2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ヨグ=ソトース

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

ヨグ=ソトース(Yog-Sothoth)とはクトゥルフ神話に登場する。『機神咆吼デモンベイン』にも登場する。

概要[編集]

外なる神」の一柱。

全ての時と共存し、あらゆる空間に接していると言われており、クトゥルフ神話絡みの作品では魔術師がヨグ=ソトースの力を借りて時を越える術や空間転移等を行使する描写も多い。信者からの儀式を媒介として『ダニッチの怪』に登場するウェイトリィ兄弟の様に、人間の女性との間に異形の子を成すこともある。

機神咆吼デモンベイン』では概ね原典作品と同様の扱いで登場。マスターテリオンの手により、クトゥルーと化した夢幻心母そのものを生贄とすることで召喚される。原作ゲーム終盤では大十字九郎アル・アジフが、マスターテリオンとエセルドレーダを追ってヨグ=ソトースの門に突入、時間と空間を越えた戦いを繰り広げている。また、マスターテリオンも人間とヨグ=ソトースの間に生まれた存在であるなど(上述のウェイトリィ兄弟も『機神飛翔』で登場)、ある意味では黒幕と並んで『デモンベイン』という作品の根幹を成している要素とも言える。

関連人物[編集]

マスターテリオン
ネロとヨグ=ソトースの間に生まれた子供。

登場作品[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
最終局面で原作同様にマスターテリオンが召喚。バジュラ本星においてその姿を顕現することとなったが、それと同時に地球南極にも全く同じ姿で出現しており、バジュラ本星が地球にとっての「未来の可能性」の一つである事が暗示される結果となった。
また、道明寺誠はその存在を予め知っていたらしく、顕現した直後にその本質を言い当てていた。