2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

劇場版マジンガーシリーズ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
劇場版マジンガーシリーズ
原作 永井豪とダイナミックプロ
監督
対暗黒大将軍
西沢信孝
対ゲッターロボ、空中大激突、決戦!大海獣
明比正行
グレンダイザー対グレートマジンガー
葛西治
音楽 渡辺宙明
菊池俊輔
制作 東映
配給元 東映
公開日 1974年 - 1976年
テンプレートを表示

劇場版マジンガーシリーズ』とは、東映制作の劇場アニメ作品シリーズ。

概要[編集]

1964年から始まった子供向け映画上映企画「東映まんがまつり」で上映された作品のうち、「マジンガーシリーズ」(並びに「ゲッターロボシリーズ」)に関連した作品群を指す。異なるアニメ作品のヒーローたちが共演するのが特徴で、当時の子供たちを熱狂させた。彼らが大人になったときに少年時代の郷愁を込めて作り出されたのがスーパーロボット大戦シリーズであるといって過言ではない。

以下はその中でも、スパロボに何らかの形で要素が取り入れられたものの抜粋。

作品名 上映日
マジンガーZ対デビルマン 1973年7月18日
マジンガーZ対暗黒大将軍 1974年7月25日
グレートマジンガー対ゲッターロボ 1975年3月21日
グレートマジンガー対ゲッターロボG 空中大激突 1975年7月26日
UFOロボ・グレンダイザー対グレートマジンガー 1976年3月20日
グレンダイザー ゲッターロボG グレートマジンガー 決戦!大海獣 1976年7月22日

なお、『対デビルマン』『対暗黒大将軍』『グレート対ゲッター』『決戦!大海獣』は桜多吾作、『空中大激突』『グレンダイザー対グレート』は石川賢によって漫画版が描かれている。この内、『対デビルマン』『対暗黒大将軍』は桜多氏の手がけたTVシリーズのコミカライズに内包される形となるよう独自のアレンジが加えられた内容となっている。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

マジンガーZ対暗黒大将軍[編集]

ダンテ
獣魔将軍

グレンダイザー対グレートマジンガー[編集]

バレンドス親衛隊長

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

マジンガーZ対デビルマン[編集]

トロスD7
ブラッガーS1
飛行要塞ナバローン

マジンガーZ対暗黒大将軍[編集]

アルソス
ダンテ
ジャラガ
獣魔将軍

グレートマジンガー対ゲッターロボ[編集]

ギルギルガン

SRWオリジナル[編集]

メカギルギルガン
スパロボオリジナル。『第2次』で初登場し、ギルギルガン破壊後のパワーアップ形態として以後も定着。

グレートマジンガー対ゲッターロボG・空中大激突[編集]

光波獣ピクドロン
空魔獣グランゲン
結合獣ボング

グレンダイザー対グレートマジンガー[編集]

グビグビ
コアコア
ジンジン

決戦! 大海獣[編集]

ドラゴノザウルス

用語[編集]

ロボット博物館

楽曲[編集]

オープニングテーマ
「いざゆけ!ロボット軍団」
作詞:保富康午、作曲・編曲:菊池俊輔、歌:ささきいさお、コロムビアゆりかご会
『決戦!大海獣』のオープニング。
『MX』『Z』で採用。出典名義は「グレンダイザー」。スパロボではサビの各ロボの出撃台詞を叫ぶ部分に野田圭一、神谷明、山寺宏一の三氏によるボイスが入っている(原曲ではこの部分もささき氏本人)。
挿入歌
「戦いの詩」
作詞:保富康午 / 作曲・編曲:菊池俊輔 / 歌:ささきいさお
『決戦!大海獣』挿入歌。

登場作と扱われ方[編集]

TV版のうちに版権が含まれてるのか劇場版の作品名でクレジットされたことはない。基本的には敵機体が登場するのみだが、『MX』では劇場版のシナリオ再現が行われている。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
「対デビルマン」からトロスD7ブラッガーS1が、「対暗黒大将軍」からアルソスジャラガが、「空中大決戦」からボングが初登場。
第2次スーパーロボット大戦G
ブラッガーS1のみ登場が削られた。
第3次スーパーロボット大戦
「決戦!大海獣」からドラゴノザウルスが初登場。
スーパーロボット大戦EX
第4次スーパーロボット大戦
「グレンダイザー対グレート」からジンジンが初登場。ドラゴノザウルスに関わるエピソードが若干見られる
現状獣魔将軍の唯一の出演作。
スーパーロボット大戦F
スーパーロボット大戦F完結編

