ウォン・ユンファ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウォン・ユンファ
漢字表記 黄 潤發
外国語表記 Wong Yunfat
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 橋本晃一
初登場SRW スーパーロボット大戦F完結編
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(ネオ・ホンコン)
性別
年齢 33歳
所属 ネオ・ホンコン
役職 ネオ・ホンコン首相
好きな食べ物 チョコレート
テンプレートを表示

ウォン・ユンファは『機動武闘伝Gガンダム』の登場人物。

概要[編集]

ネオ・ホンコン首相で、第13回ガンダムファイト開催委員長。第12回ガンダムファイトにて同国は優勝しているため、地球圏全体を統治している人物でもある。漢字で書くと「黄潤發」。

マフィア上がりの首相で、裏社会にも通じる。普段は飄々とした紳士で、丸眼鏡をかけた姿に愛嬌すら感じさせる。物腰も柔らかく、ドモン・カッシュとの初対面では堂々とした姿を見せた。だが、裏の顔は邪魔な存在を即座に排除しようとする悪党であり、時折怒りを見せる時は眼鏡越しからきつい目頭を立てる。また、チョコレートを好む甘党であり、ファイト観戦中はグラスにポッキーの如き菓子を入れて食していた。

当初は東方不敗を用心棒の如く「先生」と呼び、ドモンをデビルガンダムのコアにすべく共謀していた。だが、デビルガンダムを研究していくうちに、デビルガンダムのコアに相応しいのは「女」と分かり、アレンビー・ビアズリーに目を付けていた。そしてドモン達シャッフル同盟を邪魔者とし、トーナメントで全員をドモンにぶつけ、潰し合いを計るが失敗。ここにきて価値観が違う東方不敗とは亀裂が生じ、ついにランタオ島のデビルガンダムを再起動させ、東方不敗もろともシャッフル同盟を葬り去ろうとするが、デビルガンダムは破壊され、自身もライジングガンダムウォルターガンダムとの戦闘に巻き込まれ、統治権をも失う。

彼が研究していたデビルガンダムのデータもウルベ・イシカワに接収され、そのためにレイン・ミカムラがデビルガンダムのコアに組み込まれることになってしまった。

死亡したかと思われていたが、ウルベがレインをデビルガンダムに組み込んだことによって復活したウォルターガンダムに乗りこみDG細胞に感染、グレート・ウォンとしてレイン救出へ向かおうとするドモンに襲い掛かる。しかし本来ガンダムファイターではない彼はドモンの相手ではなく、一蹴され最後はドモンの恋路を邪魔したため風雲再起に蹴られてあっけなく最期を迎える。

登場作品と役柄[編集]

地球圏の覇権を握っているネオ・ホンコンの首相という原作の立場上、そのままの登場は難しく、マフィアのボスや行政官など、何らかの形でホンコンのボスという立場になっている。『A』でようやく原作どおりネオ・ホンコン首相として登場した。ファイターでもなく(本来は)黒幕でもないという微妙な立場ではあるが、DG細胞に完全に支配されたウルベと違いあくまで人間レベルでの権力が目当てという小物故に扱いやすいのか、ウルベの代わりにGガンダム関係の大ボスポジションに据えられることもしばしばある。 乗機は原作通りのウォルターガンダムの他、デビルガンダムを研究した功績のためかグランドマスターガンダムに乗り込んだり、デビルガンダムのコアにされたりもするが、所詮は政治屋ということか能力値は低い。

その他、『スーパーロボット大戦MX』でも没データとしてパイロットデータのみ存在している。

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F完結編
初登場作品。ホンコンマフィアのボスという設定で登場。DCティターンズロンド・ベルの全てに協力し暗躍する。ロンド・ベルの不要ユニットを買い取ってくれる。その後は原作通りウォルターガンダムに乗って敵として登場。馬に蹴られて地獄に落ちた。買取の仕組みを理解せずにコアブースタービギナ・ギナなどの有能なMSを処分してしまったプレイヤーは結構居るはず。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
今回はきちんとネオ・ホンコンの首相として登場する。そのため立場上は地球連邦側の人間なのだがギガノス帝国ドルチェノフと手を組み、更にはデビルガンダム研究の過程でフォウロザミアも手駒として操る。今回はウルベが登場しないので、ランタオ島編以降も生き延び、レインをデビルガンダムのコアに据える役所も彼が担っている。決戦シナリオではグランドマスターガンダムに乗ってくる。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
概ねリメイク前と同じだが、他のボス級同様グランドマスターガンダムのHPが跳ね上がっている。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦T
原作終了後設定であるが、カギ爪の男に生命を救われ、彼の下で行動しているも、第33話にてあっさりと戦死する。乗機はグランドマスターガンダム
決着ステージではアレンジェリルも登場するが今回登場しない3人セットの残り一人意識しているか。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
地球ムゲ・ゾルバドス帝国に侵略されている関係上、行政官として帝国から香港を預かっているという立場。最後は自らデビルガンダムのコアになる(アレンビーの説得に成功した場合)が所詮は政治屋、大した能力ではない。その後ネオ・ジオンが回収した後もコアになっていたが、シャア・アズナブルカーンズの会話によると、これは回収してからそのままということである。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

