城崎絵美

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
城崎絵美
読み きざき えみ
外国語表記 Emi Kizaki
登場作品
声優 能登麻美子
デザイン 下口智裕(原作漫画版)
平井久司(アニメ版)
初登場SRW スーパーロボット大戦L
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人)
ファクター
性別
生年月日 8月24日
身長 167cm
血液型 A型
職業 中学3年生 → 高校1年生
所属 JUDA(→加藤機関
マキナ ラインバレル
趣味 ガーデニング
好きな食べ物 イタリアン
嫌いな食べ物 和食
テンプレートを表示

城崎絵美は『鉄のラインバレル』のヒロイン

概要[編集]

ラインバレルファクター

転送されてきたラインバレルに乗っていた少女。転送の際に記憶喪失になっている。

この世界に到着した際本人の意思とは裏腹にたまたまその場にいた早瀬浩一を死なせてしまい、彼を助けようとした結果ラインバレルのファクターにしてしまう。

彼女はラインバレルのファクターではあるが、ラインバレルは無人の場合彼女を守ることを優先し、彼女を乗せて戦闘することを拒否するため長時間ラインバレルに乗ることができない。そのため絵美はラインバレルを浩一に託さざるを得なかった。

当初は独善に溺れていた浩一に失望することも多く、ラインバレルのファクターとして、そして正義の味方として相応しい人物であって欲しいという願いから厳しい態度を取ることもあったが、浩一が戦う意味を見出していくにつれて彼自身を信頼してラインバレルと自らの命を託すようになる。

原作漫画版[編集]

転送されてきたのは3年前の羽田空港。その後はJUDAに保護されている。

過去の世界でナノマシンを実用化しラインバレルを開発した城崎天児の実娘であり、かつては久嵩と兄妹のように親しかったが血のつながりはない。

アニメ版ほど天然ではなく戦場に介入する場面も少ないため、守るべき姫といった印象。その一方で、浩一が美海を始めとする他の女性と親しくしていると、嫉妬の炎を燃やして「ファクターアイをした鬼の形相」になり周囲を戦慄させる一面を持っている。

ジャミング施設破壊作戦で浩一がラインバレルごと消えてからはしばらく途方に暮れていたが、未だ止まぬヒトマキナの脅威を前に、世界は未だ「正義の味方」を必要としていることを知る。その結果絵美が下した決断は、自らが浩一の代わりに「正義の味方」となって戦うこと。失われたラインバレルに代わり、久嵩から彼のアルマ・ツクヨミを借り受け、戦場に立つことになる。

ラインバレルのファクターとなった経緯は定かではない。天児が浩一に見せた過去の光景では描かれず、また久嵩の回想は彼がシャングリラごと宇宙に移動してしまった場面で終わっている。また、回想の中で彼女も自滅スイッチが入っている描写が有り(天児が久嵩に射殺された光景を見た際に茫然自失となり、その後のシーンで発熱を起こしている)、ラインバレルのファクターになったのはそれも関わっている。

彼女が置き去りにされた後から羽田空港に転送されるまでの、約6年間の詳細は後述の1シーンを除き一切不明。キリヤマ編終了後、久嵩からの示唆を受けて発生したフラッシュバックと直後に見た夢の中では、久嵩が天児を射殺する場面が描かれた後、逃げている最中に目の前にラインバレルが転送で現れ―――と言ったところで終わっている。この時のラインバレルはいわゆる「二本角」の姿であり、17巻での久嵩の回想とプロトタイプの存在を繋いで考えると、ファクターになった順番は時系列的に天児→久嵩→絵美という順番が妥当だと思われる。全てが終わった後、他の面々がファクターから解放されたのに対して彼女はファクターであり続けている(最終巻の第25巻の裏表紙にてファクターアイの彼女のイラストが描かれている)。読み切り版である新・第一話において登場はしたが髪が短い状態で登場。穏やかな笑顔で降臨したラインバレルを見上げていた。

アニメ版[編集]

転送されてきたのは本編開始時の山の中。一時は浩一の家に連れて行ってもらうが、結局はJUDAに引き取られ学生兼オペレーターとして生活している。

高蓋然性世界」から来た人物の1人。セントラルに対抗するためラインバレルを作り出した城崎天児の娘で、加藤機関総司令の加藤久嵩の妹。天児の意思でラインバレルと共にこの世界に送り込まれた。

