エセルドレーダ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
エセルドレーダ
外国語表記 Etheldreda
登場作品 機神咆吼デモンベイン
声優 神田理江(全年齢対象作品)
朝宮咲(『斬魔大聖』)
デザイン Niθ(原案)
橋本秀樹
桜井正明
初登場SRW スーパーロボット大戦UX
SRWでの分類 パイロット
サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
本名 ナコト写本
分類 魔導書(魔導書の精霊)
性別
製作時期 人類誕生の5000年前
製作者 不明(太古のウミウシ状種族?)
外見年齢 12歳程度
髪色
所有魔術師 マスターテリオン
テンプレートを表示

エセルドレーダは『機神咆吼デモンベイン』の登場人物。

概要[編集]

ブラックロッジの首領マスターテリオンに付き従う少女。マスターテリオンに対し忠誠を誓っているが、彼女のそれは狂信ともいえるほどの域に達している。

その正体は、人類誕生する5000年前に地球を支配した古の種族によって書かれたとされる最古の魔導書「ナコト写本」の精霊。ツァトゥグァやアフーム=ザー等の邪神に関する記述や、時間逆行に関する記述が書かれているという。

続編『機神飛翔デモンベイン』においても主共々登場。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
初登場作品。アニメ版設定。マスターテリオンの掛け合い要員。隠し要素のフラグを成立させるとリベル・レギスサブパイロットとしてマスターテリオン共々UXに参戦する。カリ・ユガとの戦いの後、UXを元の世界に戻すための力の1つとなった。
立ち位置が立ち位置だけに、主と異なり他作品との絡みはほぼない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
PS2版設定。2019年10月のイベント「地上の星々が紡ぐ叫びと祈り」期間限定参戦。今回はマスターテリオンと二人一組のメインパイロット扱いとなっている。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

UX
加速集中信頼鉄壁
リベル・レギスとの相性は最高。「愛」はに対してのものなのだろう。
X-Ω
閃き集中
マスターテリオン/エセルドレーダ」名義。
パイロットパーツ装備時
気迫神速激闘

特殊スキル[編集]

UX
魔導書
アルと違いパイロットのレベルで魔道書レベルが上がり、レベル59で魔導書レベル9になる。専用特殊スキルの中ではレベルの上昇は早いものの、プレイによっては魔道書レベルが最大になっていない場合がある。

人間関係[編集]

マスターテリオン
所有者。彼に絶対の忠誠を誓っていると同時に深い愛情を抱いており、最期まで彼と共にしている。そういう意味では九郎とアルとは別ベクトルで「主従関係を超えた関係」となっている。
大十字九郎
マスターテリオンの興味を引く彼を憎悪している。
アル・アジフ
魔導書「ネクロノミコン」の精霊で、エセルドレーダと対をなしている存在。

他作品との人間関係[編集]

雷装張飛ガンダム
『UX』にて自身とマスターテリオンがエルシャンクに乗船したことに驚き武器を構えた彼に対し痛烈な一言を見舞う。
フェイ・イェンHD春日井甲洋来主操シンジロウ・サコミズ呂布トールギス貂蝉キュベレイ
『UX』のEDにて、マスターテリオンや彼らと共にユガの狭間へと残り、アルティメット・クロスのメンバーを元の世界に送り届けた。

名台詞[編集]

「イエス、マスター」
マスターテリオンへの返事はだいたいこれ。
「生まれて二千年も経っていない小娘が、この私をなめるな!!」
デモンベインとの最終決戦にて。アルへの嫉妬と憎悪がこれでもかと込められた台詞。このときのドスの効いた演技は鳥肌ものである。
「何も壊さず、誰も傷つけず…。ただ生き足掻く命たちを笑いながら、憧れながら、この永遠を過ごしましょう…」
「それだけが…」
マスターテリオン「ああ、それだけが…僕たちに赦された救いなんだね。エセルドレーダ…」
「イエス、マスター…」
最終決戦でナイアの仕組んだ無限の輪廻から解放されて。
『UX』ではDVEだが、加入フラグが立つとそのセーブデータでは二度と聞けなくなる。
「この人キモいですマスター!」
アニメ版のドラマCDにて、神になった九郎に連れ去られた時の台詞。このエピソードの九郎は神になって好き勝手にしているロリコンなのでこの評価はやむなしである。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

「マスター…」
中断メッセージにてマスターテリオンが次元を超えた廃人ぶりを見て。流石の彼女もこれには微妙そうな反応を見せてしまう…。
「もし、赦されるのなら…私はマスターと共に違う未来を歩みたい…」
「滅びを待つのではなく、ただこの世界を生きていく、比翼の鳥として…」
第51話で生存フラグが成立した場合。ひたすらに忠誠を尽くし従ってきた主のマスターテリオンから「一度くらいお前の意志に従う」と言われて。
最終話終了時にアルティメット・クロスを帰還させるためにマスターテリオンともどもユガの狭間に残る事になった。
ちなみに続編の『機神飛翔』では2人とも転生し学生生活を送っている事が示唆されている。
「その矛を収めなさい。取り乱す人間は見苦しいだけよ」

搭乗機体・関連機体[編集]

リベル・レギス
ナコト写本によって召喚される鬼械神。術者はマスターテリオンデモンベインの対の存在となる深紅の鬼械神。

余談[編集]

  • 名前の元ネタはマスターテリオンの元ネタとなった魔術師アレイスター・クロウリーの飼い犬。