2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

EVA弐号機

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
EVA弐号機
外国語表記 EVA-02
別表記
【新劇場版】
EVA2号機
登場作品
デザイン 山下いくと
初登場SRW スーパーロボット大戦F
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオン
生産形態 先行量産機
型式番号 EVA-02
全長 40~200m
重量 700~96000t
動力 電力供給(アンビリカルケーブル
装甲 12000枚の特殊装甲
開発者 赤木リツコ
所属 NERV
パイロット
テンプレートを表示

EVA弐号機は『新世紀エヴァンゲリオン』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の登場メカ。​

概要[編集]

汎用人型決戦兵器人造人間「エヴァンゲリオン」の一つ。

試作機EVA零号機、実験機EVA初号機を経て、先行量産機として製造されたプロダクションタイプ(量産型)のうち最初に完成した機体。セカンドチルドレンとして選ばれた惣流・アスカ・ラングレーが主なパイロット。

頭部には4つの目を持ち、普段はそれぞれレンズ状のカバーに覆われているがフルパワー時などには展開。初号機やEVA3号機のものに酷似した目が露になる。初号機が第2使徒リリスのコピーであったのに対し、本機は第1使徒アダムのコピーである。機体色はレッド、認識コードはEVA-02。基本設計と部品の製造は日本で行われ(このため大字の「弐」を用いる)、最終組み立てと起動実験はドイツネルフ第4支部で行われた。

コアにはアスカの母親である惣流・キョウコ・ツェッペリンの魂の一部が取り込まれている[1]。暴走しなかったり、アスカが碇シンジよりシンクロ率が低かったりするのは、こういった理由で魂が不完全なためと思われる。その性質上、アスカの専用機だが、上記の通りアダムのコピーのため、アダムの魂を持つ渚カヲルも動かす事ができる[2]

作中では、序盤から中盤にかけて目覚しい活躍を見せたが、アスカがプライドを失っていくのと同期する形で戦果が挙げられなくなり、第16使徒アルミサエル戦後はパイロットの席を外され、渚カヲルがパイロットとなった。しかしカヲルが使徒としての使命を果たすため、弐号機を引き連れセントラルドグマ内に侵入、碇シンジの駆るEVA初号機がこれを追って弐号機と対決、機体を沈黙させた後、カヲルを潰した。なお、ネルフの制御から離れるという点ではこれも「暴走」といえるかもしれない。

カヲルの死後、パイロットのいない弐号機はそのままケージ内に安置されていたが、戦略自衛隊がネルフを襲撃した時、葛城ミサトの「EVAの中に避難するのが最も安全で最適」という判断により、アスカの投薬処置を中断、弐号機に搭乗させてジオフロントの湖の底に配置した。その際、アスカが弐号機のコアに自分の母親の魂がある事に気付いて復活。A.T.フィールドを武器として利用する事で戦略自衛隊を殲滅し、9体のEVA量産機を3分30秒でほぼ全て大破させた。しかし、そのうちの一機が放ったロンギヌスの槍がA.T.フィールドを突き破って頭部に突き刺さると同時に内部電源が切れてしまい、最後は身動きできなくなった所を再起動した9機の量産機により無残に喰い尽くされた。このときアスカの殺意と呼応するように活動限界を超えて暴走しかけたが、直後に槍で串刺しにされた為、初号機のときと違ってその戦闘能力は発揮されなかった[3]

新劇場版[編集]

正式名称「汎用ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン正規実用型2号機(先行量産機)」。旧世紀版とは開発経緯が異なる為か「EVA2号機」と表記されていた。他のEVA同様に機体の一部のカラーリング・形状が変更され、腹部装甲などが白色に、前頭部に突起物が追加された。

