2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

マジンカイザー (OVA)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
マジンカイザー (OVA)
監督 むらた雅彦
シリーズ構成 藤田伸三
脚本 藤田伸三
キャラクターデザイン 羽山賢二
メカニックデザイン さとうけいいち(マジンガーデザイン)
山田起生
音楽 信田かずお
制作 ブレインズ・ベース
発表期間 2001年9月25日 -
2002年9月25日
話数 全7話
巻数 全7巻(レンタル版は全2巻)
シリーズ マジンガーシリーズ
次作 マジンカイザー 死闘!暗黒大将軍
初登場SRW スーパーロボット大戦GC
テンプレートを表示

マジンカイザー』はブレインズ・ベースが制作したOVA。SRWにおける登場作品の一つ。

概要[編集]

マジンガーZ』をリメイクしたOVAシリーズ。スパロボオリジナル設定の機体であったマジンカイザーを主役に据えている点が特徴。登場人物および世界観は『マジンガーZ』とほぼ同一で敵組織もDr.ヘル一派だが、マジンカイザーが存在する点やストーリーの流れは『マジンガーZ』と大きく異なっている。

また、剣鉄也をはじめとする『グレートマジンガー』のメンバーが第1話から登場しており、「マジンガーZグレートマジンガーの、いわゆる「ダブルマジンガー」でDr.ヘル率いる機械獣軍団に立ち向かう」といったスパロボ的な構図も特徴である。

続編として『マジンカイザー 死闘!暗黒大将軍』があるが、本作と比較するとシリアスな作風になっている。

ストーリー[編集]

世界征服を企む悪の科学者Dr.ヘル率いる機械獣軍団と兜甲児が操縦するスーパ-ロボット・マジンガーZの戦いは今日も続いていた。街を火の海にしているあしゅら男爵に対して、マジンガーZが放つ正義のロケットパンチが唸る!

しかし、その日の敵の攻撃は激しく、遂にマジンガーZは敗れ去ってしまう。マジンガーZからホバーパイルダーを引き剥がされ、機体は敵の手に落ち、あしゅら男爵が操縦する「あしゅらマジンガー」として悪の手先と化す。絶望の淵に立つ兜甲児だったが、その時ホバーパイルダーが突然自動操縦になり、秘密の格納庫にまで甲児を連れて行く。そこには、を超え、悪魔すら倒せる究極のスーパーロボット・マジンカイザーが隠されていた…!

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

光子力研究所[編集]

Dr.ヘル一派[編集]

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

光子力研究所[編集]

Dr.ヘル一派[編集]

機械獣(一般)[編集]

妖機械獣[編集]

  • ドラゴガメオ1 - 「ガメオ」の正式な表記は「Ω(オメガ)」を上下反転させたものである。

合体機械獣[編集]

戦艦[編集]

その他[編集]

楽曲[編集]

オープニングテーマ
「FIRE WARS」
『GC』『J』『W』『L』で採用。
挿入歌
「マジンカイザーのテーマ」
『GC』で採用。

登場作と扱われ方[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
シナリオは概ね再現されている。しかし全体的にキャラクター描写に難あり。目立つのは甲児さやかの言動が全体的に自己中心的な点。ユニット性能的にはスーパー系優位なバランスもあり、十分主力を張れるレベル。
スーパーロボット大戦W
カイザー入手および地獄王ゴードン等の重要なイベントは、第一部で扱われる。
また、甲児が陣代高校に通学するため、フルメタル・パニックシリーズとクロスオーバーするネタが意外に多い。
スーパーロボット大戦L
今作はいるだけ参戦

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
初参戦作品。
スパロボ学園
スーパーロボット大戦Card Chronicle
真マジンガー 衝撃! Z編』と初共演。
スーパーロボット大戦X-Ω
第2期参戦作品第1弾として2016年4月に追加参戦。参戦イベントではTV版の兜甲児弓さやかのパイロットスーツがOVA版に変更されている。
本作で遂にマジンカイザーグレンダイザーの共演が実現した。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 登場メカ 備考 再現スパロボ
第1話 激闘! ダブルマジンガー ガラダK7
ダブラスM2
あしゅらマジンガー
第2話 魔神降臨 飛行要塞グール
第3話 甲児暗殺指令! ガミアQ
ダムダムL2
第4話 さやか救出作戦 海底要塞ブード
第5話 危機一髪! 光子力研究所 ドラゴガメオ1
第6話 兜甲児、マグマに死す! ドラゴガメオ1
ガラダブラMk01
悪のビューナス登場
第7話 決戦!! 炎の地獄城 地獄王ゴードン カイザースクランダー登場

商品情報[編集]