(文化の途絶した別世界からの来訪者で、更に記憶喪失である事を原因とする世間知らずな点を差引いても)かなりの天然であり、盆栽を「可愛い」と表現したり、人体切断マジックにタネが存在することを理解しないまま浩一をチェーンソーで切断しようとした(これは今まで散々彼に裸を見られた事に対する腹いせの可能性もあるが)こともある。

原作版より幾分か悲壮感が和らいでおり、恋の鞘当ての激しさもあって浮気者の夫を持つ本妻といった印象。

「鋼鉄の華」[編集]

都内の高校に通う高校生。『ラインバレル』の絵美や今作の浩一とは異なり、いたって普通の少女。

校舎裏にある「夜にしか咲かない花」を気に入っており、しょっちゅう見に言っている。そのため浩一からは当初マキナの操縦者ではないかと誤認されていた。『ラインバレル』におけるガーデニングの趣味はこの名残。

移住計画推進派の侵攻とそれに対するマキナの起動に際し、安全確保のため浩一に同行。戦闘後は何故かそのまま浩一に伴われて別の世界へ移動している。原作漫画版でも最終話で1コマだけだが登場している。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
初登場作品。アニメ版設定での登場。ラインバレル mode-Bスポット参戦するステージもある。
会話などで後述の「最低です!」という台詞を言うため、この部分が強調されている節がある。実は本作唯一のスポット限定パイロット。
スーパーロボット大戦UX
原作漫画版設定で、音声初収録作品。スポット参戦するステージがあるほか、中断メッセージでも登場。担当声優の能登麻美子氏は『無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ』の錫華姫役を経て、版権スパロボ初出演。
浩一が美海に親しくなった時はファクターアイの表情を使ったほか、あるステージではサヤに能登氏の主演作『地獄少女』の名台詞を言わせた。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
原作漫画版設定。本作ではラインバレル・オーバーライドの他、ツクヨミにも搭乗する。
「地球が負けた日」ではツクヨミに乗る過程が描かれている。
スーパーロボット大戦X-Ω
原作漫画版設定。2018年12月のイベント「鉄の勇者」にて期間限定参戦。本作では浩一とラインバレルに二人乗り[1]。立ち絵は原作者の下口氏描き下ろしで、通常立ち絵はサンタ服。イベント報酬のパイロットパーツはボイス付き。
2019年7月のイベント「希望が導いた想像」では復刻参戦。今回は水着が描き下ろしとなった。設定的には原作終盤となり、クエスト上での立ち絵が短髪のものとなった。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

さすがに浩一と比べると能力は低め。無茶をしないためか回避だけは浩一を大きく上回る。

精神コマンド[編集]

ラインバレルに必要なコマンドが一通り揃っている。しかも浩一と重複するコマンドは一つもない。

L
加速ひらめき集中脱力
15話JUDA防衛ルートでメイン、36話「正義のために」ではサブとしてスポット参戦。その時のラインバレルの使い勝手は一級品。正式参戦しないことに心底がっかりしたプレイヤーも多かったと思われる。
UX
ひらめき集中追風祝福
こちらでもやはりラインバレルに必要なコマンドが一通り揃っている。但し今回は14話「黒の執行者」のみのスポット参戦となるため余程のレベル上げを行わないと愛まで覚えることはない。絵美のカットインが入る最強武器オーバーライドは必要気力が高いうえこの時しか見る機会がないため見るのは若干難しい。
X-Ω
不屈必中突撃
浩一/絵美」名義。
パイロットパーツ装備時
覚醒熱血正義

特殊スキル[編集]

L
ファクター切り払い底力L6、援護攻撃L2、援護防御L2、コンボL2
何気に技能レベルの伸びが浩一より良好。これで養成ができれば。
UX
ファクター底力L6、援護攻撃L1、援護防御L2、全体攻撃L2

人間関係[編集]

