アルティメット・クロス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

アルティメット・クロス(Ultimate X)とは、『スーパーロボット大戦UX』に登場するプレイヤー部隊

本項では、前身組織である「アンノウン・エクストライカーズ(Unknown eXtrikers)」についても記述する。

概要[編集]

本部隊の前身となったのは、傭兵部隊UXこと「アンノウン・エクストライカーズ」である。

この部隊は言ってみれば、各国家が共通で持つ切り札的な存在である。テロや深刻な脅威に見舞われた場合、各国家の首脳が「オーダーUX-99」を発信することでそれを収拾するために出動、任務終了、あるいは現地の戦力で収集可能なレベルにまで落ち着いた場合即座に撤退する、という行動パターンを持つ。その行動律と、フラグシップ機であるオルフェスの圧倒的な戦闘力から「地獄の処刑人」のあだ名で恐れられていた。

構成員は部隊長リチャード・クルーガーを筆頭に、彼の娘であるサポーターサヤ・クルーガー、元チームDの一員であるエイーダ・ロッサの三名と僅少だが、活動の本拠にプトレマイオス2改を使用しており、ソレスタルビーイングと協力体制を取っているため、任務地がどこであろうと基本的に支障は発生しない。

竜宮島へのフェストゥム襲来に際し、現地を訪れていたカガリ・ユラ・アスハがコードを発信、事態収拾のため島に現れた……というところから本作の物語が本格的に始まる。

結成までの経緯[編集]

島の一件の後、リチャードとサヤは地球上で待機していたが、スクラッグ襲来とそれに伴うヒーローマンの出現を受け、事態に対処すべく行動を開始。具体的にはヒーローマンの危険性を探るためだったが、直後の戦いでこの存在が危険ではないこと、操縦者・ジョーイが経験さえ積めば強力な戦力となり得る、との判断を下し、彼らを追ってアーカムシティへ移動。その町において、地球に降下して来たエルシャンクザ・ブーム軍の戦いに遭遇し、エルシャンクを援護すべく出動。この戦いにおいて、陽子ジェネレータの暴走を起こしたライオットBをやむなく撃墜し、事態収束後はパイロットであったアニエス・ベルジュ少尉を収容、JUDAに向かった。

この時点でエルシャンクはザ・ブーム軍と内通したハザード・パシャの陰謀により、侵略者とのデマを流布されており、全面的な協力体制を取ったUXも同様の扱いを受け、世界中から追われることとなってしまう。

一時地上・宇宙に分かれ、合流した後の奇械島攻略作戦でリチャードは限界を迎え、パイロットとしては引退を余儀なくされる。この際、乗り手を失ったフラグシップ機・オルフェスは、本人の申し出で部隊に参加していたアニエスことアーニーが引き継ぐことになる。

この時点でメンバーは当初の3名に加えJUDA特務室、三璃紗の面々、エルシャンククルー、ソレスタルビーイング、S.M.S.、WSO、その他民間からの協力者を加え大所帯に発展。さらにこの直後にアルヴィスのメンバーも加わる。

その後はバイストン・ウェルに飛ばされるなどのアクシデントに見舞われつつも、JUDA社長・石神邦生の依頼を受けつつ、世界中から追われながらも加藤機関やザ・ブーム、フェストゥムを相手に各地を転戦。後に勃発した加藤機関のテロに対処すべく、衛星兵器破壊のため出動。その最中に背任の発覚したハザードが逮捕され、UXへの手配は解除。連邦政府大統領のオーダーにより、改めて衛星兵器及び核ミサイルの撃墜作戦を遂行する。事態収束後、UXは略称はそのままに、地球連邦政府所属の独立遊撃部隊として承認されることとなった。

これが「アルティメット・クロス」、究極の混成部隊である。

結成後の動向[編集]

生まれ変わったUXではあるが、中核となっているのが旧UXのメンバーであること、また部隊自体の性質から、基本的には旧来通りオーダーと報酬で動く傭兵部隊に近い状態であった。

宇宙や地上、敵を問わず地球圏や人類社会の脅威を相手に戦いを続けていたが、奇械島の重力炉停止作戦でリチャードが戦死。部隊指揮官はアーニーが引き継ぐことになる。

その直後、新たな敵「ELS」の出現、バジュラに関する疑惑、そして何より、あまりにも予定調和に進み過ぎる事象の流れから、部隊の面々は世界そのもの、そして彼らの実質上の司令官に近い石神に対する疑念を抱くようになる。

