ラフレシア

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラフレシア
外国語表記 Rafflesia
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 宇宙用モビルアーマー
生産形態 試作機
型式番号 XMA-01
全高 37.5 m
本体重量 184.6 t
全備重量 263.7 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 31,650 kw
スラスター推力

52,020 kg×5
43,350 kg×5
28,900 kg×20

総推力
1,054,850 kg
アポジモーター 40
装甲材質 チタン合金ハイセラミック複合材
開発 クロスボーン・バンガード
所属 クロスボーン・バンガード
パイロット カロッゾ・ロナ
テンプレートを表示

ラフレシアは『機動戦士ガンダムF91』の登場メカ

概要[編集]

クロスボーン・バンガードの試作型モビルアーマー。「ラフレシア・プロジェクト」と呼ばれる余剰人口抹殺計画を遂行するために開発された。

その名の通り、巨大な花の様な形状をしており、5基の花弁の様な大型バインダーユニットには武装が多数内蔵されている。また、ネオ・サイコミュ・システムを搭載しており、パイロットの思考のみで機体制御を可能としている。さらにIフィールド・ジェネレーターも搭載されているため、ビーム攻撃への耐弾性が高い。

劇中ではカロッゾ・ロナが乗り込み、から発進した地球連邦軍の1個艦隊を瞬く間に壊滅させた。さらにセシリー・フェアチャイルドビギナ・ギナシーブック・アノーガンダムF91と交戦し、ビギナ・ギナを大破させている。しかし、直後にF91の最大稼働モードが発動し、「質量を持った残像」を発生させながら接近するその機動にセンサーを幻惑され、半ば自爆のような形で撃破されている。

撃破のされ方には諸説あるが、「ラフレシアのコクピットブロックにF91がビームランチャーを至近距離から直撃させて離脱し、直後にその残像を狙ったテンタクラーロッドが追い討ちをかけるように自らに向かってビームを発射して撃破された」というのが通説となっているようである。

登場作品と操縦者[編集]

スーパーロボット大戦』のリリースが開始された当時のガンダムシリーズ最新作『F91』のラスボス機体という事で、旧シリーズでは強敵であったが、αシリーズ以降ではそれほどではない。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
初登場作品。DCの精鋭部隊であるラストバタリオンの司令官機として登場。FC版は強い。
第2次スーパーロボット大戦G
FC版同様、ラストバタリオンが使用。出番が1回に減り能力も相対的には下がったが、相変わらずバグは脅威。
第3次スーパーロボット大戦
引き続きDCが使用。シナリオ「リューネ、そしてヴァルシオーネ」に登場する。メガ粒子砲が強く、Iフィールドもあり、さらにカロッゾの回避能力が高いので苦戦を強いられる。PS版でも高い攻撃力は健在。
第4次スーパーロボット大戦
シナリオ「ポセイダルの野心」に登場。2回行動可能なカロッゾが乗っている上に、早い内なら動き出して攻撃力の高いバグをどかどか撃ち込んでくるので、被害が広がらないうちに早めに撃破したい。
第4次スーパーロボット大戦S
追加シナリオ「救出」にもボスとして登場。攻撃力の高さは『第4次』と変わっていないので、攻撃を食らわないように。
スーパーロボット大戦F完結編
今回もDCが使用してくるが、カロッゾが出ないためマ・クベの保有戦力として登場。その能力はゲストの指揮官機、ライグ=ゲイオスに匹敵する。特にポセイダルルートシナリオ「砂上の楼閣」では4機も登場する上、全機が2回行動可能であり、相対する自軍、OZポセイダル軍を壊滅できるだけの破壊力がある。一応ターン数が過ぎると撤退するものの、NPCであるウイングガンダム勢の生存成否はヒイロら5人のガンダムパイロットを仲間にするフラグに絡んでいるので、彼らとの戦闘には要注意。特にHPが低いカトルのウイングガンダムゼロは危険。
なお、DCルートに進んでもどういうわけか1機も出てこない。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
原作同様にクロスボーンが使用。バグの攻撃力は相変わらず要注意。シナリオでは中盤と最終盤で交戦。中盤では分岐ルートなのでこちらのユニットが少ない上にガンダムF90Vを入手する場合はフラグの都合上、セシリーがシナリオ終了時にならないと加入しないため旧シリーズとまでは行かないがかなりの強敵。しかし最終盤ではこちらも強力なユニットが揃っているので、最早脅威ではない。
第2次スーパーロボット大戦α
カロッゾの遺した機体を木星帝国が使用。パイロットは人工知能。良心もエゴも持たぬ正真正銘の「機械のバケモノ」と化したその様に、ベラが戦意を失いかける一幕も。以降もベラやキンケドゥで攻撃すると特殊戦闘台詞が聞ける。性能自体はごく普通で、バグも別ユニット化したためHPが高いだけの敵となった。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
本作で初めて、本来の開発組織であるクロスボーン・バンガードにより使用される。他にメガノイドによる複製品も登場。やはりバグを装備。
スーパーロボット大戦COMPACT2
第2部と第3部に登場。今回もバグ装備。パイロット共に能力は高いが、戦うのは終盤なので戦力は整っているはず。
スーパーロボット大戦IMPACT
もうバグが標準装備の同シリーズ(別ユニット扱いのバグも登場する)。対処法は変わらない。
SRWではそこそこ散見される事とはいえ、LLサイズ設定が一際謎めいている作品。(同じ宇宙世紀系で僅かに全高が高いサイコガンダムはMサイズ、無敵戦艦ダイに至っては本機の十倍以上のスケールなのにLサイズである。)

