ガッツ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

特殊技能のひとつ。採用作品は多くないが、作品によって効果が大きく異なる。αシリーズや『OE』では底力の上位スキルとなっており、非常に強力。

採用作品[編集]

スーパーロボット大戦F完結編[編集]

タカヤノリコ専用特殊技能

特定の精神コマンドの消費SPが減少する。イベントをこなすと「スーパーガッツ」となり、特定条件下で一度だけHPとSPが全回復するようになる。

  • 努力」「根性」の消費SPが15、「ド根性」の消費SPが30になる。「スーパーガッツ」では先の効果に加えて、味方の数が敵の数より少ない状況下においてのみ、ガンバスターのHPが20%以下になると、一度だけHPとSPが全回復する。

スーパーロボット大戦αスーパーロボット大戦α外伝[編集]

底力の上位種。

HPの減少に応じて命中率、回避率、装甲クリティカル率が上昇する。底力より上昇率が高く、リアル系で発動すると脅威の回避力になる。また、クリティカル率が大幅上昇することによる与ダメージの増加も見逃せない。能力の低いパイロットでも、この技能を所持しているか、いないかでかなり評価が変わる。底力のレベル制化に伴い廃止。以降の作品ではガッツを所持していたパイロットも底力に変更されてしまったため、高レベルでないとガッツに比べ安定性に欠けるようになった。

スーパーロボット大戦αでの効果
ユニットのHP残量(以下)
12.5% 25% 50%
最終命中率 100% 50% --
回避率 100% 50% --
クリティカル率 100% 50% --
装甲値 70% 20% 10%
スーパーロボット大戦α外伝での効果
ユニットのHP残量(以下)
12.5% 25% 50%
最終命中率 50% 50% --
回避率 50% 50% --
クリティカル率 50% 50% --
装甲値 50% 25% 12.5%

スーパーロボット大戦COMPACT3[編集]

HPが11以上の時、撃墜されてもHPが10だけの状態で生き残る。必要PP:65。

集中攻撃を浴びている場合、被撃墜を一回だけ先送りにする程度であるが、高レベルの底力を持っていると、回避率が劇的に向上した結果、ほぼ無敵となる。

スーパーロボット大戦Operation Extend[編集]

『α外伝』以来の久々の復活。底力のレベル制に伴い、本スキルもレベル制となった。

『α』の時点でもかなり強力なスキルだったが、本作では攻撃・防御・命中・回避・クリティカル率とほぼ全ての能力値が大幅に上昇する凶悪なスキルへと変貌して帰ってきた。

その性能は従来の底力どころか本作の底力すらも追随を許さないものとなっている(ただし、その更なる上位版として底力:異能が存在する)。

一度、発動に成功すれば攻撃力とクリティカル率の上昇による相乗効果で与ダメージが大幅に増加し、雑魚敵は相手にならない。

強力なスキル故か、習得者は『α』の頃と比べると格段に少なくなっている。

ガッツLv ユニットのHP残量(未満)
10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100%
1 10% -- -- -- -- -- -- -- -- --
2 20% 10% -- -- -- -- -- -- -- --
3 25% 20% 10% -- -- -- -- -- -- --
4 30% 25% 20% 10% -- -- -- -- -- --
5 35% 30% 25% 20% 10% -- -- -- -- --
6 40% 35% 30% 25% 20% 10% -- -- -- --
7 45% 40% 35% 30% 25% 20% 10% -- -- --
8 50% 45% 40% 35% 30% 25% 20% 10% -- --
9 50% 45% 40% 35% 30% 25% 20% 10% --

また、ヴィラル専用スキルの「獣人」は回避とCT率に補正が入らないことを除けばガッツと同じ効果を持つ。

主なパイロット[編集]

スーパーロボット大戦αスーパーロボット大戦α外伝[編集]

スレッガー・ロウ
捨て身も持ち、使い方次第ではかなりの実力を誇る。
サウス・バニング
本技能と能力によりノーマルパイロット最強と言えるがPS版αでは2回行動の遅さがネック。
ガロード・ラン
唯一のガンダム系主役でのガッツ持ち。発動に成功すれば無双が可能。クリティカル率上昇によるダメージ増加は大きい。
ギャバン・グーニー
能力は低めだが、指揮官技能もあり、援護が3まで伸びるパイロットの中では強い方なので、クリティカル率の高い援護要員として役に立つ。
ロイ・フォッカー
本技能により無双プレイに非常に向いている。
イサム・ダイソン
射撃が苦手な分、フォッカーより反撃による無双プレイは苦手だが、近距離戦においては無類の強さを誇る。集中を併用すればゴーストも恐れる必要は無い。第3次αでは底力に変更されたので以前のような爆発力はなくなったが、それでも十分強い。
ジロン・アモス
回避面に若干不安が残るが、上昇した装甲により、硬い防御を誇る。ザブングルのパンチ、ライフルが雑魚キラーに。
ファットマン・ビッグ
典型的なスーパー系の能力値で回避が非常に低いため、ガッツの補正を得てもほぼ避けない。装甲が厚く格闘の強いウォーカーマシンに乗せれば、運用次第でジロンにも劣らない雑魚キラーになれる。
グレタ・カラス
戦艦には乗らないのが救いだが、甘く見ると高い防御によって生き残ってしまう点には注意。
タカヤノリコ
スーパー系唯一のガッツ持ち。第3次αではイサムと同様に底力へとパワーダウン。
リュウセイ・ダテ
念動力の効果も相成って凄まじい命中、回避の補正を受けられる。ガッツを最大限に活かしているパイロットの1人。
ミオ・サスガ
発動してもザムジードHP回復ですぐに相殺されてしまうが、それでも発動する価値がある。自軍フェイズで発動に成功すればエネミーフェイズに無双が出来る。HP回復のせいで大半は1ターンだけになるだろうが。クリティカル率上昇の恩恵もあって、レゾナンスクエイクのダメージが底上げされる。これにより簡単なレベル上げ、資金稼ぎも可能に。
イーグレット・アンサズイーグレット・スリサズイーグレット・ウルズ
三人共通してガッツを所持している。元々命中回避は高いため、発動前に倒したい。特にウルズは分身で頻繁に回避される為、3人の中では最も手強い。
ゼンガー・ゾンボルト
敵として出るときは命中は元より、元々高い装甲が更に上昇することも脅威。味方になっても所持しているが、能動的に使うのは難しい。それでも生存率の上昇に役立つ。

スーパーロボット大戦COMPACT3[編集]

兜甲児
ボス
逆襲も同時に発動するため、必中をかけておけばエネミーフェイズに無双が出来る。
車弁慶

スーパーロボット大戦Operation Extend[編集]

泉野明
バーナード・ワイズマン

関連用語[編集]

底力
αシリーズや『OE』では下位技能として存在。
集中力