橘翔

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
橘翔
読み たちばな しょう
外国語表記 Shou Tachibana
登場作品

ゲッターロボシリーズ

声優 小林優子(號)
浅川悠(真対ネオ)
デザイン 大島城次(ゲッターロボ號)
鈴木藤雄(真対ネオ
初登場SRW スーパーロボット大戦R
SRWでの分類 パイロット
サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人)
性別
所属 アメリカ軍 → ネーサー
テンプレートを表示

橘翔は「ゲッターロボシリーズ」の登場人物。

概要[編集]

ネオゲッターチームの一人で、ネオジャガー号に搭乗する。ゲッターチームに入る前はアメリカ軍に所属していた。

小説版では昔、家族を亡くした孤児という設定で描かれている。最終話EDでは、漫画版第1話を意識した、白袴姿で剣の修行をする場面が描かれている。

基となった『ゲッターロボ號』の同名の人物は兄が死ぬ(アニメ版)、または敵に回る(原作漫画版)などの悲劇があったが、『真対ネオ』では特にそういった設定は無い(そもそも兄が登場しないので…彼氏も出てこないが)。

登場作品と役柄[編集]

ゲッターロボ號[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
『號』としては初参戦作品。設定としては漫画版となる。

真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
初登場作品。高い回避力で通常戦闘を担当する。機体の特性上、ネオゲッター2搭乗時は空戦を得意とし、真ゲッター2搭乗後は陸戦を得意とする。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
初の声付き参戦で、担当声優の浅川氏はこの作品でスパロボ初参加となった。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

格闘射撃を両方ともこなせる。回避はゲッター2系のパイロットのため、下手なリアル系パイロットより高い。反面、スーパー系の中でも防御はかなり低い。回避が高いため通常戦闘は主に翔が担当する。

精神コマンド[編集]

RGCXO
加速ひらめき直撃幸運かく乱友情
移動時やサポート用の精神コマンドを修得する。戦闘では、攻撃的な精神コマンドを多数使用する號の負担(不屈)を減らすために、翔がひらめきを担当する。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

R
底力L7防御L3援護攻撃L2援護防御L2カウンターL6
ネオゲッター2が剣装備ユニットのため、切り払いが可能である。
GCXO
底力L6援護L2カウンター

人間関係[編集]

一文字號大道剴
チームメイト。
神隼人
司令官。
ジャック・キングメリー・キング
米軍時代の既知の仲。

他作品との人間関係[編集]

シュワルツ
正確には原作漫画版での関係で、恋仲になる。しかし『真対ネオ』ではシュワルツが登場せず、『真(チェンジ!)』では翔が登場しない。

名台詞[編集]

「落ち着け、スピードを落とせ。計器を確認しろ」
第1話冒頭での最初の台詞。量産型ゲットマシンを使用した合体テストの際に、操縦不能に陥ったイーグル号のパイロットに呼びかけて。如何なる場合でも、冷静さを失わない彼女らしさが溢れている。
この台詞は漫画版「ゲッターロボ號」第1話の合体テストでの管制官の呼びかけが元になっている。此方では合体に失敗して2号機が1号機と3号機に押し潰される惨事になっている。
「剴、合体だ!」
剴「翔!?」
「イーグル号を救う手は他にない」
剴「了解!」
上記の台詞の後、もはやイーグル号のパイロットが自力で操縦桿にさえ手を届かせる事すら出来ないと分かり、ゲッターに合体してイーグル号のパイロットを救出する事を即座に判断。緊急事態にもすぐさま対応し、剴とも阿吽の呼吸で行動を合わせ合体フォーメーションに入った事から相当場馴れしている事が分かる。
「だから私語は慎めといったろ。 学習能力がないのか?」
第2話冒頭、合体訓練シーンより。ネオゲッターチームに入って日が浅い號の直情径行に呆れてしまう。
「どうせ死ぬんなら、一歩でも前に出るんだ!」
第3話、キャプテン・ニオンら地竜一族の操るプロトゲッター軍団に追い詰めながらも闘志を燃やす翔の台詞。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

単独作品[編集]

剴「まあ、いいじゃないか。ワッ太くんとは気が合うみたいだし。しばらくは大目に見てやろうぜ」
「それは號の行動が、小学生並みという事だろう?」
XO』第14話「ジャブロー攻防戦(前編)」にて追加された場面より。ワッ太と一緒におやつを食べに行く號を見ての会話。

搭乗機体[編集]

ネオゲッターロボ
ネオゲッター2
ネオゲッターロボの空戦形態。
真ゲッターロボ
真ゲッター2
真ゲッターロボの陸戦形態。
...「橘翔」についてさらに詳しく