新スーパーロボット大戦

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
新スーパーロボット大戦
読み しんスーパーロボットたいせん
外国語表記 Neo Super Robot Wars
シリーズ 単独作品
スペシャルディスク 新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
開発元 ウィンキーソフト
発売元 バンプレスト
対応機種 プレイステーション
プロデューサー 寺田貴信
ディレクター 徳村義則
シナリオ 高宮成光
キャラクターデザイン 石川賢
河野さち子
メカニックデザイン カトキハジメ
森木靖泰
音楽 三垣敦史
高野充彦
発売日 1996年12月27日
価格 6,800円
テンプレートを表示

新スーパーロボット大戦』は「スーパーロボット大戦シリーズ」のゲーム作品。

概要[編集 | ソースを編集]

プレイステーション初の完全新作タイトルで、「旧シリーズ」に関連しない作品としては『初代』以来の作品となる。

なお、本作の総監督・脚本は「旧シリーズ」で担当していた阪田雅彦氏ではなく、ウィンキーソフトの代表取締役である高宮成光氏が担当している[1]。また、移植・リメイクを除けば、本作がウィンキーソフトによって製作された版権作品が登場する最後のSRWである。

作品タイトルの通り、「リアル頭身の機体グラフィック及びカットイン」「戦闘シーンのフルボイス」といった新しい要素や、「カットインや使用武器に合わせた機体ポーズの変更、部分的なアニメーション演出[2]」などの増加による演出面の強化に加え、『魔装機神』に代わる新たなオリジナル作品『超機大戦SRX[3]を誕生させるなど、新たな方向性を模索した作品となっている。

また、「ドタバタ」「ボコッ」などテキスト表記の擬音表現や「精神コマンド」「マップ兵器」といったゲームシステムの名称が登場する会話シーン、東方不敗異星人ラスボスが現実逃避して事故死など、他のシリーズでは見られないトンデモ設定や迷場面が多いのも特徴。

シリーズ化が予定されていたが中止になり、単独作品として終わってしまった。後述の#続編も参照。

2011年7月6日から2018年10月30日までPlayStation Storeのゲームアーカイブスにて配信された。

システム[編集 | ソースを編集]

基本システムの多くは『第4次』とほぼ同じ。変更点は本作限りのものも多い。

既存システムと変更点[編集 | ソースを編集]

改造システムの変更点
武器改造のみ最大15段階。また、一部の武器は特定段階まで改造を施すことでマップ兵器版が追加される。
パイロット関係の変更点
従来作の気力に相当するパラメータとして戦意が登場。
直感技量が廃止。
戦闘画面表示の変更点
HPのみが台詞枠の上に小さく表示される。また、与ダメージ数などの情報は全く表示されないため、HPの減少量だけで判断するしかない。
強化パーツ関係の変更点
入手方法はマップ上に配置されているものを拾得するのみ。
弾数制武器の回復パーツとして「カートリッジ」が初登場。
EN消費軽減パーツとして「チップ類」が初登場。
HP回復EN回復効果を持つパーツが初登場。
「HP・装甲」上昇系のパーツに運動性や移動力が低下するマイナス効果が付けられた[4]

難易度[編集 | ソースを編集]

ゲームバランスはウィンキー製の中では最も良好な部類に入る。

  • 武器改造費が他作より群を抜いて安いこともあり、火力不足で悩む機体・場面が少ない。
  • スーパー系パイロットも基本的に2回行動はLv40前後で可能となっているため、終盤に普通に到達可能となっている。
  • 地上と宇宙の分岐後は隠しシナリオに入るまで部隊は一切合流しないが、分岐するのは序盤なので、行かないルートのユニットを意識して使用制限する必要がほぼ無い。

など、多くの機体、パイロットが気軽に使えるフレンドリーな作りとなっているのが特徴。

話題[編集 | ソースを編集]

  • リアル頭身の機体グラフィックは『LOE』が先に採用しているが、版権作品としては本作が初採用となる。また、当時の版権事情では快挙とも言える事例であったらしい[5]
    • だが、機体グラフィックの良さもあり戦闘シーンの迫力は増した一方で、SDのゴマカシ[6]が通用しなくなったため、違和感が目立つものも生まれてしまっている。
  • SRWで初めて「ガンダム系機体のリアル頭身カットイン」が採用された作品でもある[7]。なお、次に本格的に採用されたのは本作から15年後の『第2次Z破界篇』である[8]
  • パイロットカットインの口パクは無意味に口を早く動かし続けているだけで、台詞と全く合っていない雑なものになっている。
  • ロード時間が長く、全体的にテンポが悪い。さらに、『第4次S』と同様に敵ターンはBGMが固定になっているためメリハリも欠ける。
  • 隠しシナリオとはいえ、ラスボスデビルガンダムゴステロと全く異なる版権作品のユニット・パイロットという珍しい組み合わせとなっている。さらに、デビルガンダムは最終的に本作オリジナルの形態へと進化する。
  • 戦闘シーンのフルボイス化が実現した本作だが、数名のキャラクターは現役であった本来の担当声優ではなく、代役が起用されている。
  • パッケージイラストは、ガンプラシリーズのボックスアートや怪獣イラストなどで有名な開田裕治氏が手掛けている。各ロボットの頭身はゲーム本編同様にリアル体型で、発売時期の違いで二種類のイラストが存在する。どちらも機体とポーズの違う集合絵だが、前期版は背景にνガンダムの巨大な横顔がうっすらと描かれているというインパクト抜群の絵面になっている。
  • オリジナルキャラクターのリュウセイにもカットインを入れる予定だったが、容量不足でカットされた。
  • 新たな特殊技能として連続攻撃(後の再攻撃に近い効果)とカウンターが登場する予定であった。取扱説明書にはこれらの技能名が記載されたままとなっている。
  • 寺田貴信プロデューサーにとっては愛着の深い作品とされる[9]一方でかなりトラウマになった作品でもあるらしく、2017年3月10日配信の生スパロボチャンネルにて「特に制作が辛かった作品」「東方不敗の設定については1か月ほどずっと反対していた」「バトルクラッシャーをゲーム中に登場させることに反対していた」「1話をプレイしただけで昔の事を思い出してしまってやめてしまった」と語っている。

