スーパーロボット大戦EX

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
スーパーロボット大戦EX
シリーズ 旧シリーズ
移植版 スーパーロボット大戦コンプリートボックス
前作 第3次スーパーロボット大戦
次作 第4次スーパーロボット大戦
開発元 ウィンキーソフト
発売元 バンプレスト
対応機種 スーパーファミコン
プレイステーション
プロデューサー じっぱひとからげ
シナリオ 阪田雅彦
キャラクターデザイン 阪田雅彦
坂木和史
メカニックデザイン 福地仁
守谷淳一
レイアップ
音楽 細井一司
田中伸一
山根昇
発売日 1994年3月25日(SFC版)
2000年1月6日(PS版)
価格 9,800円(SFC版)
2,100円(PS版)
テンプレートを表示

スーパーロボット大戦EX』は「スーパーロボット大戦シリーズ」のゲーム作品。「旧シリーズ」の1つ。

概要[編集 | ソースを編集]

旧シリーズ」第三作目にあたる作品だが、外伝的な作品であるため「第○次」の名称は使用されていない。

それまではゲストキャラクターとしての側面が強かったオリジナル作品『魔装機神サイバスター』を中心に、地底世界ラ・ギアスでのストーリーが展開される。

PS版の単品版は2000年代最初のスパロボである。

システム[編集 | ソースを編集]

新システム[編集 | ソースを編集]

シナリオ選択
トレーニングモードとマサキの章(やさしい)、リューネの章(ふつう)、シュウの章(むずかしい)の三人を主人公としたシナリオに分かれている。シュウの章は、マサキの章かリューネの章のいずれか[1]をクリアすると登場する。
  • トレーニングモードはマサキとミオによるチュートリアル。SFC版ではシュウの章出現時に入れ替わりで削除される。シリーズ初の実装。
  • マサキの章は比較的強力な機体・パイロットがバランス良く加入するシナリオ。また、比較的広いマップが多いことと、マップ兵器所持機体が多く加入するのも特徴。
  • リューネの章はガンダム系が中心に加入するシナリオ。「ふつう」という難易度表示のわりには、意外とシビアなバランスになっている。
  • シュウの章は母艦が存在せず、仲間の半数は説得による加入という一風変わったシナリオ。加入する機体・パイロットも他のシリーズとは大きく異なる。
ISS
シナリオフラグ干渉システム。詳しくはリンク先を参照。
サウンドセレクト
『第3次』では裏技であったが、本作よりオプション項目として正式実装された。

既存システムと変更点[編集 | ソースを編集]

PS版は『F/F完結編』のシステムが使われているため、下記とは異なるものもある。
改造システムの変更点
武器の改造が可能になった。
精神コマンドの変更点
サブパイロットの概念が本格導入され、パイロット全員分の精神コマンドが使えるようになった。ただし、本作で新たに恩恵を受けるのはゴーショーグンのみである。
パラメータの変更点
パイロット能力は「命中・回避・技量・直感」に変更。攻撃に関係するパラメータと地形適応が無くなった。
機体の地形適応が無くなった。
その他の変更点
  • 反撃命令を個別に出せるようになった。
  • PPで攻撃対象を選択した後にキャンセルができるようになった。
  • ダメージ計算の基準が「武器攻撃力-相手機体の装甲値」に単純化された。
  • ダメージ上限は9999クリティカルや「熱血」などでダメージが増加しても上限は変わらない。

難易度[編集 | ソースを編集]

全体的に低めであり、パラメータやダメージ計算の簡略化、チュートリアルの初実装に難易度別のシナリオなど、当時のSRWとしては比較的ユーザーフレンドリーなつくりになっている。

強力な武器のなかには対空(対地)にしか使えないものや、ビーム兵器マップ兵器など無効化できる(される)ものがあるので、少しの行動の変化で大きく被害を減らし、効率よく攻撃することが可能になっている。

話題[編集 | ソースを編集]

