デビルガンダム (最終形態)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
デビルガンダム
(最終形態)
外国語表記 Devil GUNDAM The Last Form
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦64
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
機種 デビルガンダム
型式番号 JDG009X(JDG00X)
全高 23.6m
重量 41.2t
動力 DG細胞
装甲材質 ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
デビルガンダム細胞
前形態 デビルガンダム (第2形態)
生体コア レイン・ミカムラ
テンプレートを表示

デビルガンダム (最終形態)は『機動武闘伝Gガンダム』の登場メカ

概要[編集]

「自己再生」「自己進化」「自己増殖」の3大理論を備えたデビルガンダムの最終形態。ランタオ島での戦いで生体ユニットのキョウジ・カッシュを失い機能を停止したデビルガンダム (第2形態)はガンダムファイト終了後、ウルベ・イシカワ率いるネオジャパン軍に回収された。ウルベはウォン・ユンファの研究データから生体コアとして最も適しているのが「女性」であることを知り、新たな生体ユニットとしてレイン・ミカムラを組み込んだ。尚、生体ユニット化したレインは全身が金属裸体と化し、彫像のような姿になった。

ウルベの指示により本格的に再起動したデビルは最大限の力を発揮。ネオ・ジャパンコロニーに寄生し、「デビルガンダムコロニー」へと進化を果たした。さらに、デビルガンダムコロニーの中枢部分がレインの閉ざされた心による感情エネルギーで第2形態に酷似した最終形態に進化。出現当初は下半身で浮遊(一部ではモビルアーマー形態とされている)していたが、ゴッドガンダムとの戦いの最中、下半身は変形して脚部となった。

レインが本当に敵になってしまったことに絶望するドモンであったが、共に戦ってきたシャッフル同盟の仲間と、ドモンを異性として支えてきたアレンビー・ビアズリーの助言により、ドモンはレインへ自身の想いを告白として伝え、レインをレイン自身の心の枷=デビルガンダムから開放する。生体コアを失ったデビルガンダムは醜悪な顔を露にしレインに手を伸ばすが、ドモンとレインが乗り込んだゴッドガンダムの「石破ラブラブ天驚拳」で腹にハート型の穴を開けられ、炎の中に消えていった。

尚、『新スーパーロボット大戦』ではオリジナルの進化形態が登場。その詳細はデビルガンダムOGを参照。

登場作品と操縦者[編集]

Gガンダムのラスボス的存在のため、SRWでも物語の後半に登場する事が多い。HPが豊富な上、HP回復能力を持っているため、長期戦では不利になるので、精神コマンドを多用して短期決戦で倒したい。原作と同じく「石破ラブラブ天驚拳」で撃破されるイベントが用意されている事が多い。

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F完結編
東方不敗マスター・アジアが仲間にいると、「石破ラブラブ天驚拳」ではなく、「究極石破天驚拳」で破壊される。
DGレインの能力に対して武器の改造段階が低いので圧倒的に強いわけではない。
DC、ポセイダルいずれのルートにおいても最終話で現れ事態をややこしくしてくれる。DCルートでは一度倒して変形させた上でHPを削る必要があり、また地球に到達させずに対処しなければならない。ポセイダルルートではHPを半分まで削ればイベントで終了だが、こちらはこちらでバイオリレーションシステムで装甲13000になったヴァルシオンに一度仕掛ける必要がある。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
レインが搭乗。強敵だが説得すれば石破ラブラブ天驚拳でイベント撃破となる。自力で倒せば熟練度と強化パーツアルティメット細胞が入手可能。
裏を返すと自力で倒してしまうとシャイニングガンダムが消滅してしまうので要注意。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
デビル機動要塞ルートの26話に登場する為、資源衛星MO-IIIルートを通った場合、姿を見る事ができない。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
12万以上のHPを誇り、HP回復能力を持つ。ガンダムヘッドがオミットされ、遠距離攻撃が弱体化。逆に拡散粒子弾が強化され、射程1-3は注意が必要。
スーパーロボット大戦R
デュミナス一派によって、量産化されてゴロゴロ出てくる。最終ステージでも勿論出てくるが、量産化の常か、HPは他作品と比べても低めで、パイロットがゾンビ兵の為か能力も振るわず、「デカい的」と感じるプレイヤーもいるとか。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦T
武装がマップ兵器の拡散粒子弾、通常兵器のデビルフィンガーのみとなっている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
デビルアクシズ内にて登場。
新スーパーロボット大戦
攻略本では、浮遊形態は「デビルガンダム(MA)」、人型形態は「デビルガンダム(MS)」と表記されている。
またMS形態には、両肩のデビルフィンガーが展開しているバージョンも存在する。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。
スーパーロボット大戦MXMX PORTABLE
ウルベ・イシカワが乗る。グラフィックやアニメーションはIMPACTからの使い回し。
スーパーロボット大戦Operation Extend
例によって宇宙中に飛散していたDG細胞から復活。外観である、いわゆる「デビルガンダムコロニー」の状態で登場。第6章メイン22話-3「デビルガンダム 最終R」で戦うことになる。マップ端に陣取っているので全包囲ができない。

