カロッゾ・ロナ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
カロッゾ・ロナ
外国語表記 Carozzo Ronah
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 前田昌明
デザイン 安彦良和
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
旧名 カロッゾ・ビゲンゾン
異名 鉄仮面
種族 地球人(強化人間
性別
所属 クロスボーン・バンガード
役職 最高司令官
テンプレートを表示

カロッゾ・ロナは『機動戦士ガンダムF91』の登場人物。

概要[編集]

セシリー・フェアチャイルドの実父で、クロスボーン・バンガードの最高司令官。

ロナ家に入る前は「カロッゾ・ビゲンゾン」といい、大学院でバイオ・コンピュータの研究をしていたが、マイッツァー・ロナの娘のナディアと結婚してロナ家に婿入りし、以後は「カロッゾ・ロナ」を名乗る。しかし、普通の生活を求めていたナディアにやがて愛想を尽かされて、セシリーを連れて出奔されたあげく、シオ・フェアチャイルドと再婚されてしまう(カロッゾ曰く「シオに寝取られた」)。

義兄であるハウゼリーがテロによって討たれた事、義父マイッツァーへの恩義が彼に心境の変化を及ぼし、一年の休暇期間を貰い自身を強化した。一年後に帰ってきた彼は中世のヨーロッパ騎士のような仮面を身に着けていた。作中では「鉄仮面(てっかめん)」とも呼称されている。

そして、人類の永遠の繁栄のためと称したラフレシア・プロジェクトを実施し、人類の余剰人口の粛正を行った。自ら巨大モビルアーマーラフレシアF91と戦ったが、F91のM.E.P.E攻撃により、最期はラフレシアのコクピットに自ら操るテンタクラーロッドの直撃を受けて死亡した。

ラフレシア・プロジェクトによる強化でエゴが強化されていて精神的に弱い所は見せない。仮面の部分は狙撃されても平気な程頑丈、MSのハッチを素手でこじ開ける、宇宙空間でも生身で活動できるなど、規格外の強さの強化人間である。小説でカロッゾが言っていた通り以前の強化人間とは別物である。

作中では一度も仮面を外さなかったが、セシリーの回想シーンで強化を受ける前の若かりし日のカロッゾの素顔を僅かに拝むことができる。

機動戦士クロスボーン・ガンダム』でも回想シーンで一コマだけ登場している。

登場作品と役柄[編集]

初出である『第2次』こそ当時における最新のガンダム作品の大ボスだけあって精鋭部隊ラストバタリオンのリーダーを務めているという大きな扱いだが、以後はハマーンやシロッコ、シャアといった他のガンダムシリーズの大ボスと比べると零落の一方という感が強い。『第2次α』では『クロスボーン』絡みでアンナマリーやジレ、ドレルといった『F91』の面々が生かされたが、カロッゾは『α』で死亡していた故にその恩恵を受けることができなかったのも不遇さを強めている。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
DCの精鋭部隊ラストバタリオンを率いる。シナリオ「脱出」においては戦わず逃げることも可能だが、シナリオ「ラストバタリオン再び」では彼を倒さねばならない。「脱出」のときはコロニーの恩恵を受けているため、コロニーから引き離す必要がある。この時点では、正面から戦ってもハッキリ勝ち目がないためである。
第2次スーパーロボット大戦G
位置づけは『第2次』と同じだが、シナリオ「ラストバタリオン再び」の削除により出番が減った。ラフレシアが高性能のため、強敵である。
第3次スーパーロボット大戦
DC所属。シナリオ「リューネそしてヴァルシオーネ」においてマサキとリューネの出会いのきっかけを作った。またリメイクに伴い、声がついた。
第4次スーパーロボット大戦
DC所属。精鋭部隊クロスボーン・バンガードの司令官という肩書きだが、プレシアをさらった幼女誘拐犯ともなってしまう。決着は付かないが、リューネ達に倒されたものと思われる。『第3次』に続いて、今回もリューネと因縁ありという。
第4次スーパーロボット大戦S
プレシア救出のシナリオが追加されたため、そのシナリオのボス扱い。だがザビーネに見捨てられて、サフィーネの幻術に惑わされ慌てふためいた挙句、マサキ達3人にトドメを刺されると単なる小悪党になってしまっている。…よくよく考えると、同じルートだというのにシーブックは全く関わっていない(場合によってはセシリーも含む)。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
F』では欠場していたので、久々の参戦。ルート分岐で1度登場する。そのときに撃墜され戦死したと思われたが、ラスト直前のシナリオでシロッコシャピロとともに再登場する。能力的には底力強化人間技能を併せ持ちハイレベルといえるが、搭乗機が鈍重なラフレシアでは本領を発揮できないか。なお切り払いシールド防御も覚えるが、ラフレシアには剣も盾も装備されていないため無意味な技能である。
第2次スーパーロボット大戦α
『α』にて死亡したため、名前のみ登場。木星帝国によって愛機であるラフレシアが量産される。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
終盤1ステージのみの登場。あまり本人の能力は高くないが、乗機のラフレシアは安定して強いので油断は禁物。なお愛称が「鉄仮面」となっている。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
原作どおりクロスボーン・バンガードを率いる。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
スーパーロボット大戦IMPACT
COMPACT2』同様、クロスボーン・バンガードを率い、バグによる虐殺作戦を目論む。ザビーネとは真逆に、完成したアプサラスIIIの威容を称賛していた。3部では偶然でデビルガンダムと共に登場するが、そこで死亡する。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
クロスボーン』シリーズが参戦しているため、『F91』は参戦していないが名前だけ登場。
スーパーロボット大戦X
名称は「鉄仮面」名義となっている。アクシズでの戦闘で死亡したと思われていたが、アル・ワースに召喚されて生き延びており、クンパ・ルシータに匿われていた。今作ではバグではなくピレスロイドを引き連れて現れる。所持する特殊スキルは歴代最強クラスだが、ラフレシアの武装に難があるため、遠距離から攻撃されると手も足も出なくなる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
久々に登場。今作ではコドールと手を組んでいる。