登場作品[編集 | ソースを編集]

新規参戦は★の5作品。

『新機動戦記ガンダムW』は本作の開発時点ではまだ放送中だったため、登場する機体や人物は非常に少ない。

『真ゲッターロボ (原作漫画版)』は他作と異なり、原作漫画版に準拠したキャラクターも登場する[10]。機体以外が登場するのはSRWシリーズ初であり[11]、漫画で未登場だった弁慶のデザインは本作用に書き起こされている。

選出については「マイナーすぎる」と指摘されたが[12]、思いも寄らない作品がメインを張る点は後の『COMPACT2』に受け継がれた[9]

世界観[編集 | ソースを編集]

世界観/新」を参照。

バンプレストオリジナル[編集 | ソースを編集]

登場人物[編集 | ソースを編集]

SRX[編集 | ソースを編集]

Rシリーズ同様、リュウセイ達が本作で初登場。

リュウセイ・ダテ
ライディース・F・ブランシュタイン
アヤ・コバヤシ
安西エリ

ゼ・バルマリィ帝国[編集 | ソースを編集]

ジュデッカ・ゴッツォ
本作の時点では「ラオデキヤ」ではない。

その他[編集 | ソースを編集]

ミュー

登場メカ[編集 | ソースを編集]

SRX[編集 | ソースを編集]

後に『超機大戦SRX』として分類されるRシリーズのメカが本作で初登場する。

R-1
R-ウイング
R-2
R-2パワード
R-3
R-3パワード
SRX

ゼ・バルマリィ帝国[編集 | ソースを編集]

アマジャ
アルテミス
キョウ
キョウ改
ゲルドラ
ザドック
ザドック改
シース
シース改
ジャム
シュトゥル・クトゥール
シュトゥル・クトゥール改
スカウト
バディオ
バディオ改
バトルクラッシャー改
リコニトーレ
リコニトーレ改
フーレ
ヘルモーズ
ズフィルード

その他[編集 | ソースを編集]

シャトル
輸送機

用語[編集 | ソースを編集]

ゼ・バルマリィ帝国バルマー帝国
ムー帝国
デビルガンダムOG
戦意

ゲーム中データ[編集 | ソースを編集]

分類 記事
全話一覧 全話一覧/新
隠し要素 隠し要素/新
精神コマンド 精神コマンド/新
強化パーツ 強化パーツ/新
特殊能力 特殊能力/新
特殊技能 特殊技能/新
メカ&キャラクターリスト メカ&キャラクターリスト/新
その他オプション オプション/新
オプション/新スペシャルディスク

続編[編集 | ソースを編集]

本作はシリーズ化が予定されていたが、作業量が増加した『スーパーロボット大戦F』に制作ラインを統一する目的で中止となった[13]

続編の詳細については長らく明かされていなかったが、2017年3月10日に配信された『生スパロボチャンネル』にて、1997年に制作された『新スーパーロボット大戦2』というタイトルの企画書が公開された。

企画書に記載されていた寺田Pが参戦させようとしていた作品は以下の通り。

資料には★が付いた8作品が「シリーズ中で未登場」と記載されていたが、当時の時点で未登場であった『イデオン』『ガンダムX』には何故か★が付けられていなかった。前者は並行して開発されていた『F』に登場が決まっていたため、後者は「機動新世紀」と手書きで記載されていたことから、修正する際に★を消してしまったか、あるいは★を書き忘れた、あたりが理由ではないだろうかと思われる。

参戦作品は全てサンライズ作品となっており、後の『サンライズ英雄譚』シリーズも思わせる。また、「マジンガーシリーズ」「ゲッターロボシリーズ」が入っていないため、実際に制作されていたなら『J』より前に御三家が崩れた作品が誕生していたことになる。

なお、本作もリアル頭身にするかは未定であったとのこと。

脚注 [編集 | ソースを編集]

  1. 阪田雅彦氏は当時『LOE』に携わっていたため、本作には関わっていない。
  2. 主にライフル系の武器使用時。
  3. 本作では『オリジナル』表記。
  4. しかも、実際はバグにより装甲も低下する
  5. メディアワークス『電撃スパロボ! Vol.1』101頁。
  6. 機体同士や背景とのサイズ差など。
  7. 『機動戦士Vガンダム』『機動武闘伝Gガンダム』の2作品。
  8. 64』など、それまでの間にも部分的にリアル頭身カットインが使われている作品はある。
  9. 9.0 9.1 太田出版『CONTINUE』Vol.6、52頁。
  10. ただし、人物設定は『ゲッターロボ號』をもとに独自にアレンジされており、キャラクターデータにも「設定はゲーム用のオリジナル」と書かれている。
  11. X-Ω』で参戦した『ゲッターロボ號』は機体のみアニメ版なので、原作漫画そのものの参戦は本作が唯一となっている。
  12. ケイブンシャ『新スーパーロボット大戦を一生楽しむ本』104頁。
  13. 勁文社『スーパーロボット大戦 エンサイクロペディア DC戦争編』254頁。

商品情報[編集 | ソースを編集]

サントラ[編集 | ソースを編集]

コミックス[編集 | ソースを編集]