2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

バジュラ本星

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

マクロスF』並びに関連作品において登場する、バジュラ達が巣としている惑星。環境は比較的地球に近く、豊かな自然や清浄な大気を有する他、バジュラ達の本拠地という事もあってフォールドクォーツが大量に埋蔵されている。

TV版・劇場版共に最終決戦の舞台となり、戦いを終えたマクロス・フロンティア船団が入植する事となる。

登場作品[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
ADWの地球圏外縁にある『ネオ・プラネッツ』に転移してきている。ギャラクシー船団だけでなく、外宇宙航行艦ソレスタルビーイングを移動させてきたイノベイドとも決戦になる。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
終盤、銀河中心部にあったバジュラ母星でギャラクシー船団とそれに与したストライカー、そして己の感情に決着を付けんとするミカゲと決戦になる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
宇宙ルート第31話にて、こちら側の宇宙にフォールドしてきた事が明らかになる。
スーパーロボット大戦UX
ELSの地球圏到来に前後して、バジュラの生体兵器としての利用とフォールドクォーツの独占を画策する人類軍フロンティア船団が赴くが、ギャラクシー船団の暗躍とショットの反逆によってとその目論見は失敗に終わる。
ギャラクシー船団壊滅後、この星と地球ヨグ=ソトースの門が出現し、二つの星が命の始まりを同じとする存在であることが明らかになる。
スーパーロボット大戦BX
オープニングで登場し、その後フロンティア船団が入植している事が語られる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
「バジュラ母星」名義。
『マクロスF』原作終了後扱いで、既にフロンティア船団が入植した状態で登場。周辺の惑星もフロンティア政府が掌握し、「フロンティア星系」と呼ばれる。その首都星が本星。周辺宙域にコネクト・ステーション及び複数のワープゲートが建設されており、フロンティア船団がその防衛を担う。そのおかげか他の星系と比べ戦いの舞台になることは少なく比較的平和ではあるが、数光年離れた別宙域にISTOがワープゲートを建造しており、バララント同盟のMH航法を利用し数度軍勢を送り込んでくる。バジュラ母星そのものが戦いの舞台になるのは第2章6話-2「バジュラ母星」のみ。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
劇場版に近い流れでフロンティア船団、並びにギャラクシー船団と激突する舞台となる。ギャラクシー船団壊滅後、あしゅら男爵によってミケーネの神々が復活する。