草薙剣児

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
草薙剣児
読み くさなぎ けんじ
外国語表記 Kenji Kusanagi
登場作品 鋼鉄神ジーグ
声優 小野大輔
デザイン 菊池晃
初登場SRW スーパーロボット大戦K
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人)と宇宙人のハーフ
性別
所属 ビルドベース
テンプレートを表示

草薙剣児は『鋼鉄神ジーグ』の主人公

概要[編集 | ソースを編集]

学生ながらプロのバイクレーサーとして活躍し、戦闘では鋼鉄ジーグを駆り、邪魔大王国と戦ってゆく。なお、彼は司馬宙と違いサイボーグではなく、鋼鉄ジーグのヘッドに変形するバイク雷鋼馬のパイロットである。

性格は直情的な熱血漢。更にバカでかなりのスケベな、70年代の永井豪のキャラクターを彷彿とさせるキャラ。しかし幼少時代はかなりの泣き虫で、幼馴染の珠城つばきにいつも守ってもらっていたという意外な過去が有る。

母・草薙美夜は太古の地球に飛来した宇宙人で本名は「美夜受(ミヤズ)」。親友の美角鏡は美夜受の弟であり、剣児の叔父にあたる。かつて妃魅禍を封印したのは美夜受と鏡であり、その子孫である剣児と邪魔大王国との戦いは宿命づけられていたと言える。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

携帯機シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦K
初登場作品。序盤から登場する。鋼鉄ジーグのサイズ差のお陰で敵の攻撃をよく避けてくれる。但し、連続ターゲット補正もあるため突出は厳禁。また命中率もやや低く、必中も覚えないため、他のパイロットから感応で補佐すると良い。
スーパーロボット大戦L
本作でも序盤から登場。鋼鉄ジーグは能力的に避けるのに適した能力だが、剣児自身の回避は思ったほど高くないので、運用するならスキルパーツで回避の底上げを推奨。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
バイストン・ウェルで初登場。シーマ共々現地で傭兵として活動していた。

パイロットステータス[編集 | ソースを編集]

能力値[編集 | ソースを編集]

スーパー系らしく格闘が高く、養成次第で6桁のダメージを叩き出す。しかし防御がスーパー系にしては低く乗機の耐久力が低いため、被弾=撃墜と思っていい。スーパー系らしく、といっていいのか命中回避もさほど高くない。

精神コマンド[編集 | ソースを編集]

K
集中不屈闘志熱血気合
L
集中不屈闘志気合

特殊スキル[編集 | ソースを編集]

K
底力L8、援護攻撃L1、援護防御L1、アタックコンボL1
L
底力L9、アタックコンボL2
援護攻撃と援護防御が削除されたが、底力とアタックコンボが強化された。防御面に不満があるため、見切りガードを養成しよう。それだけでもかなり違ってくる。

人間関係[編集 | ソースを編集]

珠城つばき
幼馴染であり、共に戦う仲間。やはり宇宙人の末裔。
美角鏡
同じバイクチームのライバルにして親友であり、伯父でもある。
柳生充子
彼女に対してスケベ心を丸出しにする。
司馬遷次郎
一応上司みたいな人。色々と小言を言われる。
司馬宙
度々遷次郎達にその存在を聞かされていたが、終盤についに対面。剣児のよき兄貴分となる。

他作品との人間関係[編集 | ソースを編集]

ダイナミック系[編集 | ソースを編集]

兜甲児OVA
ダイナミックプロ仲間。TV版設定の『K』では最初はある事でいがみ合っていたが、次第にいい仲になっていき、最後は一緒に風呂の覗きまでする始末。
OVA設定でも仲が良く、『L』では「甲児さん」と呼んで兄貴分として慕っていたり、『CC』ではユリアンヌのミルク目当てで一緒に残党退治に励む場面も(まあ、にバレて一緒にボコられたが)。
実は彼は『鋼鉄神ジーグ』のアニメ本編でもカメオ出演している。
剣鉄也
『L』にて女性陣のシャワーをボスと共に覗こうとした罰として彼から熱湯風呂行きを命じられる。
神隼人
『CC』イベント「激戦!魔神達への挑戦状! 」ではドリルストームとスピンストームを組み合わせた合体攻撃を披露している。

スーパー系[編集 | ソースを編集]

