ソーラ・システム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

ソーラ・システム(Solar System)とは、『機動戦士ガンダム』および『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する兵器。因みにソーラ・システムとは本来は太陽系を指す言葉である。

概要[編集]

地球連邦軍の戦略兵器。

太陽光反射パネル(ミラーパネル)を複数並べてパネルを操作し、太陽光を焦点として反射し、焼き尽くす。要するに巨大な凸面鏡の原理で、単純ながらも大きな破壊力を持つ上に破壊可能な面積が大きいため、幾度か使用された。

ただし、その反面、「攻撃できる位置が非常に限られる」「ミラーの展開に時間がかかる」「ミラー自体が非常に脆い」等の多くの欠点を持つため、実戦においては相手に察知されないようにミラーを展開することが大前提となる。

故に使用回数は幾度かあるがまともに成功したのは一年戦争時のチェンバロ作戦におけるソロモン攻撃の1回のみであり、デラーズ紛争以降は使用されていない[1]

機動戦士ガンダム[編集]

ジオン公国軍の宇宙要塞「ソロモン」における攻略戦で使用。現場指揮したのは、第2艦隊司令ティアンム中将。パネルは折り畳み式。

初使用でソロモンの第8ゲートを消滅させ、第2撃目で特攻をかけたジオン艦隊を撃破している。

なお、ソーラ・システムはジオン公国軍の最終防衛線たる宇宙要塞「ア・バオア・クー」においても使用される予定であったが、ジオン公国軍が秘匿していた大量破壊兵器「ソーラ・レイ」がシステムを輸送していた連邦主力艦隊を消滅させた結果使用できなくなり、連邦軍は残存兵力による総力戦を選択せざるを得なくなった。

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY[編集]

星の屑作戦におけるデラーズ・フリートが仕掛けた地球へのコロニー落としを阻止する際に使用。現場指揮したのは、地球軌道艦隊司令バスク・オム大佐。パネルは引き伸ばし形。

第1撃目の発射10秒前にアナベル・ガトーノイエ・ジールの攻撃でコントロール艦であるコロンブス級が撃沈され、コロニー焼失に失敗する。

続く第2撃目では味方がいるのにも関わらずに使用しており、対決していたガトーとコウ・ウラキガンダム試作3号機を邪魔立てした。

関連用語[編集]

ソーラ・システムII
一年戦争で使用されたソーラ・システムの改良型。上述の『0083』に登場。折り畳み式のミラー板を用いた旧型とは異なり、展開装置に薄いミラー膜をロール状に巻いて収納する方式となっている。これにより大幅な軽量化に成功し、より迅速なシステムの運搬・展開が可能となった。
ソーラ・レイ
太陽光エネルギーを使用するという共通点があるが、原理は全く別。
ラプラス事件
小説版機動戦士ガンダムUC』プロローグにて、事件の発端となった地球連邦政府の宇宙ステーション首相官邸「ラプラス」の崩壊は、コロニーに設置されている鏡を使用したものとされる。
規模は小さいものの、原理はソーラ・システムと全く同じである。

脚注[編集]

  1. 第1次ネオ・ジオン抗争の外伝作品である漫画『ジオンの幻陽』において、エゥーゴによるアクシズ攻略作戦で一度使用されるものの、失敗に終わっている。また、ザンスカール戦争の外伝作品である『クロスボーン・ガンダム ゴースト』では、地球圏全体のコロニーのミラーを一点に集中させ、ソーラ・システムと同様の現象を引き起こした。