伝説巨神イデオン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

概要[編集]

タイトルの「巨神」の読み方は「きょん」。古代文明のロボットを偶然発掘した地球人が、それを狙う異星人の攻撃から逃れるために宇宙をあてもなく放浪する漂流劇をテーマにした作品。OP曲のサビの歌詞「スペース・ランナウェイ・イデオン」がこの作品の内容を端的に表している。話が進むにつれて主人公達を取り巻く状況が悪化していくことが特徴で、敵も味方も戦場で無惨に死んでいく様子が鮮烈に描かれているため「黒富野」の頂点ともされる。

主役ロボのイデオンは正義のヒーローでもリアルな兵器でもなく、戦闘能力とは別次元の、宇宙や生命を創造したり滅ぼしたりする力を持つ機械仕掛けの神である。そしてそのイデオンを動かす動力源「イデ」はただのすごいエネルギーではなく、意思ある存在であり、そのロボットを動かす人間よりも上位の存在である。このような描かれかたは今日のロボットアニメにおいて珍しくはないが、当時はかなり斬新な作風であった。

しかもTV放映時は打ち切りのために戦闘の途中で突然イデが発動して、全ての存在を因果地平の彼方へ葬り去り、宇宙には誰もいなくなった(ナレーションも含む)という結末になったことで、皮肉にも本作が持つ神話的・黙示的な側面がより強調された。後にTV版を補足する劇場版が上映されたが、こちらでも唐突感こそなくなったものの、「イデが発動して因果地平に…」という全滅作劇の方向性は変わらず、『伝説巨神イデオン』は文字通り「伝説の作品」として当時のアニメファンにトラウマを植えつけることとなる。

そのおかげか、1980年代前半のロボットアニメでは「意思あるエネルギー」で主役ロボットが動く作品や、最終回で全てのキャラクターが人間としては死んでしまい、人間以上のナニカに進化したり同化したりするという終わり方をする作品がわりと目立つ。これらの要素は今現在でもロボットものに限らずアニメ作品の一つの定型として根付いている[1]

ストーリー[編集]

地球人類が外宇宙へ移民を行っている遥かな未来。ソロ星という星の移民団はそこで発見された謎の遺跡の調査を行っていた。そこへ突然謎の異星文明の調査団がやってくる。互いが初めて出会った二つの星の人たちは注意深く「ファーストコンタクト」を行ったが、文化の違いによる誤解から武力衝突に発展。そのとき突然、この遺跡から謎の巨大ロボットと宇宙船が出現する。事情がわからぬまま宇宙船に乗り込みソロ星から脱出した地球移民たち。

そう、この遺跡こそ、彼らバッフ・クランの異星人が血眼になって探している、無限力イデ」の遺跡であった。種族の命運をかけてでもイデを手に入れようとするバッフ・クランは彼らを追撃する。

しかし、イデオンという制御不能なブラックボックスはソロ星移民たちの思惑を超えた力を発揮し、追撃する異星人たちの数万もの艦隊を容赦なく殲滅し続ける。対抗する異星人たちはソロ星移民たちを追い込むために億単位の兵力で地球勢力圏の星々を制圧していき、移民たちは序々に逃げ場所をなくしていくことになる。破壊と悲劇の連鎖は憎悪を生み、事態はやがて地球人とバッフ・クランの二種族間の殲滅戦争にまで発展する。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

ソロシップクルー[編集]

その他地球関係者[編集]

バッフ・クラン[編集]

無限力[編集]

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

無限力関係[編集]

  • イデオン
  • 以下は第3次αにてユニットアイコン・合体シーンのみ登場
    • イデAメカ(イデオ・デルタ)
    • イデBメカ(イデオ・ノバ)
    • イデCメカ(イデオ・バスタ)
  • ソロシップ

重機動メカ[編集]

戦闘機[編集]

バッフ・クランの戦艦[編集]

用語[編集]

イデ
バッフ・クランが捜し求める、無限の力を持つ超エネルギー。独自の意思を持っており、純粋な防衛本能に感応して発動する。
無限力
むげんちから」と読む。
ソロ星
地球から250万光年、アンドロメダ星雲内に存在する惑星。
バッフ・クラン
敵側の種族。髪は直毛が多く多色の瞳が特徴で左利きが多い。
オーメ財団
重機動メカ
バッフ・クランの機動兵器群
ザウルス・スター
ソロ・シップがアバデデ隊の攻撃から逃れてたどり着いた惑星。恐竜や古代生物が生息している。
クリスタル・スター
ソロ・シップがアバデデ隊との2回目の亜空間戦闘から逃れてたどり着いた。ほとんどが金属でできている惑星。
アジアン星
地球人類の植民星。バッフ・クランのギジェ隊による準光速ミサイルの攻撃を受けたために惑星表面はほぼ壊滅でソロ・シップがもう一度来たときには人口は10万人まで減少していた。

