ヴァル・ヴァロ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ヴァル・ヴァロ
外国語表記 Val-Walo
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 宇宙戦用モビルアーマー
生産形態 試作機
型式番号 MA-06
全長 68.0 m
全高 22.5 m
本体重量 254.1 t
全備重量 379.8 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 26,030 kW
スラスター推力

184,000 kg×3
56,000 kg×3

総推力
720,000 kg
開発 ジオン公国軍
所属 ジオン公国軍
パイロット ケリィ・レズナー
テンプレートを表示

ヴァル・ヴァロは『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の登場メカ

概要[編集]

一年戦争末期にジオン公国軍が開発した試作型モビルアーマー

ビグロの発展型で、後部の3基のメインスラスターにより推力は元々高すぎてパイロットを選ぶMAであるビグロの更に5倍という圧倒的数値を誇り、更に機体各部に備えられたアポジモーターによって運動性も高水準で併せ持つ。しかし、武装の一部が高機動戦闘に向いていないという矛盾により、廃棄される事となった。

劇中では元ジオン軍人であるケリィ・レズナーコウ・ウラキと共に秘匿していた本機を整備し、右手のみで操縦できるよう改造を行った。しかし、修理中に接触したシーマ・ガラハウの目的が本機のみで自分に用は無いと知ったケリィはフォン・ブラウン市を人質にガンダム試作1号機Fbと交戦。その結果、撃墜された。

登場作品と操縦者[編集]

プラズマ・リーダーがMAP兵器なので、迂闊に飛び込むとビリビリ痺れることあり。(後述の武装説明に反し、地形上の制限も無し。)

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦S
シナリオ「強襲!阻止限界点」でケリィが乗って登場。1ターン目から接近してきて、MAP兵器を撃とうとする。
スーパーロボット大戦F完結編
ケリィの他に一般兵も乗るが、1マップに1機しか出て来ない。プラズマリーダー以外は大したことがなく、攻略本では「ケリィさんがかわいそうである」とまで言われた。…しかし、今作のケリィ自身も二軍レベルの能力値に加え反応の伸びが悪いので大したことないのも事実である。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
複数登場し、ケリィのみならずトクワンも乗ってくる。
隠し要素でスポット参戦する。
スーパーロボット大戦α外伝
未来編で宇宙ルートを選んだ場合にバザーで購入可能。購入しないとロボット大図鑑に載らない。
味方ユニットの中ではトップクラスのHPを誇り、機動力や運動性も中々と、避ける運用も援護防御も含めて耐える運用もこなせる屈指の耐久性能を誇る。武装は改造費用が安いが地形適応が低いため、運用するなら武器改造以上にA-アダプターなどでそちらを改善することが最優先。
地形適応改善後は、メインとなるメガ粒子砲は火力、燃費、射程のバランスが非常に良好になり、着弾位置指定型MAP兵器であるプラズマ・リーダーも、気力制限が無い武器としては性能が高い部類となる。その上どちらも高めのクリティカル補正が付いているため、耐久性能も含めて援護システムのおかげで誰を乗せても活躍できる万能ユニットになりうる。MAP兵器と反撃主体ならば技量が高く、覚醒を覚えるアムロが適任か。
またMAP兵器を使用するとゲームオーバーになるマイクロウェーブ送信施設付近での戦闘でも、何故か本機に限ってプラズマ・リーダーを使ってもゲームオーバーにならないというバグがある。
第2次スーパーロボット大戦α
ケリィが前作以降も生存していた設定なので、彼共々登場する。本作では数少ないMAP兵器持ちなので注意。
第3次スーパーロボット大戦α
ケリィは『第2次α』で死亡済みだが隠し要素の条件次第で入手可能。キースの撃墜数を上げる必要がある為、意識的に彼を使う必要があるのが辛い所だが、それだけに高性能。
全体攻撃武器を持ち、MAP兵器まで所持しており、武装は同じフラグで入手できるノイエ・ジールと互角(全体攻撃武器を比べると、火力や射程ではノイエ・ジールが勝り、射程1~2でも攻撃できる点や燃費ではヴァル・ヴァロが勝る)。その上、移動力や運動性も高い。反面、空の地形適応が低く、地上マップでは注意が必要。尤も、終盤はほぼ全てが宇宙マップの為、気にならなくなる。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
ケリィやジオン兵が乗る。命中+50の体当たりが厄介。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
スーパーロボット大戦IMPACT
敵として登場する他、ケリィの落とすコンテナから入手可能。本作ではプラズマリーダーを装備していない。HP・装甲・運動性が全て中途半端だが、メガ粒子砲がMS系の武器としては中々の火力を誇るので場合によっては出番が回ってくる事も。強化パーツで上手く補強しよう。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
宇宙ルートで登場。プラズマリーダーの必要気力が低いため、威力が低いといえども警戒が必要。何気にヴァル・ヴァロ修理イベントが再現された作品は本作だけである。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

大型クローアーム
近接戦闘用の武装。本体に腕ごと収納可能であるなど、デザインはビグロより水中用MAであるグラブロに近い。カニのハサミのような構造となっており、ザクIIF2型を挟み潰してしまうほどのパワーがある。
110mmモーターガトリングガン
本体に4門内蔵。
2連装ミサイルランチャー
本体に2基装備。
ビームガン
本体に2門内蔵。
メガ粒子砲
機首に1門内蔵。不使用時はカバーで覆われている。
プラズマ・リーダー
アッザムのアッザム・リーダーの発展型で、3基1組で運用される。内部には固定用のピックと熱核反応炉が搭載されている。機体からリーダーを射出し、ピックを打ち込んで固定させ、各リーダー間からプラズマの結界を形成して結界内部の機体にダメージを与える。ただし、宇宙戦用MAの武装でありながら打ち込むための地面が必要であり、事実上月面等限られた場所でしか使えないなど欠点も多い。SRWではMAP兵器

特殊能力[編集]

対ビームコーティング
フルバーニアンのビームライフルが通用しなかったことから、装甲の表面に施されているのではと推察されることもある装備。SRWでは未実装だが、Gジェネでは実装されている事が多い。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

L

機体BGM[編集]

「MEN OF DESTINY」
後期オープニング主題歌。

対決・名場面[編集]

ガンダム試作1号機Fb
月面を舞台に繰り広げられた、前半の山場とも言うべき戦い。ビームライフルの連射は最低限の動きで避け、真正面からのライフルは弾き返し、内蔵ビームガンやプラズマ・リーダー攻撃で追い詰める。更には大型クローでガンダムを捕らえるが、下半身を切り離し脱出したガンダムによってビームサーベルで串刺しにされ、撃破された。

関連機体[編集]

ビグロ
開発のベースとなった機体。
アッザム
プラズマ・リーダーはアッザム・リーダーの発展型。
グラブロ
一年戦争時の水中用MAで、全体的なデザインのベースとなっている。SRW未登場。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]