ガンダム試作3号機

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ガンダム試作3号機
外国語表記 Gundam GP03
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン カトキハジメ
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
コードネーム デンドロビウム
分類 宇宙戦用モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 RX-78GP03
全長 140.0 m
73.0 mメガビーム砲含まず)
全高 38.5m
本体重量 226.4 t
全備重量 453.1 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 38,900 kw
スラスター推力

377,500 kg×6

総推力
2,265,000 kg
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
内蔵機体 ガンダム・ステイメン
開発 アナハイム・エレクトロニクス
所属 地球連邦軍
パイロット コウ・ウラキ
テンプレートを表示

ガンダム試作3号機は『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の登場メカであり、同作品の後半の主役メカ。

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した地球連邦軍の試作型モビルスーツ

ガンダム開発計画」によって製造された3機のガンダムのうちの1機で、モビルスーツの高い汎用性とモビルアーマーの圧倒的な攻撃力を併せ持つ機動兵器というコンセプトで設計されており、ガンダム試作1号機と同様にクラブ・ワークス事業部が開発を担当している。担当者はルセット・オデビー。コードネームの「デンドロビウム」は、花言葉で「わがままな美女」を意味する。

アームドベース・オーキス(オーキスは「野生のラン」の意)と呼ばれる大型ウェポンコンテナと、それを制御するコア・ユニットであるステイメンと呼ばれるモビルスーツで構成されており、その2つがドッキングした状態が本機である。勿論、分離してステイメン単機で運用する事も可能。このような構成となっているのは連邦軍からの「宇宙における拠点防衛用の機体」という要求を満たすためである。

オーキスの後部には6基の大型スラスター[1]が装備され、高い機動性を発揮する。また、巨大なコンテナには各種武装がユニット化されて大量に格納されており、その戦闘力はモビルスーツ1個大隊にも匹敵すると言われる。それに伴って火器管制システムが複雑化しており、さらにステイメンとデンドロビウムと言う運用法が決定的に異なっている2つの形態を制御するためにOSには新開発の物を採用している。

しかし、巨大さゆえに整備性や運用面は劣悪の一言で、運用コストも他の比ではない。また、前述の火器管制システムの複雑化がパイロットに多大な負担を強いるという問題もある。「わがままな美女」を花言葉に持つ「デンドロビウム」がコードネームに選ばれたのも、こうした様々な問題を抱えていることにちなんでいるのかもしれない。

なお、このような外見の本機が「モビルアーマー」ではなく「モビルスーツ」に部類されるのは、UC0083当時の連邦軍の兵器区分にモビルアーマーという項目が存在しない為である。

登場作品と操縦者[編集]

UCガンダム系パイロット内で乗り換え可能で、デフォルトパイロットはコウ・ウラキ少尉。最大の特徴はガンダム系としては規格外のHP装甲、そしてサイズ(LかLL)。さらに撃墜されてもガンダム・ステイメンとして分離可能なことである。

旧シリーズでは地上マップに移行すると自動でステイメン状態になってしまうものの、ミノフスキークラフトを付ければ空飛ぶデンドロビウムとして出撃可能。ただし、『α外伝』や『COMPACT2』等の一部作品では原作設定を無視し、ゲームでの運用を優先してかあらかじめ飛行能力が付加されている場合もある。

能力的には一年戦争~グリプス戦役の間の機体ということだからか、旧シリーズでは加入(或いは換装可能時期)が遅いのに運動性や限界反応が低く非常に扱いづらく、また大型機だからなのか強化パーツスロットが1つしかなく補強もする事もままならず、リアル系というよりマップ兵器を有する壁・ビーム兵器砲台というイメージが強かった。しかし『α』以降からは能力が大幅に見直され、能力の底上げ、必殺技と言える零距離メガビーム砲、強化パーツスロットが2つなど、終盤まで使っていける機体となっている。