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
宇宙世紀世界最後の敵としてレコンギスタ軍ルート45話で登場する。本作ではカロッゾが元々乗っていたものはアクシズでの戦闘で撃墜されたため、ヘルメスの薔薇に残されていた設計図から復元したという設定で登場する。
バグの代わりとしてピレスロイドを大量に出してくる他、モビルドールサーペントも同時に出してくる。武装としてもバグは搭載されておらず、MAP兵器以外は射程が1~5の武器一つしかない。その為、ファンネル系やツインバスターライフル最大出力、ハイ・メガ・キャノンフルパワー等長射程の武器には手も足も出せないという宇宙世紀世界最後の敵としては非常に情けない事になっている。とはいえ、真っ向勝負を挑む場合は鉄仮面の能力が高い上にラフレシアもSアダプターを装備している為、洒落にならないダメージを叩き込んでくるので決して弱い訳ではない。撃墜時は花弁が閉じるようにして爆散していく。

関連作品[編集]

ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス
マ・クベの戦闘時における姿。二度登場し、最初は4人目が居ない状態で戦闘を行わないといけない(この時は機体自体が未完成らしく何らかのパーツを入手するためにサナリィを襲撃している)。二度目は終盤の中ボスとして登場し、かなりの強敵だがこの時は4人目としてシュウ・シラカワグランゾンが参加している上にメインメンバーのほぼ全員が最強装備の一つ前の装備になっているため一度目よりは与し易い。本作にはカロッゾ自体が未登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

拡散ビーム砲
茎部に8門内蔵されている。
テンタクラー・ロッド
本機の「触手」。バインダー1基につき各25基ずつ、計125基が格納されている。ロッド部にはビーム砲とチェーンソーが内蔵されており、ネオ・サイコミュ・システムによる思考コントロールで自在に操っている。これを回避するのは至難の業である。
メガ粒子砲
バインダーに5門装備。速射性が高い。
『X』では広範囲のMAP兵器のみとなっている。
メガビームキャノン
バインダーに5門内蔵されている。
Iフィールド・ジェネレーター
機体の周囲に対ビームバリアを展開。

召喚攻撃[編集]

バグ
本来はザムス・ガルで運用される兵器。SRWではよく本機の武装として装備されている。

特殊能力[編集]

Iフィールド

移動タイプ[編集]

第2次』では飛行可能。

サイズ[編集]

L/M
『X』では、MAだが一回り小さい為、Mサイズとなっている。

対決・名場面[編集]

ビギナ・ギナガンダムF91
ラフレシアと対峙するシーブックとセシリー。シーブックは「宇宙を乱す物の怪」と評し、セシリーはカロッゾの存在と合わせて「バグ」と表現した。

関連機体[編集]

バグ
ザムス・ガル
劇中ではこの艦から出撃した。

余談[編集]

  • コミックボンボンで連載された漫画版『F91』では、シーブックにその外観を「チンポコユリ」と評された。
  • 『ガンダムビルドファイターズトライ』では、制作者によりラフレシアにバグが武装として搭載されていた。

資料リンク[編集]