早瀬浩一
もう一人のラインバレルのファクター。一時期は独りよがりな戦いをする彼に絶望するが、彼が戦う意味を自覚するにつれて惹かれるようになる。
加藤久嵩
原作漫画版では父の弟子。アニメ版では実兄。同時に父親を殺した張本人でもあるため、加藤機関と共闘が成った際にも顔を合わせようとしなかったが…。
石神邦生
自分を保護した人物。ただし彼の悪ふざけが原因で浩一に何度も裸を見られるなど被害も被っているが。
新山理沙子
アニメ版では浩一を巡るライバル。当初は一方的に敵意を向けられる事に戸惑っていたが、浩一に対する想いを自覚して以降は彼女にヤキモチを焼く事も。
九条美海
原作漫画版では浩一が彼女に会いに行ったことに嫉妬してファクターアイになってしまった。アニメ版では浩一を巡るライバルその2であるが、天然同士妙なところで気が合うことも。
道明寺誠
彼の結成した「早瀬軍団」に加入させられる。初対面時には彼の超一般人ぶりに驚かされた。
矢島英明
彼にとって理沙子がいるべき浩一の隣に居座っている事に反発され、浩一を戦いに巻き込んだ、浩一から離れるべきだと責められるが…。
城崎天児
父親。彼を久嵩が殺したことに対して確執があったが……。尚、原作漫画版とTVアニメ版では容姿が異なっている。
降矢勉
転校してきた際に一目惚れされる…が、ほとんど絡まない。
ジャック・スミス
原作ではあまり絡まないが、『L』ではLOTUSに参入した彼をそれなりに信頼している様子であり「いい人」と評した事もあった。
王政陸
原作漫画版ではよく考えないまま自分を拉致した彼に強烈な意趣返しを行う。アニメ版では絡まないが、『L』において彼をラインバレル mode-Bで切り刻んでいる。
緒川結衣
姉妹のように仲が良い。

他作品との人間関係[編集]

草薙剣児南雲一鷹
L』では石神社長のイタズラで浩一だけでなく彼らにも裸を見られてしまう事に。
式波・アスカ・ラングレー
『L』ではイクサー3に反発し、嘲笑した彼女をきつくたしなめている。
葛城ミサト
『L』では彼女から浩一と共にアイドルコンテストの司会役をする事を頼まれる。
サヤ・クルーガー
UX』では共に陸に拉致される。

名台詞[編集]

「フィールド固定後カウンターナノマシン起動!目標の行動に対し6・7・2・3・5・8ごとにリアルタイムで転送」
ラインバレル・オーバードライブ起動時の台詞。彼女が(記憶を失っているにも関わらず)ラインバレルのことを浩一とは比較にならないほど熟知していることが伺える。

原作漫画版[編集]