城崎絵美
L』にて共演。社長の悪戯で浩一や一鷹と共に彼女の裸を見てしまい、かすり傷を負わされる。誤解は解けるが、喜んでいた為に結局「最低」扱いされる事になる。『K』に続いてまたしても中学生相手にスケベ心を出す彼であった。
遠藤シズナ
『L』にて共演。つばきと同じ声であるためか、よく剣児に絡んでくる。また同じ声であることから、つばきとシズナに同時に怒られる場面で、「ステレオで叫ぶな」というような返答をした。
森次玲二
『L』にてボス共々彼の熱湯風呂の餌食となりそれ以降スケベな言動が激減した。
ユリアンヌ・フェイスフル
CC』のバレンタインイベントでは彼女のミルク目当てで残党退治に励むも、当然そのことはつばきにばれてしまい制裁を受ける羽目になった。
アトロス
『L』では自分とイクサー3が戦ったせいでがさらわれてしまったことに責任を感じていた彼女を宙やちずると共に励ましている。
飛鷹葵
『L』のEDにて、彼女ともレースで熱いデッドヒートを繰り広げる。
碇シンジ
『CC』のバレンタインイベントにて彼に自分の分のチョコを作らせようとするが、失敗に終わる。
キタン・バチカ
『CC』では何かと行動することが多く、女湯を一緒に覗き行こうとしたり(途中、不確定要素も入ってきたが)、シンジに自分たちの分のチョコを作らせようとしている。

ガンダムシリーズ[編集 | ソースを編集]

ミーア・キャンベル
L』ではメサイア攻防戦の後、罪悪感に苛まれて失意のうちにあった彼女に対して彼女の歌が好きだと発言し、励ましている。
シーマ・ガラハウ
CC』ではバイストン・ウェルで一時的に共闘。
サイ・サイシー
『CC』ではどさくさに紛れて女湯を覗こうとしている。

リアル系[編集 | ソースを編集]

ザイリン・ド・ザルツ
K』にて覗きの現場を押さえられる。
羽佐間翔子
『K』にて仲間になった直後の彼女に対して初対面で口説きにかかった。当然つばきに「中学生を口説くな」と怒られる。
近藤剣司
「ケンジ」繋がり。『K』では上記の翔子が口説かれたイベントにて咲良に「『ケンジ』という名前にはろくな奴がいない」と言われてしまい、「俺はあんなにスケベじゃない」と物凄く心外そうだった。
ロイ・フォッカーオズマ・リー
CC』のバレンタインイベントにてシンジに自分のチョコを作らせようとしたところを彼らに一喝される。

バンプレストオリジナル[編集 | ソースを編集]

シェルディア・ルージュ
後述にもあるように、当初は一応恩義のあるダリウス軍をあっさり裏切った彼女に対して疑ってかかっていた。
南雲一鷹
ニュースなどで剣児の活躍も知っており、彼からは憧れられている。
悠凪・グライフ
直接会話する場面はないが、つばきを救う為に単独で阿蘇へ向かう剣児の姿を同じように祖父を救う為に孤独な戦いを続ける自分の姿と重ねていた。

名台詞[編集 | ソースを編集]