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
『マジンガーZ対暗黒大将軍』が同名のシナリオで再現される。また、ギルギルガンピクドロンDr.ヘルが『トップをねらえ!』の宇宙怪獣を元に開発したという設定になっている。
スーパーロボット大戦α外伝
今回は『トップをねらえ!』が参戦していないので、宇宙怪獣関連の設定がなかった事になっている。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
「いざゆけ!ロボット軍団」をBGMに採用。
また、マジンガーZが撃墜される際に『マジンガーZ対暗黒大将軍』のボロボロの外見に一瞬グラフィックが変わる。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
敵が登場するのみ。
スーパーロボット大戦IMPACT
ギルギルガンピクドロンドラゴノザウルスが登場するが、何れも従来のシリーズと比べて弱体化が著しい。ドラゴノザウルスのみ誕生の経緯が葉月長官によって語られている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
本作ではミケーネ帝国ドラゴノザウルスを戦力の中核に据えるべく、様々に画策する。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
大ボスとして「空中大激突」のギルギルガンが、参謀として「対ゲッターロボ」のピクドロンが登場。
スーパーロボット大戦64
スーパーロボット大戦MX
スパロボで初めて劇場版のシナリオが本格的に描かれている。主だったところは以下の通り。
またある場面において、『対デビルマン』の話題が少しだけ登場する。

関連項目[編集]

マジンガーZ
グレートマジンガー
ゲッターロボ
ゲッターロボG
UFOロボ グレンダイザー

余談[編集]

  • 劇場版マジンガーシリーズは『グレートマジンガー対ゲッターロボ』のように各番組の正義の心を持つ主人公達が互いに決闘するかのような衝撃的なタイトルが多いが、実際には「序盤に対立はあるものの、最終的に協力して強大な敵と戦う展開になる」ばかりである。
    • 「扇情的なタイトルで子供の好奇心を引き寄せつつも、実際の中身は無難な形で納める」という対決タイトル詐欺を行ったのは、何を隠そう劇場版マジンガーシリーズこそが元祖なのだが、原作者の永井豪氏によると「『対』は『たい』ではなく、『つい』の意味だった」と説明している。他のコラボものでは「それぞれの作品の人気が競われているという意味だ」と説明されることが多いようだ。
    • 劇場版マジンガーシリーズ等の影響もあって、現在では逆に「コラボもので対決路線のタイトルの場合、どうせ最後は協力するに決まっている」という事が大衆に印象付けられてしまっている。故に、異なる作品が共演するコラボレーション作品において、「対」あるいは「vs」をあえてタイトルに付ける事が定番化している(例:『レイトン教授vs逆転裁判』、『イナズマイレブンGOvsダンボール戦機W』、『ゴジラ対エヴァンゲリオン』)。まぁ「どちらの方が活躍したか」と言う意味では対決だが(なお僅差とは言え新番組の方が優遇されているのが、大人の事情である)。
  • マジンガーゲッターではどの組み合わせでもサイズ差があるのだが、見栄えのためにだいたいすっきり横並びになる高さで描写されている。そもそも、Zとグレートでさえ大人と子供程の違いがあるので(Z:18m、グレート:25m、ゲッター1:38m)。
  • 東映の子供番組(特撮含む)の劇場版は、TV本編と設定が異なっている事が多いが、これも『対デビルマン』の「ジェットスクランダー完成の経緯がTV本編と異なる」から定着した慣例で、現在では視聴者側からも「映画は本編とは違うパラレルワールドのお祭り編」という認識が定着している。
  • 後年ダイナミックプロが制作した漫画作品『デビルマン対ゲッターロボ』は、『マジンガーZ対デビルマン』の前日談の設定がある。

商品情報[編集]

DVD[編集]

漫画版[編集]

『マジンガーZ対デビルマン』の漫画版を収録。
『マジンガーZ対暗黒大将軍』の漫画版を収録。
『グレートマジンガー対ゲッターロボ』の漫画版を収録。
『グレートマジンガー対ゲッターロボG 空中大激突』の漫画版を収録。
『UFOロボ・グレンダイザー対グレートマジンガー』の漫画版を収録。題は「魔神の挑戦」。
『グレンダイザー ゲッターロボG グレートマジンガー 決戦! 大海獣』の漫画版を収録。題は「大あばれ!正義のロボット軍団」。