関連作品[編集]

ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦
クロスボーン・バンガードのボスとして、月面のグラナダ基地で同盟を待ち構える。戦闘ではラフレシアに乗るが、倒され爆死する。しかし彼もまたエージェントの傀儡に過ぎなかった。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

第4次S
熱血加速威圧ド根性ひらめき覚醒
α
ド根性ひらめき必中気合挑発熱血
X
努力直感てかげん突撃気迫

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第4次S
強化人間
α
底力強化人間L8、シールド防御L5、切り払いL4
IMPACT
強化人間L8、底力L9
X
強化人間L9、指揮官L4、底力L8、気力+ボーナス闘争心L3、気力限界突破L3、サイズ差補正無視L3

エースボーナス[編集]

周囲8マスにいる敵の最終回避率-30%。
X』で採用。

人間関係[編集]

セシリー・フェアチャイルド
娘。妻同様に自分に反抗したため、憎悪の対象となった。
ドレル・ロナ
息子。セシリーとは腹違いの兄妹に当たる。
ジレ・クリューガー
腹心の部下。『第2次α』ではカロッゾの遺志を継いでラフレシア・プロジェクトを遂行していた。
ザビーネ・シャル
部下だが、カロッゾのやり方には否定的。原作では直接関わる場面はほぼなかったが、『第4次S』では面と向かって三行半を叩きつけられる。
マイッツァー・ロナ
カロッゾの義父。ロナ家の当主。人類抹殺計画についての関与は不明。カロッゾは(誰かに)命令されたようなことをセシリーに対して言っているが、それがマイッツァーの指示によるものかは定かでは無い。小説版では関与を匂わす設定が組み込まれている。
ナディア・ロナ
かつての妻。女としての幸せを望む自己の願望に忠実な女性で、ロナ家のしがらみに縛られることを何よりも嫌っていた。そのため、ロナ家のために尽くして養子にまでなってしまったカロッゾに失望、不倫相手のシオと駆け落ちしてロナ家を出奔した。その後はシオとの関係も上手くいかなかったようで、「ロナ家から身を隠す」ということを名目に、今度はセシリーすらも置き去りにして行方を晦ましていた。
クロスボーンの襲撃後にセシリーを心配してシオと再会、共にロナ家に現れる。そこでセシリー、そしてカロッゾ、マイッツァーとも再会する事に。その後シオは殺され、彼女も拘束された。その後どうなったかは不明。
シオ・フェアチャイルド
妻を寝取った男。フロンティアIVでパン屋を営む民間人だが、自分とセシリーを置いて行方をくらましたナディアを不満に思っていたようで、ひた隠しにしていた現在の所在とセシリーをロナ家にリークし、養育費として受け取った支援金で豊かな生活を送っていた。クロスボーン襲撃後は、更に保身のためにセシリーを直接引き渡してしまう。
その後、セシリーを心配して帰宅したナディアと再会、彼女にはセシリーを引き渡したことを「脅されて仕方なく」と説明して誤魔化している。しかし、ナディアと共にロナ家を訪れた際、何者かに暗殺されてしまう。
元々はファンタジー小説家を志す文学青年だったが、妻子を養うためにパン屋に転向した過去があり、実写の日本映画界で活躍する夢を叶えられず仕方なくアニメ業界に入った富野監督のもう一人の分身とも言える存在。
シーブック・アノー
物語最後の対決で彼により倒された。原作では絡みが少なかったが、SRWにおいては仮面のコンプレックスを彼に指摘される場面もある。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