「え…え? 分からない 何が切っかけで分かり合ったのか分からない!!」
第17話「サイアクな放課後」より。アッサリと意気投合した浩一と道明寺にパニくって。アニメ版では、「全然分からない」と語彙が足されている。
(もうすぐ学校を去るかもしれないのにとんでもないコトに巻き込まれちゃったな)
(………)
(……でも ちょっと)
(楽しかったな)
同話で自室でシャワーを浴びている最中に。早瀬軍団の最初の活動として花壇の整備を思い出しながら。
「やっぱりあなたは最低だわ!!!」
その後石神の策略で自身の部屋の鍵を開けて裸を見てしまった浩一に渾身の右ストレートを顔面に決めた直後に。地味に左目を光らせているが、直後に王政陸が東京タワーを爆破したため伏線とは気付きにくい。
「現実は あなたの想像を凌駕する!」
第19話「もうひとつの因子」より。相手の素性を知らないまま自身を拉致した陸の前でラインバレルを召喚した際の台詞。想像力の高さを鼻にかける陸に対する痛烈な皮肉であり、二転三転し想像だにしない展開を見せる『鉄のラインバレル』という物語そのものを象徴している一言。『UX』ではDVE
アニメ版でも同じ発言をするが、「現実はお前の想像通りにはならない」というニュアンスは同じながらかなり違った使われ方をした。
「あなたが私達を倒すコトは不可能よ」
第20話「黒の執行者」より。イダテン試作型の右腕をあっさり斬り落とす事で陸の想像を上回る展開を見せつけた際の台詞。この直後、彼の乗ったイダテン試作型の残った四肢を全て斬り落とす。
「お願いです早瀬君…私を守ってください」
第21話「ベクトル」より。自らがファクターとなった真相を知った浩一に、絵美は拒絶されることを恐れ一方的に身勝手な願いを押しつけてきた自分の弱さを認め、素直に助けを求めた。この願いが浩一が「正義の味方」としての大きな一歩となる。
「早瀬君…やけに嬉しそうですね」
第47話「スマッシュ・ドール」より。美海と親しげに話し浮かれる浩一に「ゴゴゴゴ」という効果音とともに静かに嫉妬の炎を燃やしており、憧れの美海に興奮した降矢や美海に嫉妬した理沙子を冷や汗をかく程に戦慄した。
さらに彼女とデートしていると知った際にはファクターアイになり、その後しばらく拗ねて冷たい態度を取っていた。
初期の彼女からは想像もできなかった変貌であり、彼女にとって浩一の存在が頼らざるを得ない相手から好意の対象に変わったことを示す一幕。
「---はい 本当にありがとう 早瀬君…」
第68話「春に舞う思い」より。過酷な宿命を背負わせてしまったことを謝罪する絵美に、「望んで背負ったんだから、ありがとうでいい」と返す浩一。
決意も新たに、いいムードで見つめ合う二人。そして一陣の風が吹き、絵美は目を閉じる…
「目にゴミ入っちゃった………」
が、実際は風で目にゴミが入っただけだった。ちなみに浩一はこの時興奮のあまりファクターアイになっている
「早瀬君なら大丈夫ですから」
レイチェル「それって愛?」
「はい」
「「え!?」」
第72話「咆哮」に於けるラインバレル出撃直後の一幕。出撃したラインバレルのことを感じるという絵美にレイチェルは冗談(さらに直前に同じ質問をしているため天丼ネタ)で質問するが、思わぬ肯定の言葉が漏れてしまった。
これが本心なのか単なる言い間違いなのかは彼女のみぞ知る。
「そうです 確かに最初はアレでしたけど…今の浩一君は立派です!」
第76話「深淵にある記憶」より。唐突に名前で呼んだシーン。そして…。
「これから浩一君って呼んでいいですか?」
同上。JUDAの浩一の部屋を訪ねて。浩一が構わないと返すと感謝を述べた後「それでは」と去っている。
「最低です 浩一クン!」
第85話「紅い月」より。その後最初に浩一に対して言った台詞。この時浩一はユリアンヌの胸の谷間に顔を挟まれているので…。
「家族とは違うけど…支えになってくれる人が居ないワケじゃないって言うか…支えになりたいと思う人が居るって言うか…」
「私は――」
「……それはこの作戦が終わったらちゃんと話します…」
ジャミング施設強襲作戦前、浩一の自室にて。毎度毎度関係が進展しそうになると邪魔が入るのはもはやお約束の域。浩一は「じゃあ帰ってから聞くよ」と言って出撃していったが、その戦闘でMIAとなってしまった……。
ちなみに後半の台詞は『UX』第46話「麗しのディストピア」にてDVEで再現。前半の台詞はエンディングで言われており、途中で森次が帰ってきたためやっぱり有耶無耶に終わった。

アニメ版[編集]