旧世紀版同様にアスカ(式波・アスカ・ラングレー)が搭乗する。本作のアスカがユーロ空軍のエースであったという設定の為か、『』の序盤で「空中挺進専用S型装備」による華麗な空中戦を披露している。途中、バチカン条約により本機は凍結される。アスカ負傷後は真希波・マリ・イラストリアスが搭乗し、裏コード「ザ・ビースト」により「獣化第2形態」を発動する。この「獣化第2形態」になると、制御部らしきものが解放され、口部が大きく開くなど異形の形態となる。その様はジェットアローン(第七話「人の造りしもの」に登場)の暴走時と旧劇場版のEVA量産機の頭部を思わせる。『Q』では改修を受けた姿で登場し宇宙空間での戦闘もこなしていた。

登場作品と操縦者[編集]

A.T.フィールドによる防御能力とアスカの高い格闘値を活かした突撃戦を得意とする。近距離用の高威力の武器を持ち、機体性能もEVA零号機EVA初号機より一歩抜きん出ている。旧世紀版では、最強武器の呼び名が高いA.T.フィールド攻撃がアスカ覚醒後に追加され、攻撃力がアップする。攻撃面に特化した代わりに、近年ではEVAの中では装甲が最も薄い傾向にあり注意が必要。

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F
初登場。他のEVAより武装が充実している。プログレッシブナイフより攻撃力の高いスマッシュホークやソニックグレイブを強化したくなるが、アスカが命中率を上げる精神コマンドを持たない為、命中補正に優れるプログレッシブナイフを強化した方が無難。地上ステージではミノフスキークラフト必須。A.T.フィールドによる防御力はかなりのもので、挑発によるボスユニット引きずり出し役として活躍する。強化パーツスロット:1なのが欠点。
スーパーロボット大戦F完結編
待望の長射程武器のポジトロンライフルが追加されるが、攻撃力が低く使いにくい。零号機のそれとは若干性能が異なり、弐号機の方は命中率のマイナス補正が小さい反面、CT率にプラス補正を持たない。アスカが必中集中を持たないので、初号機よりも使い勝手は劣る。それでもシンクロ率のおかげで運動性を改造すれば、通常のリアル系ユニットよりも当てて避ける。本作では敵の攻撃力がインフレを起こしている上、地形適応宇宙:Bが響き、雑魚敵にすら、簡単にA.T.フィールドを破られるので、運動性を改造して回避力を上げるように強化したい。PS版では初号機を差し置いてパッケージにあしらわれている。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
一話のみ渚カヲルが操る敵ユニットとして登場。前作『F完結編』から見直されたのか、プログレッシブナイフ以外の武器の攻撃力も上がっており、距離を選ばず戦える。後半に追加される武器版A.T.フィールドが全ての面で高性能を誇る為、一気に強ユニットとなる。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
合体攻撃「ユニゾン攻撃」のために、PS版で使われなかった武器の格闘が強化される。
第3次スーパーロボット大戦α
A.T.フィールド広域バリアなので、小隊員としてもかなり優秀。弐号機は装甲が薄い事に加え、終盤までは全体攻撃も持っていない為、終盤までは小隊員向きのユニットといえる。本領を発揮するのは武器版A.T.フィールド追加後。移動後に使える上、攻撃力の高い全体攻撃武器なので、弐号機が一気に小隊長向きのユニットに変貌する。