  • BGMはほとんど『第3次』のものを引き継いでいるが、タイトルが変更されている。
  • 本作は宇宙での戦いはないが、『第3次』の宇宙マップの曲が胞子の谷に割り当てられている。
  • 戦闘が全くないシナリオが何度かある。他に同様の例があるのは『LOE』と『α』くらいである。
  • SFC版では母艦入手後、部隊を展開せずに出撃機体が全機搭載状態で始まるステージが少なくない。PS版では同じステージでも展開状態で開始されるようになった。
  • パッケージイラストがシリーズでも珍しい、戦闘中のワンシーンを描いたものになっている。またギルドーラバフォーム(+ごく小さくギルドーラIIらしきシルエット)といったバンプレストオリジナルの敵機体が初めてパッケージに描かれた作品でもある。
    • ただし、イラストが描かれた時点ではまだ設定が固まっていなかったのか、ギルドーラとバフォームのカラーリングはゲーム本編と全く異なっている。
  • 1999年6月10日にプレイステーションで発売された『スーパーロボット大戦コンプリートボックス』に、『F/F完結編』のシステムを用いて作成されたリメイク版が収録された。
    • ユニット性能をはじめ全体的にバランス調整された結果、リューネの章の方がシュウの章より難しいと思われるような場面も生じてしまっている。
  • 2000年1月6日には、そこから分割販売されたものがプレイステーション移植版として発売(価格:2,000円)。セーブデータの互換性は無いが、獲得資金が1.5倍に調整されている。
    • 2011年1月26日には上記の単品版がPlayStation Storeのゲームアーカイブスで配信された(価格:1,000円)。
  • PS版では菅原正志氏がナレーター、タイトルコールと、『第3次』における『EX』の予告を担当している。
  • 本作は供給過多でバンプレストの危機となるほど大きく値崩れを起こしてしまったが、そのおかげで低年齢層には売れたため、結果としてはプレイ層を広げることに成功したと言える作品でもある[2]

登場作品[編集 | ソースを編集]

新規参戦は★の2作品。

他に『劇場版マジンガーシリーズ』の機体が登場する。

『ガンダム0080』はシリーズでも珍しい「人物のみ参戦」となっている[3]

世界観[編集 | ソースを編集]

世界観/旧シリーズ」を参照。

バンプレストオリジナル[編集 | ソースを編集]

本作に登場するオリジナルのメカ・キャラクターはラ・ギアスに由来しているものが多く、「魔装機神シリーズ」と関係が深い。

詳細はそれぞれ以下を参照。

上記以外では、オリジナルメカとしてヴァルシオン系が登場する。

ヴァルシオン
ヴァルシオン改

用語[編集 | ソースを編集]

ラ・ギアス
本作および『LOE』の舞台となる、地球内部の空洞にある異世界。魔術の力によって核分裂は無効化されている[4]
魔装機
王室アカデミーで予言された危機に対応するために、神聖ラングラン王国の魔術、練金学を結集して造られた汎用兵器。
魔装機神
精霊との契約に成功した16体の「正魔装機」のうち、高位の精霊と契約した4体の魔装機。

ゲーム中データ[編集 | ソースを編集]

分類 記事
全話一覧 全話一覧/EX
隠し要素 隠し要素/EX
精神コマンド
精神コマンド/EX
精神コマンド/EX(PS版)
強化パーツ
強化パーツ/EX
強化パーツ/EX(PS版)
特殊能力
特殊能力/EX
特殊能力/EX(PS版)
特殊技能
特殊技能/EX
特殊技能/EX(PS版)
メカ&キャラクターリスト メカ&キャラクターリスト/EX
裏技 裏技/EX

商品情報[編集 | ソースを編集]

ゲーム本体[編集 | ソースを編集]

スーパーファミコン[編集 | ソースを編集]

発売日
1994年3月25日

プレイステーション[編集 | ソースを編集]

発売日
2000年1月6日

スーパーロボット大戦コンプリートボックス[編集 | ソースを編集]

発売日
1999年6月10日

攻略本[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. PS版では両方
  2. スパロボOGネットラジオ うますぎWAVE第738回より。
  3. SFC版のみ。PS版ではザク改ドムIIが登場する。
  4. MSの起動に支障はないことから、核融合は問題ないようである。