ラインバレルの暴走、ファフナーパイロット達の同化進行による離脱など、いくつかの奇禍を経つつも、UXは世界中を転戦。その中で徐々に明らかになって来た「異世界」と「未来世界」、そして石神の隠している真実などを絡めた「蜘蛛の巣」の全体像により、部隊の目的は徐々に「世界の真実を解き明かすこと」にシフトしていく。この真実については、世界観/UXを参照。

そして、フェストゥムとの対話の道を切り開くべく発動された蒼穹作戦を成功に導くものの、直後に人類軍が行った核攻撃により、対話の道は再び閉ざされてしまう。このしばらく後に東京でホウジョウ軍を退けたUXは、アルヴィスのファフナーパイロット達を島に帰還させ、以後は再び各地を転戦することになった。

3ケ月後、竜宮島への新種フェストゥムの襲来を受け、UXは再び島へ出撃、新人を含めたアルヴィスの面々を迎えて「世界の真実」へと立ち向かっていく。

復活したスクラッグを完全に撃破した後、石神の隠していた真実、即ちヒトマキナの存在を知った彼らは、その意志に従い内部のヒトマキナの拠点攻略作戦を実行。フェストゥムやELS、バジュラとの対話の道を切り開き、怨敵ハザードとザ・ブーム軍を、さらに彼らを撃破した直後のバジュラ本星での戦闘にて人類軍とフロンティア船団首脳部を抹殺し全銀河の支配を企てたギャラクシー船団の首脳部も和解したバジュラフェストゥムELSの助力も得て撃破。そして、ヨグ=ソトースの門の先にある未来の宇宙にてマスターテリオンを撃破、同時に全ての黒幕であった邪神ナイアルラトホテップの計画を完全に崩壊させたことで、地球圏の脅威を完全に取り除くも、部隊の帰還は事実上不可能となった。

しかし、その矢先にノーヴル・ディランの招集を受けたUXは、ユガの狭間で彼女と対峙。そこで世界の真実を知った彼らは、世界をリセットすべく現れたカリ・ユガを撃破。春日井甲洋フェイ・イェンHD、そしてカリ・ユガとの戦いで力を貸してくれた魂たちの導きを受け、門を潜る前の元の世界へと戻って行った。

その後、しばらくは混乱の収拾のため活動していたが、事態終結後、「並列世界」の面々はそれぞれの地球へ帰還。「この世界」のメンバーも元の居場所へと戻り、部隊は解散。旧UXのメンバーは傭兵には戻らず、アーニーが主導した施設の職員として身を置くこととなった。

以上の記述は、あくまでゲームにおいて再現されている「あるループ」における部隊の動向であり、UXの世界観における他のループでどうであったかは不明(少なくとも、存在していないループも多く確認されている)。

登場作品[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
自軍部隊。前身となる部隊は開始の時点で既に存在している、というスパロボでも異例の速さである。

主要人物[編集]

戦術指揮システムの関係もあり、指揮官格の人物が多いのも特徴。中心の能力の高さも当然だが、その脇を固める面々も劣らず能力が高いためただの一枚岩ではないのが見て取れる。