ただし、乱発する事でEN切れを起こす点と、空の敵に対しては使えない点には要注意。もっとも、ユニゾン攻撃も空には使えないため、早々にミノフスキークラフトを付けているプレイヤーならば空に届かないのはあまり問題にならない。燃費もS2機関のお陰でまだ何とかなるレベル。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
新劇場版設定。参戦はルートによって微妙に変化するが、いずれも中盤。
本作終盤近くでパイロットアスカからマリに交代になる。ただし、ルート分岐中の選択によってはアスカのままで運用も可能(ストーリーも旧作寄りに変化する)。
最大火力ならば「熱血」を覚えるマリの方に軍配が上がるが、サブとして活用するならアスカのままの方が良い(「熱血」はサブには効果が無い)。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
序盤で使用できるが、第10の使徒戦後に永久離脱してしまう。獣化第2形態はユニットアイコンのみ。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
格闘武器が強力なため運用しやすく頼りになる。反面、射撃武器はかなり貧弱。ソーディアンに操られて暴走してしまい、初号機・零号機改と共に自軍に襲いかかる。
全てのEVAに言える事なのだが、パレットライフルが即着弾タイプである為ビームライフルと違い射撃モーションに入ると避けられることはまずない。なので足止め行動などと非常に相性がよく、耐えてよし援護してよし殴ってよし撃ってよしの万能ユニットとなっている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
新劇場版設定で登場。正式名称も武装名も長い。試験を手伝って貰っていたガンダムデスサイズヘルトーラスに付き添われて登場、LOTUSに配属される(デュオ・マックスウェル曰く「ドイツみやげ」)。武装のラインナップは大きく変わり、遠距離武器を一切持たなくなったが、近距離武器は従来通り高性能。そしてEVAで最も装甲が薄いという弱点も従来通り。特に今回はサイズMになっているため、その弱点がかなり顕著。5段階改造程度では終盤は雑魚にすら簡単にA.T.フィールドを貫かれる。地形適応が宇宙Bなのも足を引っ張るので終盤のPUの相方はよく吟味したいところ。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
一話のみ渚カヲルが操る敵ユニットとして登場。武器に「連続砲火」があり、攻撃力が高い。ただ、改造しても装甲があまり高くならないため、A.T.フィールドを破られやすい。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
新劇場版設定。「獣化第2形態」が初登場。
スーパーロボット大戦V
新劇場版設定。宇宙世紀世界ルート第30話でアスカと共に加入。
基本的にはZシリーズと同じだが、第40話で「獣化第2形態」が使用可能になり、決定力が増した。
スーパーロボット大戦X-Ω
アスカ搭乗版とマリ搭乗版が登場。
「獣化第2形態」は「エヴァ2号機(ビーストモード)」として単独ユニット化。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

