星の屑作戦

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

星の屑作戦(Operation Stardust)とは、『機動戦士ガンダム0083』に登場した作戦。

概要[編集]

ジオン公国軍残党のデラーズ・フリートによって決行された大規模作戦。作戦は大まかに三段階に分かれる。

ガンダム強奪[編集]

地球連邦軍により極秘裏に開発された、戦略核搭載型MSGP02Aの強奪。連邦仕官の制服を着たアナベル・ガトーが工作員ブラウ・エンジェルの手引きによって連邦基地に潜入し、堂々とGP02Aに乗り込んで逃走する。その後、連邦の追っ手を連れたままアフリカまで海中を進み、キンバライド基地で連邦追撃隊の迫る中、HLVによって宇宙へと持ち出される。

観艦式強襲[編集]

最終段階であるコロニー落としの陽動として、強奪したGP02Aで宇宙要塞コンペイ島で行われている観艦式を襲撃する。事前情報により観艦式が行われることを知っていたデラーズ・フリートはガトーおよびGP02Aを送り、戦術核によって連邦艦隊の約2/3を葬り去った。

コロニー落とし[編集]

観艦式強襲の隙に輸送中のコロニーを強奪し、北米に落下させる。まず月面都市フォン・ブラウンへと向け[1]、月面都市は緊急回避的にコロニーに残っていた推進剤にレーザーで起爆、コロニーは大加速を得て地球へと落ちていくのだった。これこそが星の屑作戦の大本命であり、第一・第二段階はこれを確実に遂行すべく、連邦軍の宇宙戦力を弱体化させるための下準備にして、同時に連邦軍の注目を逸らさせる囮作戦でしかなかった。

デラーズ計画した「星の屑作戦」は、多大な犠牲を払いつつも完全に遂行され、コロニー落としの影響で穀物地帯である北米は焦土と化した。地球連邦政府はコロニー落下を輸送中の事故と偽り、南極条約違反であったGP02Aを含む「ガンダム開発計画」の記録を抹消することで事件(いわゆる「デラーズ紛争」)そのものを隠蔽した。その後、連邦軍内部においてデラーズ紛争を口実にティターンズが結成され、30バンチ事件等のスペースノイドへの苛烈な弾圧を経てグリプス戦役へと突き進んでいくことになる。

スパロボにおいて[編集]

スパロボでは核攻撃までは成功することが多いが、コロニー落下はコロニーがブラックホール・クラスターで破壊されたり、プリベンターの工作員により軌道を逸らされたりと、中々成功していない。 『スーパーロボット大戦A』ではデラーズ・フリートによって星の屑作戦が実行されるが、実はそれ以前にティターンズは既に壊滅してしまっている。GP03もノイエ・ジールも完成しておらず、GP01FbとGP02で原作最終回を行うことになる。

スーパーロボット大戦Z』には『0083』は参戦していないものの、用語集に過去の出来事として収録されている。

脚注[編集]

  1. 漫画『機動戦士ガンダム0083 REBELLION』ではこの事が原因でケリィ・レズナーがデラーズ・フリートを離反する事になる。