ア・バオア・クー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

ア・バオア・クー(A Baoa Qu)とは、『機動戦士ガンダム』に登場するジオン公国軍の宇宙要塞。

概要[編集]

元来は資源採掘用の小惑星であったが、もう1つの小惑星と結合して軍事要塞に改造された。

構造上、二つの小惑星の接合部が脆弱という弱点があるが、そこに向かおうとする敵艦隊に要塞ビーム砲の火線を集中させやすい仕組みになっており、弱点を敢えて晒して囮にするという防衛システムは、防衛要塞にしては「攻撃的」とも称される。

一年戦争におけるジオン軍の一大拠点として機能した。また、内部には大規模な軍事工廠が備えられており、戦争後半には宇宙におけるジオン軍の主要な兵器生産拠点ともなった。地球連邦軍とジオン公国軍の最後の決戦場ともなり、自ら指揮を執ったギレン・ザビキシリア・ザビ暗殺もあって、地球連邦軍の勝利に終わり一年戦争は終結した。

機動戦士Ζガンダム』では地球連邦軍を経て、ティターンズの管轄となり、ゼダンの門(TV版の一部ではガゼンの門という呼称も)と改称したが、アクシズと激突して崩壊した。

名前の由来はインド・ラジャスターン地方にいると伝えられている幻獣「ア・バオア・クゥー」。

登場作品[編集]

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
ギレン達との決戦の舞台になる。シナリオ名は「ゼダンの門」。SRWでも屈指の難易度である。ドロスが3隻、α・アジールが4機、ラフレシアが2機のボスオンパレード。さらに最大ダメージが制限されているので、30ターン以上は要するストレスシナリオである。
スーパーロボット大戦F完結編
DCルートではギレン達との決戦の舞台になる。『第3次』を彷彿させる構成だが、キュベレイ以外は強敵でないので難易度は高くない。
決戦後にはガンダム・チームが探索に行くイベントがある。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
マクロス落下事件の余波でア・バオア・クー攻略が行われなかった為、ロンド・ベル隊によって攻略が行われる。『α』の正史ではネオ・ジオンと一時和平を結んでいるが、『α』以後の処遇は不明。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
ゼダンの門」として登場。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
序盤が一年戦争をなぞった展開だが、ア・バオア・クー攻略の前に外宇宙に行く事になるので中盤まで先延ばしになる。ギガノス帝国がジオンと同盟を組んでいるため、そちらのギガノス機動要塞の代わりでもある。
スーパーロボット大戦Operation Extend
一年戦争中だが地球連邦軍の拠点として登場。アクシズをぶつけられて粉砕されるという『Ζガンダム』の展開になる。

関連作品[編集]

SDヒーロー総決戦 倒せ!悪の軍団
ステージ6として登場。縦スクロールのステージで、ジオングがボスを務める。
シャッフルファイト
ザクバラン帝国の切り札的存在として建設された宇宙要塞という設定で登場。ガルシアス復活の前祝として地上をコロニーレーザーで焼き尽くす計画だったが、起動直前に占領され以降は反乱軍の拠点となる。
しかし、復活したガルシアス率いる帝国軍の奇襲を受け、要塞の機能が半分停止してしまう事態へと陥る事に。

資料リンク[編集]