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
初登場作品。最初から合体形態で入手できるが、名前はデンドロビウムではなく「GP-03オーキス」と表記されている。ルセット・オデビーからコウに託される。通常の武装はあまり強いとは言えないが、マップ兵器のマイクロミサイルは攻撃範囲・弾数・命中率に優れており非常に使い勝手がいい。攻撃力自体は低めだが、パイロットのコウの攻撃力がかなり高いため、削りとして恐ろしく優秀。
PS版ではシステムの変更に伴い大きく弱体化。Iフィールドの仕様変更によりビーム兵器への絶対的優位性が薄れ、マイクロミサイルは攻撃範囲が大幅に縮小。また計算式の変更によるダメージデフレによって与ダメージが大幅に低下。よほど資金をつぎ込んで攻撃力を上げないと削りには使えなくなってしまった。
第4次スーパーロボット大戦S
本作からは「GP-03デンドロビウム」表記。終盤、ラビアンローズでオーキスがようやく追加され、この形態となる。
月面では一応出撃出来るが、適応は苦手な扱いになってしまう。またラスト2面の火星ではミノフスキークラフトがないと出撃できない。更に本作のミノフスキークラフトは空適応をAにする効果が無かったため、出撃させたところで攻撃力と防御力がガクッと下がってしまう。コウは空よりも適応の方が高いので、どうしても出撃させるなら陸に下ろしておこう(それでも適応C止まりだが)。
基本性能で見ると、そこらへんのスーパー系を軽く超える耐久力・ステイメンと同じ脅威の移動力12・それぞれ特性の異なる2種のマップ兵器・本作最強の無消費格闘武器である大型ビームサーベル・Ζガンダムのハイパーメガランチャーより強い上に弾数制で使いやすいメガビーム砲……と非常に高性能なだけに惜しい。
性能をフルに発揮できるマップは入手マップとその次のマップの2話くらい(入手シナリオで事前にオーキス側の武器を改造できる術はない[2]ので、事実上本当に全力で戦えるのはたったの1話)しかなく、前作に比べると不遇。……とはいえF完結編で受ける仕打ち(後述)を考えたら、活躍できるマップがちゃんとあるというだけ全然マシなのだが。
スーパーロボット大戦F完結編
完結編序盤のラビアンローズにて、ΖΖガンダムコアブースターGキャノンと同時にロンド・ベルに加入。
大型機という事もあり、サイズ補正に加えて運動性が低く、何より限界反応が低すぎてニュータイプパイロットを乗せても本来の命中回避率が発揮できない。そのため命中率補正のため強化パーツを装備したいところだが、強化パーツのスロットが1なのが難点。地上シナリオでは出撃させるためにミノフスキークラフトを装備する必要があるため、必然的にスロットが埋まってしまう。ちなみにその場合地上に着陸できる(ただし適応E扱い)。
それらの難点の割には攻撃力もさほど高くなく、メイン武器のメガビーム砲の攻撃力は(Fの中盤で入手する)Ζガンダムのハイパー・メガ・ランチャーにも劣る(射程は1長い)。かつて猛威を奮ったマップ兵器も著しく弱体化した上、前作で12を誇った移動力はたったの5(同じ移動力だったGP-01やステイメンは移動力8だというのに)。HPはともかく、装甲は「モビルスーツにしては高い」というレベルであり、ダメージインフレが激しい本作ではよほど装甲を改造しないとIフィールドなぞ簡単に貫かれてしまう。
同時加入のΖΖ・コアブースターは優秀な分、本機(とGキャノン)はどうしても比較されてしまうのが悲しいところ。
宇宙ルートの「灯火は炎となりて」でコウと共に強制出撃だが、超合金ニューZでもつけて壁になるのが関の山である。一応、装甲5段階改造、ニューZ装着でコロニーに篭城して防御すれば、クリティカルが出ない限りはオージェのパワーランチャーも防ぎ切れる。もちろんこちらからの攻撃力に期待してはいけない。
挙げ句の果てにオープニング戦闘デモですら、本機のメガビーム砲はノイエ・ジールのIフィールドに無効化・あちらのメガカノン砲は本機のIフィールドを貫通して大ダメージ、とあんまりな扱いである。
有効な使い道としては、HPの高さを活かした自爆戦法であろう。ステイメンも含めて2連発すればかなりのダメージを稼げる。
あるいは修理補給によるレベルアップのためのマップ兵器の的としても使える。……いずれにせよ版権作品主役機の使い方としてはあんまりではあるが。
攻略本などでは「リアル系とスーパー系の特徴を併せ持つ」とされることの多い機体だが、本作に限って言えば双方の悪いとこ取りという残念な扱いである。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
中盤で入手。例によって地球で使うにはミノフスキーが必要。以前よりだいぶ能力が見直され、運動性においてはνガンダムF91と肩を並べるほど高い。また、ほとんどの主人公クラスMSは主要武器が気力が必要なのに対し、本機のメガビーム砲は気力制限がないのも利点。コウの能力が底上げされたので使える機体となった。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
ΖガンダムおよびΖΖガンダムとの合体攻撃が追加された。メガビーム砲が射程が伸び、燃費も向上し上方修正が施されている。
スーパーロボット大戦α外伝
零距離メガビーム砲が追加され、出撃できる宇宙マップが入手以後1マップしかないためか素で飛べるなど、『COMPACT2』に近い仕様になった。零距離メガビーム砲は強力だが、メガビーム砲と共に燃費が悪いため、ENの改造などでフォローが必要。『α』のアニメに全て修正が入りよく動くようになった。具体的には射撃武器を移動しながら発射するようになったりウェポンラックからの武器の取り出し、大型ビームサーベル時のスラスターによる姿勢制御などが導入された。
第2次スーパーロボット大戦α
最初はステイメンのみで、中盤で換装パーツが貰える。ダメージ計算式にサイズ差補正が導入された為、攻撃力・防御力ともに高い。使いやすい全体攻撃武器もあり、全体的にかなり恵まれていると言える。ちなみに「防塵装置」を付けると、地を這う姿を見る事が出来る。宇宙適応がSなのとコウの能力が底上げされたことでサイズと見た目に反して結構な確率で避けてくれる。
第3次スーパーロボット大戦α
序盤から使える。途中の地球降下ルートで登場した際はステイメンになっているが、実は換装パーツは一緒についてくる。
前作同様、サイズ差補正による高い攻撃力・防御力とMS離れした打たれ強さ、ニュータイプ技能や気力に左右されないALL兵器の使い勝手の良さから、序盤から使えるにもかかわらず、終盤まで息切れせずに使う事が出来る強力な機体。
『第2次α』からメガビーム砲と零距離メガビーム砲のアニメが修正された。前者は機体のカットインが追加されビームのエフェクトがド派手に、後者は高速移動中の効果線と背景の色が変更された。
実はメガビーム砲使用時に入るグリップ部分に手を掛ける際のカットインがリアル頭身

