VF-1 スーパーバルキリー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
VF-1 スーパーバルキリー
外国語表記 VF-1 Super Valkyrie
登場作品

マクロスシリーズ

デザイン 河森正治
宮武一貴
初登場SRW スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
愛称 スーパーバルキリー
分類 可変戦闘機
バルキリー
型式番号 VF-1
素体 VF-1 バルキリー
開発 ストンウェル・ベルコム社
所属 地球統合軍 ⇒ 新統合軍
乗員人数 1名
主なパイロット
テンプレートを表示

VF-1 スーパーバルキリーは『マクロスシリーズ』の登場メカ

この項目では主に「VF-1A スーパーバルキリー」「VF-1J スーパーバルキリー」「VF-1S ストライクバルキリー」について説明する。

概要[編集]

VF-1 バルキリーに攻撃力と推力をアップする「スーパーパック」を装備した形態。「スーパーバルキリー」とも呼称される。

VF-1には宇宙での稼働時間が短いという欠点があり、それを解消するため、加えてさらに火力と機動力を向上させるために作られたのが「スーパーパック」である。スーパーパックは以下の装備からなる。

  • NP-BP-01 ファストパック、HMMP-02 マイクロミサイルポッド:背部に2基装備。4連装式マイクロミサイルランチャーを搭載したロケットブースター。
  • NP-AR-01 マイクロミサイルランチャー:両腕に装備。ミサイルランチャー内蔵の装甲。
  • CTB-04 コンフォーマルタンク/高機動スラスター:両足に装備。大型プロペラントタンクとスラスターの複合装備。

宇宙での戦闘能力は大幅に向上したものの、大気圏内での運用は空気抵抗等の問題で適さず、任意でパージが可能。

バリエーション[編集]

ストライクパック
背部ロケットブースターのミサイルランチャーは2連装ビームカノン砲に変更することができ、2基ある内の1基をビームカノンにした装備は「ストライクパック」と呼ばれ、機体は「ストライクバルキリー」と呼称される。
ビームカノンは高価で扱いが難しいため、主にS型が装備。
TV版の頃はビームカノン砲の設定がまだ無く、劇場版にて一般機(A型)と隊長機(S型)との差別化のため新しく設定された。
ダブルストライクパック
2基の背部ロケットブースターの両方にビームカノンを装備したもの。『マクロス30 銀河を繋ぐ歌声』に登場。

各形態の活躍[編集]

ゼントラーディとの最終決戦時には全機がスーパーパックと反応弾を装備して出撃した。

VF-1A
劇場版で一条輝マクシミリアン・ジーナス柿崎速雄が搭乗。冒頭にてゼントラーディの部隊と交戦しこれを撃破した。TV版では影が薄い。
VF-1J
マクシミリアン・ジーナスとミリア・ファリーナ・ジーナスの両名の乗る2機がこの形態となった。『マクロス7』にも赤い機体が「ミリアのかつての乗機」として登場している。
輝の乗ったJ型はスーパーパックを装備したことがなく、彼の使ったスーパーパック装備機はロイ・フォッカーから受け継いだS型である。だがやはりJ型は主人公が愛用した機体だからか、輝機の変形トイやアクションフィギュアが各メーカーから発売された。
VF-1S
前述したとおりTV版では輝が搭乗。劇場版ではストライクパックを装備し、冒頭からはフォッカー機のみ登場、カムジン03350ヌージャデル・ガーと相打ちとなった。その後は輝機がマクロスから単独でゴルグ・ボドルザーに接近、リン・ミンメイをバックに一斉射撃で討ち取った。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦αα for DC
弾丸を撃ち落とすルートでは35話、EVAで受け止めるルートなら37話にスーパーパックが装備される。機動力が更に増し、反応弾の威力も相まってそれまでの攻撃力不足が一気に解消されるが、通常戦闘をこなすなら既存の武器の改造も重要となる。S型はストライクパックの片方がビームキャノンになっており、武装にも追加される。なお、輝とマックスの乗るA型については改造が後継機には引き継がれないため、フォッカー機か柿崎機を優先して強化したい。
シナリオ「運命の矢」でマックスはJ型に、輝はS型に乗り換え。ミリア機はシナリオ「ビック・エスケープ」でミリアの乗るクァドラン・ローを撃墜或いはHP50%以下にし、「運命の矢」において「バルキリー隊を先行させる」を選択、そのシナリオで出現するミリアのクァドラン・ローを撃墜すると入手出来る。この時クァドラン・ローを撤退させてしまうと、後を追ったマックス機が消滅してしまうので注意。3機とも5段階改造されているので即戦力となる。
スーパーロボット大戦α外伝
シナリオ「飛べ、宇宙へ」終了後にスーパーパックが装備されるが、実質使用可能になるのは「時を越えた対決」から。スーパーバルキリー全体の特徴としてホーミングミサイルの弾数がタイプごとに違う。J型は他より1だけ多く、S型は他より1少ない。なお、輝機のみ一斉射撃の射程が他よりも1長い。
A型は柿崎機のみとなっており、反応弾の弾数がファイターとバトロイド形態が4、ガウォーク形態が2とちぐはぐ。その所為でファイターかバトロイド形態のどちらかで3発以上消費するとバグが起こってガウォーク形態の反応弾の弾数が120以上になり、攻撃力と継戦能力の両立という面ではトップクラスのユニットとなる。また、その状態で一発でも撃てば他の形態でも弾数が維持される。このバグはどのバージョンでも修正されていない。
第3次スーパーロボット大戦α
ファストパックは固定で、今回もA型は柿崎機のみ。形態によって小隊攻撃武器が異なり、バトロイドではガンポッド、ファイターではホーミングミサイルで後者の方が長射程。合体攻撃「スカルフォーメーションアタック」が追加された。さらに隠し要素でマクロス7設定でJ型ミリア機も登場するが、ミリアは乗れず合体攻撃も使えないので、『趣味の機体』と言わざるをえない。
流石に作中では旧式機ということもあってか、他機種と比べてファイター形態での運動性移動力が低いなど、機体性能の面で若干劣る。特に、移動力が1低いのが痛い。反面、合体攻撃の射程が長く威力も十分である。スカル小隊にとって使い慣れた機体である事を考えるとこの差別化は的確と言えるだろう。使う為には柿崎機が必要だが、彼が不屈を覚えるのが救いである。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
第26話「巨人襲来」にてフォッカー機にストライクパックが装備される。後に37話「愛、おぼえていますか」Bパートで予備パーツを組み上げたという設定で輝機も登場。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2018年10月のイベント「時空を超える歌声」にて期間限定参戦。劇場版準拠で、輝のA型(スーパーパック)が登場。SR・SSRシューターで、SSRは大器型。今回はミンメイとの二人乗り。
報酬ユニットでフォッカーのS型(ストライクパック)も登場。SSRシューターで、降臨チップ交換により大器型(◇)を入手可能。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

