新世紀エヴァンゲリオン 劇場版

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
新世紀エヴァンゲリオン 劇場版
原作 ガイナックス
庵野秀明
総監督 庵野秀明
脚本 庵野秀明
薩川昭夫(DEATH、庵野と共同)
キャラクターデザイン 貞本義行
メカニックデザイン 山下いくと
庵野秀明
制作 Production I.G
ガイナックス
発表期間 1997年
シリーズ エヴァンゲリオンシリーズ
前作 新世紀エヴァンゲリオン
初登場SRW スーパーロボット大戦α
テンプレートを表示

新世紀エヴァンゲリオン 劇場版』はProduction I.Gとガイナックスが制作した劇場アニメ。

概要[編集]

テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』から派生した劇場用作品。スパロボにおいてエヴァ劇場版といった場合は以下の二作を指す(より厳密に言えば後者のみ)。なお後に公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』は一般的にも『新劇場版』『新訳』などの表現が用いられており、本項の劇場版とは区別されている。

作品名 上映日
新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 DEATH & REBIRTH シト新生 1997年3月15日
新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に 1997年7月19日

TV版クライマックスである第弐拾伍話と最終話はそれまでの作劇から一転、突如シンジ達の精神世界の描写となり、ある種の「現実逃避」に等しい結末から、賛否を巻き起こした(その原因・解釈については諸説ある)。

映画版は批判的意見も多かったこの二話に対して「もう一つの最終話」として製作されたものであったが、製作の遅れから二部に分けての公開となり、前者は1話~24話の再編集と25話(Air)冒頭のみ、後者において新たなる最終話としての25話・26話(まごころを、君に)が公開されることとなった。

25話・26話の基本プロットはTV版と同じものから起こされ、ほぼ同じものを示した内容を描き方を大きく変えたものとなっている。しかし、登場キャラクターの殆どが死亡するという壮絶過ぎる展開で、殆ど救われない結末ながらも、現在でも多くのエヴァファンから高評価されている作品であるのも確かで、ファンの多くからは「劇場版の本作こそがエヴァンゲリオンの真の完結編に相応しい」と支持されている。上映当時放送されたオールナイトニッポン特別版において「この結末に満足しているか?」というアンケート集計を行い、リスナーからは実に一万票以上ものアンケート投票が寄せられている。結果は98%以上が肯定という極めて高いものであった。

『Air/まごころを、君に』は、興行成績24.7億円(当時は「配給収入」表記で14.5億円)で、SRWに参戦しているロボットアニメ劇場用作品において史上最高記録をマークしていたが、それを大きく上回る『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の参戦に伴い取って代わられる事となった。

内容があまりにも生々しく過激である為に(冒頭の病室でのシンジ、戦略自衛隊によるNERV職員の虐殺など)、地上波では放送されず、WOWOWの衛星放送ぐらいでしかTV放映されていなかった。テレビ東京ローカルで深夜に放送された際には殆どの過激描写がカットないし黒塗りの編集が成されていた。また、2014年に日本テレビにおいて深夜帯で放送された際も同様で、その編集に対する不満がネット上で飛び出していた。過激な描写がある一方で今作品にはレーティングは設定されておらず、現在の映画作品に規定されるレーティングでいうならばR-15+未相当と推測される。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

綾波レイ (巨大化)
第2使徒リリスと融合し、巨大化した綾波。スパロボ劇中では判り難いが、原作ではゲンドウの手に移植された第1使徒アダムも取り込んでいるため、既にアダムとリリスの「禁断の融合」は果たされた形となっている。そして純粋にシンジの願いを叶えるモノへと成り得ていた。

その他は基本的に『新世紀エヴァンゲリオン』の登場人物と同様。当然ながら、『新世紀エヴァンゲリオン』第24話までに死亡した人物は登場しない。

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

楽曲[編集]

『DEATH & REBIRTH シト新生』主題歌
「魂のルフラン」
作詞:及川眠子、作曲・編曲:大森俊之、歌:高橋洋子
『α』『MX』で採用。
『THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に』挿入歌
「Komm,susser Tod/甘き死よ,来たれ」[1]
作詞:Hideaki ANNO(庵野秀明) Mike WYZGOWSKI、作曲:Shiro SAGISU(鷺巣詩郎) 歌:ARIANNE
『第3次α』で採用。

