マクロスシリーズ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

スペースオペラ系のSFロボットアニメのシリーズ。『超時空シリーズ』からの派生。一連の原作者は河森正治氏。ガンダムシリーズとは異なり、現在まで全ての作品が同じ世界観(年号は西暦)を舞台にしている。また、全ての作品に」「三角関係」「可変戦闘機の三つの要素が含まれている。

本シリーズ全般の特徴として、アニメのストーリーは実際に起こった事をそのまま描いているのではなく、NHKの大河ドラマ等の様に「マクロス世界の後生の人間が、実際にあった出来事を元に作った歴史ドラマ」という設定である事があげられる。このため実際の歴史的事件を誇張して描いていたり、後生の人間が創作した架空の登場人物も存在したりするとされている。しかし「何処までが実在の人物で、何処までが実際の歴史かは不明」であり、TV版と映画版で細かい内容が違っていたり、シリーズの続編でそれまでの設定とは繋がらない要素が追加されたりしても、「それはマクロス世界の映像演出家たちによる創作が混じっているから」という一言で片付けられてしまう。このような作風になっているのは、制作者がガンダムシリーズの様な公式だの公式でないだのの討論を嫌ったからである。この手法は同じく河森氏が関わり劇場公開された『天空のエスカフローネ』や『アクエリオン』シリーズにも使われている。

参戦作品[編集]

TV放映作品[編集]

超時空要塞マクロス
西暦2009年。記念すべき第一作で、地球統合軍と異星人であるゼントラーディ軍との「第一次星間大戦」を描いている。
マクロス7
西暦2045年。マクロス7船団と謎の軍隊・バロータ軍との「バロータ戦役」が舞台。
マクロスF
西暦2059年。マクロス・フロンティア船団と謎の宇宙生物バジュラとの「バジュラ戦役」が舞台。
マクロスΔ
西暦2067年。銀河辺境の惑星で発生した謎の病状「ヴァールシンドローム」を操り、統合政府に対して独立戦争を仕掛ける「ウィンダミア王国」とヴァールシンドローム感染者の鎮静化のために歌う戦術音楽ユニット「ワルキューレ」、ワルキューレの護衛を兼ねた特殊部隊「ケイオスΔ小隊」との戦い「第2次ウィンダミア戦争」を描いている。

劇場公開作品[編集]

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか
『超時空要塞マクロス』の劇場版作品。主人公一条輝、ヒロインのリン・ミンメイおよび早瀬未沙との三角関係を中心に描いている。
劇場版 マクロスF 虚空歌姫〜イツワリノウタヒメ〜
『マクロスF』の劇場版二部作の前編。だいたいTV版第1~7話までの内容を取り扱っているが、TV版とは細部が異なっている。
劇場版 マクロスF 恋離飛翼〜サヨナラノツバサ〜
『マクロスF』の劇場版二部作の後編。こちらは完全オリジナルストーリーとなっており、TV版とは異なる結末をたどる。

OVA作品[編集]

マクロスプラス
西暦2040年。『超時空要塞マクロス』から約30年後の世界が舞台で「シャロン・アップル事件」を描いている。
マクロスダイナマイト7
『マクロス7』の後日談。バロータ戦役後の主人公・熱気バサラの放浪の旅を描く。
マクロスゼロ
西暦2008年。『超時空要塞マクロス』前日談で、地球統合軍と反統合同盟軍との「統合戦争」終結から1年後に起きた「マヤン島事変」を描いている。

ゲーム作品[編集]

マクロス30 銀河を繋ぐ歌声
『マクロスF』の1年後を舞台に、シリーズキャラクターが時空を越えて共演する。

未参戦作品[編集]

劇場公開作品[編集]

マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!
『マクロス7』第38話以降に位置づけられる番外編。
マクロスFB7 オレノウタヲキケ!
『マクロス7』のバロータ戦役が収められた映像を『マクロスF』のキャラが鑑賞するという形で描かれる、『マクロス7』の総集編。

OVA作品[編集]

超時空要塞マクロス Flash Back 2012
『超時空要塞マクロス』のヒロイン、リン・ミンメイのミュージックビデオ。
超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-
西暦2090年(もしくは91年)。地球統合軍と、ゼントラーディを歌によって操る異星人「マルドゥーク」の戦いを描いている。発表後長きに渡り他作品とはパラレルワールドとして扱われていたが(マクロスシリーズの創作物設定でいえば「史実をもとにした歴史ドラマではなく完全なフィクション」)、2009年以降は扱いに変化が生じている。

漫画作品[編集]

マクロス7 トラッシュ
マクロス ダイナマイト7 ミレーヌビート
超時空要塞マクロス THE FIRST

小説作品[編集]

マクロス・ザ・ライド

ラジオドラマ[編集]

マクロス・ジェネレーション

ゲーム作品[編集]

マクロス デジタルミッション VF-X
マクロス VF-X2
超時空要塞マクロス トゥルーラブソング
マクロスM3

舞台演劇作品[編集]

マクロス ザ・ミュージカルチャー

関連用語[編集]

地球統合政府(新統合政府)
マクロスシリーズに登場する国際政府機関。西暦1999年7月における異星人の巨大宇宙船の落下が契機となって発足した。第一次星間大戦終戦後は「新統合政府」に改組・改称。
地球が滅亡寸前に至った第一次星間大戦の経験から、銀河系全体へと地球人類を移民することによって人類の種と文化の保存を図る「銀河播種計画」を推進している。
地球統合軍(新統合軍)
地球統合政府および新地球統合政府の常備軍。異星人の脅威に対抗するために組織された。第一次星間大戦終戦後は「新統合軍」に改組・改称。
バルキリー
VF-1 バルキリーをはじめとしたマクロスシリーズにおける可変戦闘機。「ファイター」「ガウォーク」「バトロイド」の三形態に変形できるのが特徴。
マクロス級
SDF-1 マクロスにはじまるマクロスシリーズにおける宇宙移民船としての機能を備えた大型宇宙戦艦。超長距離移民船団の中核を担う。
ゼントラーディ
マクロスシリーズにおけるプロトカルチャーが兵器として創造した(男性の)巨人兵。略称は「ゼントラン」で、こちらは男性を指して言う。
メルトランディ
マクロスシリーズにおけるプロトカルチャーが兵器として創造した女性の巨人兵。略称は「メルトラン」。
プロトカルチャー
マクロスシリーズにおける先史文明人。50万年前に全銀河にわたって繁栄したが、既に滅んでいる。彼らに関わる事柄が、マクロスシリーズにおいて最も重要な役割を成す。
超長距離移民船団
マクロスシリーズにおける宇宙移民船団の総称。「銀河播種計画」の一環で、銀河に新天地を求めて航海している。
娘々
マクロスシリーズにおける大手中華料理店。元々は南アタリア島の個人商店だったが、後年では銀河を代表する一大チェーン店へと大きく発展している。