ガンダムファイターではないため能力値は低め。一応『Gガンダム』のキャラなので格闘値は高いこともある。

精神コマンド[編集]

F完結編
偵察挑発根性熱血隠れ身覚醒
T
先見不屈信頼分析かく乱期待
最後の1つはボーナスシナリオ「特別三課プレゼンテーション」にて確認できる。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

F完結編
切り払い
T
底力L8、サイズ差補正無視L2、強運

エースボーナス[編集]

気力150以上で、自軍フェイズ開始時に敵ユニットに精神コマンド「かく乱」がかかる
T』で採用。

人間関係[編集]

東方不敗マスター・アジア
協力者。ウォンは「東方先生」と呼ぶが、当時のムックによれば用心棒のことを先生と呼ぶのと同じ意味で、敬意はない。
ドモン・カッシュ
邪魔者として狙う。最期は恋路を邪魔したことにより、馬(風雲再起)に蹴られて地獄に落とされてしまった。
アレンビー・ビアズリー
手駒として操る。
ミケロ・チャリオットジェントル・チャップマン
失格になった彼らを特別権限で出場。手駒として操る。
ベルイマン博士
SRW未登場。アレンビーのバーサーカーシステム利用のために誘拐する。命までは奪わなかったのか、後に釈放したか助け出された模様。

他作品との人間関係[編集]

カミーユ・ビダン
A』では、自分の手駒であるフォウロザミアと心を通わせたニュータイプということから、彼を危険視しマークしていた。
フォウ・ムラサメロザミア・バダム
『A』ではアレンビー同様彼女達も手駒にして操る。
ジャミトフ・ハイマン
F完結編』ではマフィアのボスとして宇宙に逃れるジャミトフらティターンズを支援した。
バスク・オム
『F完結編』でティターンズを宇宙に逃す手引きをした際、見返りを求めるウォンに激怒した。
ドルチェノフ
『A』では彼と手を組む。ただしシャドウミラーを完全に信用していたドルチェノフと異なり、ウォンはシャドウミラーに対して警戒感を持っていた様子がある。
グン・ジェムリー・スー・ミンゴルガナンジン
『A』ではデビルガンダムを追う彼らに協力する。
アル=イー=クイス
64』においてウォンが野望を抱いたのには、彼女達の影響もあった。
カギ爪の男
T』では彼に生命を救われ、協力する。ドモンの言った「底無し沼」に引きずられ、これ以上ないほどに堕落させられている。

名台詞[編集]