シャア・アズナブル
互いに仮面を被る者、そして互いに人類を粛清しようとした者同士。『X』ではすでに彼は仮面を被ってはいないが、元の世界で目的の一致から彼のアクシズ落としに協力していた。しかし、アル・ワースにて迷いを振り切った彼と逆に敵対することになる。
パプテマス・シロッコ
α』などで共闘。『α』では共にバルマー側につく。
コウ・ウラキ
『α』で彼が乗るガンダム試作3号機の巨大さに驚いていた(事実、ガンダム試作3号機は全長だけならラフレシアの3倍以上もある)。
ギニアス・サハリン
COMPACT2』や『IMPACT』では彼のアプサラス計画を支援していた。カロッゾ曰く「モビルアーマーの何たるかを理解している者」。
デキム・バートン
COMPACT』では協力関係にあるが、彼の私利私欲での動機を見抜いている為か、本心では「カス」呼ばわりしている。
トビア・アロナクス
互いにクロスボーン・バンガードを掲げる者同士。しかし、その目的や思想は正反対であり、『X』ではお互いに掲げるクロスボーン・バンガードの名をかけて激突する。
クンパ・ルシータ
X』では、アル・ワースに召喚された際に知り合い、ヘルメスの薔薇から復元したラフレシアを提供するなどの便宜を図ったが、彼のやり方については「生ぬるい」と断じていた。
キア・ムベッキ
『X』では、ガプラーシカ残骸に取り残された生存者と救助隊抹殺の為に送り込んだピレスロイドを彼に破壊され、「人の命を虫けらのように扱うような奴にレコンギスタ軍を任せるわけにはいかない」と断ぜられる。
マスク
『X』では彼から「本物の独裁者」と断じられ、「仮面の下に弱い自分を隠している」と本性を見抜かれた。

リアル系[編集]

コドール・サコミズ
CC』では彼女と手を組む。に不義を働く彼女をカロッゾはどう思っていたのだろうか……。

スーパー系[編集]

結城沙羅
COMPACT2第2部』では、自軍でも生産・運用できるようになったアプサラスIIIを褒めちぎっている様子を、彼女から皮肉られることに。

バンプレストオリジナル[編集]

リューネ・ゾルダーク
旧シリーズでは上司であったビアンの繋がりで旧知の間柄であったようだが、『第3次』でDCに反感を持った彼女とは敵同士になり、『第4次』では捕らえたプレシアを奪回される。
プレシア・ゼノサキス
第4次』では彼女を捕らえていたが、リューネに奪回される。
サフィーネ・グレイス
第4次S』では彼女にプレシアを奪還され、自身がかぶっているマスクについての皮肉を言われてしまう。
魔獣エンデ
『X』では、アクシズの戦いで死にかけたところ、彼の意思でアル・ワースに召喚される。

名台詞[編集]

