マクロスプラス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
マクロスプラス
原作 河森正治
スタジオぬえ
総監督 河森正治
監督 渡辺信一郎
脚本 信本敬子
キャラクターデザイン 摩砂雪
メカニックデザイン 河森正治
音楽 菅野よう子
制作 トライアングルスタッフ
発表期間 1994年8月25日 -
1995年6月25日
話数 全4話
巻数 全4巻
シリーズ マクロスシリーズ
初登場SRW スーパーロボット大戦α
テンプレートを表示

マクロスプラス』はトライアングルスタッフが制作したOVA

概要[編集]

超時空要塞マクロス』より、おおよそ30年後の2040年が舞台設定の作品。

次世代可変戦闘機のトライアルをストーリーの主軸にし、イサム、ガルド、ミュン、三名の男女の三角関係が描かれている。最初はOVA媒体だったが、後に劇場公開され三角関係はより強調されて描かれている。凄まじいほど綿密に製作されている作品で、河森監督と板野一郎氏は「戦闘機パイロットの雰囲気」を知るために戦闘機に乗せてもらい、勝手にGをかけた挙句ブラックアウト(気絶)した逸話があるほど(教官から「絶対にやるなよ」と念を押されていたにも関わらずやってしまったので、後で滅茶苦茶怒られたそうな)。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

主人公ライバルヒロイン[編集]

イサム・ダイソン(イサム・アルヴァ・ダイソン)
ガルド・ゴア・ボーマン
ミュン・ファン・ローン

シャロン・アップル・プロジェクト[編集]

マージ・グルドア
シャロン・アップル
バーチャルアイドル。自己保存プログラムを植えつけることで自我を持つようになった。

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

バルキリー[編集]

以下のバルキリーはファイター、ガウォーク、バトロイドの3形態に変形可能な場合(『α』など)と、ファイター、バトロイドの2形態に変形可能な場合(『第3次α』など)がある。

YF-19
YF-21
VF-11B

無人戦闘機[編集]

ゴーストX-9

用語[編集]

AVF
Advanced Variable Fighter(次世代可変戦闘機)の略。
BDI

楽曲[編集]

挿入歌
「INFORMATION HIGH」
『第3次α』で採用。
劇中BGM
「DOG FIGHT」
『α』『α外伝』『第3次α』で採用。

登場作と扱われ方[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
初参戦作品。中盤でイサムとガルドが加入。終盤でミュンが登場し、ミンメイの「愛・おぼえていますか」をプロデュースする。実質いるだけ参戦であるが、『超時空要塞マクロス』に絡むために印象は濃く描かれている。マクロス以外では『トップをねらえ!』のキャラとの絡みが多い。登場毎にイサムとガルドの口ゲンカが起こり、結局最後まで溝は埋まらず二人の確執は『α外伝』に持ち越されることに。
スーパーロボット大戦α外伝
続投。原作エピソードをアレンジして描かれ、イサムとガルドの友情が復活する。
第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
原作再現に加え、『マクロス7』がクロスする。ガルドのYF-21のリミッター解除は使用できなくなったが、代わりにダブルピンポイントバリアパンチが合体攻撃として実装された。

商品情報[編集]