A-アダプター

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

アダプターとは「電源装置」の意味で、コンセントに付属する部品。

スパロボでは「強化パーツ」として登場し、装備したユニットの機体および武器の地形適応がオール“A”になる。初登場は『スーパーロボット大戦α外伝』からで、以後のシリーズでも常連として登場する。

概ね地形適応が低い“B”以下のユニットにつけるのが効果的であり、戦闘能力を一定の水準まで引き上げて、弱点を補強することができる。また、地上や宇宙でしか使えないユニットでも、このパーツをつけることである程度の弱点の補強が可能。手に入る数は限られているが、『スーパーロボット大戦α外伝』と『スーパーロボット大戦Z』では「バザー」があるので、数十個(『α外伝』は最大9個まで)手に入手する事が可能。『スーパーロボット大戦K』では本パーツが登場しないので、地上メインのユニット達が苦労する一因になっている。

ただし、あくまでも機体側を“A”まで上げるだけなので、パイロットの適応が低い場合等は効果が薄い場合が散見される。地形適応の仕様は作品ごとに違う場合があるので要注意。宇宙ならばスラスターモジュール、水中ならばスクリューモジュール等、“S”に上げるパーツがあるならば、そちらを装備させた方が有効である。どちらかといえば、ユニット側に地形適応の悪さが目立つ場合に対して真価を発揮する。

また、移動タイプは変わらない為、空を飛べないユニットを飛ばす事は不可能な他、適応無し(-)の部分には効果を発揮しない作品もあるため、「空中や水中適応の無い武器を使えるようにする」という使い方も不可能な場合がある。

その点においても、A-アダプターは、ミノフスキークラフトテスラ・ドライブスクリューモジュールに劣る。総じて、パイロット・機体・武器の地形適応に矛盾がある場合にそれを是正するためのものと考えてよいであろう。

効果的なユニット[編集]

ここでは、特にA-アダプターが必要なユニット(兵器類)を挙げる。

母艦
作品によっては対地適応が低いので、A-アダプターを付ける必要がある。
移動タイプは空陸だが、空または陸の適応がBの機体
α外伝』ではダンクーガ、『第2次α』および『第3次α』では、キュベレイMk-II魚竜ネッサー等、空は飛べるのに空の適応が低い機体に使用すると効果が高い。
ちなみに、『第2次OG』ではこの傾向が顕著であり、上記の様な空B陸Aのパターンの機体が大量発生した他、逆に空A陸Bの機体までもが大幅に増えた(下記のリオンシリーズウィーゾル等)。
移動タイプは陸水だが、陸または水の適応がBの機体
上記項目の変種であり、W系のガンダムタイプや、OGの陸戦系機体(アルトアイゼンやアウセンザイター、グルンガストら)に主に見られるパターン。
パイロットの側の適応も修正する必要があるが、所謂「水の壁」を使うことで強力な防御能力も得られる利点がある。
ゲッターロボ
何れの三形態でも一部の地形適応が低いため、当パーツによって全地形に対応ができる。
しかし、結果的に変形する事によって、あらゆる地形での戦闘に対応できる」という、ゲッターロボの特性(長所)を奪う事になってしまっている点は、ご愛嬌。
また、複数のメインパイロットがいることを生かし、援護攻撃を活用する場合にも有効。
ボスボロット
シリーズを通じて地形適応が全滅気味の機体だけあり、最も恩恵を受ける機体といえる。
くろがね五人衆の対空能力の強化もあるため、必須扱いしてよいだろう。幸いなことに、ボロットはパーツスロット面で余裕を持ちやすい。
エステバリス
上述のゲッターロボと同じく換装の意義をなくしてしまうが、扱いやすい武装のフレームを使い続けたい場合には有効。
モビルスーツモビルアーマー
オールレンジ攻撃」(代表的なのがνガンダム)を主兵器とするユニットは、対空と対地適応が低い。
また、『第2次α』および『第3次α』のキュベレイMk-IIは「空は飛べるが、空適応はB」という性能の為、A-アダプターとの相性が良い。
エヴァンゲリオン
空適応が低い。特に、EVA初号機EVA弐号機合体攻撃「ユニゾン攻撃」は空への攻撃はできないので、かなり重要。
ウォーカーマシン
宇宙適応が低い。ただし、ザブングル系パイロットの地形適応も総じて宇宙Bであるため、Zシリーズの地形適応の仕様上スラスターモジュールの方が効果的。
オーバーマン
宇宙適応が低い。ザブングル系同様パイロット側の地形適応も総じて宇宙Bであるため、スラスターモジュールの方が望ましい。
ビッグオー
Zシリーズでは、対空と宇宙戦に弱いので必須。
また、ビッグオーの元々の移動力が低いので、地上マップでの運用の際は「ミノフスキークラフト(フライトモジュール)を装備し、移動を阻害されることが少ない空で運用する」のも1つの手段である。[1]
ダイ・ガード
武器の空適応が軒並みBかCであるため、ビッグオー以上に対空戦闘には必須。
ただし、パイロットの地形適応がデフォルトで空Cであるため、空を飛ばす必要もまず無い。宇宙の場合は他の初期宇宙Bのパイロット同様スラスターモジュールの方が効果的。
アーマード・トルーパー
殆どの機体は宇宙適応が低く、全ての機体で一部武器の空適応が低いので必須。
リオンシリーズ
特に、アステリオンアステリオンAX)およびアルテリオンは、対地適応が低い。
ゲシュペンスト・ハーケン
機体の移動タイプは三種完備だが、空と水がB止まり。故に恩恵を最も受けるパターンである。
専属サブパイロットのアシェンは原作でも同名のパーツを装備出来たので、原作再現な上に有効性抜群と申し分なし。

関連用語[編集]

S-アダプター
全ての地形適正をオール“S”にするので、命中回避&攻撃力(&防御力)増加に繋がる。多少器用貧乏感があるA-アダプターに比べてかなり強力だが、反面大抵の作品で希少なパーツであることが多い。
防塵装置
適正をオール“A”または“S”にする。さらに、作品によっては移動タイプに“陸”が追加される。
スラスターモジュール
宇宙適応をオール“A”または“S”にする。
スクリューモジュール
(水)適応をオール“A”または“S”にし、さらに移動タイプに“水”が追加される。
ミノフスキークラフト
適応をオール“A”または“S”にし、さらに移動タイプに“空”が追加される。なお、宇宙世紀ガンダムシリーズ作品が登場しないSRWでは、「フライトモジュール」表記が多い。
テスラ・ドライブ
空適応をオール“A”にし、さらに移動タイプに“空”が追加される。
DMアダプター
全ての地形適応をオール“A”にし、移動力が+1される。『第2次Z』に登場。
時獄の紋章 / Vクリスタル / Xクリスタル / マクスウェルモーター / トポロジカルサイト
B.B.スタジオ製タイトルの特典強化パーツ。いずれも地形適応オール“A”が付与される。

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. とはいえ、『Z』および『第2次Z』には空中待機時の毎ターンEN減少があるため、移動以外に空を飛ばせるメリットはあまりない。また、ビッグオーの陸適応がSなので、空を飛ばせること自体が勿体無い。移動を阻害されやすいマップでのみ装備させると良いだろう。