2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

マクロス・ギャラクシー船団

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

マクロスF』、ならびに劇場版『虚空歌姫〜イツワリノウタヒメ〜』『恋離飛翼〜サヨナラノツバサ〜』に登場。

第51次超長距離移民船団の総称。未知のテクロノジーを採用しているゼネラル・ギャラクシー主導で、独自にインプラントやサイバネティックスなど人間を半機械化する技術を開発するなど、その技術力は全銀河でもトップレベルを誇る反面、ハイテク思考で「資本主義を聖典と崇めるほどの資本主義体制」であり、省力化・自動化が極度に進んだ結果、失業率が高く、一部はスラム化している。「銀河の妖精」ことトップアイドルのシェリル・ノームは同船団の出身者。2059年、シェリルがコンサートツアーのため近隣宙域のマクロス・フロンティア船団を訪れている間に、ギャラクシー船団はバジュラからの大規模な襲撃を受けている旨の通信を最後に消息不明となるが、テレビ版と劇場版では以降の経過が異なる。

テレビ版では実際には小惑星帯に無傷の状態で潜んでおり、グレイス・オコナーら上層部の暗躍によってバトル級21番艦「バトル・ギャラクシー」とその艦載機がフロンティア船団と交戦する。この戦闘には敗北し計画は失敗、全人類の支配と隷属を目的とした船団上層部ぐるみの陰謀は、S.M.Sにより新統合政府にも通報された。バジュラ戦役後の経緯については物語中では語られていないが、監督の河森正治氏によれば「マクロス・ギャラクシー船団上層部は健在で、『とりあえずはバジュラを利用されるのは阻止できた』段階」と語っている。

一方の劇場版では、実際にバジュラの攻撃を受け壊滅(ただし、その前にバジュラ本星の巣を焼払った事に対する報復なので自業自得である)。その後、船団上層部の肉体を収めた装置と工作員が難民船と共にフロンティア船団に紛れ込み、バトル・フロンティアのコントロールを奪ってバジュラクイーンと融合させ、クイーン・フロンティアへと変貌させる。

船団内容[編集]

ギャラクシー船団の艦名にはデネブ・カイトスやデネブ・ダルフィムなど、デネブを冠する恒星名が付いている。

マクロス・ギャラクシー
総旗艦。
バトル・ギャラクシー
メインランド先端にドッキングするバトル級21番艦。ギャラクシー移民船団護衛軍艦隊の総旗艦・総司令部である。

登場作品[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
TV版設定で登場。イノベイター勢力と手を組み、ネオ・プラネッツを拠点に暗躍する。黒の騎士団ルートではLに引き続き最後に戦う版権作品の敵勢力の一つとなる。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
劇場版設定だが、ZシリーズのマクロスFがTV版の設定を引き継いでいるため、TV版からの因縁に本作で決着をつけることになる。翠の地球にて残党がバジュラを操って暗躍しており、マクロス・クォータールートでは黒幕である電脳貴族との決戦が描かれる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
TV版設定で登場。他の勢力と関わる場面は殆ど無く、ほぼ原作準拠の流れで、終盤にLOTUSの前に立ちはだかる。
スーパーロボット大戦UX
劇場版設定で登場。終盤にバジュラ本星にてフロンティア船団首脳部と人類軍を滅ぼしたところで、アルティメット・クロスの前に立ちはだかる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
TV版・劇場版の双方がクレジットされているが、イベント「イツワリノセンジョウ」では劇場版に近い立回りをする。

関連人物[編集]

シェリル・ノーム
ギャラクシー船団にて絶大な人気を誇る歌姫。
グレイス・オコナー
船団の幹部の一人。TV版では黒幕の一人だが、一方の劇場版では上層部を裏切り、シェリルを救うために行動する。
ブレラ・スターン
船団に所属するバルキリーパイロット。TV版でも劇場版でも上層部に洗脳されて操られるが、最終的に洗脳が解けて上層部の野望の阻止に尽力する。
電脳貴族
上層部。
スルト
漫画作品『シェリル キス・イン・ザ・ギャラクシー』における船団の長だが、元々は船団の人間ではなく辺境の惑星に住む民間人だった。作中終盤に上層部を乗っ取り、船団とバジュラを利用して全ての滅びを画策し、その手始めにギャラクシーの市民を一人残らず「処分」している。

他作品の関連人物[編集]

リボンズ・アルマーク
第2次Zでの協力者。グレイスを介してギャラクシー船団と協力関係を結んでいる。
ショット・ウェポン
UXでの協力者。第3部終盤にバジュラ本星にて共謀し、フロンティア船団首脳部と人類軍を抹殺する。
ストライカー
第3次Zでの協力者。彼らの思想に共感し、最終的に自身の量産型を生み出すほどの関係を抱く。

関連する用語[編集]

超長距離移民船団
マクロス・フロンティア船団
結果的に船団同士の争いとなった。
バジュラ