格闘
武装ではなく、その名の通り接近して殴りつける技。
DC版『α』では「ユニゾン攻撃」の攻撃力に適用される。

本体装備[編集]

ニードル発射機構
左肩のウェポンラックに装備。旧劇場版で量産機に対して使用。
V』ではサンダースピア使用時に両肩を展開して使用している。
プログレッシブナイフ
肩部ウェポンラックに搭載された高周波振動式のナイフ。弐号機は、切れ味を保つ為にカッターナイフ式を採用している、「PK-02」と呼ばれるタイプを使用している。通称・プログナイフ。初号機の「PK-01」より構造的に脆く、量産機との戦いで全壊している。
『新劇場版』設定ではF型装備時の両刀ナイフを使用している。

選択装備[編集]

EVA専用拳銃
その名の通り拳銃の形をした銃。
α』以降からP属性有射程武器として実装。『SC1』では射撃武器がこれしか無いので遠距離戦は苦手。新劇場版設定では未使用。
パレットライフル
劣化ウラン弾を発射するアサルトライフル。新旧両方に登場し、使い切り武装として使用された。
大抵の作品において中距離用の射撃武器。
ロケットランチャー
使い捨ての実弾式。ゼルエル戦で使用。
SRWでは単体の武装として存在することは少ない。実装されている場合、射程は差ほど長くない射撃武器。
ボジトロンライフル
EVA共通形式の陽電子砲。右肩部ウェポンラックを取り外して装着する。
F完結編』ではビーム兵器だった。
新劇場版設定では、改も含め未使用。
ポジトロンライフル改
強化型のポジトロンライフル。右肩部ウェポンラックを取り外して装着する。第十五使徒アラエル戦で使用。
『α』で実装された。
ソニックグレイブ
高周波振動式の薙刀。第7使徒イスラフェル戦で使用したのみ。新劇場版設定では未使用。
SRWでは「連続砲火」でも使用する。『SC1』では基本装備で、薙ぎ払う、突き刺す、蹴りの支柱にするなど近距離戦で高威力を発揮。攻撃の間合いは長いが、余りにも敵と密着しすぎていると逆に死角になってしまうことがあるため注意。
スマッシュホーク
高周波振動式の斧。第12使徒レリエル(SRW未登場)戦で使用したが、使徒の底なし沼から脱出する為、ビルに刃を食い込ませて、足場として使用するという可哀想な武器であった。新劇場版設定では未使用。
サンダースピア
『新劇場版』で登場した中折れ式の突撃用銃剣。展開し先端を相手に突き刺して使用する。
SRWでは格闘武器だがカートリッジ式なため、弾数制の武器となっている。
超電磁洋弓銃
『新劇場版』で登場した速射性に優れるボウガン。これを使って第7の使徒のデコイコアを一発で貫いた。
原作でトドメに蹴りを加えていることと、『L』では格闘寄りの武装、そして加入時点での最強武器なことからかこれ自体は射撃する武器にも関わらず格闘属性となっている。ちなみに第7の使徒に当てると、戦闘アニメ的にも矢と蹴りがちょうど下側のコアに当たるようになっている。
諸刃の剣
旧劇場版で7号機が落としたものを拾って使用。弐号機はこれで6号機を袈裟斬り、12号機の腹部を両断して上半身を吹き飛ばし、8号機の左脚を切断した。かなり重量があるようで両腕で力任せに振っていた。

必殺技[編集]

A.T.フィールド
旧劇場版でA.T.フィールドを壁状に展開し、自衛隊の攻撃機部隊にぶつけて叩き落とした攻撃を再現。小隊制を採用した作品では全体攻撃
『α』では、使用できるようになるまで遅いが、EN弾数無消費有射程というぶっ壊れたステキ性能である。『第3次α』では空に届かなくなりEN消費になったが、S2機関が搭載されたため十分カバーできる。
連続砲火
第14使徒ゼルエルに対し、パレットライフル、ロケットランチャーの二挺で応戦した際の攻撃をパターンアタックとして『MX』にて採用したもの。ちなみに、原作ではゼルエルは無傷であった。
なお、弐号機には他にもソニックグレイブとスマッシュホークも用意されていた。
ゲームではライフル、ロケットランチャーで一気呵成の攻撃を仕掛けた後、ソニックグレイブを投げ付ける(アスカ曰く「おまけ」)。
武装一斉攻撃
連続砲火の新劇場版仕様。文字通り火器をフル稼働して敵タッグを殲滅する。トドメ演出は第7の使徒を倒した時の再現で直列に刺さった超電磁洋弓銃の矢を蹴りで押し込んで貫く。
なお、どちらかにトドメをさせなかった場合は矢が直列に刺さらず、連続で撃ち込まれるだけになるのですぐにわかってしまう。
獣化第2形態(ザ・ビースト)
新劇場版設定で追加された能力。エヴァの全てのリミッターを解除し闘争に特化した獣化第2形態に変形する。
第3次Z天獄篇』ではマップアイコンのみだが、『V』ではイベントで追加され、武装として使用可能になる。
しかも、『V』では「マリが使えたのだから自分にも使える」という事でアスカでも使用可能になる。ちなみに使用したからといって負荷等が原因で離脱する事は無い。

合体攻撃[編集]

ユニゾンキック / ユニゾン攻撃
第7使徒イスラフェルに敗れた事で特訓した「必殺技」。EVA初号機シンジ)とのユニゾンによる攻撃フォーメーション。
イスラフェル(甲・乙)の2体のコアを同時に破壊し、殲滅に成功した。『MX』ではユニゾンキック、『第3次α』ではユニゾン攻撃という名で単体攻撃。SRWではイスラフェルがいなくとも使用可能になる。
EVA一斉射撃
『第3次α』に登場。EVA初号機EVA零号機改と行なう、3機のEVAの火器を総動員した一斉射撃。全体攻撃
EVA一斉攻撃
L』に登場。第8使徒戦のアレンジで、EVA3機による一斉攻撃。通称「運動会」