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
性能はそこそこだが、本作では敵陣営のMAを(ノイエ・ジールクィン・マンサα・アジールなど)多数入手にできるため、それらと比べると能力的に貧相。
スーパーロボット大戦COMPACT for WSC
零距離メガビーム砲が追加された。零距離メガビーム砲は射撃扱い。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
パーツの自由度を圧迫している点を考慮したのか、それとも続編が地上面メインでは『EX』のような事になると思ったのかは不明だが、遂に素で飛べるようになった。零距離メガビーム砲が初登場した作品。気力が必要だが燃費もよく威力も高い。コウが援護の鬼なため、援護攻撃援護防御と活躍する。当時の零距離メガビーム砲の名称は零距離メガビームキャノンだった。ビームライフルはない。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
第2部と同様で遠距離、接近戦ともに強力な武器を持ちコウの援護で活躍できる。
スーパーロボット大戦IMPACT
優秀な武装を備えているが、改造段階で勝るGP01と凶悪なMAP兵器を持つGP02の影に隠れ、やや不遇。アニメは『α外伝』の使い回しだがマップ兵器のマイクロミサイルと爆導索のアニメが新しく用意された。なお、今回の爆導索の攻撃範囲は大きく円弧を描く独特なものになっている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
今回も零距離メガビーム砲がある(格闘扱い)。能力的には運動性が本作でもνガンダムウイングガンダムゼロカスタムなどと同レベルという高さ。デンドロビウムにフォウを乗せて自爆すると気力底力を無視して大ダメージを与えることができる。ニュータイプが乗れば、回避もそれなりに行うため、敵軍真っ青な巨大な砲台になる。敢えて弱点を挙げるとすれば近距離戦だろうか。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
零距離メガビーム砲は射撃扱い。フル改造でパーツスロットが一つ増えるが、今回は命中率の高いニュータイプモビルアーマー相手では分が悪い。
例のごとく燃費も悪いため、命中の補強、燃費の改善のうち、後者をパイロット側で補えるうえ、魂もキチンと習得するノリスを乗せる事がユーザー間で推奨されていた。
アニメは『第2次α』ベースでビームや爆発などのエフェクトを『MX』風に手直ししている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
何らイベントもなく、強制乗り換えも無いため、ストーリーを読み飛ばしていると、参入したのにも気付かない。限界反応が作動していないバグのため、機体の性能を極限まで発揮できるようになり、改造段階もそこそこ高い事もあり、非常に強力なユニットのひとつとなった。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