リチャード・クルーガー
旧UXの隊長。部隊再編後は全体指揮官を担当したが、重力炉停止作戦で戦死。
アニエス・ベルジュ
元連邦軍少尉。リチャードの引退後にオルフェスを、戦死後に全体指揮官を後任。
サヤ・クルーガー
旧UXの副官的存在。リチャードの娘であり、援護戦闘を担当。
石神邦生
JUDA社長。ヒトマキナへの対抗策を完成させるため、詳細を伏せたままUXに依頼を行っていた。戦乱終結後は加藤機関の部隊長に戻り、社長職は森次が引き継いだ。
森次玲二
JUDA特務室戦闘指揮官。制圧作戦の際にキリヤマ重工を乗っ取り、以降同社の社長職を兼任。戦乱終結後はさらにJUDAの社長も兼任することに。
加藤久嵩
加藤機関総司令。長くUXとは敵対関係にあったが、ヒトマキナとの決戦を前に共同戦線を組む。戦乱終結後も引き続き総司令職を続投。
ロミナ・ラドリオ
ラドリオ星のプリンセス。エルシャンク艦長。ラドリオ星組及びジョウ達三人の直接の上官に当たる。
イルボラ・サロ
エルシャンク戦闘指揮官。タリスマン確保作戦の最中にザ・ブーム側に離反、以後はUXと敵対するも、バジュラ本星近海での戦闘にて復帰。
スメラギ・李・ノリエガ
ソレスタルビーイング戦術予報士。プトレマイオス2改戦闘指揮官。旧UXの時点から協力体制にあった。
真壁史彦
アルヴィス司令官。部隊に同行はしていないが、フェストゥムに対する大規模な作戦の際には総指揮を担当。
覇道瑠璃
覇道財閥当主。ブラックロッジとの戦闘を主導。中盤にて酔った勢いで民間人を戦術指揮・応援に据えるという大暴挙の人事を実行。
ジェフリー・ワイルダー
S.M.S所属マクロス・クォーター艦長。対バジュラ戦の指揮を担当。
孔明リ・ガズィ司馬懿サザビー道明寺誠
孔明と司馬懿は三璃紗出身者のまとめ役・及びUXの参謀役を務める。後にJUDAから道明寺を加え、中盤のあたりから部隊の目的となった「世界の真実」についていち早く推測を巡らせる部隊の頭脳とも言うべき存在。屈指の知識を持つ三璃紗出身者の外見と道明寺の中学生にしては異常なほど豊富な語彙と知識は部隊の中でも異様な存在感を放ち、終盤、積み上げられてきた疑問を怒涛の伏線解きをもって解消する役目を担う。

運用艦船[編集]

エルシャンク
ラドリオ星組の乗艦。
プトレマイオス2改
ソレスタルビーイングの艦船。結成の経緯上ある意味では、UXそのものの旗艦とも言える。
マクロス・クォーター
S.M.S旗艦。また、ELSとの最終決戦に際してルーベンス財団が出資し量産された連合艦隊(決戦艦隊とも)のマクロス・クォーター4隻が合流した。
シャングリラ
加藤機関の弩級戦艦。総司令・久嵩のマキナであるが、諸々の理由からレズナーの指揮によるツクヨミの援護に留まり、艦船としての運用はされていない。

構成母体[編集]