関連作品[編集]

スーパーロボットスピリッツ
中ボス。設定的には必ずしも最終形態である必要はなさそうだが、格ゲーなのでシンプルなこの姿で登場する。対戦モード等ではプレイヤーも使用可能。緩慢ながらもトリッキーな動きが特徴のパワータイプのキャラクターで、デビルフィンガーやパンチキックなどを駆使して戦う。「バーサーカーラッシュ」は初動のスパークからフルヒットさせれば相手の体力を半分以上奪う恐ろしい火力を秘める。超必殺技は前方をビームで薙ぎ払う「グラビティーキャノン」。なお、超必殺技発動時はほかのメカと違いデビルガンダムのフェイス部分のカットインが挿入される。
スーパーヒーロー作戦
ラストダンジョンでMS形態に変形し登場。SRXらの一斉放火で消滅させられるが、ユーゼスによって復活させられる。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

バルカン
頭部に計4門内蔵。
メガビームキャノン
機体の至る所から発射口が形成される。
ガンダムヘッド
デビルガンダム三代理論で生み出された「ガンダムのヘビ」。頭部と尾で構成され、頭部の口が開いて牙となり、口部からビームを発射する。デビルガンダムコロニーで無数に発生してガンダム連合を近づけさせなかった。
SRWでは高威力の格闘武器で、『IMPACT』や『MX』ではコクピット部分から発生させた無数のケーブルから産み出した3機のガンダムヘッドがビームを連射した後対象に食らいつく演出となっている。さり気なくデビルガンダム自身の頭部フェイスカバーが開くのもこの武器のみ。
デビルフィンガー
両肩の拡散粒子弾の発射口が変化し、巨大な鷲の足状の腕を形成。さらに爪が伸縮する。MFを鷲掴み可能な程の大きさ。
SRWでは武器として実装されることは少なく、『T』ではこの武装名義だが拡散粒子弾での攻撃となっている。また、この時はレインを奪われた際の凶悪な表情のカットインが入る。
拡散粒子弾
デビルフィンガーを形成することで、手からエネルギービームを放つ。SRWでは最高威力の武器として設定されることが多い。

特殊能力[編集]

HP回復(大)
状態変化耐性

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

LL

カスタムボーナス[編集]

HP回復(中)がHP回復(大)になる。「デビルフィンガー」の射程+2。
T』で採用。

機体BGM[編集]

「巨大化する野望」
『スーパーロボットスピリッツ』における戦闘BGM。

関連機体[編集]

強化型・バリエーション機[編集]

デビルガンダムOG
『新』でゴステロを取り込んだ姿。最終形態をベースにした更なる強化形態であり、外見は最終形態とほぼ同様だがより禍々しくなっている。
デビルアクシズ
デビルガンダムヘッド
デビルウルタリア

関連機[編集]

デスアーミー
デスネービー
デスバーディ

余談[編集]

  • SFC版『Gガンダム』の格闘ゲームでは発売が放送途中だったこともあり、本形態とは異なる下半身を持ったデザインのデビルガンダムがラスボスとして登場している。

商品情報[編集]