基本装備[編集]

メガビーム砲
オーキスの右側面に装備された全長90mのビーム砲。ステイメンのマニピュレーターでグリップを保持し、発射するようになっている。
クローアーム
オーキスの下部に2基装備されている。モビルスーツを簡単に潰せるほどのパワーがある。
大型ビームサーベル
両手のクローアームに1基ずつ(計2基)内蔵された高出力の大型ビームサーベル。劇中、ムサイ級のブリッジを寸断した。
武器コンテナ
オーキス本体に2基装備されている。1基につき、内部には8つのスロットが存在し、対艦用の武装やステイメンの武装などが格納されている。
マイクロミサイル
三角柱状のコンテナから発射される。1面につき36発、3面合わせて計108発もの小型ミサイルが内蔵されており、その弾幕から逃れるのは非常に困難である。SRWではマップ兵器だったり、全体攻撃だったりと扱いは様々。
大型集束ミサイル
ミサイル3発が一纏めでコンテナ内に搭載されており、発射後に分離する。本来は対艦用の武装と思われる。
爆導索
コンテナ内から爆薬を内蔵したワイヤーを発射し、敵を拘束して爆発する。シーマ艦隊のムサイ級を一撃で撃沈した武器。
SRWでは射線指定型のマップ兵器だったが、扱いづらさの関係からか近年では未装備の場合が多い。
BAUVA・XBR-M-82-05H ビームライフル
ステイメンの主兵装。ガンダム試作1号機と同じ形状で、普段はコンテナ内に格納されている。ステイメンのマニピュレーターで持って使用。
フォールディングバズーカ
折りたたみ式のバズーカ。コンテナ内からステイメンのフォールディングアームで引き出し、ステイメンの手で持って使う。コンテナ内に2基装備。
フォールディングシールド
コンテナ内からステイメンのフォールディングアームで引き出して使う、折りたたみ式のシールド。劇中ステイメン形態での活躍がほぼない関係から未使用
ハイパーバズーカ
ガンダムMk-IIなどが装備している物と同型。コンテナ内に格納されているが、OPで使用したのみで本編未使用。
後方迎撃ミサイル
マイクロミサイルと同じ形状のコンテナから発射される武装。放出されたコンテナはY字状に展開し、内蔵された小型ミサイルを発射する。本編でもSRWでも未使用。
Iフィールド・ジェネレーター
オーキスの左側面に装備されており、敵機のビーム兵器を無効化する。本機は外装式となっている。対決したノイエ・ジールはビーム兵器主体だったため当初は3号機が戦闘を優位に進めていたが、外装式だったことが仇となり、ノイエ・ジールのクローアームで握り潰されてしまった。
ちなみに、連邦軍でこの装備を搭載したのは本機が初である。
フレア・ディスペンサー
敵のミサイル攻撃を無効化する装備。SRWでは装備されていない。

オプション装備[編集]

ミサイルポッド
ステイメンの上から被せるように装備されていた追加武装。漫画『機動戦士ガンダム0083 星屑の英雄』にのみ登場。

必殺技[編集]