アンノウン・エクストライカーズ
母体と言うよりも前身。リチャード、サヤが参加。リチャードは中盤で戦死してしまい、後任はアーニーが引き継ぐ。
JUDA
特務室のマキナ部隊が参加。後にラインバレル早瀬浩一タリスマン中島宗美ペインキラー九条美海が参加。本社が事実上の本部に当たるが、ラインバレル破壊作戦の後、推進派による情報操作を防ぐため解体された。戦乱終結後は一メーカーとして再建されたが、目的を果たした石神は社長職を降り、森次が引き継ぐことに。
オーブ軍
シン・アスカルナマリア・ホークが参加。アスランは当初偽名カガリのガードとUX保護のための情報収集に奔走しており、ボドルザー級攻略作戦時に合流。
ザフト
ルーベンスからの情報提供を受け、ヒトマキナに対抗するためレクイエムの修復を進めていた。ボドルザー級攻略作戦時にキラ・ヤマトが参加。
ソレスタルビーイング
旧UXの段階からチーム・プトレマイオスはUXの支援を行っていた。当初、アレルヤマリーは離脱していたが、モルドヴァ基地攻略作戦で合流。イノベイドとの戦いで身体を失っていたティエリアもELS出現に際し復活して合流した。
S.M.S
マクロス・クォータースカル小隊ピクシー小隊が参加。バジュラ本星での決戦にて元ギャラクシー船団所属のブレラ・スターンも加わる。
加藤機関
ヒトマキナとの決戦に際し、戦死した真田、逃亡した沢渡以外の全員が参加(ユリアンヌは元々石神のスパイであり、一足先に帰還している)。戦乱終結後は旧特務室の面々を加え、連邦政府直属のエージェントチームとして活動している。
ドラゴンズハイヴ
旧UXの段階からR-ダイガンが参加。衛星兵器破壊作戦時にダンクーガノヴァが加わる。
アルヴィス
対フェストゥムの最大戦力であるが、メンバーの入れ替わりがとにかく激しい。
当初は真壁一騎春日井甲洋皆城総士の3名とオペレーターとして遠見真矢、メンタルケア担当の遠見千鶴のみ参加。甲洋は参加後間もなく同化の影響で戦線離脱し、入れ替わる形で小楯衛要咲良近藤剣司が実戦に参加。
人類軍による竜宮島制圧作戦時に日野道生カノン・メンフィスが投降する形で参加・配属される。後にバイストン・ウェルにて合流前に自爆した羽佐間翔子が合流、ラインバレル破壊作戦時に咲良が同化及びラインバレル・アマガツから受けた重傷の治療のため離脱。
蒼穹作戦に前後して真矢が実戦参加するが、竜宮島防衛戦で総士が拉致された上に道生がMIA、直後のホウジョウ軍迎撃戦で衛もMIAとなってしまう。道生は近海に潜伏していたイルボラの部隊に救出され、蒼穹作戦の最中に帰還するが、総士は救出が一歩間に合わず、帰還を待たずして同化されてしまう。
3ケ月後に立上芹西尾里奈西尾暉堂馬広登が加入、さらに咲良と衛が復帰するが、芹は島のコアの負担を軽減するため、第二次蒼穹作戦終了まで離脱を余儀なくされる。作戦中に甲洋がマークフィアーに同化する形で帰還、作戦終了時に総士が戦術指揮官として復帰。バジュラ本星宙域での戦闘中にフェストゥム来主操も加わっている。
バイストン・ウェル
転移に巻き込まれた後、地上人のエイサップ・鈴木ナナジンに乗ってそのまま参加。後にアマルガン・ルドル率いる反乱軍、さらにリュクス・サコミズも対サコミズのために合流。さらに、別のバイストン・ウェルからショウ・ザマチャム・ファウマーベル・フローズン、奇械島での戦闘後にバーン・バニングスが加入。ヒトマキナとの決戦中に生還したシンジロウ・サコミズも加わっている。
ラドリオ星
エルシャンククルーはほぼ全員が最後まで参加。イルボラのみは途中で離反してしまうが、バジュラ本星宙域での決戦中に零影で復帰。
ザ・ブーム軍
カレンがザ・ブーム軍を離脱してUXに合流。
覇道財閥
当初は瑠璃に雇われた大十字九郎アル・アジフのみの参加に留まっていたが、インスマウスの調査任務後に瑠璃が戦術指揮官として合流。
ブラックロッジ
ブラックロッジを離反したドクター・ウェストエルザが参加。最終決戦の直前にはマスターテリオンエセルドレーダまでもが一時的に加わる。
三璃紗
ラインバレル確保作戦時に孫権孫尚香、重力カーテン突破作戦時に劉備軍、ハグレマキナ出現時の戦いで周瑜陸遜、アメリカでの戦いで曹操と司馬懿が加わる。周瑜はアルカトラズで重傷を負って戦線離脱し、陸遜が後任を引き継ぐ。ヒトマキナ襲来時に「天の刃」として生還した呂布貂蝉が参戦。
戦乱終結後には司馬懿以外のメンバーは元の世界へと帰還したが、周瑜は帰還を前に竜宮島で事切れることに。
WSO
重力カーテン突破作戦を前に由木翼スカーレット・ヒビキが参加。作戦開始後、デスカプリース隊の生き残りである海動剣真上遼が合流し、そのまま部隊に参加。この4名はラインバレル破壊作戦の後、推進派によるWSOへの干渉を防ぐため、WSOを離脱している。
八稜郭
奇械島でのキバ軍ガラン軍そしてアイアンカイザーとの決戦にてサイコギア隊がUXと共闘。決戦後はアイラの意思により、そのままサイコギア隊が部隊に参加。
地球連邦軍
諸事情で連邦軍を脱走する事になったアーニーの他、グラハム率いるソルブレイヴス隊が参加。ELSとの対話が実現した後にパトリックアンドレイが合流。
その他協力者
ジョセフ・カーター・ジョーンズヒーローマンが途中で参加、対スクラッグの先陣を切る。また、奇械島で回収されたフェイ・イェンHDもその直後から戦闘に参加、対バジュラ戦で活躍。また、アルカトラズでの戦闘後にシェリル・ノームランカ・リーもクォーターに乗艦、そのまま同行。
後に、スクラッグの支配を逃れたウィリアム・デイヴィスゴゴール完全撃破後に同行することに。

戦死者[編集]

リチャード・クルーガー
奇械島の戦いにて戦死。
周瑜ヒャクシキ
傷が原因でエンディングで病死。
日野道生小楯衛石神邦生グラハム・エーカー
いずれも条件を満たすことで生存する。