プロトタイプ・ゲッター

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
プロトタイプ・ゲッター
外国語表記 Prototype Getter
登場作品

ゲッターロボシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦R
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ゲッターロボ
動力 ゲッター炉心
エネルギー ゲッター線
開発者 早乙女博士
パイロット キャプテン・ニオン
テンプレートを表示

プロトタイプ・ゲッターは『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』の登場メカ

概要[編集]

早乙女研究所の格納庫に眠っていた、ゲッターロボの試作機。

ゲッターロボ真ゲッターロボの技術の基礎となった機体も多く、特にニオン搭乗機は頭部の内部構造がむき出しとなっている以外は、ゲッターロボGとほぼ同じ外観を持っていたため、何らかの原因で開発途中で放棄されたゲッターロボGの試作機の可能性もあるが、真偽は不明。 隼人亡霊と呼ぶ。

一体の戦闘力はやはり実験機の為たいした事無いが、捨て身の覚悟でゲッターに乗った地竜一族は数で押し込んでネオゲッターロボを大破させるも真ゲッターの機動でゲッター線を吸い取られて中の地竜一族は全滅した。

新ゲッターロボ』にも登場し、その姿はまさに機械のゾンビである。“”が出現した時にパイロットも乗ってないのに稼働して戦闘を開始し、“神”に一機残らず破壊される。プロローグでは多数のこの機体が1機の鬼獣にすら敵わない事から戦闘力の低さを物語っている。

元ネタは漫画版『真ゲッターロボ』に登場した試作ゲッターの群れと思われる。ゲッター線の暴走により無人のまま稼働、暴れ回るが、隼人の乗るプラズマボムスで稼働するゲッター(ゲッターロボ號の試作機)に押し留められた。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
初登場作品。原作同様早乙女研究所に進入した地竜一族が乗り込む。一機だけなので、ネオゲッターがピンチになる展開が少々強引。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GC
ほぼ原作通りの展開で複数登場する。一般の恐竜兵も乗るが、展開上母艦が出て来れないので捕獲不可。恐竜兵が搭乗しているせいか、戦闘台詞では本機をメカザウルス扱いする
スーパーロボット大戦XO
一般機の捕獲が可能になった。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
イベント「降臨!異界の神々」でニオンが搭乗、パイロットの安全を度外視した強化改造によって炉心を限界まで稼働させ、ゲッターチームをも圧倒する力量を発揮する。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

格闘
トマホ-クブーメラン
トマホ-ク

特殊能力[編集]

EN回復(小)

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

対決・名場面[編集]

vsネオゲッターロボ
一体一体の戦闘力は低く、簡単に倒されていたが、物量戦でネオゲッターを追い詰めた。
vs増長天
研究所に飛来した彼にビームの不意打ちを食らわせ、地面から夥しい数のゲッターが現れ、戦闘を開始する。オイルが血のように見え、動かすだけでも身体が崩れるほどボロボロなのでその姿はゾンビを彷彿させる。