草薙北斗

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
草薙北斗
読み くさなぎ ほくと
外国語表記 Hokuto Kusanagi
登場作品 GEAR戦士電童
声優 進藤尚美
デザイン 久行宏和
初登場SRW スーパーロボット大戦R
SRWでの分類 パイロット
サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(アルクトス星人とのハーフ)
性別
誕生日 7月7日
星座 かに座
年齢 11歳
身長 147.6cm
体重 42.5kg
血液型 A(RH+)型
所属 星見小学校5年1組兼GEAR
特技 コンピュータ
サッカー
趣味 アニメ
模型工作
ビリヤード
テンプレートを表示

草薙北斗は『GEAR戦士電童』の主人公の一人。

概要[編集]

物語の序盤で、星見町に引っ越してきた少年。お隣の出雲家の出雲銀河とはその時に出会う。全く正反対の性格と北斗と銀河だが、趣味の玩具や図工といった「物作り」遊びを好む共通点から仲良しコンビとなる。

電童に選ばれパイロットとなり、人類抹殺を企む「機械帝国ガルファ」と戦うことになる。優等生で、学校の人気者。武術の心得はないが、母方の血筋によるもので電童を自在に操る。趣味はアニメで、同じサンライズ作品から「ニュータイプ」と発言したり、後のフルアーマー電童の武装の開発に繋がる発言をしたりしている。

中盤で正気を取り戻したアルテアから騎士GEAR凰牙を受け継ぎ、一人乗りになった銀河の電童と共に戦っていたが、一時はガルファに拉致され洗脳されてしまった事もあった。決戦時にはアルテアが凰牙のパイロットに復帰したため、再び2人乗りに戻った電童に搭乗している。

本当に偶然戦いに巻き込まれただけの銀河とは対極に、アルクトスの血統を受け継ぐ存在であり、偶然巻き込まれた先に『運命』が待ち受けていたという意味で、銀河とは完全に対等な『もう1人の主人公』である。

なお、彼の誕生日は7月7日なのだが、彼の母と伯父の名前を見れば理由が分かるだろう。

登場作品と役柄[編集]

電童登場時はサブパイロット扱いだが、電童・ユニコーンドリルなど彼の所持するデータウェポン装備形態へ変形中はメインになれる(ゲッターロボ等と同様の処理)。一定期間凰牙のパイロットを勤めた後、終盤で再び電童に搭乗するがフェニックスも大太刀も銀河用のため、どうしてもメインになる機会が減ってしまうのは避けられない。なお、『CC』を除き原作通り洗脳されて敵になってしまうステージがあるので注意。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
初登場作品。序盤は必中不屈を担当。データウェポンの能力上、電童は彼をメインにした方が扱いやすい。気合を覚えるのがやや遅いものの、スーパーロボット乗りとしては過不足のない精神コマンドが揃っており、凰牙一人乗り時もルート選択で無償フル改造されるので主力になれる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
担当声優の進藤尚美氏は当作品でスパロボ初参加。彼の発言が元となって開発されたフルアーマー電童の武装について、他作品の弓使い達からアドバイスを受ける一幕があった。エンディングではアルクトスに戻ったアルテアやスバル達の近況を、銀河へ語る。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
最初から全データウェポンが使用可能。入手までの経緯については後に振り返りイベント「Cosmic Chronicle 第7章」で補完された。
なお、過去作では銀河がメインパイロット担当だったフルアーマー電童は、本作では北斗がメインパイロットを担当するように変更されている。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

R
必中不屈加速熱血気合
MXPORTABLE
集中鉄壁必中ひらめき熱血気迫

特殊技能[編集]

R
底力L5、援護攻撃L1、援護防御L1
MXPORTABLE
底力L9、支援攻撃L2、援護防御L3

パイロットBGM[編集]

「W-Infinity」
オープニング主題歌。『MX』における通常戦闘時のBGM。

人間関係[編集]

出雲銀河
お隣さんで、電童のもう1人のパイロット。
草薙織絵
母親。その正体はアルクトスの王女・ベガ。
草薙圭介
父親。
エリス・ウィラメット
銀河とは異なり、明晰な頭脳と穏やかな心を持つ北斗は、エリスとすぐに打ち解けていた。
アルテア
母の兄……つまり、伯父である。最初は敵対していたが、最後は伯父と甥の関係に戻る事が出来た。
スバル
ガルファに拉致された際に交流し、心を通わせた少年。北斗との出会いがきっかけで、生き方が変わる。

他作品との人間関係[編集]

スーパー系[編集]

