ウィーゾル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ウィーゾル
外国語表記 Wizoll
登場作品

魔装機神シリーズバンプレストオリジナル

デザイン 宮豊
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 妖装機【Demon Machine】
全高 31.2 m
重量 39.9 t
エネルギー プラーナ
開発 ヴォルクルス教団
設計 サフィーネ・ゼオラ・ヴォルクルス
所属 ヴォルクルス教団⇒在野(個人所有)
パイロット サフィーネ・ゼオラ・ヴォルクルス
テンプレートを表示

ウィーゾルは「魔装機神シリーズ」の登場メカ

概要[編集]

サフィーネ・ゼオラ・ヴォルクルスが独自に作り上げた機体[1]

強みは搭載された豊富な魔術兵器にあり、魔法使いであるサフィーネとの相性は良好。

下半身は完全な脚ではなく、腰から4本の爪のようなものが延びているなど、非常に独創的。ユニットアイコンを見る限りでは赤いサソリにも似ている。

精霊との契約は行っていないが、ヴォルクルス教団の技術により魔装機と同様の性能を発揮できる。しかし試作機段階であるため出力が安定せず、後にウィーゾル改への全面改修が行われた。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦EX
「シュウの章」で登場。この章はシュウ単独で行動するシナリオが多いが、逆にシュウ抜きのシナリオもあり、その場合ウィーゾルが主戦力となる。射程が長く威力も高めで気力を必要としない「ドライシュトラール」をメインで使うことになる。シュウの章の最後のシナリオでサフィーネのレベルが一定以上ないと敵に回ってしまう。ISSを使用してリューネの章でシュウと戦うシナリオでは敵機として登場する。
魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
『EX』以前のシナリオに登場。シナリオ上はウィーゾルとして扱われているが、ユニットとしてはウィーゾル改での登場。容量不足が理由との説があるが詳細は不明。なお、NDS版もこれと同様。
スーパーロボット大戦コンプリートボックス
おなじく「シュウの章」に登場。

魔装機神シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
PSP移植版だけの登場。不明だった設定の箇所がいくつか明らかにされている。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
限定版付属のPSP版『魔装機神I』第一章にウィーゾル改と差し替えられる形で登場。イベント時に挿入されるCGカットも新たに描き直された。武装欄から「エレメンタルフュージョン」のみがオミットされているが、『ROE』第1弾PVの最後に同武器を使用するウィーゾルのカットが存在する。

OGシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦OG
序盤の分岐ではリューネ編のみの登場。少々不気味だが、ふたつの掌中に一対の(ヒト?の)眼を持つ機構を備えていることがわかった。同時に、改型(ウィーゾル改)の両肩で異彩を放っている悪趣味な『眼』の意匠の出所も判明したと言える。なお、『第4次』や『F』と異なり、地上に出てからも改にはならず本機のままである。味方としては中盤にグランゾンと共にスポット参戦後、ゼゼーナンとの決戦直前に、それにノルス・レイを加えて加入する。
スーパーロボット大戦OG ダークプリズン
序盤から加入。
ヴォルクルスに洗脳された際に、一時的にウィーゾル改の姿に変貌してしまう(本人はその姿が気に入ったらしく、改への伏線となった)。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

カロリックミサイル
『EX』と『OG2nd』で使用。『α外伝』及び魔装機神シリーズでは使用不可。
ローズカッター
実体剣。どのような形状をした武器なのか『LOE』のPSP移植まで不明だった。後頭部から伸びた伸縮自在のテイル(尾)の先端に備え付けられた両刃。
ドライシュトラール
光学兵器。胸部に設置されているふたつの球体から2条の光線を発射する。

必殺技[編集]

エレメントフュージョン / エレメンタルフュージョン
「各種元素を融合させて新たな力を生み出す」魔術兵器。『EX』のみ「エレメントフュージョン」という名称で武装欄に並んでいる。本機改修後の出演作から、「エレメンタルフュージョン」の名で登録されるようになった。
  • EX:四つの赤い光弾を撃ち込んで目標を破壊する魔術攻撃。『旧シリーズ』におけるサイバスターの「コスモノヴァ」と同じ視覚表現が流用されていた。
  • LOE:DSリメイクで演出を一新。反転した六芒星魔法陣から4色(赤・青・黄・緑)の光線を放射。この視覚表現自体は改型の流用である。魔法陣は六角に各種元素が配置されたものだが、反転しているため元素の並びがサイバスターのものとは異なる(月・水・風・太陽・大地・炎の順)。残念ながら、本編ではウィーゾルの状態で使用することが出来ない。『ROE』PV第1弾でのみ確認可。
  • OG:機体周囲に展開した炎・風・大地・水の魔法陣から4色(赤・緑・黄・青)の光線を放射する複合属性攻撃。魔装機神シリーズのものとは演出を異にする。なお、魔法陣展開時に挿入される華麗な(火から生じた風が地表から石礫を巻き上げ、吹き荒ぶ風で荒れた大地が無数の水柱を噴出させる)演出は、魔装機神シリーズの属性相関を表したもの(炎→風→大地→水→炎)。
アストラルバスター
5つの炎を相手の上空に飛ばして形成した五芒星魔法陣から魔術攻撃を行う。DSリメイクから魔法陣が暗黒系のものに変更された。サフィーネ曰く、「アカシックバスター」と同じ原理で敵機を攻撃しているとのこと。
  • OG:左手の掌中に隠された目が、瞼を開いて眼光を楔代わりに大地に撃ち込むことで発動。光弾が地中から掻き集めてくる負の想念を、弧を描くようにうねる「ローズカッター」でかき混ぜて邪神系の魔法陣に変換。魔法陣から放出された黒色の奔流にのみこまれた敵機を空まで打ち揚げる。
    移動後使用・全体攻撃ダブルアタックバリア貫通を可能とする。本作では敵対時には使用してこず、味方時のみ使用可。ただしPVでは敵側での配置で使用していた。

特殊能力[編集]

剣装備
斬り返しを発動。
HP回復(中)
魔装機神シリーズのみ。

移動タイプ[編集]

飛行可能。地形適応値は空Aだが、陸がBとなっている。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

HP回復(中)
OGシリーズのボーナス。

関連機体[編集]

ウィーゾル改
本機の改良機。
ギュヰリ
関係は不明だが、酷似したフォルムを持つ靈裝機。

脚注[編集]

  1. だが、『第2次スーパーロボット大戦OG ザ・コンプリートガイド OG MANIACS』の本機解説欄に「ある人物が遺した文献を元にし、開発されている」という一文が存在する。彼女がウィーゾルを組み上げるにあたって参考にした汎用機が存在するようだ。