「さて、お祭りの始まりです」
第25話より。初台詞。お祭りとは無論、ガンダムファイトのこと。
「長い11ヵ月を闘い抜いたファイターの諸君…まずはおめでとうと言っておこう。だが、これからはもっと苦しい闘いとなるだろう。何故ならば、君達には私の決めた決勝三ヶ条に従ってもらわなければならない」
「ひとぉーつ!決勝大会においては、機体の交換、及び修理改造が何度でも認められる!」
「ふたぁーつ!勝利のためにはコックピットを狙うのもよし。手段は問わず!」
「みっつ!このルールの元に最終バトルロイヤルを勝ち抜いた最後の一体に、ガンダム・ザ・ガンダムの栄誉が与えられる!」
同上。決勝大会開会式における開会の言葉。開催国の特権として特別ルールを制定する。この追加ルールに関しては会場のあちこちからどよめきが起こった。
「それではガンダムファイトォ!」
決勝大会では、彼のコールにより試合が行われる。この後に選手により、「レディィ!」「ゴー!」と続く。
「フ…歴史の裏で常に秩序を守ってきたシャッフル同盟…しかし、私が全宇宙の実権を握り続ける限り、彼らの存在理由は無くなる。そうは思いませんか?」
「しかも、私は手に入れた! 神にも匹敵する偉大な力を! フフ…ハハハハハ!」
「こいつはせいぜい有効に使わせてもらいますよ。今後も私が全宇宙の覇者であり続けるためにねぇ。ふっふっふ…はっはっはっはっはっ!」
第32話より。苦戦の末、ガンダムヘブンズソードを倒したゴッドガンダム。ミケロでも簡単には行かないかと愚痴をこぼすウォンに対し、東方不敗は「ドモンは現シャッフル同盟の一員、甘く見てはいけません」と釘を刺す。しかしウォンは不敵に笑い、自分が宇宙の覇者になるという野望をどす黒く燃え上がらせていくのだった。
「疑わしき者は裁くのですよ。リングの上でね…」
第34話より。デビルガンダムの秘密工場に何者かが侵入した際、実際に拳を交えた東方不敗が「ドモンは犯人ではない」と主張したのに対し、あくまでドモンが犯人だと決めつけての発言。この後ウォンはドモンを幾度となく妨害を仕掛け、ガンダムファイト中の事故に見せかけて抹殺しようとするが、結局ドモンはこれらの妨害を試練としてさらなる成長を遂げることとなり、さらに真犯人であるシュバルツ・ブルーダーに対してはノーマークとなってしまったため情報が洩れ、結果としてウォンのこの判断は完全に裏目に出てしまう。
「ええーい!どいつもこいつも茶番を演じおって!なぜドモンを倒せんっ!」
第37話より。上記の妨害の一環として、シャッフル同盟との連戦を取り行うウォンだったが、ドモンは勝利し、逆に結束を強めていくことに焦りだし激昂する。この辺りから東方不敗との意見の相違も益々露わとなる。
「フフ…東方不敗、老いたり…!」
第38話より。アレンビーに目を付け、バーサーカーシステムを発動させたところをマスターに阻止されそうになるが、彼がせき込む様子を見ての一言。いずれ自分を阻む者はいなくなると確信したのだろう。
「何をいまさら…ですが、初耳といえどもこれならまだ打つ手はある! 先生!東方先生っ!」
「いやいや、地球再生とはご立派なお志し…」
東方不敗「この悪党めが! 今さらぬけぬけと、今度は何を企んだっ!」
「これはまた手厳しいお言葉ですな…いや、お叱りはごもっとも。ですが、東方先生に是非ともガンダムファイトで優勝してもらいたいという気持ちに嘘偽りはありません!」
「何故なら、今一度ネオホンコンに4年間の主導権をもたらして頂きたいのです! そして、デビルガンダムを人と地球に優しいガンダムに蘇らせれば…」
第45話より。東方不敗の目的を嘲笑いつつも、今一度東方不敗を利用しようとゴマをすり、懐柔を試みる。しかし直後、彼によって厳しく糾弾され、真意を叩き付けられてしまう。
「く、狂ってる…狂ってるぞ…!」
第45話より。東方不敗の真意「人類抹殺」を聞かされ、うろたえながら。『AP』では別の台詞に置き換えられている(後述)。
なお、『CC』ではゼロがこれをアレンジしたような台詞を言っている。
「アレンビー! まだこんな所でウロウロしていたのか!」
「や、やめろぉ…アレンビー!」
「た、助けてくれぇぇ~っ!」
同じく第45話より。首相官邸上空に突如乱入してきたウォルターガンダムとライジングガンダム。その光景を見たウォンは苛立つが、体勢を崩されたウォルターは官邸に突っ込み、ウォンにビームキャノンの銃口を向ける。ウォンは命乞いをしながら逃げようとするが、発射されたビームによって首相官邸は崩壊。ウォンも死亡したと思われていたが…?
「はっはっはっはっはっはっはっはっ! そうだ、今の私はDG細胞の力を得た、グレート・ウォンだぁぁっ!」
「さあ待っていろデビルガンダム! 今度こそ、今度こそお前の力で、再びネオホンコンの……いや、全宇宙の王となってやるぅぅ!」
第46話より。死んだと思われたウォンだったが、撃墜されたウォルターガンダムに乗り込み、DG細胞に感染。宇宙に向かうドモンの行く手をさえぎる。だが…?
とはいえ、所詮鍛えられたガンダムファイターではなくただの政治屋でしかないウォンは、万が一デビルガンダムが勝ったとしても下っ端でしかないのは容易に想像できよう。
「どうせお前達は終わりだ…! デビルガンダムの人類抹殺の意志は、生きている…!」
最後の台詞。直後、ドモンから「うるさい!」と一蹴され、風雲再起に跨ったゴッドガンダムにより、文字通り「馬に蹴られて地獄に堕ちる」末路を辿った。この際ウォルターガンダムの頭部にウォンの頭がオーバーラップしている。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「こ、こいつ、おかしくなっている…!思想が歪んでいるぞ!」
AP』第19話「勝利者たちの挽歌」or「魂の扉」より。前述の原作台詞の『AP』におけるテキストがこちら。明らかに回りくどくなっている。「狂っている」と云う表現に問題があったのだろうか[1]
「いかん! 私の身体のDG細胞でも再生が追いつかない!」
「わ、私はグレートウォン!幸せになる!幸せになるんだ!!」
「うわあああああああっ!!」
T』第33話「誓いのガンダムファイト」での断末魔。最期まで生と自身の幸せに執着するも、ドモンから「人の幸せを奪う奴は俺達にやられて地獄へ落ちろ!!」と断じられグランドマスターガンダム共々消し飛んだ。
同ステージで最期を迎えたイノーバとはまさに正反対の最期である。

搭乗機体[編集]

ウォルターガンダム

スパロボでの搭乗機体[編集]

グランドマスターガンダム
AT

余談[編集]

  • 名前の由来は武芸者ウォン・ウェイフォン(黄飛鴻)と映画俳優のチョウ・ユンファ(周潤發)から。
  • 『コミックボンボン』に連載された漫画版では、レインに倒され落下したウォルターガンダムが官邸に直撃し、そのまま死亡する。

脚注[編集]

  1. 『AP』ではこの他にも、第25話のヴィンデルのGBA版での「狂っていたかッ!」という台詞が「気でもふれたかッ!」に書き換えられている。

資料リンク[編集]