デューク・フリード
MX』序盤では「戦う意味」についての疑問を彼にぶつけるが、逆に「電童に選ばれた意味から逃げてはいけない」と諭される。
コマンダー・ゼノイアコマンダー・ベルトリー
R』では、ベルトリーが放ったバグ軍団によってダイターン3フリーデンが行動不能になり、ダイターンチームの無茶苦茶なチームワークによってなかなかダイターン3に変形できないと言うメガノイド側にとっては総攻撃をかける絶好のチャンスにも関わらず、何をとち狂ったのか律儀に合体完了するまで待っている彼らの不可解な行動に、と共に首をかしげていた。
渚カヲル
『MX』での彼との戦いの時に彼から意味深な発言を受ける。

リアル系[編集]

ウィッツ・スーロアビィ・ロイ
祖父の執事仕込みでビリヤードをたしなむことから、『R』でのビリヤード仲間。その腕前でロアビィをしてなかなか強いと言わしめ、ウィッツとのゲームには勝利してしまった。ウィッツからは再戦を望まれたが敵襲が来てしまい結局うやむやに。
ケーン・ワカバ
MX』にてマグネイト・テンに入る際にしばらく家に帰れない北斗に、自分の母親が行方不明となっているからか「今の内に母ちゃんに甘えとけよ」と北斗を気遣う場面がある。
一条輝
CC』では銀河共々、彼から「二股はやめるんだぞ」との忠告を受けている。
プロスペクター
『R』では、ベガの正体が母の織絵だと知ってからは銀河と一緒に作戦中にも関わらず、仕事とプライベートの分別もつけない言動を取ったため、公私混同は良くないと彼から窘められた。

バンプレストオリジナル[編集]

デュミナス
R』ではラスボスなのだが、ガルファ皇帝を狂わせ伯父の故郷であるアルクトスを滅茶苦茶にした元凶故に、知らないところで自分の出生にも深い因縁があった。

名台詞[編集]

「ミサイルとかビームとか剣とか弓とかヨーヨーとか、何か武器は無いの!?」
電童に初めて搭乗した時に、電童が徒手空拳である事に慌てふためきながら発した台詞。ヨーヨーが出てくるあたりに彼の趣味がうかがえる。この台詞が元になって、後にフルアーマー電童の開発プランが立てられ、換装パーツが開発される。この台詞に惹かれたファンも多いだろう。
「そんな、ニュータイプや超能力者じゃあるまいし…」
第13話より。銀河の父親の話を聞かされた時の台詞。
「母さんのシチューが…食べたい…」
中盤、螺旋城に母である織絵を連れ去られ、彼女の素性を知った北斗。銀河の母みどりが作ったシチューを食べながら、この台詞とともに涙を流す。
彼の涙を見た銀河は、月の螺旋城へ織絵を取り返そうと北斗に声をかけるのだった。
母や親友との絆を表した名シーン…なのだが、RやMXに登場する強化パーツ『母さんのシチュー』の語源であったりもする。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

「ミサイルとか、ビームとか、剣とか、弓とか、ヨーヨーとか!」
「デッカいトンカチとか、ギターとか、何か武器はないの!?」
『MX』第4~6話「碧い奇跡」より。原作とほぼ同じシチュエーションでのセリフ。『第2次α』で参戦したガオガイガー、『D』で参戦したファイアーバルキリーを指していると思われる小ネタ。ちなみに『MX』発売の約1年後、2作品とも『第3次α』に参戦している。
(前半略)
「ブーメランとか、チェーンソーとか、青い羽根とか、何か武器はないの!?」
『MX PORTABLE』第4~6話「碧い奇跡」より。上記の台詞がこちらに変更されている。明らかに意図的に差し替えられていた為に新規参戦作品の前フリではないかという憶測が飛び交い、「北斗の予言」と考えるファンもいた。その後、『Z』ではブーメランを武器として使うニルヴァーシュ type ZERO、チェーンソー型の武器の『チェンガン』を使うキングゲイナー、青い羽根を背負うストライクフリーダムガンダムが参戦した。
「でも、銀河君…。地面に降りたら鷹じゃなくなっちゃうよ」
『MX』第4~6話「仮面の下の悲しき瞳」に於けるマイヨとの戦闘前会話より。マイヨに対し、「降りて来い」と言った事についての、正直どうでもいい指摘。実際銀河も「下らないことで突っ込むな」と言われる。
「君…スキーか何かを想像してるだろ?」
『MX』第16、17話月ルート「キミノオモイデ」より。A級ジャンパーに関する説明を受けた際、「もの凄いジャンプが出来る人間」と解釈した銀河に呆れながら入れたツッコミ。
「ニューマン?…もしかして、ライトさんの親戚?」
『MX』第31話(『PORTABLE』では第32話)「輝く刃は僕らと共に」に於けるバグ・ニューマンとの戦闘前会話より。彼をライト・ニューマンの血縁者かと訝しんで発した台詞。勿論、親戚でも何でもない。なお銀河のほうは機士バグの方と勘違いしていた。

搭乗機体[編集]

GEAR戦士電童
騎士GEAR凰牙

余談[編集]

  • 漫画版では、戦い終えた後、母と共に、アルクトス再興のために、地球を旅立つ。