2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

近藤剣司

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
近藤剣司
読み こんどう けんじ
外国語表記 Kenji Kondou
登場作品
声優 白石稔
初登場SRW スーパーロボット大戦K
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人)
性別
生年月日 2131年12月7日
星座 射手座
年齢 14歳(TV版)
16歳(劇場版)
身長 168cm
体重 60kg
血液型 B型
所属 竜宮島アルヴィス
好きな物 貝殻
テンプレートを表示

近藤剣司は「蒼穹のファフナーシリーズ」の登場人物。

概要[編集]

竜宮島中学校の生徒会長を務める、お調子者の少年。

要咲良小楯衛とは共に行動する事が多い。後にファフナーマークアハト搭乗者となる。

ファフナー搭乗時は変性意識で普段とは逆に弱気になってしまう。

軽薄で女好きな人物であるが咲良への想いは本物であり、彼女も一目置く存在である真壁一騎に勝つ事で自分に自信をつけ、彼女に告白しようとしていた。しかしその時に彼女が同化現象で倒れてしまい、もう一人の親友である衛も眼前で死んでしまった事から現実に耐えられなくなり、一時は戦いから逃げ出す。

だがそんな自分を庇い、愛情を持って接してくれた母、彩乃も同化されてしまう。これが切っ掛けで一騎に勝負を挑み、初めて一本を取った事から再び立ち上がる。

上述の通り竜宮島中学校の生徒会長だが皆に頼りや尊敬されている訳でもなく、それどころか周囲には皆城総士が生徒会長と思われていたほど。彼が生徒会長になれた理由も「他に立候補者がいなかったから」である。進学後も高校の生徒会長を務めているが、私事で忙しい立場になっているため、実務は副会長のカノンに任せている。

天才症候群の兆候として直感回答力に優れるが、過程が伴わないので役に立った様子がいまひとつ見られない。劇中では通常攻撃の効かない特殊なフェストゥムの弱点を初めて撃ち抜いて撃破したことがあるが、偶然に近い形だったため上記の能力に寄るものなのかは微妙な所。それらしい物としては、蒼穹作戦で突如目の前に出現したフェストゥムに対して、咄嗟に防御した事だろうか。

物語上では明るいお調子者である事からコメディキャラ、変性意識による弱気、仲間を失うという悲劇に耐え切れなかった事からへタレキャラの面もあったが、成長後に参加した最終決戦では単独でマークニヒトに大打撃を与え、生還するという大金星を挙げた。

劇場版では精神的に成熟した姿が見受けられ、変性意識による変化が全く見られず、最早無いものとしてファフナーを使いこなしていた。普段が普段なので後輩達からは舐められ気味であったが、いざ実戦となれば凛とした戦いぶりを見せ、強い信頼と尊敬を集めるようになった。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
一騎には劣るが近・遠距離の両方に対応できるバランスのいい能力。なお、性格は「弱気」ではなく「普通」。その為に気力上げに難儀する。
最後まで生存していたからか、あるいはマークニヒトに初めてダメージを与えたからなのか、最後に幸運を覚える。
スーパーロボット大戦UX
声付きで参戦。担当声優の白石稔氏は本作でスパロボ初参加となる。原作再現できっちり一時離脱から復帰までの過程が描かれる。終盤、劇場版となる関係上マークアハトからルガーランスとレールガンが無くなってしまうのがネック。
また、性格は最初は「弱気」だが(本作唯一の『弱気』キャラでもある)、劇場版設定のほうに移行すると「強気」になる。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

劇場版ではよき先輩として指導していたためか、激励がついた。

K
不屈集中必中熱血闘志幸運
UX
不屈集中必中熱血激励

特殊技能(特殊スキル)[編集]

K
C・コード斬り払い撃ち落とし援護攻撃援護防御アタックコンボL2
UX
シナジェティック・コードL7、援護攻撃L2、援護防御L2、全体攻撃L2

人間関係[編集]

