装備モジュールを持つMSは同作品の主役機である場合が多い為入手できる機会が多いが、参戦作品の都合上、『Z』以降作品では戦艦との合体攻撃として登場する場合が多い。

『SEED』の汎用重戦闘機は、性能は他のスパロボの戦闘機とは大差がない。なお、『DESTINY』の設定を含む場合ほぼ味方として登場しない。

関連用語[編集]

モビルスーツ
可変モビルスーツ
可変モビルアーマー

余談[編集]

  • 略すと「MA」だが、『機甲戦記ドラグナー』が参戦する場合、同作汎用人型機動兵器「メタルアーマー」の略称もMAとなるため、ふりがな表記やそもそも略さないなどの措置が取られる。

脚注[編集]

  1. 二転三転する設定の1つで、「モビルスーツ」「モビルアーマー」扱いの作品もある。

資料リンク[編集]