「おまえらバカかああ!!!」
第2話にて。雷鋼馬の空中射出を説明無くいきなり行われて。
「おっぱぁぁい!」
「おっぱいドリル!!」
マッハドリルを始めて使用した際の台詞。これを使えたら柳生隊長のおっぱいを触らせてもらえる、という約束をしていた為である。この台詞中、柳生隊長は青ざめた顔で胸を隠していた。
K』ではマッハドリル使用時の台詞として発言するが、その事がストーリーの中で言及されないので原作を知らない人には意味不明な台詞となってしまっている。
L』で特訓イベントがわざわざ再現されたが、『L』では特訓に真剣にならない剣児をおっぱいで釣るというアイデアが甲児の提案によるものであり、「誰のおっぱいとは言っていない」と言う事で特訓が成功した暁には早乙女のおっぱいを使うという引っ掛けである(そのため、仕掛けを知っている甲児と柳生隊長は終始ニヤニヤしていたが、そこまで知らないさやかからは白い眼で見られてしまった)。
余談だがこのおっぱいドリルのエピソードは、ジェットスクランダーを装備する前のマジンガーZが空を飛ぶための手段としてアフロダイAのおっぱいミサイルを掴んで飛んだというエピソードを参考にした物だが、『L』にてそのマジンガーZとアフロダイAがマッハドリル特訓イベントを手伝っている。
「よぉおおおく覚えとけ。お前より俺が強いんだってことをなァ!」
バルバを制しようとした際の台詞。
「銅鐸銅鐸って…人の命はどうでもいいのかよ!?どうかしてるぜ…」
銅鐸の心配ばかりするビルドベースの人達に対して。普段のスケベな心に反した正義感に満ち溢れた台詞である。
「キョォオオオオオオオオオオオッ!!」
鏡が戦死した際の激哮。
「心配すんな、つばき。俺は死なない。お前は俺が守ってやる。一生…これから先もずっとな。」
鏡の死亡で気を落としているつばきを抱きしめての慰めの言葉。はたから見たらプロポーズである。
剣児「空気ねえぞ!?」
宙「必要ない!」
ビッグシューターからそのまま宇宙空間に飛び出した宙を見て。宙はサイボーグであるため実際に空気が必要ない体であり、一方で剣児はこの時点では宙がサイボーグである事を知らなかったため、両者とも当然のセリフだが、傍から見るととんでもなくシュールな会話である。
L』ではこの会話がちゃんと再現されている。
「すっげぇぇぇぇぇ~!!」
「何だよ~、バイクいらねえのかよ~!すっげえ~っ!!つばき、こっちも行くぜ!!」
第12話、挿入歌「Dead or Alive」の流れる中、ビッグシューターから飛び出してそのままサイボーグに変身、雷鋼馬無しでビルドアップを果たした宙を見ながら。上記の「必要ない!」の続きである。台詞だけでは伝わらないが、映像を見ればこちらも羨ましがるに違いない。
剣児「次は!!」
磁偉倶「どいつだッ!!」
第12話ラスト、阿磨疎をダブルスピンストームで葬り去った後、地球を背にして。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集 | ソースを編集]

K
「そんな奴を、簡単に味方として受け入れられるかよ!」
第10話「黒き炎の将軍」より。ミスト達に救出されたシェルディアに対して。乱暴な口調で責め立てる剣児の態度にも少々問題はあるが、一度はダリウスの元にいて彼らに対して恩義がありながら、ミストと再会した途端に悪びれもなくあっさり裏切ったシェルディアの行動や態度を顧みれば、疑うのも当然であると言える。
「下品な金ピカの化け物め!俺の頭の中を読んだって意味がねえぞ。スケベな事しか考えてねえからな!」
第15話「悲しみの飛翔・前編」でフェストゥムと戦闘させた時の発言。お前それでいいのか。
「俺はバイクで鏡に勝ちてえ。だから必死で練習する。もしも遺伝子で鏡に勝てねえってわかったとしても…俺は練習をやめねえぜ。努力すりゃ、勝てるかもしれねえからな!」
第19話「星の扉、運命の扉・前編」より。デュランダルデスティニープランを発表した直後の台詞。
L
「何だよ、あの空飛ぶ金槌みたいなのは!」
第2話「特訓、マッハドリル!!」にて援軍としてやって来たディスィーブの見た目に驚いて。まあ、気持ちはわからなくもないが。
(マッハドリルを正面から見た形・・・男なら大好きな・・・俺の大好きなアレだと思えば、絶対つかめるはずだぁっ!!)
第2話「特訓、マッハドリル!!」にてマッハドリルとの合体に失敗し、再度挑戦するときの心の声。戦闘台詞で「おっぱいドリル」と声に出してしまうのだけど。
(けど、やらなくていいって言われるとやりたくなるんだよな)
第17話「託された希望」より。ヤシマ作戦開始時、プレイヤー心理を代弁するかのようなモノローグ。
「んな事するかよ! もう熱湯風呂は勘弁だ!」
第24話「大いなる力、空を切り裂く時…」シナリオデモより。つばきの「のぞいたら承知しないからね」という言葉に対して。さすがの剣児も第14話シナリオデモで味わった熱湯風呂が相当なトラウマになっていることが伺える。
「つばきとちょっと星でも見てから帰るよ。それぐらいいいだろ?」
第22話妃魅禍追撃メンバーへルート「怨念を貫く魂の刃」より。妃魅禍との最終決戦が終り、一同地球へ帰ろうとした時の台詞。彼らはこの後、ゆっくり宇宙を回って帰ったそうな。
「そんな事気にすんなって。誰だって間違いは犯すさ。大切なのはそれからどうするかだ!」
第31話宇宙で警戒任務ルート「星間飛行へ…」より。イクサー3の仲間になることに躊躇いを見せたアトロスに対して。実に正論だが、つばきからは「剣児にしては珍しくいい事言うわね」と茶化されてしまう。

搭乗機体[編集 | ソースを編集]

鋼鉄ジーグ