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動する。
A.T.フィールド
弐号機は攻撃力が高い代わりに装甲が薄い傾向にある為、過信は禁物。
アンビリカルケーブル
S2機関
原作ではEVA初号機第14使徒ゼルエルを捕食する事で取り込んだ無限動力炉。原作では弐号機には搭載されていないが、小隊制との折り合いの問題から、『第3次α』で実装された。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

L
M

カスタムボーナス[編集]

全ての武器の弾数が1.5倍になる
第3次Z

機体ボーナス[編集]

L
  • 無改造:格闘武器+100 CRT補正+10 経験値+10% 地形適応:陸A
  • ハーフ改造:格闘武器+200 CRT補正+20 経験値+20% 地形適応:陸A
  • フル改造:格闘武器+300 CRT補正+30 経験値+30% 地形適応:陸S

機体BGM[編集]

「DECISIVE BATTLE」
F』、『MX』で採用。
「バタイユ・デシスィブ」
上曲の新劇場版での名称。『第3次Z』でのマリ搭乗時。『V』ではアンバサドリス・ルージュが採用されてないためアスカ搭乗時でもこちら。
「EVA-02」
原作第8話「アスカ、来日」にて、弐号機の初陣時に使われた曲。『α』、『第3次α』で採用。
「アンバサドリス・ルージュ」
上曲の新劇場版での名称。直訳すると「赤い(女性の)大使」であり、要するに「外国から派遣されてきた赤いやつ」という意味。『L』、『第3次Z時獄篇』で採用。
「NERV」
MX』で採用。
「Both of you,Dance Like You Want to Win!」
合体攻撃のユニゾンキック(ユニゾン攻撃)使用時に流れる曲。
「魂のルフラン」
α』、『MX』で採用。
「交響曲第九番ニ短調」
第17使徒タブリスに操られている時のみのBGM

対決・名場面[編集]

旧世紀版[編集]

第6使徒ガギエル
弐号機輸送中の艦隊を襲ったガギエル。弐号機が迎撃にでるものの水中に引きずりこまれてしまう。EVAは水中戦に対応していないため苦戦するものの、フルパワーによって口部を開き、そこに巡洋艦を突撃させて零距離射撃し、撃破。
第7使徒イスラフェル
初戦では分離したイスラフェルにより初号機及び弐号機は敗れる。2戦目ではシンジとアスカの特訓によるユニゾン攻撃にて、分離したイスラフェルのコアを同時に破壊することに成功し、殲滅する。
対第8使徒サンダルフォン
マグマの中に蛹状で眠るサンダルフォンをD型装備で捕獲作戦を遂行したが、使徒が突然羽化を始めたため、作戦は失敗。熱膨張を利用しサンダルフォンを撃破する。
第9使徒マトリエル
初のEVA3機による作戦。マトリエルの溶解液を弐号機が盾になり、その隙に零号機が落ちたパレットライフルを回収し、初号機がそれを使用しマトリエルを撃破する。
対第10使徒サハクィエル
大気圏外より自身を質量爆弾として落下、攻撃するサハクィエルに対し、EVA3機はA.T.フィールドによりサハクィエルを受け止めコアをプログレッシブナイフにより破壊し、殲滅に成功。
対第12使徒レリエル
EVA3機で出撃するが、初号機が虚数空間に取り込まれ、退却。
第13使徒バルディエル
EVA3号機に侵食したバルディエルにより、弐号機は瞬時に撃破された。
第14使徒ゼルエル
集中砲火をゼルエルに浴びせるが、カッター状の腕により弐号機は両腕を切り落とされ、ヤケになって突っ込んで首を切断されてしまう。
対第15使徒アラエル
迎撃に出るが、アラエルの可視光線によりアスカが精神攻撃を受け戦闘不能に。
対第16使徒アルミサエル
出撃するもシンクロ率が起動数値に満たず、撤退させられる。
漫画版では渚カヲルが搭乗しデュアル・ソー等で応戦するが…
EVA初号機
第17使徒タブリスによって操られ、シンジの初号機によって撃破される。
EVA量産機
弐号機内に母の存在を感じ取ったアスカによって本領発揮。弐号機と同等かそれ以上の性能をもつEVA量産機を9機同時に相手をし、内部電源が切れる寸前で全機撃破する。
しかし、量産機は完全に活動停止しておらず、再起動した量産機によって弐号機は引きちぎられる。弐号機は暴走しかけるが8本のロンギヌスの槍を投擲され串刺しにされ、弐号機は完全に沈黙した。