登場作と扱われ方[編集]

スパロボにおいて量産機はαシリーズでは兜甲児に、『MX』ではケーン・ワカバに、「ウナギ」と言われている。いずれの作品でも最終的には補完計画を「逃避」としてメンバーに阻止すべき物として扱うため、原作が再現されるシナリオでは量産機の扱いはともかくスパロボ登場作品の中でも屈指の熱い展開となる。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
『THE END OF EVANGELION』表記。
作品終盤で丸2話(第63話「終わりの始まり」・第64話「Air」)を割いて『Air』の展開が再現される。特に本作ではEVAが物語の中核に据えられていたこともあり、真ゲッターライディーンマジンカイザーが駆けつけるなどを交えての豪華な演出がなされる。なお、これ以降量産機はスパロボに登場する度にろくな目にあっていない。
第3次スーパーロボット大戦α
『まごころを、君に』をほぼ完全な形で再現。初号機が生命の樹に還元され、A.T.フィールドが消滅する直前の段階にまで至った。今回の量産機はかなりいい扱い。
なお、補完シーンに使われた楽曲「Komm susser Tod」[1]が初めてスパロボで採用された。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
EVA量産機が敵として登場。ソーディアンが巡った並行世界の中に、量産機が既に配備されていた世界が存在した模様。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
『α』でも再現が見られた『Air』の他、本作で中核を占める『ラーゼフォン』のクライマックスシーンと絡んで『まごころを、君に』のエピソードも再現。巨大綾波が初登場し、弐神譲二には2体の真聖ラーゼフォンと共に「羽の生えた神様が3人」と称された。今回はロム・ストールの口上が入る、ドラグナー強制出撃とまた豪華な演出がなされた。やはり量産機はろくな目にあってない。

余談[編集]

  • この旧劇場版では、シンジがある「最低」な行為によって自己嫌悪に陥るシーンがあるのだが(おおよそ直接の描写ではない)、シンジ役である緒方恵美氏はこのシーンを演じるにあたって、男性であるシンジの心情が女性の視点からはイマイチわかりづらく演技が難しかったため、シンジの父・ゲンドウ役の立木文彦氏からアドバイスを受けて臨んだという。
    • なお、このシーンはスパロボでは再現されていない(むしろできない)。また漫画版には存在しない。
  • 緒方氏のTwitterアカウントで、この旧劇場版が地上波で放送されるという話を緒方氏は聞いてかなり焦ったらしく、最初は新劇場版同様に金曜ロードSHOW!枠でやるのかと戦慄していたが、直後に内容が内容だけに深夜帯での放送だと聞いてホッとした出来事もあった。ただし放送された内容は前述の「最低」なシーンを初め、倫理的に問題ありとされるシーンの大半が真っ黒い画面に編集されており「深夜放送にした意味が無い」とファンからの評価は厳しいものであった。
  • TV版のビデオソフトにはTV版の第弐拾伍話・最終話と劇場版25話・26話(本作)を併録しているものがあるが、そのバージョンではラストの「終劇」が「完」になっているなど、劇場公開されたものとの差異がある。
  • 『DEATH & REBIRTH シト新生』公開時、一部の劇場で上映前に『スーパーロボット大戦F』のCMスポットが流されている。
  • NINTENDO64版新世紀エヴァンゲリオンではこの劇場版を再現したシナリオが難易度を難しくした際に最終シナリオとして出現するが、量産機再起動から劇場版と異なる展開で9体のEVAシリーズをロンギヌスの槍を持った初号機が殲滅していくものとなっており、スタッフロール後のラストも劇場版とシチュエーションは同じだがシンジとアスカの行動の描写が異なる。いわゆる『気持ち悪い』ではなくラストカットは二人の手がアップになり手を取り合うカットで幕をおろす。
  • 小説作品エヴァンゲリオン ANIMA』には本作の場面が登場するが、ヨリシロにされたのは初号機ではなく弐号機になっており、祭儀に割って入ったEVA初号機 (F型装備)に量産型が軒並み撃退されることで人類補完計画が防がれた形になっている。

商品情報[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 susserの「u」の部分はアルファベットの「u」ではないがここでは代用とした。