「私がこんな物を被らざるを得なくなったのもお前のおかげだったと知っていればそんな事は言えぬはずだ」
妻・ナディアから「セシリーを渡すわけにはいかない」と言われて。
直後に「加害者が被害者ぶるな」と反論されたが、一度は娘を捨てたナディアも被害者面した加害者と言える。
「わ、私も感情を持つ人間だ。素顔であれば今お前を殴り殺していたかもしれん。それを抑えるためのマスクなのだ。人類はかほどに情念を押さえねばならない時代なのだよ」
ナディアに対して、地球潰しを敢行しようとしたシャアのようなことを言うも、それを「素顔で言う勇気がなかったでしょう」と返されて。一瞬絶句したのは、自身も何か思うところがあったためか。
「お前が私の近くに来たいらしいからこうしてやったが、つくづくお前は悪い子だ。大人のやることに疑いを持つのは良くないな」
娘・セシリーとのやりとり。ちなみに「こうしてやった」とはテンタクラーロッドで動きを封じたビギナ・ギナをラフレシアのコックピットの目の前に引きずり寄せた事を指す。そのシーンは彼の風貌もあってさながら恐怖映画の一シーンの様である。
「人類の10分の9を抹殺しろと命令されればこうもなろう!」
セシリーから「少しでも人間らしさを残しているならば今すぐこんなことはやめなさい」と言われての返答。
カロッゾを象徴する台詞だが「命令されれば」と述べていることと、後述の通り任務遂行の為に精神を歪ませた旨の発言をしているため、人類抹殺を企てたのはカロッゾ本人ではないことを匂わせる台詞でもある。
「私は機械ではない。任務遂行のためにエゴを強化したものだ」
カロッゾを象徴する台詞その2。セシリーに「機械が喋ることか!」と言われてこう返した。
「フハハハ……怖かろう!」
カロッゾを象徴する台詞その3。ラフレシアのテンタクラーロッドをビギナ・ギナに放つ際の台詞。ゲーム中の戦闘時の台詞としても採用されている。
「しかも脳波コントロールできる!」
上の発言に続けて。誰も聞いてないのに機体自慢をする。そのせいか、特に重要な台詞でもないのにネタにされやすい。
「しかも手足を使わずにコントロールできるこのマシーンを使う私を、ナディアと同じように見下すとは!つくづく女というものは御しがたいな!」
セシリーに拒絶されて一言。妻と娘に対する劣等感が爆発して出たであろう台詞。機体自慢は2回目である。
CC』ではハマーンに向けてこの台詞を放った。
「質量を持った残像だというのか!?」
カロッゾを象徴する台詞その4。F91のM.E.P.Eを見ての台詞。分身系のイラスト・動画などでネタにされる。
「化け物かっ!!」
最期の台詞。……もっとも、宇宙空間を生身で動き回り、モビルスーツの装甲を素手でこじ開ける彼が言えた台詞ではなく、視聴者の大部分が「化け物はお前だ」と思った事だろう。実際に『X』ではセシリーに「化け物は、あなたです!」と断ぜられている。
「ハハハハ。口のへらぬいけない子だ!」
「わしが物の怪ならば おまえはわしへの血まつりのいけにえというところか」
漫画版にて、セシリーに「あなたは人間の邪悪なエゴが実体化した物の怪よ」と叫ばれて不敵に笑う。
「このカロッゾの魂が死に去ることは永遠にありえないことだぞ……。いいかシーブック、永遠にだ……」
漫画版での最期の台詞。続編への布石とも取れる言葉だが……。
「つくづく女は、御しがたい。こうまで抵抗するかっ!」/「どういう男とだっ!」
小説版のF91との戦闘での台詞。小説版ではセシリーがシーブックと共にF91に同乗しており、カロッゾはそれを戦闘中に感知したため絶叫した。男としても父親としても、マイッツァーの唱える貴族主義の遂行者としても否定されたための逆上であり、後者はある種の羨望であったとされる。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「クククク…。ネェル・アーガマか、訓練中になかなかおもしろい獲物にでくわしたものだ」
「我々はラストバタリオン。DCの最強部隊だ。貴様らごときムシケラなど本来は相手にはせんが、訓練の道具にはちょうどよいわ」
第2次』第16話「脱出」(台詞はPS版)より。この時は強大な敵としての存在感を示していたのだが…。
「ええーいっ!! こうなったら、全員生かしてここから帰さんっ!!」
第4次S』「救出」より。プレシアを奪還されたことに憤慨して。『第2次』でホワイトベース隊を戦慄させたラストバタリオン司令官も落ちぶれたものである。
「私の機体より巨大なモビルアーマーが連邦に存在していただと!?」
α』第43話「宇宙に咲く妖花」に於けるコウの駆るガンダム試作3号機の巨躯に驚いて。そうは言うが、ラフレシアの全長は37.5mなので、第43話以前に登場している連邦製のサイコガンダム(全長40m)に僅差で負けている。そもそもビグ・ザム(全長59.6m)にすら負けているのだが、αシリーズの一年戦争はソロモン攻略戦の途中で終わっているのでビグ・ザムの存在は表に出ていなかったのであろう。
逆に言えばラフレシアの全長で巨大MAと満足しきっていたところ、140m級が現れたらそりゃドン引きするだろうが……。ちなみに試作3号機は分類上MSなので、巨大MAという表現は実は誤り。とはいえ、普通は試作3号機を初見でMSだと判断できるはずがないのでこの反応は仕方ないと言える。
「行け! バグども!」
ラフレシアバグ使用時の戦闘台詞。

搭乗機体[編集]

ラフレシア

余談[編集]

  • 鉄仮面に付いている頭のブレードは取り外すことができ、なんとそれを作中で演説中に狙撃された際に投げつけて反撃する(要するに特撮番組『ウルトラセブン』のアイスラッガーである)というシーンが予定されていたらしいが、スタッフの反対もあってカットされたとのこと。なお、パロディネタが豊富なSDガンダムの漫画ではこのネタはしっかり拾われ、アイスラッガーだけでなくエメリウム光線やカプセル怪獣まで使っていた。
  • 旧シリーズキャラクター事典では「劇中で死亡したのはカロッゾのクローンの一人ではないか」という説が表記されていたが、詳細は不明。なお、続編ラスボスも多数の複製を使う人物である。

資料リンク[編集]