楽曲[編集]

テレビ版オープニングテーマ
「復活のイデオン」
作詞:井荻麟 / 作曲・編曲:すぎやまこういち / 歌:たいらいさお
『F完結編』のイデオン初登場のインターミッションのBGMとして流れる。
テレビ版エンディングテーマ
「コスモスに君と」
作詞:井荻麟 / 作曲・編曲:すぎやまこういち / 歌:戸田恵子
『F完結編』では、イデが発動するバッドエンド時のBGMとして採用。当時採用されていたカラオケモードでは通常戦闘画面が流れるが、この曲のみ何もしないイデオンとソロシップがただいるだけ(攻撃エフェクトが全てキャンセルされ、敵側はユニットがおらず背景のみ)となっている。
劇場版主題歌
「セーリング・フライ」(接触編)
作詞:井荻麟 / 作曲・編曲:すぎやまこういち / 歌:水原明子
「海に陽に」(発動編)
作詞:井荻麟 / 作曲・編曲:すぎやまこういち / 歌:水原明子
劇中BGM
「弦がとぶ」
『F完結編』『第3次α』でイデオンの戦闘BGMとして採用。
「圧倒する力」
『F完結編』『第3次α』で採用。
「コスモスへ」
『F完結編』『第3次α』で採用。

登場作と扱われ方[編集]

スーパーロボット大戦F』での寺田P曰く「イデオンはシリーズの完結作しか参戦できる余剰がない」との事から、旧・αシリーズ完結作にのみ参戦しており、イデの力の強大さが大々的に描かれる。イデオンキャラの他キャラとの衝突も多い。

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F
ポスター等に顔を見せているが、実際は『F完結編』の予告に登場するのみ。
スーパーロボット大戦F完結編
『F完結編』の後半、「未来からタイムスリップする」という形で登場。そのため、バッフ・クランは「ハルル等の一部の艦隊しか転移してこなかった」という設定であり、敵方の存在感は今一つ。
一方イデオンの存在感は半端ではなく、マップの大半を射界に収め、ラスボスをも一撃で撃沈するイデオンガンの冗談のような性能は、多くのプレイヤーに強烈なインパクトを与えた。

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
寺田P曰く「αシリーズへのイデオン参戦は『第3次α』まで暖めていた」とのことで、どの面から見ても非常に力の入った扱われ方をされている。
各要素がいずれも物語の中核を担い、特に「無限力」は設定的な重要性が加味された。バッフ・クランも抜かりなく、オリジナル敵勢力のバルマーを凌駕し宇宙怪獣にも比肩する、原作通りの超巨大勢力として描かれる。
イデオンは攻撃面で『F完結編』には劣るものの、扱いやすさは格段に向上している。

主要スタッフ[編集]

制作
日本サンライズ
監督
富野喜幸(現:富野由悠季)
キャラクターデザイン
湖川友謙
メカニックデザイン
サブマリン
音楽
すぎやまこういち

余談[編集]

  • ちょっとした誤解から始まった諍いが救いの無い殲滅戦争に発展してしまう『伝説巨神イデオン』のテーマは、富野喜幸(現:富野由悠季)監督によると「バカは死ななきゃ治らない」である。
  • 外伝作品として長谷川裕一氏の漫画作品『機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス』が有る。
    • ΖΖ』と『逆襲のシャア』の間のミッシングリンクを補完すると同時に、一見無関係に思えるイデオンとガンダムシリーズの繋がりが長谷川氏独自の大胆な解釈で描かれた。
      • ただし、公式設定が定着する以前に発表された作品である為、後年に発表された宇宙世紀ガンダムシリーズ作品(『機動戦士ガンダムUC』等)における設定とは矛盾が生じる描写が存在している。
    • 寺田貴信プロデューサーは作者の長谷川裕一氏と対談した際に、劇場版マジンガーシリーズの「マジンガーZ VS ○○」といった作品群と共に『機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス』を「『スーパーロボット大戦』という企画が成功すると確信した根拠の一つ」として挙げて絶賛している
  • 劇場版のプロモーションとして行われたイベント「明るいイデオン」の一環として、『無敵鋼人ダイターン3』のOP曲「カムヒア! ダイターン3」を本作のキャラクターでパロディをした『アジバ3』なるMAD作品が、日本サンライズ(現:サンライズ)の公式スタッフの手で作られている。

脚注[編集]

  1. 余談だが、現在では「機械仕掛けの神」「意思あるエネルギー」の代表格であるゲッターロボは、TV放映時はこのようなイメージはなかった。これらの側面が与えられるのは、1990年代の漫画展開からである。

商品情報[編集]

Blu-ray[編集]

DVD[編集]

  • TV版

  • 劇場版

  • DVD-BOX

小説版[編集]

その他[編集]