新劇場版[編集]

第7の使徒
高空から降下しながら交戦。仮面ライダーばりのキックでA.T.フィールドごとコアを突き破り、単機で殲滅に成功した。
対第8の使徒
上述のサハクィエル戦とほぼ同じ。高速移動するコアを零号機に抑えてもらい、プログナイフを2本付き立てた後膝蹴りで追い打ちして破壊。
第10の使徒
砲撃、近接攻撃を加えるが、A.T.フィールドを破れずパイロットであるマリの独断でビーストモードを発動。
多層展開されたA.T.フィールドを次々に千切り破るが、そこに触手の直撃を受け左腕と右脇腹を損傷。直後に突進するが、さらに触手で吹き飛ばされ敗北が決定的になった。
その後は零号機の特攻を「最後の仕事」として支援している。

関連機体[編集]

EVA改2号機
新劇場版『Q』にて登場。第10の使徒戦で破損した右顔面を補修し失った左腕に義手を付けた姿。
劇中では宇宙仕様の装備である「改2号機β」と装甲を一新した「改2号機γ」が登場した。
EVA初号機EVA零号機 / EVA零号機改
僚機。
EVA3号機
兄弟機。
EVA量産機
弐号機等のデータ等を反映させた量産機。

余談[編集]

  • EVA弐号機は「アスカの母親のが使われている為、アスカ以外の他のパイロットには操縦できない」と設定されているが、この設定は後付け(もしくは放送中は曖昧だった)らしい。
    • 実際、『新世紀エヴァンゲリオン』放送中において、第八話ではシンジを一緒に乗せても支障無く動き、第九話(対イスラフェル戦)および第拾話(対サンダルフォン戦)では「パーソナルデータの書き換えでシンジレイでも操縦できる」かのように語られていたり、第拾四話におけるシンクロテストのシーンでは「弐号機の互換が効かない」と言われていたり…と、EVA弐号機の操縦に関する設定が二転三転している。
    • なお、『新世紀エヴァンゲリオン』放送中に発売されたセガサターンゲームソフト『新世紀エヴァンゲリオン』においても、シンジが弐号機を操縦して使徒と戦う展開が有る。

脚注[編集]

  1. この事によってキョウコは精神に変調をきたし、アスカが幼い頃に自殺してしまった。
  2. 漫画版ではTV版と違い、カヲルが搭乗し第16使徒アルミサエルとの戦闘を行っており、その際に2枚刃のチェーンソーであるデュアル・ソーを武器として使用した。
  3. 漫画版では、危機に陥る寸前の際にシンジの乗る初号機に助けられた為、頭部にロンギヌスの槍が突き刺さる事も無く、アンチ・A.T.フィールドの衝撃波に巻き込まれるだけで済んだ。

商品情報[編集]

プラモデル[編集]

フィギュア[編集]

  • リボルテック

  • その他