真壁一騎
友人であると同時に一方的にライバル視している。剣司にとっては強さの象徴であり、彼に勝つ事によって自信をつけようとしている。終盤では同化現象で弱っていたとはいえ遂に一本を取る事に成功する。
皆城総士
友人。剣司とは真逆の性格であり、周囲の者達は総士が生徒会長と思っていたほど。
要咲良
彼女の事を姉御と呼び慕っているが、異性としても好意を寄せている。彼女の実家で柔術を習い、一騎を倒そうとしてるのも全て咲良のため。中盤で心を通わせるが、その直後に咲良は同化で昏睡状態に陥ってしまう。
彼女が昏睡状態から復帰してからは二人の関係はより進展し、後に結実することとなる。
小楯衛
最も仲のいい親友。彼が皆を守ろうとして眼前で散った結果、剣司は現実に耐えられなくなってしまう。普段は剣司が衛を引っ張っている(ただし二人とも咲良の尻に敷かれている)が本心では衛の強さを認めており「衛のように強くなりたい」と発言している。
近藤彩乃
母親。アルヴィスのエンジニアであり、中学校の数学教師でもある。普段から剣司の事を「バカ息子」と呼んでいるが、人工子宮で生まれた竜宮島の子供たちの中で剣司のみは母体出産。そのため息子への愛情は一段と強い。
剣司が逃げ出した際、彼を庇い、諭すが自分もフェストゥムによって命を落とす。皮肉にも親しい人が死んだ事で逃げた剣司は母親の死が切っ掛けで復活する事になる。
堂馬広登
後輩。劇場版では衛のように戦おうとして突っ込みすぎる彼を窘めるシーンがあった。
西尾里奈
後輩。劇場版で窮地に陥った彼女を救った。

他作品との人間関係[編集]

草薙剣児
名前繋がり。『K』では彼と自分を揃って「ケンジという名前の奴にはロクな奴がいない」と咲良に言われてしまい、心外そうな態度を示す。
シン・アスカ
UX』での頼れる先輩。第2部では衛の死を彼から告げられる。
ハザード・パシャ
『UX』にて親友である衛を死に追いやった張本人。そしてELSが来ても何の心配はないと豪語した彼に対して「奴に任せたら地球が滅びる」と皮肉をぶつけた。

名(迷)台詞[編集]

「フッフッフ。先生方、こういうことは生徒会長のこの私に任せてくださいよ
第10話で堂馬広登が自分の夢を否定されたために放送室に閉じこもるという行動に出た際に説得役を買って出た際の言葉。なのだが、衛以外のその場にいた人間は(母も含めて)剣司が生徒会長であることを知らず、総司が生徒会長だと思っていた(彼は学級委員である)。その上、結局説得にも失敗してしまう。
「あぁ~今敵が来たら、絶対負ける~」
第21話での戦闘後、銭湯で脱力した時の台詞。ちなみに、女湯では咲良が全く同じ姿勢で同じ内容の言葉を発していた
「俺が…なってやるよ。お前の父さんみたいに」
咲良に対しての言葉。
「一騎ぃ! お、お…俺と勝負しろお!!」
第23話にて、想い人の同化、親友と母親の死に耐えきれなくなった剣司が咲良の母親の計らいで要家に向かう時に一騎に遭遇し、涙を流しながら彼に勝負を申した。
真矢は同化現象が進んでいる一騎を心配して制したが、一騎は彼の心を酌んでそれを引き受けた。
「今の、咲良が見たら驚いただろうな…」
「咲良に言われたんだよ、弱い男に興味はないって」
「咲良、自分のお父さんみたいな人…タイプだったから…」
「一騎…俺も衛みたいになれるかな…」
第23話にて、一騎からやっとの思いで一本を取って。一騎に勝負を挑んだのも咲良に告白するためだった。そして、自分も亡き親友である衛のように強くなれるのかと一騎に問いかけた。
一騎は「なれる」と答え――剣司は、再び立ち上がった。
「死んじゃ駄目だ! 死んじゃ駄目なんだよぉっ!!」
第25話のラストにて、孤立した状況でフェストゥムの猛攻を受けるも、仲間との「生きて島へ帰る」約束を果たすべく必死に抵抗する剣司。
続く最終話でマークニヒトの奇襲を受けるも、この直後の攻撃で痛みを理解してしまったマークニヒトは初めて動揺を見せ、反撃の一手となった。
「うわぁぁぁ~! 目の前かよぉ~~~!!」
「HEAVEN AND EARTH」にて。出撃した矢先にエウロス型の正面に出てしまい、思わず叫んだ。
TV版の剣司を思わせる情けない台詞だが、実は叫びながらガルム44(マシンガン)で牽制し、近接攻撃を仕掛けようとしているカノンの方へとしっかり誘導しているなど、やるべきことはしっかりとやっている。
剣司の確かな成長を窺い知れるシーンである。
「こっちの仕事が、終わってねえんだよ!!」
「行けっ! 仲間を守れ!!」
「HEAVEN AND EARTH」にて。広登に里奈を託し、自身は右腕を失ったマークアハト単機でフェストゥムの大群に立ち向かう。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