零距離メガビーム砲
原作で突撃するシーマ・ガラハウガーベラ・テトラを串刺しにしてビームを発射したのを再現した技。
SRWでは『COMPACT2』より追加されて以降、最強武器に。シリーズ初期は格闘武器扱いだったが、最近は使い勝手が考慮されて、射撃武器扱いへと改められた。なお、『第3次α』のトレーラーでは、アルビオンのメガ粒子砲をこれで援護していた(νガンダムラー・カイラムでも同じような事例があるが、どちらも援護相手が全体攻撃を使っているため実機では不可能)。
因みに零距離射撃とは本来「榴弾等を、発射口から出てすぐに炸裂するようにセットして発射する事」意味する。砲口と砲弾が炸裂するまでの距離が0なのであって、砲口と目標物との距離が0の状態での射撃ではない(目標物との距離が0での射撃は「接射」という)。また「砲身が水平(=仰角0度)状態(でも当たる距離)での射撃」と説明される事もあるが、こちらは「水平射撃」と言う。

合体攻撃[編集]

トリプルメガランチャー
α for DC』でΖガンダムΖΖガンダムによる一斉射撃。3機分の武器改造コストや消費ENの膨大さといった問題からお世辞にも扱いやすい合体攻撃とはいえない。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動。
Iフィールド
分離
オーキスを分離して、ガンダム・ステイメンで運用する。
換装
ガンダム・ステイメンに換装する。

移動タイプ[編集]

飛行可能。本来は完全な宇宙用なのだが、『α外伝』以降は地上でも運用可能になった。

サイズ[編集]

L
2L(LL)

カスタムボーナス[編集]

強化パーツスロット+1
A PORTABLE』で採用。

機体BGM[編集]

「颯爽たるシャア」
第3次』にて。
「THE WINNER」
第4次』にて。
「MEN OF DESTINY」

対決・名場面[編集]

ノイエ・ジール
両者ともIフィールドを装備していたため、実弾兵器主体の3号機が優勢であったが、3号機のIフィールドが破壊されたのちはノイエ・ジールが優勢となった。しかし、ソーラ・システムⅡの横やりにより、決着がつく事は無かった。
ガーベラ・テトラ
軍の命令を無視して、寝返ったシーマ艦隊に攻撃をしかける。その攻撃力でシーマ艦隊を壊滅まで追い込むと、後がなくなったシーマの特攻というべき攻撃に対し、コウは巨体の3号機を反転させて、ビーム砲でガーベラ・テトラを串刺しにした。

関連機体[編集]

ガンダム試作1号機Fb)、ガンダム試作2号機
同じくガンダム開発計画により生まれた兄弟機。
ガーベラ・テトラ
ガンダム試作4号機(SRW未登場)がジオンの手に渡った後の姿。

他作品の関連機体[編集]

孫権ガンダム
玉璽の力で呼び出す「天玉鎧・弩虎」との合体形態はデンドロビウムがモチーフ。

余談[編集]

  • デザインの元ネタとなっているのは、この機体のデザインを担当しているカトキ氏のデザインしたMSであるSガンダムディープ・ストライカーで、そもそもの大元となっているのはガンダムMAモードであるとの事。
    • 「ガンダム本体よりも大型の外付け機動兵器」という発想は、後のガンダムシリーズにおいてもミーティアGNアームズなどの系列機を生んでいる。

商品情報[編集]

人気メカであるもののその巨大さを体現した商品は長いこと現れず、1/550スケールやBB戦士といった比較的小さく収まるサイズのものしかなかったが、2002年3月に遂に1/144スケールのHGUCシリーズとして発売。砲身を入れた全長は1メートルを越えるガンプラ史上最大の一品となった。値段も破格の28,000円。

ちなみにサイコガンダムのHGUC(1/144)は5,000円、Ex-SガンダムのMG(1/100)でも8,000円とその規模において一歩譲る。同じ縮尺で値段も大きさも引けを取らないのは2015年現在ネオ・ジオングのHGUC(25,000円)のみ。

脚注[編集]

  1. 1基辺りの推力が大型宇宙艦船1隻分の総推力に匹敵する代物。
  2. 一応、本体の性能とビームライフル・バズーカは改造段階をステイメンと共有しているので、事前強化が全くできないわけではない。

資料リンク[編集]