ギガノス帝国

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

ギガノス帝国(Lunar Empire of Giganos)とは、『機甲戦記ドラグナー』に登場する国家。

概要[編集]

地球連合に反旗を翻したギルトール元帥がの駐留軍を糾合し、創設した帝国。統一帝国ギガノスとも称する。

ラング・プラート博士が開発したメタルアーマーの活躍によって一時は地球の大部分を占領下に置いたが、彼の亡命によってD兵器が地球連合軍側に渡り、そこから開発された地球連合軍のメタルアーマーであるドラグーンの登場によって一気に戦局は不利となり、内部でも若手将校の反乱が勃発した。

この状況の中、ギルトール元帥ドルチェノフ中佐に暗殺され、彼が実権を握ることになるが、劣勢は覆す事は出来ず、その死とギガノス機動要塞の陥落によって帝国は事実上敗北した。

登場作品[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
初登場作品。ストーリー上は連邦のバーム星人との会談の失敗を決起のきっかけとしている。途中、ジオン残党からシーマ・ガラハウが寝返る。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
ネオ・ジオンを密かに支援していた設定で、さらに火星の後継者と手を結ぶ。同じ月面に基地を構える機械帝国ガルファベガ星連合軍とは敵対している。UC系ガンダムの敵がMSすら出てこないため、そちらの役目も果たしている。
スーパーロボット大戦GCXO
ジオン公国と同盟関係にあり、共同作戦を取る事も多い。中盤からはΖΖのネオ・ジオンにあたるハマーン一派とも合流し、さらにジオン共々星間連合と手を結ぶ。

人物[編集]

ギルトール元帥
統治者。ちなみに小説版には息子が登場している。
ドルチェノフ中佐
ギガノス内部における強硬派の代表格で、マスドライバーによる地球の徹底攻撃や反乱を起こした若手将校らの厳罰を主張したが、ギルトールには受け入れられず、最後は揉み合いになった末に殺害し、その罪をマイヨに着せてギガノスの実権を握った。
マイヨ・プラート
ギガノスの蒼き鷹」の異名を持つ親衛隊機甲兵団のエースパイロット。大尉ながらもギルトールの信頼が厚く、若手将校からも慕われていてマイヨの左遷と更迭が若手将校の反乱の一因となっている。
グン・ジェム
独自の荒くれ部隊を率いる。「ギガノスの汚物」と揶揄される。
ギガノス兵
ギガノス帝国の一般兵

SRW未登場の人物[編集]

チェホフ
MX』では名前だけ登場している。ドルチェノフと声は同じ。
ビル・ブライアン
ケーン達のアカデミー時代の親友。ギガノスの強引な徴兵によって兵士にされてしまい、捕虜としてケーン達と再会することになる。最後はケーンを庇おうとファルゲンを攻撃してしまい、マイヨに討たれてしまう。
ゲルポック隊
軍部の特務部隊。ゲルポック、チェンドル、アデンの3名。コンビネーション攻撃を得意とする。
ハイデルネッケン
ドルチェノフの腹心。ギルガザムネの2号機を操縦した。
ちなみに声は滝口順平氏で片眼鏡を着用と、SRWに登場したら甲児何がしか言われそうなキャラクターである。

関連用語[編集]

メタルアーマー
主力兵器。
マスドライバー
月面にある射出装置。これを攻撃に転用する事で連合を牽制した。
MX』ではデビルガンダムと融合。
ギガノス機動要塞
A』ではデビルガンダムと融合。