「意外とホイホイいけるもんだな!」
回避時の台詞。声優の白石氏が出演した『涼宮ハルヒの憂鬱』に因んだ声優ネタである。
「あのデータが本当に役に立つかどうかの保証なんかないんだ…。あれはフェストゥムの罠だったんだ! 俺達はみんな、甲洋や咲良…いや、総士みたいになっちまうんだ!」
Kの通常EDにて、フェストゥムから送られた情報の解析が進まないことに苛立ち、一騎が同化現象に倒れたこともあってか、精神的に余裕が無くなってしまう…。そんな剣司をなだめた真矢だったが…。
「ていうか…張飛さんたちは、宇宙で出撃しても大丈夫なんですか?」
「い、いや…ほら、空気とか…」
UX』第1部第17話ヨーロッパルート「ハート・オブ・ディーヴァ」より。意気込む張飛にもっともな疑問を呈するが、彼から「誰が空気武将だ」の言葉と共に睨まれた。合掌…。
余談だが、『K』で共演した似た名前の人も原作で同じような台詞を言っている
「母ちゃぁ~ん! こんな数なんて無理だよぉっ!」
『UX』第1部第22話「SUPER NOVA」より。数百規模の核ミサイルを迎え撃つこととなり、例の如く弱音を吐く。しかも、竜宮島にいるその母親から「自分がついている」といった直後にコレである。
「う、うそだろオイ!」
『UX』第2部第27話バイストン・ウェルルート「地上人のオーラ力」にて翔子の加入フラグが立っている場合の追加場面。かつてフェンリルで爆散したはずのマークゼクスが現れた際の台詞。おそらく全プレイヤーが同じ事を思ったであろう。
「う、嘘だろ…。飛影が…あの無敵の忍者ロボが…」
『UX』第2部第30話「大いなる胎動」より。零影に無残に痛めつけられる飛影に対して。自軍にも飛影が「無敵の忍者ロボ」扱いされていた事に、プレイヤーの共感と笑いを誘った。
「た、大切な人なんだよ…!」
「こんな情けない俺でも…命を懸けて守りたいって思える、大事な人なんだよ!」
「だから、頼むよ…! お願いだから…もうやめてくれよ!」
『UX』第2部第34話「始まりへの加速」より。同化現象で倒れた咲良と衛に無慈悲な攻撃を加えるラインバレル・アマガツに対して。だが、剣司の呼びかけも空しくラインバレルはマークアハトに対してもその刃を向けた……
「俺、あいつに言わなきゃいけないことがあったのに…戦いのこと、咲良のこと…俺自身の、これからのことも…な、なのに…どうして…」
「どうしてみんな、何も言わずにいなくなっちまうんだよ! ど、どうして…うっ、うぅぅ…! うわああぁぁぁっ…!」
『UX』第2部第38話「防人たち」より。衛の死を知らされて。
(衛…お前たちの想いも一緒に連れてくぞ! もう、怖いものなんか何もねえッ!)
『UX』第2部第39話「蒼穹-そら-」より。自分より先に「いなくなってしまった」親友と母親のために、勇気を振り絞ってフェストゥムの大群に挑み、一騎達と共にクロスドックを仕掛ける。
このときのBGMは「未来への闘志」に固定されている。
「もう怖えだの何だの言ってられねえ…ちゃんと向かい合うって決めたんだ! 戦うことと、弱かった自分と! 母ちゃん、衛、見ててくれ! 俺は自分の弱さを乗り越えてみせる!」
同上。初戦闘時の戦闘前会話。今まで目をそむけていた「己の弱さ」と向き合い、乗り越える事を誓った――自分を守るために、そして島を守るためにいなくなった親友に。
「なにが万全だよ! ハザードなんかに任せてたら、それこそ地球が滅びちまうぜ!」
『UX』第3部第41話「再来-みさお-」より。ELSが来襲しても自分たちの力を持ってすれば何も心配はないと高笑いするハザードに対して吐き捨てた。まあ、ハザード自身は己の保身と欲望のためにしか頭にないので、剣司の指摘もあながち間違ってはいない。
それどころか、ハザード及び人類軍はELSが地球圏に到達した際には地球を見捨ててマクロス・フロンティア船団と共にバジュラ本星へと向かってしまっている

搭乗機体[編集]

マークアハト