ボドル・ザー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ゴルグ・ボドルザーから転送)
Jump to navigation Jump to search
ボドル・ザー
外国語表記 Boddole Zer
別表記
【劇場版】
ゴルグ・ボドルザー
登場作品

マクロスシリーズ

声優 市川治
初登場SRW スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ゼントラーディ
性別
所属 ゼントラーディ軍第118基幹艦隊司令長官(TV版)
ゼントラーディ軍第425基幹艦隊・ボドル艦隊(劇場版)
軍階級 司令
テンプレートを表示

ボドル・ザー / ゴルグ・ボドルザーは『超時空要塞マクロス』及び『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』の登場人物。

概要[編集]

ゼントラーディ軍第118基幹艦隊司令長官。劇中のゼントラーディを束ねる長のような存在。

ブリタイが連れ帰った地球人の捕虜が持つ文化を目の当たりにし、地球人がプロトカルチャーではないのかという疑問を抱き、マクロススパイを送り込む。そのスパイの調査とブリタイが地球側と同盟を締結したことを聞き、プロトカルチャーの文化に汚染されることを恐れ、ブリタイもろとも地球人類の抹殺を企てる。地球の99%を全滅させることに成功するが、マクロス・ブリタイ艦隊による「リン・ミンメイ作戦」により戦力は低下し、「マクロス・アタック」で葬られた。

劇場版では名称が「ゴル・ボドルザー」[注 1]となり、ゼントラーディ軍第425基幹艦隊を率いる、ボドル旗艦の中枢生体ユニットとなっている。外見も大きく変更され、通常のゼントラーディよりもさらに巨大となっている。文化を解読する能力を有しており、プロトカルチャーの残した歌のメロディを探している。ブリタイ7018が捕えたリン・ミンメイの歌からメルトランディを撃退しようとするが、歌が完成しないことに業を煮やしマクロスごとメルトランディを殲滅させようとラプラミズ艦隊を砲撃で撃墜させる。しかしそれがブリタイの反感を買い、ゼントラーディ軍を敵に回すことになり、最期は一条輝が操縦するVF-1S ストライクバルキリーによって撃ち落とされる。

登場作品と役柄[編集]

全て劇場版設定での登場。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦αDC版
初登場作品。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd

関連作品[編集]

Another Century's Episode 2
最終的にラスボスとなる。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

α
自爆ド根性必中熱血鉄壁かく乱

特殊技能(特殊スキル)[編集]

α
底力

人間関係[編集]

ブリタイ・クリダニク / ブリタイ7018
部下。最終的に離反される。
ラプ・ラミズ / モルク・ラプラミズ
部下。劇場版では敵対関係であり、彼女の艦隊を砲撃する。
一条輝
劇場版では彼に引導を渡される。

搭乗機体[編集]

ボドル旗艦

余談[編集]

  • ボドル・ザーを演じた市川治氏は、マクロスのスタッフから「演じるキャラクターは敵の総大将」という説明を受け、自分が演じたのノリで演じようとしたが、後に姿を見て驚いたという。

注釈[編集]

  1. エンドクレジットでの表記。劇中では「ゴルグ・ボドルザー」とも呼ばれており、その後の公式媒体においても表記揺れがしばしば見られる。