「あなた…最低です!」
独りよがりな正義を振りかざして暴れまわる浩一に愛想を尽かして言い放った台詞。また次回予告は毎回「誰かが調子に乗った、あるいはキャラ崩壊した発言をする→『あなた、最低です!』」という流れになっており、アニメ版『鉄のラインバレル』の物語の最後を締めくくる台詞でもある。上記の通り、アニメ版ではこの台詞が随所で強調されている節があるが、原作では多用されていない。ちなみに26話の予告ではスタッフが断罪された。
「それではただいまより、早瀬君の体を切断します!」
「この通り、タネも仕掛けもありません!」
浩一「ま、マジックっつうか、それマジで切断されるだろ!? 城崎!」
「問題ありません。以前見たこちらのテレビ番組では、箱をつなげば、切れた体が元通りになってました」
♯6「明るい夜」より。前述の通り隠し芸大会で、人体切断マジックを行う際の台詞。2行目でチェーンソーで巻き藁を切る。6話の冒頭で石神の悪戯で浩一は絵美の裸を見たため、誤解は解けたものの「まだ怒ってるのか!?」と困惑していた。この直後浩一は理沙子の元に行っていたため、一命は取り留めた(?)模様。
L』では口癖が同じキャラがいるためか、4行目の台詞の頭が「安心してください」に変更されている。
「お揃いですね」
♯16「黄昏の断罪」より。JUDAへの秘密ルート入口の鉄格子の前で美海と同時に「マイチェーンソー」を取り出した際に、妙に嬉しそうに。それに対して美海も「うん」と笑顔で返す。まるでたまたま同じバッグを持ってきた、みたいなテンションである。
「あの…『あにそん』という歌はどこに載っているんでしょうか?」
「早瀬君が得意にしているなら、私もそれを歌うのがいいかなと思って…」
「……へっ!? ん? ん? …ハッ!? そ…そういう意味じゃありません! 早瀬君でも歌える歌ならきっと難易度が低いんだろうって、それだけで…」
♯17「機械じかけの呪い」より。カラオケ大会にて、理沙子と美海が浩一とのデュエット権を巡って火花を散らす傍らで一心不乱に歌本を読みながら。この天然→ツンデレという凶悪コンボによって、トンビに油揚げを攫われ歯噛みして悔しがる2人の前で、浩一とウエディングドレス姿で歌うことになるが…。
「あなた…」
♯20の次回予告より。九条美海の発言の後。思いがけない台詞に思わず唖然とした様子。
「あなた、私に約束しましたよね。『絶対に正義の味方になってこの世界を守り抜く』って。なのに、これは何ですか? たかが私が死んだくらいでメソメソして。周囲も顧みずに暴れて。みっともなく気絶までして。それでも正義の味方ですか?」
浩一「…ごめん」
「本当に、あなたは最低です」
♯24「鋼鉄の華」より。セントラルの巨大マキナに向うも返り討ちにあって気絶した浩一の前に幻影として現れて。このような状況にふさわしくなく、いつも通りキツい台詞を言う絵美に浩一は苦笑し、再び強大な敵に立ち向かう。
「ふふっ…あなた、最低です!」
同上。自分の名前を呼ぶことに照れる浩一に対して。今までと比べて、優しい物言いになっている。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「破滅の歌は想いを乗せた翼によって希望の歌へと姿を変える…」
『L』第37話「鋼鉄の華」より。次元の狭間に現れた「鋼鉄の華」世界の絵美の台詞。『マクロスF』のランカを暗示している。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

「あなたも大変ですね。でも、ハッキリ言った方がいいと思うんです。ヨーヨーは武器にならないって…」
UX』第14話日本ルート「黒の執行者」より。浩一が狙われているため巽学園にスケバン姿で訪れたサヤに対して。しかし作品にてヨーヨーを使うスーパーロボットがいて、更に共演していたのだが…。
「あなた達全員…最低、です!!」
CC』にて、女湯を覗きに来た輩に「本物の暴力」を叩き込んだ。…それだけならまだいいが、覗き魔を止めようとした浩一もボコボコにされてしまう。
「早瀬クンは、一体誰に、チョコをあげるんですか!?」
美海「もちろん、私にくれるよね? ねェ、早瀬クン」
『CC』にて、バレンタインデーにて浩一に対し、誰にチョコをあげる(=本命のパートナーとみなしている)のか、ファクターアイを発動する程の気迫で問い詰めている。
三角関係では必然(?)であろう修羅場が発生しているが、とにかく浩一は災難な目にあったと思わずにはいられない…(直後、浩一はゼロと共に逃げ出した)。
「ねぇ、早瀬クン…。鼻の下をそんなに伸ばして、どこを見ているのかな…?」
『CC』カイルスの青い夏EPISODE4「危険! 魅惑の乙女達」より。ミス・カイルスコンテストに出場をしている美海に見とれた浩一にファクターアイで睨みつける。
またしても発生してしまった修羅場(α)を見て戦慄する銀河北斗は「二股だけは止めておけ」と忠告するのであった…。

搭乗機体[編集]

ラインバレル
本機のファクター。ただし、ラインバレルは無人の場合絵美を守ることを最優先目標とするため、操縦することは通常不可能。
ラインバレル・オーバーライド
ラインバレル mode-B
絵美搭乗時の半覚醒状態。
ツクヨミ
原作漫画版で搭乗。元々は久嵩のアルマ。

商品情報[編集]

脚注[編集]

  1. 原作漫画版では一度も二人乗りで出撃した事はない。