以下はVF-1と同じ。

HMMP-02 マイクロミサイルポッド
背部ロケットブースター内には4連装式で2基装着。
ホーミングミサイル
両脚部を構成する燃焼器にオプションとして装備。
マイクロミサイルランチャー
腕部のミサイルポッド。SRW未実装。
反応弾「大型対艦反応弾」
両翼に計6基装備。第3次αでは全体攻撃

ストライクパック[編集]

マウラー Rö-X2A 連式ビームカノン
ストライクバルキリーのみの武器。「2連装」であったり、「砲」の一字があったりと表記ブレがある。

必殺技[編集]

一斉射撃
バトロイド形態で使用する火器の一斉発射。通常のバルキリーのものと名称は同じだが武装強化されている分、更に弾幕が派手になっている。前述通り劇場版ラストでゴルグ・ボドルザーにトドメを刺した攻撃の再現。
劇場版でこの攻撃を行ったのは機のみだが、SRWでは多くのバルキリー系列機にバトロイド形態用必殺技として同種の攻撃が実装されている。
ガンポッド(突撃)
『第3次α』でフォッカー機と輝機に追加。番組OPでの輝機のアクションを元にしたファイター→ガウォーク→バトロイドと三段変形しながらのガンポッド攻撃。

合体攻撃[編集]

スカルフォーメーションアタック
フォッカーと輝のストライクバルキリー2機と柿崎のスーパーバルキリー、全3機の組み合わせによる合体攻撃。ミサイルを発射し、敵集団にガンポッドを打ち込み、フォッカー機のガンポッドで叩きつけてから、3機でガンポッドを連射し掃討する。気力115で使用可能な全体攻撃

特殊能力[編集]

変形
ファイター、ガウォーク、バトロイドに変形可能。第3次αではガウォークは省かれている。

移動タイプ[編集]

ファイター時。飛行可能。
ホバー
ガウォーク時。
バトロイド時。

サイズ[編集]

S

機体BGM[編集]

「運命の矢」
「ドッグ・ファイター」
「SEVENTH MOON」

対決・名場面[編集]

TV第27話「愛は流れる」
マクロスを背に戦場へと赴く大量の本機はさながら緊迫感が伝わってくる。
柿崎機大破
フォッカー機対ヌージャデル・ガー
ボドル旗艦

余談[編集]

  • タカトクトイスから発売されていた本機体の変形トイは、後にアメリカで『トランスフォーマーシリーズ』の「ジェットファイヤー」名義で発売された。しかしアメリカでは『マクロス』(及び『超時空世紀オーガス』『機甲創世記モスピーダ』)の映像を流用したアニメ『ロボテック』の放送が決定していた為、トランスフォーマーのアニメ『THE TRANSFORMERS』にはデザインを大きく変更された上で登場し、しかも途中から登場しなくなった。
    • 日本でのアニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』が放送された際は、当初ジェットファイヤーがメインで登場する回は全て飛ばされ、その他の登場シーンも編集でカットされていたが、終盤で名前を「スカイファイヤー」とした上で一気に放送された。
    • 日本未放送で終った回の1つには、ジェットファイヤーがガウォーク形態に変形しているシーンが存在する。
    • アニメのジェットファイヤーの顔は目鼻のあるデザインであり、トイのシンプルなバルキリーフェイスとはかなり印象の異なるものであった。しかし後年にはバルキリータイプの頭部はバトルマスクという解釈がなされ、リメイク商品では目鼻のある頭部にバルキリー型のヘルメットをかぶせる形で両方を再現している。更に非公式だがガウォークに変形さえることも可能で、専用の関節が仕込まれている。
    • 特装機兵ドルバック』のムゲン・キャリバー(ロードバスター)とオベロン・ガゼット(ホワール)にも同様の出来事が起こっている。

商品情報[編集]

※ファストパックのみの商品も掲載。

プラモデル[編集]

  • バンダイ

  • ハセガワ

  • ウェーブ

変形トイ・フィギュアなど[編集]

  • バンダイ

  • やまと

  • リボルテック(海洋堂)

その他[編集]